日々雑感・「大詔奉戴日」・若き人へのメッセージ

本日十二月八日、長女の成人の記念写真の撮影に行ってきました。

明日九日はちょうど二十歳の誕生日です。思えば長いようでそうでもないような不思議な二十年間でした。

そして今日という日は昭和十六年、日米開戦の日でもあります。その日にはたちの祝いをするというのもなにか奇しき物を感じました。戦時中なら娘はもしかしたら誰かのところに嫁に行っていたかもしれない年です。事実『軍艦大和』で菊水作戦に参加し散華なさった伊藤整一中将の御長女は十九でご結婚されています。

そして三つ下の娘の年頃なら勤労動員で軍の工場などに働きに行っていた年です。

そしてまた娘と同級生の男子たちは徴兵検査の年でありあるいは志願して海軍や陸軍に入団・入営している年でもあります。

あの時代の若者は、皆それぞれの立場で国に奉仕し家族や地域を守る一端を担っていたのですね。そのけなげな心を思う時私は今のはたちや一〇代の幸せを想わずにいられません。無論私たち戦後生まれの世代はみな幸せなのですが・・・物の豊かな時代に育ち戦争の恐怖を知らない世代は本当に幸せだと思います。

今までこのブログでご紹介してきた「回天」の搭乗員は最年少は一七歳で戦死して行きました。沖縄の女学生も一五,一六で看護婦として動員されそして散華してゆきました。

そんな思いをしなくていい現在の若い人は本当に幸せで恵まれています。

若い人よ、どうか自分の置かれている立場に満足するだけでなく今からたった七〇年ほど前まで自分たちと同じような年齢の人たちが命をかけて国を守ったという事実を思い出してほしいのです。

知らなければ知ってほしい。

知らないから知らないままでよいということではいけないと思うのです。知らない、ということは別の言葉で言えば「無知」ということです。無知ほど恐ろしいものはありませんし、無知ということほどよそから付け込まれることも他にないからです。

むかしのことだから、自分には関係のないことだから知らなくていいという道理はありません。過去はすべて現在から未来につながっています。

自分たちの大事な未来の為にも、若い人よもっともっとあの時代を知ってください。

それも「日本目線」の歴史を。

今――いや、私たちのころから――学校で習っていた日本の近現代史はいわゆるGHQ史観と言われるもので日本人の眼の高さで見たものではありません。GHQ史観は日本人から誇りと自信を奪うために植え付けられたもの。決して本当の歴史ではありません。

今まで、あるいは今も習っている歴史とは違う視点から日本を見てほしいのです。

天皇陛下を頂点にいただき二千年以上も続いてきたこの国を誇りに思い、未来永劫存続させるためにどうすべきかを考えてほしいのです。

それが日本に生まれたものの義務であり権利であると思うのです。

そしてそれがあの戦争で戦没された多くの人たちに報いる道でもある・・・と私はそう確信しています。

 

七二年目の「大詔奉戴日」に、戦後世代の一人からのメッセージを贈ります――。

関連記事

Comments 12

見張り員  
Re: ウダモさんへ

> ウダモさんこんばんは!
> 10代の一番輝いているべき時に自らを戦いの中に投じそして散華した少年たちがかつていたということが忘れられていますよね。
> 日本の戦後教育は大変嘆かわしいことにそうした英霊となった少年たちをも貶めてはばからない。恐るべきことだと思います。
> 日本人なのに他国を称賛して日本をくそみそにけなす。挙句にありもしなかった話をさも本当のようにきかせる。
> こんなことでいいわけがないですね。ですからインターネットの質の良いサイトで真実を広めてほしいと思うのです。

娘のことありがとうございます!
やっとここまで来たという感じでおります。10日には次女も誕生日でした。二人とも新しい一年が始まったことになります。
何事にも動じない肝っ玉を養ってほしいと思っています。

私への嬉しいお言葉もありがたく賜りました!ありがとうウダモさん!!

2013/12/12 (Thu) 00:09 | EDIT | REPLY |   
ウダモ  
こんばんは!

そうですよね、10代で散った命があるんです。
そしてそれぞれに物語がある。
こうした思いを無駄にしてはいけないと改めて思いました。
戦後教育により、日本人は力を削ぎ落され、心までも委縮し、知る事への興味もなくなりました。
これでは、散っていった命に申し訳ない。
せめて私たちが教えていかないといけませんね。

昨今ではあれこれと論議されておりますが、戦争をしない為にも、教育は大事です。
君が代のかわりにアリランを唄わされる学校もあるといいます。
日本は悪い事をしたんだと教える教師も多いです。
差別という名のもとに、言うべき事も言えなくなってしまいました。
これからは差別ではなく、区別して物事を考えていくようにしてもらいたいですよね。
何より、私たちの国なんですから。

そして、武器を持たない事だけが戦争をしないで済む手段ではないですよね。
これからの日本、国を守る事は勿論の事、何より国民の心を守る事が大事と思います。

間違った歴史を正し、再び自信と誇りを持てるよう、頑張って伝えていかねば。

某国の売春婦ごときに英霊さま達の名誉を傷つけられたくはないです。
ネットの普及により、真実が明かされる時がもうすぐそこまで来ています。
再び誇りを持って、日本人として堂々と生きていきたいと思いました。

よい記事でしたb

お嬢様の成人式、おめでとうございます!^^!
我が家の娘もあと2年ほどで成人します。

感慨深いですね。
おっしゃる通り、長いようで短いw

お母さん、お疲れ様でした^^
とりあえず乾杯♪

2013/12/11 (Wed) 17:27 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
鍵コメさんへ

鍵コメさんこんばんは!
ありがとうございます、娘も大変喜んでおります。
私は娘を二人持って大変幸せだと思います…いろいろ大変な、困難なこともありましたがw。

まるっきり戦後世代のわれわれ、平和な日常を当たり前と思ってはいけないですね、この平和はだれが構築してくれたのかを考えつつ暮らしてゆきたいものだと思います。

教科書に記載されているあの戦争の記事を『疑って』かかることも大事ですね、自分で調べて真実を知った時戦争の姿と、それに対して懸命に立ち向かった日本と日本人の姿が見えてくるのだと思います^^。

2013/12/10 (Tue) 23:34 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
本当に、まろにいさまとのお付き合いが一番長いお友達になりました!
そうですね、あの頃まだ長女は中学生で進路に悩んだりあれこれ悩み多き時期でした。そんな娘も20歳になり、自分の人生や将来、そして日本や日本を取り巻く世界の情勢にも興味を持って話ができるようになりました。
私の子育ては、あたふたしてばかりだったので正直うまく行ったのかどうか大変不安でしたがにいさまにそうおほめいただくと大変うれしく、「これでよかったのだ」と納得できました。ありがとうございます!
そして、私の役目はこれで終わり!ではなくまだ次女もおりますしさきは長そうです^^。
おっしゃる通り身体を大事にして頑張ります!

2013/12/10 (Tue) 23:20 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
かっつんさんへ

かっつんさんこんばんは!
ありがとうございます、何だか20年なんてあという間だったなあと思ってい感慨深いものがあります。

日本は敗戦国だから自虐史観を受け入れ、その上ありもしない罪を自らかぶるという愚挙を続けてきました。がもうそれから脱却すべき時ですね。日本人でありながら日本の本来の歴史を拒否し貶めるということなどあっていいわけがありません。
ただしい歴史を学校教育においても学ばせるべきですし、その一助として質の良いネット記事を活用すべきですね。
日本人としての誇りを持つ、日本という国が好きだと当たり前に言える国になりますように。

2013/12/10 (Tue) 23:01 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/12/10 (Tue) 20:52 | EDIT | REPLY |   
まろゆーろ  

