女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?

日々雑感・見張り員IN山梨県

8月16日、私は山梨県へ行きました!

ここ数年毎夏お盆休みには山梨の、母方の祖父の生まれたところへ行きます。そこは昔の家はもうないですが、母のいとこが建てた「山荘」となって親戚誰でも借りられるようにしてくれました。

朝7時半ごろ、総勢6名(我が家4名、私の両親)で自家用車で家を出まして中央高速に乗り韮崎でインターチェンジを降り韮崎の街で買い物。

買い物と言ってもちょっとの量ではなく段ボールに2,3箱。なぜなら「山荘」のある場所には店はなくしかもこの町まで車で降りるしか手段がないからです。

今回は、先客として母の兄と弟(つまり伯父と叔父)がいまして、翌日まで一緒に過ごしました。

翌日の朝、庭から撮った空の写真です。ここのあたりの上空は富山や石川県方面への航空路だそうです。見事な飛行機雲!
DSCN0912.jpg

ここでは随分とよく昼寝をしました。周囲は田んぼばかり、農家はけっこうあるほうですが一日中静かでほとんど人の姿を見かけません。普段人と騒音に囲まれる生活に嫌気の私にはうってつけの状況です。愛犬も喜んでいました。DSCN0915.jpg

外へ出れば稲穂が出来つつあります、これこそ日本の昔からの農村の姿ですね。この先・・・TPPなどが入ってくるとどうなるのか・・・心配ですね。
DSCN0920.jpg

そして遠く八ヶ岳や、近くは茅が岳、そして鳳凰三山が見える最高のロケーションです!

こんな素敵な場所を犬連れて散歩していました!「山荘」の近くにはこんなものも・・・
DSCN0945.jpg

「火の見櫓」やぐら、ではありませんが半鐘が下がっています。もうすっかり赤錆びて、きっともう使われてはいないのでしょう。

他にもこんなものが。「AKENO」の名前入りのマンホール蓋。
DSCN0944.jpg

そしてこの地の鎮守様。
DSCN0943.jpg
母の記憶では昔、この村(当時)からもたくさんの出征兵士が出たそうで、その出征兵士となった村の男性はここで壮行会をして戦地へ赴いたそうです。その多くが帰ってこなかったようだ、と母は言いました。この鎮守様の前の小さな広場、15日にはお線香の台がしつらえられていました。きっとそうした還らざる兵士の皆さんの為の供養のものだったのでしょう。

心から、鎮守様と亡きこの村出身の将兵の皆さんのご冥福を祈りました。

このあたりはこういう地名です。
DSCN0942.jpg

壮大な夕日。
DSCN0918.jpg

続きは次回。まだ雲の写真などがありますので載せたいと思います!
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事

私の日常 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<日々雑感・見張り員IN山梨県2 | ホーム | 「花の命はみじかきものをなどてか君は散り急ぎたまへり」あとがき>>

コメント

鍵コメさんおはようございます。

お元気そうでなによりです。コメントありがとうございます^^。
山梨、どこに行ったというわけでもないのですがその場にいるだけで楽しかったです^^。
かの地もやはり暑かったです。特に甲府は連日37度でしたものね。私のいた所は標高にして800数十メートルなのですが今年はやはり暑いそうです。
でも東京のじめじめ暑さを実感している私たちは朝夕の涼しさに感動していましたw。

モミジも普段とは違う散歩道に喜んでいましたが結構勾配が大きいのでちょっと疲れたかもしれませんね。
稲もずいぶん育っていました。9月には刈り入れのようですね。

また旅行の話をしましょうね、両親特に母は自分が4歳から10年間いた所なので行くたびに何らかの感慨を持っているようです。
2013-08-22 Thu 08:20 | URL | 見張り員 [ 編集 ]
緒方順さんおはようございます!
なんと緒方さんも山梨ご出身だったのですね。山梨は私の母方の出身県で、祖母は塩山の造り酒屋。そして祖父は浅尾の出身です^^。
白州町、いいところですよね~。昔私のかかりつけだったお医者さんが白州町の出身でした。なつかしい。

北杜には一年に一回しかいけませんがそのたび濃厚な時間を過ごしています。

そうそう、金精軒に七賢!金精軒の「酒粕てら」はご存知ですか?とてもおいしいですよ^^。生信玄餅、ち義は絶対買いに行きます!
2013-08-22 Thu 08:12 | URL | 見張り員 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-08-21 Wed 20:13 | | [ 編集 ]
ご無沙汰しています。お父様もお母様もお元気になられたようで、なによりです。ご家族で山梨へ行かれたとのことで、思わず嬉しくなってしまいました。殆ど同郷だったので。
母の実家が北杜市の白州町です。緒方も両親と、つい7月31日~8月1日に祖母の新盆の墓参で帰りました。
明野は韮崎を挟んで真反対ですが、同じ市内ですね。ひまわりがとてもきれいだという話をきいているので、一度行ってみたいと思っています。
たぶん、同じ北杜市内ならご存知だと思いますが、次回行ったときには台ヶ原宿の七賢と金精軒にも寄ってみてください。生信玄餅おいしいですよ。
2013-08-21 Wed 18:41 | URL | 緒方 順 [ 編集 ]
まろゆーろさんこんにちは!
ただいまーーーー!!

とても涼しい・・・のを期待して行きましたが今年はここも暑いそうです。でも酷暑の東京から行った我々にはそれでも涼しかったです。
この辺もずいぶん地名が今風になったとはいえ、明野あたりには昔の地名がまだずいぶん残っています。よその人にはちょっと難解な読み方もあります。
上手、ふつうは「うえて」とか「じょうず」と読んじゃいますがこれは「うえど」。「豆生田」で「まみょうだ」。
しかし浅尾新田の下の方はもう「富士見ヶ丘」みたいなどこでもある地名になってなんだかちょっとさみしさを感じますね。

風にそよぐ稲穂、雲の影から差す日の光。鳳凰三山はじめ南アルプスの山々。
美しい日本の風景が家族の会話を増やしてくれました。狎れあいのようになった家族をまとめるいい機会になりました。
また来年来ようと言って帰ってきました。
2013-08-21 Wed 13:27 | URL | 見張り員 [ 編集 ]
荒野鷹虎さんこんにちは!
本当に暑いし、こちらは雨が降らず水不足も深刻です。

母や祖父、曾祖父たちが暮らした同じ土地にいていろいろ思うこともありました。そして思うのはせんぞあっての自分ということで感謝の気持ちひとしおです。

この犬は「柴犬」です。あまり犬はお好きじゃないですか?この8月で5歳です^^。

稲穂の育ちを見るにつけ日本の農業をダメにしてはならないと思います。特に農業はじかに国民の命にかかわることですものね!
そしてどこにも出征兵士の話は細々と伝わっています。このずっと上に村の共同墓地がありますがそこにも戦死した兄弟と思しき人たちのお墓が立っています。

私写真下手なんですよ!でも見事とおっしゃっていただきうれしいです。ありがとうございます^^。
2013-08-21 Wed 13:17 | URL | 見張り員 [ 編集 ]
おかえりなさい。

九州人からしたら羨ましい限りの日本のど真ん中での避暑でしたね。山荘……、なんて素敵な言葉の響きでしょうか。それに周りの地名は教科書に出ていた日本の代表的なのばっかり!!
日本の原風景の中に身を置いてきっとゆっくりと過ごせたんだろうなと思っています。よかったですね。
何もないから新しいものが生み出せる。それはもしかしたら家族の絆の再構築なのかもしれませんね。
素敵な夏にご両親もお喜びになったでしょう。お疲れ様でした。
2013-08-21 Wed 12:31 | URL | まろゆーろ [ 編集 ]
ご無沙汰でした。‼暑いですねー。

素晴らしい贈り物を残していただき最高でしたねー。
やはり先祖様の供養は大事ですねー。

この犬は秋田犬でしょうか!犬は弱いので・・・笑)

稲穂も見事に育っていますがTPPは入りませんですねー。!

どこの地区にも出征兵士の悲しい物語があるのですねー。涙)
写真を勉強中の私にはうらやましいおみごとな写真だと感動しました。‼では又。!

2013-08-21 Wed 10:14 | URL | 荒野鷹虎 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |