2017-10

日々雑感・残暑お見舞い申し上げます。 - 2013.08.12 Mon

異常な暑さの日々の連続です。

うちの仕事場では一番熱いところでは50度に迫る暑さでした。真昼間は外を誰も歩きません、というか歩けませんね、この暑さでは。

私も仕事場の外と内を出たり入ったりですがそのたびにクラッ・・・としました。でももうすぐお盆休み、へこたれちゃあいられませんぜ。

といいつつも仕事を終える頃には汗だく、犬の散歩に行くとさらに汗だくという状態ですね。でも、「硫黄島の兵隊さんを思えばこのくらい!」と頑張ります。そうです、かの硫黄島の守備の陸海軍の兵隊さんたちは灼熱の火山島・硫黄島で必死に働いたのですから。

地中は摂氏70度に及ぶところもあったと聞いています。満足な飲み水も無くあっても雨水をドラム缶に詰めたものだけ。

それを傷ついた戦友に飲ませようとしても熱湯のようになっているので「戦友が唇をやけどしちゃうんだ」。どんなに切なかったでしょう。

それを思う時、涼しい仕事場でつめたい水を飲む気にはどうしてもなれません。どうしても飲みたいときは(どうぞ私の身体を通じてつめたい水をお飲み下さい)と念じつつ、飲みます。

気休めというのか思い込みかもしれませんがそう思って心を鎮めております。

 


で、今日(8月11日)の午後。このような不穏な雲が湧きだし始め、
DSCN0890.jpg DSCN0891.jpg

2時過ぎにはごろごろぴかぴか。そしてあっという間に大雷雨。いやあ、近来まれにみる大雷雨でした。南の方角で何度もすさまじい稲妻が縦に走り、どこかに落ちたみたいでした。

すごい音、稲妻。

叩きつけるような雨も降っていやはや、参りました。

 

そして二時間ほどですっかり雨もやみましたが少し、暑さが和らぎました。19時ころ犬の散歩に行きましたらまた、西の空でぴかぴか始まって、早々に散歩を切りあげたところです。やっぱり・・・雷は怖いです。

 

 

今日は私の持ち物一部、ご紹介!

こんなものを買ってみました!錨のチャームの付いたシュシュです。
DSCN0894.jpg

これをつけるといい感じに錨のチャームが揺れます。「女だらけの大和」なら、だれに一番似合うでしょうか??

そしてこれは私の普段使いのカバンです。
DSCN0893.jpg
「中田商店」というミリタリー商品を扱うお店の通販部で買いました。旧海軍の雑のうをモデルにして作られたものだそうです。ふたの部分の日の丸は取り外し可能です。これを肩に掛けて何処へでも出かけます私。

すると・・・それを観た人はなんか微妙は表情をするのが面白うて。もしかしたら因縁つけられるんじゃないかなあと思いましたがそういうこともないのでほっとしています。

でも自分の国の国旗なんだから何も引け目に感じたりおどおどする必要なんかないと思うんですが。アメリカやイギリスの国旗をつけてる人だっている、よその国のじゃない、我が国の国旗付けて、何か悪いことでも?と開き直ろうか。

そしてカバンについてるのはシェパードの人形です。これは私が犬好きというのもありますが「軍犬」のつもりでもあります。

以前遊就館に「軍犬」の写真などが展示されていました。今は展示替えで出ていないようですがまたそのうち展示されるでしょう。

多くの帰らぬ軍犬たちに敬礼!

 

まだまだ暑い日が続きます。どうぞ皆様御身大切にお過ごしくださいませ。


関連記事

● COMMENT ●

酔漢さんへ

酔漢さんこんにちは!
お元気のようでなによりです。私も避暑(というとカッコいいなあw)のため数日ブログ休んでおりました。

カーチス・ルメイ。
一体いくたりの日本人がこの名前を知っているのだろうかと思います。私がこの名前を知ったのは早乙女勝元さんのエッセイで、でした。東京大空襲で下町を焼き、10万人からの人々を逃げ場なく焼き殺した張本人に、なぜ??
理解不能です。日本の航空自衛隊の育成に尽力したからだってさ。だからあの大空襲の罪が消えるのかねえ?母と話したことを思い出します。

後ほど「くだまき」拝読させてもらいますね^^。
残暑厳しき折からくれぐれもご自愛のほどを!!

この夏の終戦記念日に考えた事・・

ご無沙汰いたしております。
ようやく、少し、仕事が落ち着きました。
さて、この夏は「カーチス・ルメイ」の話しを久しぶりに思い出しまして・・・。
相変わらずこの名前を聴くたび腹が立ってしょうがないのですが。
ある学生が「何故、日本はカーチスに旭日章を授与したんだ」と質問を受けました。
海外からすれば、これは理由がまったく見当たらない事なのでしょうね。
そんな事を考えた今年の終戦記念日でした。

今日、「くだまき」を更新しました。
少しは秋を感じる風を感じました。

それでも、残暑厳しいですね。
ご自愛下さいね。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
ホントにすさまじい「ゲリラ豪雨」でした。
もう「夕立ち」なんて可愛いものはのうなってしまったんでしょうか。しかも大分は雨が降らないんですか!困りましたね、ふり過ぎるのもどうかと思いますが降らなさすぎるのもこれは全てにおいて深刻です。一体どうなっちゃったんでしょう、日本も世界もおかしいです…(-_-;)

嬉しいお言葉、やはりまろにいさまはわかっていらっしゃる。私は単に奇をてらったものではなくまっすぐに「日本が好きな日本人」を表現しているのであります!
今日も明日も、このかばんをかついで私は東京の街を歩いています^^。
ありがとうございます!!

NoTitle

そうでしたか。東京はそんなにひどい夕立で。最近は夕立という情緒よりもゲリラ豪雨といった勢いの方が似合っていますね。なんだか優しさの無い天気になってしまいました。
大分なんて一滴も雨が降らないんです。どうしたことでしょう。ぼつぼつ降ってくれなきゃお米にも影響が出るんじゃないかと心配しています。

見張り員さんの持ち物。何て言うのかなぁ、可愛げがあるというか一途さが滲んでいて胸に迫るものを感じました。日章旗が映えるそのバッグを肩にかけて世の中を歩いていらっしゃるのかと思うと……。
応援したい気持ちが更にアップしています。見張り員さんらしくて素敵ですよ!!

オスカーさんへ

オスカーさんおはようございます!
昨夕からのあの大雨!参りましたあんなの初めてですよ、雷がものすごかったですもん…ガクブル…あんなすごいの、まさに「経験したことがない」雷雨でした。我が家のあたりは停電がなかったのがせめてもの幸いでした。

そう、サッカーなんかの試合では日の丸・旭日旗が乱舞して盛り上がるのにどうして普段では日の丸とか旭日旗を変な目で見るのかしら?不思議です。

ご主人のかばん、衛生兵風ですか。。。見たいなあww~。
そういくつになってもちょっとした乙女心は忘れずにいたいですね!

Re:

こんばんは。都内は落雷、停電と猛暑だけでも大変なのにとんでもない日が続いていますね。
オリンピックやワールドカップなど国際試合では日の丸を見てはTHE日本人な気分で異様に盛り上がるのに普段の生活に日の丸があるとなぜちょっと困った顔をするのか不思議ですよね。ウチのダンナ愛用のカバンはなんとなく衛生兵を連想させるものです。シュシュもかわいい!やはり乙女心は大事ですね♪

matsuyama さんへ

matsuyama さんこんばんは!
なんと、また今日の5時ごろから雷鳴がとどろきだし、そのあと30分ほどで大変な大雷雨になりました!昨日の比ではなく、雷は切れまなく轟き光り雨は先が見えないくらいうねって降ってました。異常でした。
店の中は雨がもって大ごとでした(泣)。
今は何事もなかったように夜なのにセミが鳴いています。

本当に最近は雨も程度を知らなくなって困ったものです。昔我々が幼いころはこんなじゃなかったのに。夕立ちしたらすっと涼くなった、なんて今の子供は信じないでしょうね。

変わったかばんではありますが…似合いだとおっしゃっていただくと嬉しいですね^^。しかし家族は私がこれを持って外を歩くと嫌な顔をします・・・。

かっつんさんへ

かっつんさんこんばんは!
青山さんのご著書私も読みましたがいい本ですね。
硫黄島の兵隊さんたちのこと思う時今の自分がいかに幸せなのかを痛感します。水もまともにない中で戦うことの悲しさを、自分のものとして受け止めたい。いつもそう思います。

自分をあの地においてみた時、私も胸苦しさに耐えきれなくなる時があります。それを耐えて。戦い死んでいった人たちをどうして今の日本人は讃えないのだろう??

学校では「日本軍悪し」しか教えてもらいませんでした。それを得々として語った教師の顔を今も覚えています。

知らないことの罪より、知ろうとしない方が罪だと思うようになりました最近。
でもこうして知ってもらえれば…慰霊顕彰になります。
これからもいろいろアンテナを伸ばしてゆきましょうね^^!

NoTitle

昨日今日と40℃を越えてる地方もあるようですが、ちょっと想定外の気温ですね。
東京は大丈夫でしたか。
風雲急を告げる不気味な雲行きですね。夏雲の特徴ですね。
最近の夕立は怖いです。稲光を伴った豪雨ですから、あっという間に川の増水、氾濫、浸水してしまいます。俄雨とかいって、昔のように乾いた土を潤す程度の夕立とは違います。夕立が過ぎ去った後は、庭に打ち水したように過ごしやすくなったもんですけどね。

我が国の国旗の入ったカバン。愛国心があってなかなかいいですね。軍犬でもあったシェパードの人形。見張り員さんにお似合いかもしれませんね。

硫黄島

恥ずかしながら、僕も最近、青山繁晴さんの「ぼくらの祖国」で少しだけ知りました
滑走路の下に眠っておられる遺骨を一時も早くお助けしなくてはと思いました
どんなに苦しかったことでしょう
どんなに暑かったことでしょう
どんなに冷たい水でのどを潤しかったことでしょう
それを思うだけでも息苦しくなってしまいます

そういうことを何で学生時代に教えてもらえなかったのでしょうか

でも知らないままよりはよかった
まだしなくてはならないことがたくさんありますね


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/714-827bd245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・増添兵曹新たな一歩! «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・トレーラーのお化け屋敷2<解決編>

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード