日々雑感・あの頃の二十歳の思いに――

今日(一月一二日)、遅まきながら靖国神社に初詣に行きました。ちょっと風邪気味で喉が昨晩から痛かったのですがそれくらいなんだというわけでGO!

 

久々の靖国神社、今日はまだ初詣の続きみたいな感じでけっこうな人出がありました。ですがめげずに拝殿に手を合わせ、日本の安全や我が拙ブログにいらして下さる皆さまの弥栄をお祈りして、遊就館に入ります。

 

いつものように人をかき分け見て行ったのですが、今回ある人のご遺書を読んだ時なんだか思い切り泣きたくなってしまいました。このご遺書は普段もよく読んでいるのですが直筆の便箋を目にしたとたんなんだか一気に眼がしらが熱くなり、その場に誰もいなかったなら思いっきり泣きたいくらいの衝動にかられました。

その遺書の主は「水知創一(みずち そういち)」さん。

彼は早稲田大学出身の二一歳、昭和二〇年七月一六日回天特別攻撃隊轟隊の一員としてマリアナ東方海域で散華なさいました。

その遺書となった手紙はお父様あてとお母様あてがあるのですがそのうちのお母様あてのもの――(以前にご紹介したかもしれませんが改めて)

 

母上様

横浜で途中空襲警報発令され一度下車しましたが、何等の被害もなく無事帰還しましたから御安心下さい。

今度は短い休暇でしたが、皆様の御元気な御顔を見てほんとに安心しました。

車中で母上から戴いたものを拝見しました。

私の様な不孝者をあんなに迄想って下さり、ほんとに有難う御座います。私こそ身はたとへくちるとも、永遠に母上を御守りします。私に万一の事がありましても、決して髪等切らず笑っていて下さい。昭子始め弟妹が可愛そうです。まだまだ慎二も居ることだし、もっともっと気を強くもって呑気に御暮し下さい。昭子もそろそろ良い御婿さんでも貰って早く落ち着かせた方がよいと思います。

私の母上への御願いは、朗かに呑気に暮らして戴きたいことです。

話は別ですが、御弁当はとてもおいしくあれならもっと沢山作ってもらえば良かったと思いました。

                                           創一

 

御自分の必死の出撃行を前にしたためられた手紙には「回天」の「か」の字も出てこないしそういったことをうかがわせる雰囲気もないですが何かある種の切羽詰まったものを感じさせます。が、この手紙の最後の一行を読んだ時たとえようもない可笑しさと愛しさと可愛らしさ・・・さまざまな感情が交錯し私は大泣きしたい感情に駆られてしまいました。

母の行く末、兄弟のこれからを心配しながら書きつけた手紙、でも彼は手紙の最後に母の作ってくれた弁当がいかにおいしかったか、そしてもっと沢山作ってもらうべきだったなあ、ああ失敗したあという茶目っ気たっぷりな言葉を残しました。 

きっと食糧事情の悪い時のこと、自分一人にたくさん持たしてもらうのでは弟や妹に申し訳ないから私は少しでいいよ、という配慮があったのかもしれません。でも食べてみてその美味さに「もっと作ってもらえばよかったあ」と残念がっている水知さんの姿が目に浮かぶのです。

そんな――無邪気な子供のような彼がそのあと「回天」を駆って敵船団に突っ込んでゆき文字通りの散華をした・・・そのあまりの落差に悲しさを抑えきれません。

 

そしてもうひと方、回天搭乗員「塚本太郎(つかもと たろう・二二歳)」さんのこのお言葉は靖国神社・遊就館と、広島県呉市「大和ミュージアム」に実際の彼の声で聞くことができます。

父よ、母よ、弟よ、妹よ、そして永い間はぐくんでくれた町よ、学校よ、さやうなら。

本当にありがたう。こんな我ままものを、よくもまあほんとうにありがたう。僕はもっともっと、いつまでも皆と一緒に楽しく暮らしたいんだ。愉快に勉強し皆にうんとご恩返しをしなければならないんだ。春は春風は都の空におどり、みんなと川辺に遊んだっけ。夏は氏神様のお祭りだ。神楽ばやしがあふれてる。昔はなつかしいよ。秋になれば、お月見だといってあの崖下に「すすき」を取りにいったね。あそこで、転んだのはだれだったかしら。行きが降りだすとみんな大喜びで外へ出て雪合戦だ。昔はなつかしいよなあ。

かうやって皆と愉快にいつまでも暮らしたい。喧嘩したり争ったりしても心の中ではいつでも手を握りあって――然しぼくはこんなにも幸福な家族の一員である前に、日本人であることを忘れてはならないと思ふんだ。

日本人、日本人、自分の血の中には三千年の間、受け継がれてきた先祖の息吹が脈打ってるんだ。

    (略)

至尊の御命令である日本人の血が湧く。永遠に栄えあれ祖国日本。

みなさんさやうなら――元気で征きます。

昭和一八年一二月十日

 

彼もまた懐かしい子供時代を回想する優しい兄も文末近くでは一転、国を心底憂うる青年に変わっています。

どちらも本当の彼の姿なのだと思います。先ほどの水知さんも、この塚本さんも親兄弟の前では無邪気で優しい子供であり兄でいたいというのは本当の心。でも国を挙げての戦争の秋国を守る男子としての気概もまた本当の心。

その本当の二つの心に、私は深い感銘とそして同じくらいの愛しさを覚えるのです。家族と故郷を愛しそして国を愛する。

今ではどちらもないがしろにされがちなその二つを必死で守ろうとわが身を投げだした彼ら若人。

その崇高な精神を、私たちは忘れてはなりませんね。

今回の参拝は、成人を迎えた娘と、もう七〇年以上前に二十歳だった今は亡き――若い人とを重ね合わせた思いの深いものとなりました。

今日、明日の成人式をお迎えの新成人の皆さん。

今からたった七〇年ほど前にこの日本に生きていた同じ二十歳代の人たちの『人を思う心』『国を想う心』にちょっとでもいい、思いをはせてあげて下さい。

本来この思いは時代を問わず日本人の心の中を流れているはずのものですから。そして自分が今生きていることのありがたさをもう一度噛みしめてみませんか。

南の海の底から――北のつめたい土の中から――日も差さない密林の草いきれの中から――彼らは今も問い続けています。

自分たちの死の意味と、その死が本当に意義があるものだったのかを――。

 

 

<今日の売店購入品コーナー>

待ちに待った「英霊の言の葉」第十輯です。それと「回天 菊水の流れを慕う若者たち (片山利子著・展転社)。

 DSCN1299.jpg

そしてこのようなものをみつけました。「大日本陸海軍プリントクッキー」です。パッケージには九十七式中戦車「チハ」と一式戦闘機・隼が。そして片面には戦艦「長門」と零式艦上戦闘機のイラスト。DSCN1295.jpg

側面には海軍兵学校の「五省」、その反対側は「日本陸軍」の歌詞(「天に変わりて不義を討つ」)が書いてあります。

 DSCN1300.jpg


「女だらけの戦艦大和」・内地の正月の続きは次回です。御期待下さい。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/01/13 09:00)

呉市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
大分県ご出身の御英霊、かなりの数になりますね。そうですよねにいさまはお仕事柄英霊方のお言葉に触れる機会がたくさんおありですね。

彼らの残した言葉も筆跡も今の時代の若いひとには決してまねができないものばかりでその素養の高さはいかばかりだったのか?日本という国の素晴らしさがそこにありますね。
たった17,8歳の少年でさえ驚くべき内容の和歌など詠んでいますものね、彼らが今の20歳を見たらなんというでしょうか。
馬鹿騒ぎにうつつを抜かす新成人につけるいい薬はないものかとさえ思ってしまいます。純粋。まさにこの一言ですね、人として一番大事なものだと思います。

娘へのお言葉ありがとうございます^^。
大人として何をすべきか、逆にしてはならぬか。その辺をよく考え見極める人間、日本人になってほしいものです。
取り敢えず「やっと20になったか」と肩から半分ほど荷を下しかけた私です^^。

こんばんは。
私も仕事柄、大分出身のご英霊が遺した「英霊の言の葉」をたびたび目にしていますが、どなたのも一点の曇りもない文章と鮮やかな墨跡に敬服するのみです。
わずか20歳やそこらの人たちの人格と知性。今日成人式を迎えて相変わらず騒ぎ立てている二十歳(はたち)の若者とは随分と異なりますね。立派な人たちばかりです。
純粋、このひと言に尽きるのかもしれませんね。

末筆ですが、娘さんの成人の日おめでとうございました。ますますお健やかにと祈っております。まずはお母さん、お疲れ様でした。

オスカーさんへ

オスカーさんこんにちは!
塚本太郎さんはこのレコード盤の中でじつにたんたんと語っておられますが、それはきっと心のうちに滾る様々な感情を抑えてらっしゃるからではないかと思うことがあります。
ご家族がこの音源を発見なさったのは太郎さん戦死後と伺っています。
太郎さんは出撃前にお母さまの着物の片袖で回天座席に置く座布団を作ってもらいそれを持って散華なさいました。お母さまは片袖の着物を大事に持ってらして、お母さまのご葬儀にはその着物も一緒に棺に入れられたそうです。「太郎と一緒に」その思いがずっと戦後も残ったらしたのでしょう。

成人の日。
「おとなになったから酒をおおぴらに飲める」というだけのものにしないでほしいと思います。今を生きるの本陣の繁栄幸せの足元にはこうした多くの人たちの血と汗と涙のしみ込んだ日本という国があること。それを忘れないでほしいと思います。
今がよけりゃいい、その今が一体誰のおかげで存在するのか。
これは新成人だけでなく日本人全体に問いかけたいことでもありますが。

もっとたくさんのこと学んでほしいですね。

こんばんは。塚本さんの肉声、これをはじめて聞いたご家族の気持ちを考えると……何もないよりはずっとよいのでしょうが、せつなくもありますね。
成人式の式典で今年もたくさんの方々の想いが時を越えて現代の若者たちに届いたでしょうか?
私みたいにケータイのみで検索してもたくさんの記事や資料・史料に出会えるのですから、スマホやパソをバリバリ活用している若者は、本を読まなくても、もっとたくさん知ることが可能なはず……。今いっぱい学んで考えてほしいですね。
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード