2017-10

「女だらけの戦艦大和」・もったいないもほどほどに<2> - 2013.11.09 Sat

「とんでもないことが起きました!」と叫んだ野村副長であったが――

 

梨賀艦長が「いったい何が起きたというんだ、副長」というと今の今まで血相変えて艦長と日野原軍医長の二人を見つめていた瞳を左斜め上あたりにふいっとそらした。

「どうした、副長?」

「なにがあったというんですか野村副長」

艦長と軍医長が交互に聞いた。すると副長のほほが真っ赤に染まった。そして今まで威勢よく話していた口調がしどろもどろになって

「ア・・ウ・・・グググ」

と淀んでしまった。梨賀艦長が副長の肩をつかんで「どうしたの?ツッチー!」と大声で言ってつかんだ肩を大きくゆすぶった。副長は右手の人さし指を天に指すような格好で口をパクパクさせている。艦長は業を煮やして、

「はっきり言え、野村!」

というなりその頬を思いっきり張っていた。バチーン、とすさまじい音を立てて副長の頬が鳴り、副長はその勢いで一メートルほど先に背中から倒れ込んだ。日野原軍医長があわてて駆け寄り副長を抱き起こした。そして

「どうしましたか?そんなに言いにくいことなんですか?」

と尋ねる。副長は叩かれて腫れあがり赤くなったほほをさらに赤くして「わっ!」と叫ぶと両手で顔を覆ってしまった。

艦長がその副長のもとに駆けより、日野原軍医長の手から副長をもぎ取るとその防暑服の胸元をグイッとつかんだ、そして

「いい加減にしろ!飛んでもないことだと貴様自分で言っておきながらなにをためらう?とんでもないことをいつまでも隠すな、早く言え!」

というなりさらにびんたをかます。日野原軍医長が見かねて艦長の手をつかんで抑えにかかる、そして

「艦長、焦るのはわかりますがもうこれ以上・・・」

と言った。艦長はハアハア吐息を荒げつつ副長を睨みつけている。副長の防暑服の第一ボタンはちぎれ飛び、襟章すら片方どこかに飛んでしまっている。副長はようよう体を起こし、日野原軍医長に「申し訳ありません」というとその場に座りなおした。

そして今度はしっかり、二人の顔を等分に見つめると

「艦隊司令部からの緊急連絡です。実は――」

と腹をくくったのか落ち着いて話し始めた。

 

――それが起きたのは今から二日ほど前の話である。

この、トレーラー水島の歓楽街のある見世に一人の兵隊嬢がある男性と一夜を交わすべく上がった。そして事が始まるさい、男性は避妊具を装着した。これは絶対の決まり事で、事を始める際には装着すべし、という達しが何処の見世にもいっているし兵隊嬢たちも必ず「確認」してから事に及んでいる。

ともあれその兵隊嬢も装着を確認して事を行なった。そして、事が済んだ。

だが件の兵隊嬢はそのあと信じられない<とんでもない>ものを目撃したのだ。それは――

男性が自分から外した避妊具を、枕元に置いてあった洗面器の中にためてあった水の中で洗ったのだった。

「ちょ、ちょっとあなた。なにしてるの?」

その兵隊嬢はびっくりしてからだを起こすと男性に尋ねた。男性は手慣れた手つきで避妊具を洗面器の中で裏返したりして洗っている。男性は兵隊嬢を笑顔で見ると

「あらってるんですよ。だって・・・もったいないじゃないですか。たった一度使っただけで捨てちゃうなんて。いくらゴムがたくさん採れるからって無駄にしちゃあいけませんよね?」

と言ったのだ。兵隊嬢は

「も、もったいないって言ったって、ソレは確か一度だけの使いきりのはずでしょうが」

と言ってそれを指差し、おぞましいものでも見るような目つきになった。そしてあわてて褌をしめ服を着ると

「これは大変なことだ、上に知らせんと」

というなり部屋を走り出ていたのだった。そしてその話はその晩のうちに彼女の勤務する重巡の幹部の知るところとなったのだった――

 

それを伝えると副長は「恥ずかしい―ッ!」と叫んで顔を両手で覆うなりその場にうち伏してしまった。

 

「なんてこった。本当にとんでもないことだ」

日野原軍医長は頭を抱えてうめいた。そんな、一度使ったものを洗ったり裏返して使われた日には大変なことになりかねない。いやもしかしたらもう大変なことになっているかもしれないではないか。

「で、日野原軍医長」

と野村副長は顔をあげると赤く腫れあがった頬で言った、

「艦隊司令部からの連絡です。各艦の軍医長ならびに衛生科員は明日大至急艦内の総員に聞き取り調査を行い、件の見世の男性と関係した兵を調査診察すべし」

日野原軍医長はきっと表情を引き締めて

「わかりました。明日午前中より第一分隊より順に聞き取りを行います――艦長、明日作業の合間にすることになりますがよろしいですね?」

と艦長に向かって言った。艦長に異論があるはずもなく、

「無論緊急に行ってほしい。調査の上その男性と接触のあった兵については日野原軍医長、あなたに一任します。よろしく」

と言って解散した。

 

日野原軍医長が艦長室を退出した後、梨賀艦長は後ろ手に手を組んで部屋の中をうろうろ歩きまわった。そして

「とんでもない男がいたらいたものだ。よりによってアレを使い惜しみするとは!そんなことをしてへたをすればそこらじゅう妊婦だらけになるではないか。しかも兵や下士官がそんなことになったら・・・おおごとじゃあないか。まさか、その見世は見世ぐるみでそういうことをしているのではないだろうなあ」

と言って今度は両手を頭に持って行って艦内帽を取ると頭のてっぺんを数回たたいた。

それをじっと副長は見つめている、その視線に気がついた艦長は副長の顔を見てはっと息をのんだ。そして彼女のそばによるとその背中をそっと抱き寄せ

「ツッチー。ごめんねこんなに腫れるまでわたしはあなたのことをひっぱたいてしまった・・・艦長としてあるまじき行為だ。本当に申し訳なかった」

と謝った。副長は服の前がはだけたままで艦長の胸に頬をつけると

「いいんです。だって、わたしが悪いのですから。いくら恥ずかしいからと言って大事なことをはっきり言えないなんてそれこそ副長としてあるまじき行為です。謝るのはわたしのほうです、艦長」

と言って艦長の瞳を見つめた。艦長は

「ツッチー」

とつぶやくとその身体を力いっぱい抱きしめそして・・・。

 

そして翌朝。

内地への帰還の準備に追われる『大和』他トレーラー在泊の艦艇内では医務科の皆がてんてこ舞いの状態になっていた――

   (次回に続きます)

 

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんてこったい!

ありえないことになりました。もったいない、もここまできたらまずいでしょうというところです。しかしアレを洗って使いまわしだなんて、見世ぐるみでしていたのでしょうか?

「女だらけの帝国海軍」、大ごとにならなきゃいいんですが・・・次回をお楽しみに!


関連記事

● COMMENT ●

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんにちは!
食あたりの相当ショックですがこれはもう…下手をしたら戦争遂行に大変な支障をきたします。

あのゴム製品って風船みたいに膨らむのですか!?
実物は当然のように見たことがありますが膨らむとは…やってみればよかったかなw。
しかし「コンドームという風邪薬」と言われて買いに行った一年生…気の毒なようなそうでないようなw…みなそうして大人の階段を上るのですね^^。

この話は実話を読んだことがあってそれをモチーフにしました。しかし一回使ってそれを洗ったものなんて、何か違和感があるような気がして落ち着いて行為ができないような気がしますが??どうなんでしょう???
そして聞き取り調査の結果はいかに!

今朝は大きな地震で目を覚まされました。あの震災の余震だそうですが一体いつまで続くのやら??
今日の東京空気が生ぬるく気持ちが悪いです、でも明日は寒いとか(-_-;)
まろにいさまも音に大切になさってくださいね。

オスカーさんへ

オスカーさんこんにちは!
ホントにこれこそせこい!ですね(-_-;)

そうか昔はすることが無いとアレをするしかなかったか・・・確かに今のようにTVもなきゃ娯楽のない時代はそれが一番の娯楽??だったかもしれませんね。
そして避妊の正しい方法も知らない頃ならなおさら・・ですね。

昔NYで大停電があったあとベビーラッシュが起きたという話にも通じますね、洋の東西を問わず人はすることが無いとそれに行くんですねww。

さてこの男。一体何を思っていつからこれをしていたのかが焦点になる気がしますね!

おぉ!! 大変なことは食あたりどころか、ややもするとタネが中って着床の由々しきことにもなりかねないではありませんか。
そういえば超若かりし頃、アレに不思議がりアレにときめきながら膨らませて遊んだことを思い出しました。何せ、宝の持ち腐れの男子寮でしたからみんなで一斉に膨らませては喜び……。
新一年生に「風邪を引いたから近所の薬局に行ってコンドームという風邪薬を買ってきて!!」と、みんなで遊んだことも。いつの間にやら山ほどあったお宝も誰かれと無く使い始めて。
まさかでもねぇ、洗ってリサイクルなんて。笑い事ではありませんが滑稽なことです。
明日の総員聞き取り調査がまた見ものですね。

さてこっちの世界では明日あたりから寒くなるらしいですね。お体を大切にお過ごし下さい。

Re:

こんにちは。なんてセコい男!昔むかしは避妊具とかなくて(あってもそんなに手にはいらなかったのか?)農家は冬は天気が悪くむにゃむにゃするしかない…貧乏人の子沢山という言葉がありますが…それで、布切れを巻いた!とか……本当かどうかわかりませんが、その後に産まれた子は「絹通しの子」と呼ばれたそうです……うう!
ラブホとかもお風呂は汚いとかききますが、衛生面に配慮するのも愛情だろう~って思いますね。この男はトイレに入った後に手を洗わないタイプに違いない!早く天罰を!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/746-c871d10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・もったいないもほどほどに3<解決編> «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・もったいないもほどほどに<1>

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード