2017-10

「女だらけの戦艦大和」・大志を抱け!1 - 2014.10.02 Thu

 「先生、出来ました」――

 

ここは常夏のトレーラ諸島・水島である。聯合艦隊の泊地であり帝国を守る重要な場所であるこの場所に今、「女だらけの戦艦武蔵」は碇泊中である。

その『武蔵』艦内の一室で一人の少女が広げたノートを一人の佐官に差し出して「先生、出来ました」と言った。

差し出されたノートを笑顔で受け取ったのは『武蔵』の村上軍医長。ノートを差し出したのは、水島の海軍診療所の看護婦・キリノである。キリノはひょんなことから海軍診療所で働き始めたが診療所長に「看護婦の才能が十分にあります。ぜひ資格を取らせてうちに欲しい」と言われ勉強の末看護婦の資格を取って働いている。

『大和』の日野原軍医長と、『武蔵』の村上軍医長はこの子のたいへん賢いことを見抜いていたので「もっと勉強させたら海軍診療所の婦長になれるかもしれない」と、日野原軍医長が内地に帰ってからキリノ用にとワークブックを作ってトレーラーに送っていた。そして字引も送って「わからん文字はこれで調べるといい」と教えた。

村上軍医長は「では私はキリノの教師役を」とかって出て、週に一度土曜の晩に『武蔵』内でこうしてキリノの勉強を見てやっているのだった。

村上軍医長はキリノのノートを、赤鉛筆片手にじっくり見ていたがノートの前面に大きな三重丸を書きつけた。緊張していたキリノの顔にほっと安堵の笑みが浮かんだ。村上軍医長はノートをキリノに返しながら

「すごいよキリノちゃん。一つも間違いがない。数学は医療看護に携わる者には大事なことだからね。これだけ出来たら言うことないよ、うん、これからもこの調子でいこうね」

と励ました。キリノは恥ずかしげに微笑みながらノートを胸に抱いて

「アリガトございます、村上軍医長。ワタシ、これからもガンバリマス」

と言った。軍医長は満足そうにうなずくと「あまり根をつめてもよくない。ちょっと休もう」というと従兵に紅茶とクッキーを持ってこさせた。

従兵が、軍医長とキリノの二人分の紅茶とクッキーを運んで来て二人の前にそっとそれらを置くと、キリノは丁寧に頭を下げて「アリガトございます」と礼を言った。恐縮する従兵嬢。

従兵嬢が下がると軍医長は「さあ、飲みなさい。食べなさい。遠慮しないで」と勧めた。ハイ、とキリノは頭を下げて紅茶のカップを手に取り、そっとすすった。

「ああ、オイシイ」

そういってキリノは笑って、軍医長も笑った。二人はクッキーを食べながらしばらく静かに、波が舷側を軽く打つ音を聴いていた。

ふと軍医長が

「キリノちゃん、勤務は辛くはないか?」

と尋ねた。軍医長は、キリノが海軍診療所のほかの日本人看護婦からいじめを受けたという話を聴いていた。あまりに優秀なトレーラー出身の少女に嫉妬を感じた数名の看護婦がキリノを通りすがりに蹴ったり、事実無根のうわさを振りまいてキリノを泣かせたという悲しい話があった。

が、診療所長の横井軍医大佐や村岡軍医大尉がそれに気がつき、

「なんという馬鹿な真似をしてくれるのだ、日本人の恥さらしではないか!キリノは本当に優秀だからこそこうなれたのだ、悔しかったら皆も一層練磨してキリノに追いつけ。今後キリノをいじめたものは内地に送還し職を解く、いいな!」

と厳命しキリノにじかに謝らせた。そして皆改心し今では仲良くやっているらしい。そんなことも含め、村上軍医長は訪ねたのだ。

キリノはその瞳を輝かせて

「ツライことなんてないです。マイニチ覚えることイッパイ。することイッパイ。デモ楽しい。みんなもシンセツ。私シアワセネ」

と言った。その言い方に(偽りはなさそうだ)とほっとした軍医長ではあったが「何かあったらすぐに横井所長や私に言うように」と言っておいた。キリノは軍医長の心がわかったので

「ハイ、ありがとうゴザイマス」

とほほ笑む。

しばらくそうして雑談に興じていた二人であったが軍医長が「おお、時間も遅いね。あとこれだけ、やってしまおう。そしたら来週楽だからね」と今度は別のノートを広げる。キリノは「ハイ」と表情を引き締め、<日本語>のワークブックに取り掛かる――

 

