「女だらけの戦艦大和」・内地の正月、○○決戦!2|女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

タイトル画像

「女だらけの戦艦大和」・内地の正月、○○決戦!2

2014.01.08(23:26) 771

野田のチェストの扉に、藤村甲板士官は手をかけそれを手前に引いた――

 

ギッ、と音を立ててチェストの扉は開いた。

と――中から獣臭いようなすさまじいにおいが吹き出し野村副長と藤村少尉は「グハアッ!」と叫んでその場にしゃがみこんだ。するとさらにチェストの中からガサガサッ!とおかしな音がすると何かが飛び出してきた。

「こ、こうもりだあ!」

藤村少尉がしゃがみこんだまま叫ぶと天井を指差した。副長が見れば居住区の天井を三羽の蝙蝠がその羽を広げてぴらぴらと飛びまわっている。

「うわああ!」

副長は恐怖の叫びをあげ艦内帽を取ってそれを振り回した、そして「あっちに行け、いけ!行かんか!野田、野田兵曹何とかしなさいッ!」と叫んで部屋中を逃げ回っている。野田兵曹はのんびりとほほ笑みながらそれを見て

「だ―いじょうぶですよお、副長。こいつはよく馴れていますからね。私が時間をかけて馴らしたから普通の蝙蝠より物わかりがええんです。私の手にも止まりますよ」

というと天井に向けて手を伸ばした。すると信じられない光景が展開した。三羽の蝙蝠は、野田兵曹の事業服の腕にぶら下がったではないか!三羽が等間隔で、実におとなしくぶら下がっている。それを野田兵曹は愛おしげに見つめ

「かわいいもんですのう、ねえ副長。見た目はようない生き物でもこっちが精いっぱい尽くせばなついてくれますけえね。じゃけえうちは生き物が大好きじゃ」

と言って笑って腕を副長に向けて突き出した。とたんに野村副長の全身から力が抜けて彼女はそこに昏倒してしまった。藤村少尉が

「野田!貴様そんなものどこかに捨てろ!副長が気絶してしまわれたじゃないか、即刻捨てて来い。そして何だこのくっせえ臭い、貴様のチェストの中一体どうなって――」

と言いながらチェストの中を覗き込んだのだが、次の瞬間

「ギャアアア―!」

とこの世の終わりのような絶叫を周囲に響かせた。それはそれはすさまじい叫び声で、高角砲居住区から十メートル離れたラッタルを降りていた下士官嬢四人が「いったいなんだ、あれ?」とびっくりしてすっ飛んできた。

その下士官嬢たちは高角砲居住区で何かが起きているのを察して「どうしたあ?」と入って来て異臭に顔をしかめた。そしてその場に副長が倒れ、藤村甲板士官がチェストの前で悶絶しているのに肝をつぶした。さらに野田兵曹の片方の腕に蝙蝠が三羽ぶら下がっているのを見て一人が「うう・・・」と唸った後倒れ、残りの二人の下士官嬢は「く・・・くっせええ!」と叫んで倒れた仲間を担ぐとその場を飛び出していってしまった。

「の、野田。貴様・・・」

藤村甲板士官はやっとの思いで声を発した。そして興奮と怒りと異臭にけいれんする手を伸ばしチェストを指差し

「いったいなんだこの中は!くせえなんてもんじゃねえ、この世のものじゃねえぞこの臭い。いったいどうなってんだ貴様あ!」

と怒鳴った。ハアハアと苦しげな息遣いでその口の端からよだれが一筋二筋落ちる。が、野田兵曹はまだ蝙蝠三羽をぶら下げたまんまでほほ笑みながら

「ありゃ、藤村少尉よだれなんぞ垂らして。子供みとうですねえ。チェストの中はこの子らの巣箱代わりにしとってですよ。棒を中に渡してあるけえそれにこの子らは下がって。ほいでもその下にうちの服があったけえ服がこの子らの糞だらけになってしもうた。うっかりしとりました。ほいでも当分防暑服は着んけえ、まあええですね」

としれっとしている。藤村甲板士官は頭がくらくらしてきたが何とかこらえつつ

「野田・・・貴様チェストをなんだと思ってる!?チェストは鳥かごじゃねえ!防暑服は蝙蝠の便所じゃねえ、ふざっけんなこのぉ!」

と怒鳴ったが力がない。段々臭いが彼女の体力を奪い始めたようだ。どんなに怒鳴られてもなじられても野田はほほ笑みながら腕に下がった蝙蝠を見つめている。しかし、藤村甲板士官にはその微笑が今や「悪魔の微笑」に見えている。藤村甲板士官の視界がかすみ始め、激しい吐き気が胃の腑を突き上げ始めた時

「副長、藤村少尉!大丈夫か」

と声が聞こえ、次いで複数の足音が廊下を走ってきた。藤村少尉がかすれた声で「こ、ここでーす・・・」と言った時、部屋に入ってきたのは梨賀艦長に松岡中尉、マツコにトメキチそして麻生分隊士に見張兵曹である。

一同部屋の異様さに立ちすくんだが、梨賀艦長は床に倒れたままの野村副長を抱き起こした。そして「副長、しっかりしなさい。どうしたんだ、しっかりしなさい」と言って彼女をゆすぶった。

見張兵曹が、麻生分隊士の袖をそっと引いて

「えらい臭いですねえ。こげえな臭いうちは今まで嗅いだことないです。気持ち悪い」

と言って吐きそうな顔になる。麻生分隊士も「ああ、えらい臭いじゃのう。一体なんじゃねこれ」と声をひそめた。

マツコが蝙蝠たちをじっと見つめてから傍らのトメキチに

「ねえ、あいつら野田の手下よ。やあねぇ野田の奴。ゴキブリのあとは蝙蝠をなんてさあ。どうなってんのかしらねえ?『大和(ここ)』にはもうアタシ達って立派なマスコットがいるんですからね、あんな気味の悪い連中なんかさっさと捨てたらいいのよ。ねえ」

と囁く。トメキチも蝙蝠を見て「僕あの人たち怖いよう」と言ってマツコの羽の中に隠れようとする。その様子をじっと見ていた松岡中尉はラケットをブンと一回振ってから野田兵曹に向かい

「野田さーん、あなた熱くなるのはいいんですがねえ。こんなものを内地に持ち込んでいいと思ってるんですか?もしもこの連中が外に逃げ出して日本の動植物の生態系をおかしくしてしまったらあなた、どうやって責任取るんですか?あなたのその脂肪たっぷりの腹をひとつ切っただけじゃ済みませんぜ?」

と言って正面からその顔を見つめた。さすがにそう言われて野田兵曹の表情に引き締まるものが出始めた。松岡中尉は構わず話し続ける、

「第一この『大和』艦内の衛生が保てないじゃないですか?いいですか野田さーん、蝙蝠なんてぶら下がっちゃ糞を垂らしてるでしょう?きったないじゃないですか?私のハシビロくんや犬くんは、きちんとそのへんをわきまえているからよっぽどのことがなきゃそのへんに糞をひりたらかすなんてことはないんです。野田さんあなた、その蝙蝠連中にそのへんを躾けてます?」。

野田の顔からすっかり生気が失せ、腕が下がった。と蝙蝠たちはチェストの中に入って行ってしまった。

そうこうしているうちやっと、副長と藤村少尉が息を吹き返し梨賀艦長は「ツッチー、大丈夫か?これは一体どうしたことなの?」と言って副長をしっかり抱き起こした。副長は艦長の顔を見ると艦長にしがみつき

「艦長!私と藤村少尉で艦内を見回っていたんです。で、野田兵曹のチェストを点検しておこうと思ったら中から・・・わたしの・・・だいっきらいな・・・あれが・・・」

と言って泣きだした。梨賀艦長は、「また野田のチェストか」とため息をつきながら副長をそっと抱きしめた。そして「後でゆっくり聞いてあげよう」と囁いた。

それをちらりと見た松岡中尉がエヘンと咳払いをしてから艦長と副長のそばに膝をつくと

「まあ、艦長も副長もお怒りは御尤もです。私も今回は憤激に耐えません。ここは皆でしっかり野田さんを教育・監督しましょう。で、必要ならば日野原軍医長に彼女の身柄を預けて軍医長の研究に使ってもらいましょう。それから野田さん、あなたの蝙蝠三羽ガラスはこんなところで飼っちゃいけません。日本では飼えません。ですから私は同期の桜をあたってみて南方に戻る同期がいるならその人に渡します。いいですね野田さん。いやとは言わせませんよ私は今とても熱くなってますからね!

――てな訳で私は艦長、副長に提案があります。ちょうど我々は内地の正月に合わせて帰ってきたようですね、ですから私は今回思いっきり<日本的正月>を堪能したいんですよ。そこで私は○○○大会をやりたいと思うんです!」

と言ったのだった。

さあ、○○○大会とは一体何なのだろう?詳細は次回へ――

   (次回に続きます)

 

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前置きがずいぶん長かったですがいよいよ本題に入れそうです(-_-;)・・・松岡の提案の<○○○大会>の正体が次回明らかになります。ご期待下さい。

関連記事


女だらけの戦艦大和・総員配置良し!


<<「女だらけの戦艦大和」・内地の正月、○○決戦!3 | ホームへ | 「女だらけの戦艦大和」・内地の正月、○○決戦!1>>
コメント
すっとこさんこんばんは!
なんと!すっとこねえさまのうら若き乙女の日、カンブリア紀にそんなことが!
同級生さんは蝙蝠をペットにしてらしたんでしょうね・・・・(-_-;)そんなものを制服にぶら下げて登校してきたって、すごい猛者ではないですか!
>羽の生えたネズミみたい
なコウモリ。私も寄りたくない(泣)。

かく言う私も白亜紀の時分に高校の先輩(男子)から「これ上げる、そっと手を入れて中のもの出して御覧」と言われてひっぱり出したのが蝙蝠の干ものでした!しかも本物でした。
いらい大っきらい!
グホオ!
【2014/01/10 21:10】 | 見張り員 #- | [edit]
今日の内容で思い出したことがあります!

自分が中学一年生の時ですから
あれはカンブリア紀だったでしょうか、
同級生の女子生徒が自宅からコウモリを
連れて来たとです!

ペットだったのか

制服の胸のとこにしがみついてた
可愛い・・・・くない・・・・気持ち悪い・・・
羽の生えたネズミみたいでした。

小心者で人みしりだったので
  だからカンブリア紀の頃の自分、です
その女子生徒に
「見せて」とか「触らせて」とは言えなかった。
もし実際に触ったりしたら
可愛いく思えたかもコウモリ!
【2014/01/10 12:58】 | すっとこ #O.IV57GY | [edit]
オスカーさんおはようございます^^
松岡中尉、もうマツコを私物化しています。そしてマツコもそれを喜んでいますw。この二人?の関係今年も注目ですね。

フルーツ蝙蝠とかいう名前でしたっけ?果物しか食べないよって蝙蝠いますよね。でもやはり糞は糞でしょうから・・・ウウウ!
チェストの中での動物飼育はまさに細菌兵器培養にあたりますね(-_-;)。

今朝の寒いというか「痛い」くらいの空気!オスカーさんもくれぐれも御身大切にお過ごしくださいね。
緊迫の続きをお楽しみに^^。
【2014/01/10 08:25】 | 見張り員 #- | [edit]
こんばんは。
>私のハシビロくん
この言葉に胸キュンなワタクシ!もう松岡さまったら!!(≧▽≦)バシバシ!!という気持ちになりました(笑)
>コウモリ
フルーツしか食べないのもいるみたいですが、排泄物はフルーツのかほりなワケはなく…仮にそうだとしても密閉された中で発酵したらそれはクサヤの何百倍にもなるのでは……細菌兵器ですわ!!

雨はあがりましたが冷えますね。風邪をひかないように気をつけて下さい。続きが楽しみです(^.^)
【2014/01/10 00:44】 | オスカー #- | [edit]
まろゆーろさんこんばんは!
「野田のチェスト」は悪い方での『大和の名物』となっています。この上こうもりだなんて・・・先が思いやられます(-_-;)。
しかも笑ってるなんて。
こういう人間が目の前にいたらわたしはそーーーっと引いてゆくことでしょうw。しかし松岡さんも優しいというか・・・でも「軍医長の研究材料に」なんて怖いことも言っていますねw。いっそ本当に軍医長に渡したらいいのにwww.
「許す」って難しいですよね。私は心が狭いのでなかなか「許す」ことってできない傾向があります。特に旦那とか姑とかw、ホントはそんなじゃいけないんですけどね。

今夜は外は凍てつく寒さです。
今日は昼間は12度くらいあった(らしい)ですが私はちっとも「暖かい」とは思いませんでした。寒さで胸が締め付けられるように痛みます。
大分も寒いでしょう、にいさまもくれぐれもご自愛くださいませ。
【2014/01/09 23:05】 | 見張り員 #- | [edit]
野田さん、性懲りもなく更にコウモリの手なずけとは。
不遜にも笑って見つめているなんて、申し訳ないことに私はこんな人はちょっと苦手です。それでも上官は優しくてまだまだ余地を与えようとしているのが素敵です。上に立つ者の心がけの一番って「許し」でしょうか。私には出来ない(笑)

とても寒くなりそうですね。風邪引かないようにくれぐれも大切にお過ごし下さいね。
【2014/01/09 22:27】 | まろゆーろ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/771-62658dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)