日々雑感・蜂のムサシか!?

いやあ・・・ゾッとしました。
なんのことかって?

いましがたのことです。
娘が「部屋の箪笥の引出しにハチがいる!」というのでそいつを退治せんと掃除機片手に件の引き出しをそっと開けました。

そっと見ると服の入った引き出しの右ふち、その奥の方に蜂が・・・

しかも!
スズメバチじゃないかこいつ!!

背筋がぞっとし、頭がパニック寸前に。

しかしよいことにこの寒さで奴は身動きが取れないようです。
ですので掃除機のノズルで吸い取ってやろうとしたのです。

が・・・・
掃除機の吸引力が足りない!
蜂が吸い込めない、このままでは蜂が逆上して出てきたら我々は名誉の戦死です。

そこで私は救援を要請!
頼もしい蜂撃退の助っ人、「マグナムジェット」さんです。
DSCN1239.jpg

彼がシューっとすると、蜂は引き出しの中で暴れていましたが一分もしないうちに「ぽとっ」という音を最後に静かになりました。

で、奴の死骸を見つけようとしましたが引き出しの中にはいない…一番下の引出しを取りだすとそこには変わり果てたスズメバチの姿が。

掃除機で吸い取り一件落着でしたが一体どこから来て引きだしの中に入り込んだのか???

仮定ですが洗濯物にくっついたスズメバチさんを私は一緒に取りこんでしまい畳んでしまったのではないかしらと思いました。この寒さですからさすがのスズメバチといえども動きは鈍い。

で、引き出しの服の中で息を吹き返したのではないでしょうか??


私はハチが大っきらいです。子供のころ、ミツバチに刺されて以来どうも蜂が本当に怖いのです。
スズメバチを至近で見た時正直卒倒しそうになりました。

ですが親のメンツにかけても退治せねば!
というわけで無事退治しました。

あ!
写真撮っとけばよかった===!

みなさんもどうぞ蜂にはご注意ください、ここ数年夏が暑すぎるから蜂も活動が活発だと聞いています。
秋とはいえ油断はできないと痛感しました。

ああ・…怖かった…
関連記事

Comments 12

見張り員">
見張り員  
kazu さんへ

kazu さんこんばんは^^!

本当によく洗濯物取り込んだ時刺されなかったものだと冷や汗をかきました。刺されていても不思議じゃないのですが、運がよかったのでしょう。

写真、ホントに悔しいです。気がついたときヤツはすでに掃除機の中でした…(-_-;)。

2013/11/25 (Mon) 23:25 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
すっとこさんへ

すっとこさんこんばんは^^!
お返事遅くなってごめんなさい。

今思い出しても胸がずきずきずるくらい怖かったです。私大体が、昆虫大嫌いなんですよ(-_-;)。特に蝶と蛾はダメでしてその次が蜂でしょうか・・
スズメバチの怖さは普段からTVなんかで報道されていて「刺されたら私は絶対ショック死する」と常々思っていたところでした。

でも無事退治で来たのでホッとしました・・・ヘナヘナ。

振り向いて顎をカチカチ、これホント考えただけで背筋がぞっとしますよね。アブブブブ・・・!

2013/11/25 (Mon) 23:23 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
kazu  

それは、あぶなかったですね。
洗濯物をとりこんだとき、なんともなくて
幸いでした。

そんなとき、写真は忘れるものですよね^^

2013/11/25 (Mon) 23:10 | EDIT | REPLY |   
すっとこ  
ひゃっ。

おお!
大捕りもの&大立ち回りでしたね!
無事に始末付けられて良かったですね。
もし、もしも行方不明にでもなってしまったら
お嬢さん、その部屋では眠れなかったでしょう。

見張り員さん、えらかった!
母は強し!! ですね。

「すずめ蜂が振りむいて顎をカチカチ」だなんて!
ここは私も想像したらぞっぞぞーっと鳥肌立ちましたよ!

2013/11/24 (Sun) 12:20 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
一体いつ、どの洗濯物に入り込んでいたのか皆目見当がつかないのです。「??」の連発状態です。
しかしもしあ奴が洗濯物をたたむ際に飛び出していたら…大ごとでした!本当に不幸中の幸いです・・・ブルブル。娘二人と私の3人でギャーギャーいいながら退治してる図を思い浮かべると笑えますよね^^、今だから私も笑っちゃいますもん(^O^)

ヘビ。
これはもう駄目ですね。今は亡き祖母が、その昔ですが自宅のふろ場においてあった長靴の中にヘビを発見したという話をしてくれたことがありました。まだ下水道も完全ではなかった時代なのでそういうこともあったかもしれませんが大の蛇嫌いの祖母の驚嘆ぶりが目に浮かんだことでした。
ヘビは金運の神だとは言いますが…私も御免です。
「蛇は嫌だ同盟」でも結成しますかw。

2013/11/23 (Sat) 21:42 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
matsuyama さんへ

matsuyama さんこんばんは!
本当の恐怖でした、あ奴がもしも後ろを振り返って顎をカチカチ・・とさせたらどうしようと生きた心地がしませんでした(-_-;)。
洗濯物を取り込む際にはよくふるってから入れるのですが、服の中のほうに入り込んでいたのでしょうね。全く気がつきませんでした!寒さが私には幸いしたようです。

大きなスズメバチの巣…もう考えただけで鳥肌が立ちます(泣)。もうそうなったら業者さんに頼むしかないですね。
冬に向かうこれからは退治のいいチャンスですね、気をつけて駆除しましょう(-_-;)・・・

2013/11/23 (Sat) 21:36 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
まろゆーろ  

きっと洗濯物に隠れてやってきたのでしょうね。それにしても洗濯物を畳む時に遭遇しなくて良かったですね。不幸中の幸いでした。
大騒ぎなさっている様子が目に浮かびました。お疲れ様でした。

もしも我が家にヘビが侵入したら、僕は気絶するかもしれません。そして早々にこの家を売るかもしれません。ヘビが道を横切ったのを見ただけでもしばらくは車でさえも走らせたくない小心者の僕ですもん。いやだいやだ。

2013/11/23 (Sat) 12:02 | EDIT | REPLY |   
matsuyama  

スズメバチですか。よくぞ勇気を振り絞って退治しましたね。偉いです。
そうですね、洗濯物を取り込むとき一緒に紛れ込んだんでしょうね。洗濯物を畳むとき気が付きませんでしたか。この時季の寒さで命拾いしたのでしょう。
自分も昨年の秋、物置に大きなスズメバチの巣を発見。怖くてプロにお願いして駆除してもらいました。今年も自宅の軒下に卵大の巣を発見しました。小さいけどスズメバチがブンブン飛び回っていましたよ。今は活動期も治まったのか、姿を見かけません。今が駆除のチャンスですね。マグマグジェットの力借りなくっちゃ。

2013/11/22 (Fri) 23:19 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
ホントにこの寒さに感謝でした。ちょっと弱ってる感じもしました。しかしもしもやつが闘志満々で向かってきたとしたら今頃病院のベッドの上か、自宅で痛みに堪えていたかも…ゾー!!

ミツバチハッチとかマーヤはかわゆいですよね♡でも本物はマジ御免です、特にスズメバチは…ホント悪いけどあっち行ってって感じですw。

2013/11/22 (Fri) 21:32 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
かっつんさんへ

かっつんさんこんばんは!
仕事場に、巣を!!!
考えただけでゾッとしますね、私は絶対仕事できません(泣)。
しかも場所の特定ができないというのはなおさら怖いですね・・・(-_-;)

そうか。
網で捕獲という手がありましたね。
でも鈍い私にはちょっと無理かしら??練習あるのみですね^^。

2013/11/22 (Fri) 21:29 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
オスカー  
Re:

おはようございます!いやいや、大変でしたね!ケガがなくて本当によかったです。洗濯物、こういうことがあるから部屋干しオンリーの人もいますよね。
みつばちハッチとかキャラクターでは可愛いですが、実物はゴメンだぁ~(涙)ハシビロは実物も味わい深く好きです(笑)

2013/11/22 (Fri) 08:41 | EDIT | REPLY |   
かっつん  
スズメバチ

仕事場、材料置き場のどこかに巣を作られたことがありました
2年くらい前だったかなぁ
場所が特定できずにひたすら虫捕り「たも」で対応
今もハチ獲りに大活躍です
自宅にも置いてあります
100円で買えますし

2013/11/22 (Fri) 08:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)