誕生日、おめでとうございました。
見張り員さんとは私がブログを始めてから一番古い友人になりました。思い起こせば最初の頃は娘さんがまだ中学生くらいではなかったかと。
大きくなられて二十歳になりましたか。何もかもに一生懸命で、自分を差し置いてでも頑張ってこられている見張り員さんにとって、娘さんの節目の誕生日は殊のほか思いも深いことと思っています。
これまでまっすぐに育った娘さんのこと、外野ながら本当にうれしく思っています。そして見張り員さんの娘さんへの丹精の賜物に心からお喜びを申します。
まだまだこれからお母さんの役目はいっぱいあるでしょうが、まずは身体をいとって毎日を過ごして下さいね。

2013/12/10 (Tue) 08:49 | EDIT | REPLY |   
かっつん  
うちの娘と同い年でしたね(笑)

遅くなりましたがお誕生日おめでとうございます
歴史教育というのは日本に於いては非常に歪められたものだったってこと恥ずかしながらここ数年前まで気づくことなく過ごしてきてしまいました
時代劇を見ていても、あっち側からの歴史とこっち側からの歴史は大きな開きがあること、分かっていたはずなんですが・・
日本の近代史は明らかに捏造されて子供たちに伝えられてきました。本当の日本の歴史を学べること、そういう時代に早くなるべきです。
そしてそれは間違いなく第一歩第二歩と歩を進め始めています・・よね(笑)
ネットの力が大いに役立っているし、これを社会全体に早く浸透させなければなりません
日本人としての誇り、それをしっかり身に着けた未来の日本人を養うためにね

2013/12/10 (Tue) 08:34 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは^^!
ありがとうございます、娘に伝えましたら喜んでおります。
一口に20年とは言いますが、いろいろありました。泣きも笑いもありましたがもう「笑い話」ですね。次女が明日誕生日で17歳。3年と一日違いの誕生日です!

開戦の日の記事がもうほとんどないことに危機感を覚えています。ただ昨日でしたかヤフーニュースで「回天の島に若者が多数訪れるようになった」というのがありましたね、きっかけは何でもいい、見て感じてくれることがうれしいですね!

2013/12/09 (Mon) 22:10 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
すっとこさんへ

すっとこさんこんばんは!
お祝いの言葉をありがとうございます、20年をしみじみ振り返っておりました。もう夢中で子供たちを育てて仕事をしてきたこの年月、いろいろなことがあったなあと思いますが今にしてみればみな笑い話になりました。

娘に伝えました、とても喜んでおります^^。
「ありがとうございます」

しかしなぜにテンプレが変化したんでしょうね??
>古い民家のひさしのように
なんか見たかったなあとは思いましたがしかしはた迷惑な。こういうのも「バグッた」というのでしょうか??
また不都合がありましたらお知らせくださいね^^。

2013/12/09 (Mon) 22:05 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
オスカー  
Re:

おお!二十歳のお誕生日ですか!おめでとうございます!ご長女さまの1年が光り輝く毎日になりますように…!見張り員さまも今までおつかれさまでした。まだまだ大変だと思いますが、お身体に気をつけて下さいね。
開戦の日に関しての記事は新聞なども少ないですね。開戦までの出来事などももっと取りあげてほしいと思います。突然「つまらないから戦争するか!」なんてことはないのですから!

2013/12/09 (Mon) 08:45 | EDIT | REPLY |   
すっとこ  
No title

「おめでとうございます!」
お嬢様、無事にすくすくと20歳まで
なにごともなく成長できる今の日本のしあわせを思わないといけませんね!

おっしゃることはひとつづつ「うんうん」と頷きながら読ませていただきました!

昨晩はなぜか貴ブログの壁紙が古い民家のひさしのようになっていたのですが・・・なぜ?

今日は字も良く見えます!

お嬢様に心からの「おめでとうございます!」をお伝えくださいませ。
そしてここまで育てられた見張り員さんにNYより大きな拍手を送りますパチパチパチ!!

2013/12/08 (Sun) 23:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)