キリノが勉強したワークブックの結果は、村上軍医長が月ごとにまとめて『大和』の日野原軍医長に送っている。

今月も送られてきた結果を日野原軍医長は見た。その横から黒川軍医大尉が覗き込んで

「ほう、あのトレーラーの女の子ですか。いやあまいったなあ、字もきれいだしよくできる子ですねえ!私の小学校時代よりよく出来てますよ。軍医長これはいい人材を発掘しましたねえ」

と感心している。さらにその横から松井一等衛生兵曹が

「ひやあ、こりゃあ私もすぐに追い越されそう!うちらもしっかりせんといけんですね~」

と口を挟んできた。黒川大尉が「そうだよ、君たちライバルがどんどん出て来るからね。さあ、練磨だ。熱くなりなさい」とまるで松岡修子中尉のようなことを言ってその場の皆は笑った。

日野原軍医長も笑いながらもう一度ワークブックに目を通した。キリノはまだ多少、日本語に不安はあるもののほかはほぼ満点と言って差し支えない。

(あのまま――トレーラーで埋もれさすのはもったいない逸材だ。そうだここはひとつ…村上さんと相談してみようか)

日野原軍医長の胸にひらめいたことがあった。しかしそれをするにはトレーラーの海軍診療所の了解、そしてキリノの親の了解そして何よりキリノ本人の意思と了解が必要なことであり、すぐに実行は出来ない。が日野原軍医長は、この素晴らしい頭脳を持った一人の女の子の将来をすでに見据えていたのだった。

 

翌日、日野原軍医長は『武蔵』の村上軍医長あてに長い書簡を書いて送った。切実なまでの日野原軍医長の想いをしたためた書簡、(どうか村上さんも、横井さんもこの思いを組んで欲しい。そして肝心のキリノ、ぜひ了解して欲しいのだが)祈るような思いで日野原軍医長は南の空を見つめた。

 

それから一週間と二日ののち。

日野原軍医長の想いの詰まった書簡は、『武蔵』の村上軍医長の元へと届いたのだった――

   (次回に続きます)

 

              ・・・・・・・・・・・・・・

 

キリノは実はたいへん優秀な女の子なのです。

日野原軍医長は一体何をお考えなのでしょう…そして皆の了解が取れたらどうするつもりなんでしょうか。次回にご期待下さい。

関連記事

● COMMENT ●

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
あれこれいじってこれにして見ました、コメントをお読みになる際は左サイドの「最新コメント」欄をクリックされますとすべてが読めるようです。

才能がある人は本当にうらやましいと思います。それで食べていけるんですからねえ(-_-;)。私なんて何の才能もないので…w。
キリノはこの後たいへんなことになります^^。でも悪いことではないのでご安心を❤
そして埋もれている才能を掘り起こすことのできるというのもこれまた才能でしょうね。日野原軍医長・村上軍医長はそのへんの才能もありそうです。
むかしは佐右脳がありながら金銭的に進学できないような子を援助する篤志家がいたようですね。いい時代でしたね。

台風もろにきそうです(-_-;)、にい様もくれぐれもご注意願います!こちらも迎撃準備はじめます^^!

壁紙が都会的で、男前で素敵ですね。たまには風合いを変えるのもオツですね。

底知れない才能のある人って羨ましいです。彼女はいずれ名のある看護士。いや、もしかしたら戦後の日本医学会を牽引する女医さんになるかもと。
才能を見つけ溢れる愛情で見守り育てることのできる人。今の日本に何人いることやら。
昔の人は心底かっこよかったと思います。

台風がやってきそうな気配ですね。備えを万全にして迎え撃って下さいね(笑)

柴犬ケイさんへ

柴犬ケイさんこんにちは!
そうなんです、キリノはたいへん優秀で素晴らしい人材です。軍医長たちに目を掛けられて看護婦になりました。がどこの世界にもあるようにいじめに遭いました。しかし早期発見して首謀者を厳しく罰したので事なきを得ました。
いじめは本当に嫌です、私も小学校の4・5・6年とずっといじめられて来たのでいじめと聞くと腹が立ちます。

見張り員さん   こんにちは♪

いつもありがとうございます♪
武蔵の村上軍医長と大和の日野原軍医長達はキリノさん
が賢いことをみぬいて海軍診療所の婦長さんになれるよう
に育てられているんですね。
海軍診療所の日本人看護婦からキリノさんがいじめを受け
て優秀でトレラー出身のキリノさん嫉妬を感じた数名の看護
婦が通りすがりに蹴ったり事実無根のうわさを振りまいて泣
かせたりと悲しいことがあり今後いじめたら送還して職を解く
と言ってキリノに謝まらせたんですね。
日野原軍医長はキリノさんにどんなことを考えられているか
気になりますね。

いじめは悲しいことになくならないで陰湿になっていますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/895-d205890e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・大志を抱け!2 «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・ライバル出現6<解決編>

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード