GW終わったけど特別企画、「脳内旅行」1|女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

タイトル画像

GW終わったけど特別企画、「脳内旅行」1

2014.05.12(22:13) 855

 GWも終わって、あと連休と言えば七月の海の日くらいしかないですね。

何処にも行くあてがない金もない私には、多くの人が海外に出かける大型連休は悲しい日々です(うそw)。というより私は人混み・行列が大っきらいなので別にどこに行かなくてもいいのですがちょっとさみしい。というわけで今回は

「脳内旅行」

をしてみたいと思います。さあ皆さん、眼を閉じてしまったら文章が読めませんのでしっかり目を見開いて読んでつかあさいね。妄想にあふれ返った見張りんワールド全開になります!

 

>私は、大きな荷物を持って呉の上陸桟橋にいます。早朝五時半ですがもう空は明けていい天気です。海を見つめていますと、向こうから波を蹴立てて一隻の内火艇がやってきました!

そう、これこそ私を<ハワイ>に連れて行ってくれる大型艦への第一歩です。内火艇は桟橋に到着しました、一種軍装もりりしい士官が降りてきて「さあ、どうぞ」と私をエスコートしてくれるわけです。でかい荷物も持って下さいます。

そして内火艇に乗り込みいよいよお待ちかねの『大和』に乗るわけです。険しいラッタルをおそるおそる上がり、途中めまいを起こしそうになりながらもやっとのことで『大和』の甲板へ上がりますとそこにはずらりと

山本五十六聯合艦隊長官

山口多聞少将 有賀幸作『大和』艦長 森下信衛大佐 猪口敏平『武蔵』艦長 柳本柳作『蒼龍』艦長 加来止男『飛龍』艦長 能村次郎『大和』副長 古村啓蔵少将・・・

などなどそうそうたるメンバーが迎えてくれるのです!ヒャッホ~生きてて良かった、と痛感する瞬間ですね。

私は「はじめまして見張りんと申します。ハワイまでよろしくお願いいたします」と御挨拶して敬礼、皆さんから返礼をいただいた後素敵な水兵さんが私の荷物を持って中に案内してくれるのです。私に特別に個室をあてがってくれました!

いよいよ間もなく『大和』は抜錨してハワイ目指して出航です。この艦は私が貸し切り状態なのでほかに乗客が乗ってくることがないので私としては<逆ハーレム>状態です。たいへん居心地がよろしい。最高の状態、と言いたいところではございますが有賀艦長の

「せっかくだから海軍体験をして頂戴な」

との一言でまずは艦内旅行をする羽目に。脳内旅行ではありますがこの辺はしっかり行いたいと思うわけです。案内役は野村副長と森下大佐。お二人は

「まあとりあえず大事なところだけ回るからしっかり覚えてね~、あ、それからあとで艦内スタンプラリーがあるからお楽しみに。タイムオーバーになると罰ゲームですからねウハハハ」

と笑います。方向感覚があまり良いと言えない私には悪魔の言葉のようです。

ハワイ旅行で艦に泊る際に大事な部署を押さえて回ります・・・でも行かんせんデカイ艦なので一筋縄では行きません。必死で(あの角にはこれがあったし向こうのラッタルを上がればあそこに行けるんだっけ)と覚えながら副長と森下大佐のあとをくっついてゆくわけです。

やっと自分にあてがわれた部屋の前に来てほっとするのもつかの間、待ち構えていた有賀艦長は私に一枚のはがき大の紙を手渡して

「はいじゃあ、艦内スタンプラリー行ってみよう~」

といい副長が私の持っていた紙に印刷されている「1」の部分にはんこを押して、押した時間を書きこんでくれました。そして

「『2』から後の場所はここに書いてある場所に行って押してもらってね~、じゃあ頑張ってね。あんまり遅いと罰ゲームがあるから」

と言って皆で腹を抱えて笑っています。ひどい。

さあ大変、罰ゲームっていったい何なのでしょう、どうせ碌なことではないとぞっとした私は紙をつかむと『2』番目の場所の電信室へと走ります。(ええと・・・どこだっけ)もともと方向音痴の私ですからまるで巨大迷路の『大和』艦内は大変なハードルの高さですがそこは妄想の世界ですので無事クリア・・・と言いたいですがそれではおもろくないので迷い始めます。それでもなんとか電信室ではんこをいただきます。

通信室には山口通信長がいらっしゃってはんこを押して、時計を見ながら時間を書き込んで下さいながら

「遅いねえ。あなたもしかして方向音痴でしょ!最初のとこからここまで30分かかってるよ。こりゃあ最後まで行くまでに日が暮れちゃうよ、ワハハ!」

と笑っておられます。悲しい。

そして

「まあ頑張ってね、早く回らないと夕飯食べはぐっちゃうよ」

と言って背中を押して下さいました。あわてて走り出す私。次はどこだろうとスタンプの紙をみると今度は「第3砲塔下弾薬庫」と書いてあります。途中で出会った水兵さんたちに聞きながら必死に目を血走らせて走る走る俺達じゃない私一人。それを見て皆は私を指さして笑っています。悔しい。

何とか「第三砲塔下弾薬庫」まで行きはんこと時間を書き込んでもらって、そこの責任者の兵曹に「さっさと行かないと爆発するよ」とからかわれつつさらに次の場所へ。

今度は「作戦室」――って今度はずっと上のほうかい!とへとへとになりつつもラッタルを上がる私。そこで待ち構えていた古村少将に

「まだあと四か所もあるよ~、大丈夫かなあ?まあしっかりおやりなさい、ワハハ!」

と笑われつつはんこと時間を書き込んでもらい・・・

というわけでやっとすべてをクリアして自分の部屋のところに戻った時には昼近く、艦長も副長も参謀長も

「おっそーい!もう昼御飯の時間になるよ?さあ紙を見せて・・・ってなんだホントに時間がかかってるねえ。前代未聞」

と言いつつ最後の枠<ゴール>にはんこと時間を書き込んでくれました。副長が、

「これは艦長。罰ゲームの対象ですね」

と笑って、有賀艦長も「そうだね、じゃあ罰ゲームの準備をして来てよ」と言うと副長は走り去り、森下参謀長が

「楽しみだねえ罰ゲーム~」

と嬉しそうです。さあいったいどんな罰ゲームが控えているのでしょう?もしかしたら両足縛って逆さにつるされて海につけられて、艦を全速で走らすというような極悪なものでしょうか。

それとも高い高い、防空指揮所の囲いの上に座らされるとか?いやいや、きっとこのとても広い甲板を一人で雑巾がけをせよ、とか言うのかもしれない。いずれにしてもとんでもない罰ゲームが待っていることでしょう。

覚悟を決めねば――ッて私は皆と一緒に楽しくハワイに行くだけなのにどうしてこんな目に会うのでしょうか?

そうこうするうち私の世話をしてくれる水兵さんがやってきて私を「こちらにどうぞ」といざなってくれました。艦長たちもついてきます。

案内されたのは大きな部屋でそこには皆――山本長官から山口多聞さんまで――テーブルについてらっしゃいます。どうやら昼食の時間のようで私はほっとします。私もテーブルの真ん中に座らせてもらい

長官の乾杯で昼食が始まります。

(なんだ――罰ゲームじゃないじゃん。おどかさないでよ)

と内心思う見張りんですが甘かった。

 

この後とてつもない罰ゲームが始まるのでした!

(次回に続きます)

 

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先だって連休の時ふっと思いついた妄想です。

なんとなく、(本物の艦長とか、五十六さんたちとこんな旅行出来たら面白いだろうなあ~)と考えてでは実際書いてみたら良いじゃん!?と思って書き始めました。

実にしょうもない妄想ですがどうぞお付き合いいただければ嬉しいです。次回、どうなる??

関連記事


女だらけの戦艦大和・総員配置良し!


<<GW終わったけど特別企画、「脳内旅行」2 | ホームへ | 「女だらけの戦艦大和」・衝撃のノーズアート4<解決編>>>
コメント
れい姉さんこんばんは!
山本五十六と言う人ほど、『愚将か名将か』と意見の分かれる人はいないと思うのです。
しかし後世の人間は結果しか見ていませんからね何とでも言えるわけで。
出来るなら私も長官ご自身からいろいろと伺ってみたいと思うことがありますね。

私はもしこの旅行がほんとに出来るなら山口多聞さんとべったりしたいですね(^_^;)。
【2014/05/13 21:41】 | 見張り員 #- | [edit]
かっつんさんこんばんは!
実際に・・・『大和』などを使ったツアーがあったらどれほどの費用が必要だったか?と思うと全く想像がつかないですね。
怖ろしいことになりそうですよね(-_-;)。
【2014/05/13 21:38】 | 見張り員 #- | [edit]
こんにちは(=゜ω゜)ノ

山本五十六サマは、ワタクシも尊敬する歴史上の人物のお一人でございますw。
もし可能なら、大東亜戦争に関して、もっと突っ込んだ提督のお考えを知りたかったですねw。なので、もし提督と旅行をご一緒出来るなら、恐らくワタクシ、提督の傍から離れないかと思われますw。

【2014/05/13 18:11】 | れい姉 #- | [edit]
参加費が気になるぅ~~
膨大な金額になりそうで(笑)
【2014/05/13 15:30】 | かっつん #03mm.wTc | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/855-63667194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)