2017-10

「女だらけの戦艦大和」・乙女のささやき - 2013.05.08 Wed

         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うちが好きなんは麻生分隊士。

 

別々に上陸した時はいつもあの宿で待ち合わせ。

宿の前でうちは分隊士を待つんよ。

宿の前には名前も知らん花が咲いとって、それをうちは分隊士が来るまでじっと見とるんじゃ。

分隊士を一人で待つ日はたいがい空には薄い雲がかかっとる。

下を向いたら寂しゅうて泣きそうになってしまううち。

分隊士はうち一人のものじゃない言うんは、ようわかっとります。

分隊士は航海科の分隊士じゃけえ、みんなの姉さんみとうな人じゃ。

そがいなことはうちはようわかっとるつもりじゃ。

ほいでも時々、分隊士を今以上に一人占めしとうなるんじゃ、おかしいじゃろか?

ほいで分隊士はほんまにうちを好きなんじゃろうか?

そげえなことを考えて宿の前に一人でたっとります。

うちは、『大和』の大きさよりずっとずっと分隊士を好きじゃ。

『大和』と『武蔵』を幾つも幾つも並べても足りん位、うちは分隊士を・・・・

 

 

分隊士と一緒に宿の部屋に入ると、うちは分隊士に抱き締められる。

ほいでそのあと、分隊士はうちに珈琲いう飲み物を飲ましてくれるんじゃ。

これが何ともええ香りで、うちは大好きじゃ。

宿のベランダ、いうところに置かれた白いテーブルと椅子、そこに座って珈琲を飲みます。

分隊士とうちはお互い見つめおうてテーブルの下に手ぇ伸ばすんじゃ。

分隊士の手とうちの手が触れて見つめおうたら、うちはもういけん。

涙が自然とあふれてしまう。

どうしてじゃろ、思うんよ。

それはいつも不思議なんよ。

好きなのに、一緒に居るんにどうして涙が出るんじゃろう?

 

分隊士は教えてくれました。

『それは、愛しとるいうことじゃ。俺もオトメチャンと一緒に居ると涙が出ることがあってじゃ』

これが、この言うに言われん気持ちが「愛しとる」いう気持ちなんじゃね。

うちはこの気持ちの正体が初めてわかってとてもうれしい。

ほいで、分隊士も同じに思うてくれとるいうんがわかってなおさらじゃ。

 

『大和』と『武蔵』を幾つも幾つも並べても足りん位、うちは分隊士を愛しています。

じゃけえ分隊士、うちとずっと一緒に居ってくださいね。

 

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・

「乙女の祈り」。

このつぶやきは、岩崎宏美さん「私たち」という歌から作ってみました!この歌好きなんですよね~中学時代の「恋に恋する年ごろ」にお友達のMちゃんと聴いてはため息の連続でした。まだまだ青かったなあ~と思うあのころ!!懐かしい。

オトメチャンの心はしっかり麻生分隊士にも伝わっていますね、自信を持てオトメチャン。

さて、次回は『大和』艦内に何かが起きる(ってもう何回も起きてますが(^_^;))!



にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
ドリカムのあの歌、いいですよね~~♡
切ない気持になりますね・・・・

オトメチャンと分隊士。二人の恋の行方はどうなってゆくでしょうか、見守ってやってくださいね^^。

恋する者たち、どうか今の瞬間を大事にしてほしいと思いますね。
大戦末期のピュアな恋の実話を近日書きたいと思いますのでお楽しみに♪

こんにちは。ドリカムの『LOVE LOVE LOVE』の歌い出しを思い出しますね。いつかもしかしたらお別れの時がくるのかもしれませんが、その一瞬一瞬を大事にしてほしいで~そう思いました。

ウダモスティン・レア・ウダモ さんへ

ウダモスティン・レア・ウダモ さんこんばんは!

忘れかけていた気持ちですね^^、中学生頃はこんな感情を持ったものです。夜、一人の部屋で思いつつ撒きたい思いをしたあの日・・・遠くなったなあ~~w。

オトメチャンの気持ちは分隊士、しっかり受け止めてると思います!だからこそ…彼女はオトメチャンを離さないのであります!

なんて言うか・・・もう一度昔のようにピュアな心になって愛し愛されたいと思う時もありますね。
ってもう無理か!?ww。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!

オトメチャンの感情、それも麻生分隊士への思いの噴出は初ですね。
この二人の付き合いもずいぶん長いです、その間にオトメチャンの思いは積み重なってきたようです。麻生分隊士は、そんな心の奥まで知り尽くしているんですね^^。
だからこそ彼女が愛おしくてたまらないんです・・・!

若いころのあの感情・・こうしてよみがえるときがありますね。
大事な思い出…いつまでも心に秘めておきたいです^^!

ああ思い出す~

何故だか涙がでてしまうぐらい、好き。

…こんな感情、すっっっかり忘れていましたw
いやぁ~思い出すなぁ~。

オトメちゃんのその心を、ずっと大事にしてあげたい…きっと麻生分隊士さんならそう思うでしょうね。

いいなぁ…もう一度誰かに愛されたいっ!ww
パンツは脱ぎたくないけども←

No title

日ごろはそっと佇んでいるようなオトメチャン。しかし身も心も燃やし尽くすほど大好きな麻生さんへの思いの吐露。こんなにも激しい気持ちを私たちに知らせるなんて初めてではないでしょうか。
静かにある人ほど実は情念が深いってことかもしれないですね。そんな裸の心を知っている麻生さんだからこそなお一層オトメチャンが愛しい。
体を重ねるってそういうことなんだなぁなんて若い頃を思い出しました。だってその人しか知らない表情や体の動きですもんね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/671-8f409a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・風雨の中に見たものは1 «  | BLOG TOP |  » 日々雑感・久々の千葉へ。思うことあれこれ。

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード