2017-10

お知らせです - 2014.08.01 Fri

私の父が、昨日7月31日午後14時過ぎ帰幽いたしました。
父の病気入院に際したくさんのお励ましをいただきましてありがとうございました。皆様のお心、父もうれしく思っていることでしょう。葬儀が終わりましたら改めてご報告いたします。

ありがとうございました。

関連記事

● COMMENT ●

合掌

お気落としの有りませんように・・・

心より哀悼の意を表します

見張り員殿、大変でしたね。
お力落としのないよう、お祈り申しあげますとともに、つつしんでご尊父さまのご冥福をお祈り申しあげます。

心より御尊父様のご冥福をお祈り致します。

見張り員さん、お大変でしたね。
おかあさまのご心痛を思うと言葉もありません。

父上は精一杯、思うように生きられて 思うようにご自分の
人生を終えられたのですね。
7月31日という月の仕舞いの日に旅立たれたのも なにか
清々しさを覚えます。おかしな言い方で済みませんが。

見張り員さん、
しばらくは山のようにやる事があるでしょう。
おかあさま共々、どうかお疲れの出ませんように。
ご愁傷様でございました。

ご尊父様のご逝去心よりご冥福お祈りいたします。
そうでしたか。覚悟をされていたとはいえ、ご逝去の報にはやはり心痛まれるところがお有かと存じます。
これからはご尊父様を心安らかにお見送りくださいませ。

心よりお悔やみ申し上げます。

この度は、まことにご愁傷さまでございました。
お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

おそらく、今頃は慌ただしくされていることでしょう。
これをお読みになるのも、お別れが済んでひと段落ついてからのことと思います。
2年前に喪主をつとめた我が身を思い返してみましても、
これから本当にいろいろと大変になってくると思いますので、
何よりもご自身のお体、ご家族の体調を第一にお考え下さい。
宗派や地域によっても違うと思いますが、
49日までは忙しさのあまり気が張っていて疲れを感じませんが、
それを過ぎて気が抜けるとガクッとくることが多いようです。
私も数日寝込みました。(^_^;)
どうぞ、お疲れの出ませんように。

お悔やみ申し上げます

お父さまのご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。

私の祈りが届かなかったと思うと悔しくて仕方ありません。
ただ、ご家族に見守られて逝けたお父様は、きっと嬉しかったと感じます。
若輩者ゆえ、うまく言葉がでてきませんことお許しください。

お体には十分にお気を付けくださいませ。

見張り員さん   おはようございます♪

いつもありがとうございます♪
お父様がお亡くなりになられてお悔やみ申し上げます。
見張り員さんとご家族の方もお父様に付き添われてお見送りが
できて喜ばれていると思います。
暑い日が続いていますからお母様・見張り員さんも体調には
くれぐれもお気をつけください。

お父様の頑張りや家族の支え、ブログを通してですがいつもお察ししておりました。
このような結果になってしまい非常に残念で、悲しくてたまりません。

お母様は大丈夫でしょうか。
見張り員さんも無理をしないようにしてください。

お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

父上さま、頑張られたのですね…見張り員さまが納得できるかたちで、今後の儀式がすすんでいきますように祈っています。悔いのないお別れができますように。
これから手続きなど、いろんなことがたくさんあり、忙しくなると思います。母上さまも体調をくずされませんように、お身体に気をつけて下さいね。
無理なさらずに。父上さまのご冥福をお祈りいたします。

お悔やみ申し上げます

ご尊父さまのご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。
見張り員さまにおかれましては、篤くご尊父さまのお旅立ちをお支えいただきますよう、また、ご自身の御身にもご配慮賜り、お疲れの出ませんようにお過ごしくださいませ。 拝

そうでしたか。
お父上のご逝去に心からお悔やみを申します。
暑い中でのお見送り、大変でしょうが心残りのないようしっかりとおつとめ下さい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/880-d69ac750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葬儀終了しました «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・医務科の猛訓練1

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード