2017-10

少し落ち着き始め―ーたような感じです。 - 2014.08.08 Fri

こんばんは。
このたびもまた、たくさんのコメントを頂戴しましたこと大変うれしくまたありがたく思っております。本当におひとつおひとつのコメントに御礼申し上げたいのですが、此度もこうして<まとめて>のご返事で大変申し訳ざいません。心よりお詫びとそして、御礼申し上げます。
温かき皆様のお言葉を拝読し、画面の前で涙しております。この温かきお言葉の数々を、父に知らすすべがあったらいいのに、と切に思います。

少しずつ落ち着きを取り戻しているかのようなわたしたち親子ではございます。が、時折吹き上げる寂しさと悲しさは止めようがございません。
いまだに父の死というものが実感として感じられないのです。どこかにいるのではないか、あの人ごみの中にいるのではないかという子供じみた思いがございます。
そんな中でも日々はあっという間に過ぎ去り、父の死から一週間が過ぎ葬儀から一週間が過ぎんとしております。父の時間は止まりましたが私たちのこされた者たちの時間は容赦なく過ぎてゆきます。
この世の無常を改めて感じる昨今でございます。
私より先に親御様を亡くされた方は、皆このような思いをされてきたのだろうかと思った次第です。

そしてもう、五十日祭(仏教でいうと四十九日です。私の実家は神道なので五十日祭となります)の事や納骨の事も考えねばならないときがそこまで来ております。
生命保険の申請やら各種役所の手続きなどに忙殺されている今はある意味一番気がまぎれるときかもしれません。それが終わったとき、私はともかく母の事が気がかりでなりません。
私にはきょうだいがないので実家の事の心配はすべて私の双肩にかかってきます。嫁ぎ先としては、特に姑としては正直面白くはないかもしれませんがこればかりは『親』の事。
私はできるところまではしっかりやっておきたいと思います。

「女だらけの戦艦大和」の乗組員たちも喪に服してくれているのか、おとなしくしています。
また、私が自宅に帰って日常が戻ってきたらそろそろと動き始めることでしょう。どうかその日までも少しお待ちくださいませ。


また大きな台風が接近中でございますが、皆様のお住まいの地域がご無事でありますように心からお祈りいたします。大きな被害がどこにもありませんように。

それでは本日はこれにて失礼いたします。



関連記事

● COMMENT ●

いなばさんへ

いなばさんこんばんは!
あわただしかった葬儀から一週間が過ぎてちょっと一息つけるような感じにはなりつつあります。優しきお心使いをありがとうございます。

強がりを言っていたのにやはり、親が逝ってしまうということは心にそれなりのダメージを受けるものだと知りました。心も体も疲労しているみたいですね、このところむくみ気味です(-_-;)・・・
でも私がしっかりせねばいけませんので!頑張ります。
本当にありがとうございます^^。

柴犬ケイさんへ

柴犬ケイさんこんばんは!
いつもありがとうございます、なかなかそちらに訪問できなくってごめんなさいね。
ケイさんお元気ですか、ワンちゃんも猫ちゃんたちも。

今日は一日どんよりして今、外は雨です。蒸し暑いです(-_-;)。
体調には十分気を付けたいと思います!

鍵コメHさんへ

鍵コメHさんこんばんは!
いつもお心こもったお言葉をありがとうございます。拝読していて涙があふれてしまいます。
私も父にゆかりのある場所や物を見るとつらいです。それでもHさんのご経験からのお言葉に励まされております。
ありがとうございます。
お言葉通りに生きてゆきます!私たちの時間は止まっていないのですからね^^。
そして母も自分も、健康には気を付けてまいります。
本当にありがとうございます!

こんばんは。お久しぶりです。少しは、落ち着かれたと思い、改めてお悔やみ申し上げます。ようやく、台風も収まりましたが、また暑い日々が訪れるので、体調管理に気をつけて下さいね。 私も過去に母が亡くなった頃、翌月が年末だったせいか、精神的に体調を崩したことがあります。合間を見て実家のお母様の所に行って下さいね。

見張り員さん    こんにちは♪
いつもありがとうございます♪
台風が去り朝・晩は涼しく今は風邪をひいている方が
多く病院の待合室では離れて座っていますがお母様
に見張り員さん達はお疲れでしょうから風邪など引か
れませんようにお気をつけてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わにまろさま、まろゆーろさま、オスカーさまへ

わにまろ様、まろゆーろ様、オスカー様こんばんは!
まとめてのご返信をお許しくださいませ。


もっと…父に優しくしてあげればよかったなあと今更ながら思います。でももう帰らぬこと。これからは父の落ち着く先が穏やかであるように祈るばかりです。先日父が夢に出てきました。昔のように笑っていました。今でも「ただいま!」と言って帰って来そうな気がします。
父の生前は「もしものことがあっても泣かないよ」なんて豪語していたのに、いざとなればことあるごとに涙しているんですから調子いいもんですよねw。
そんな親子でございます・・^^。

大きな台風でしたがお住まいの地域やその周辺はいかがでしたか?大きな災害などありませんでしたか?くれぐれもお気をつけてくださいませ。

そろそろ「女だらけの~」を再開させようと思っています。昔子供のころ私が「お話」を書くと喜んで読んでくれた父の面影を追いながら再開します。今週中には書き上げたいですね^^。
またよろしくお願いいたします!

台風の影響か今日は気温が低いですね。体調をくずさないように気をつけて下さいね。子どもはいつまでも子どもなのだと親がいなくなると実感します。そしてそれでよいのだと思っています。いつまでも父上さまの、そして母上さまの大事なひとり娘でいらして下さい。

日にち薬と言いますが、それでも親を喪うということは血が断たれたような言いようのない寂しさを感じました。
お父上はきっと心安らかに神様になられたことでしょう。
これからしばらくは行事、諸手続きに忙殺されるでしょうが、お母様ともどもお体をおいとい下さい。

伝わります

見張り員さまのお父さまへのお気持ちは、必ずや伝わります。
お心に思い浮かべて下さることが、彼岸と此岸をつなぐ通路なのでございます。いつもお傍に居て下さっておられるのではないかと、わたくしめはそう感じております。

悲しみは無理に癒そうとせず、ご生前のお顔などをいつまでもいつまでも思いだしてあげることを、仏さまへの最高のご供養でございましょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/882-08fc7cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・医務科の猛特訓2 «  | BLOG TOP |  » 葬儀終了しました

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード