2017-10

日々雑感・「四月七日の桜」から - 2013.04.23 Tue

・・・

此度は光栄ある任務を与へられ 勇躍出撃 必成を期し殊死奮戦 皇恩の万分の一に報いん覚悟に御座候

此期に臨み 顧みると吾等二人の過去は幸福に満てるものにして亦私は武人として重大なる覚悟を為さんとする時 親愛なる御前様に後事を託して何等の憂なきは 此上もなき仕合せと衷心より感謝致居候

お前様は私の今の心境をよく御了解になるべく 私は最後迄喜んでいたと思はれなばお前様の余生の淋しさを幾分にてもやはらげることと存じ候

心からお前様の幸福を祈りつつ 

  四月七日

                     整一

いとしき

最愛のちとせどの

 

この手紙は、伊藤整一海軍中将が軍艦「大和」艦内で沖縄特攻出撃時に妻・ちとせに宛てて書いた遺書である。

この遺書は作戦後、生還した森下第二艦隊参謀長と石田副官がじかに伊藤家を訪れて、家族に手渡したものである。

この時森下参謀長は「長官はあの忙しい中でよく手紙を書けた」と驚いたらしい。彼も、大和艦長の有賀幸作も出撃にあたって遺書を書く余裕――心も時間も――なかったのだ。今に伝わる有賀艦長の遺書も日米開戦初頭に書かれたものである。

これを読むと、伊藤と妻の間の細やかな愛情が感じられる。そして伊藤自身、家族――とりわけ妻を――遺して逝かねばならない心の奥の苦悩を垣間見ることができる。私は喜んで出撃してそして死んでいったのだとあなたが思われるなら、あなたのこの先の長い人生の淋しさを少しでも和らげることになるでしょう・・・そう言って懸命に妻を思いやり慰める伊藤の心の優しさに心打たれる。

また家に遺される二人の娘(長女はこの時点ですでに嫁いでいた)には、

淑子さん 貞子さん

私は今、可愛い貴女たちのことを思っております。そうして貴女たちのお父さんは、お国の為に立派な働きをしたといわれるようになりたいと、考えております。もう手紙も書けないかもしれませんが、大きくなったら、お母さんのような婦人になりなさいというのが、私の最後の教訓です。御身大切に

         父より

四月五日

 

と遺している。海軍士官の妻となった長女へも細やかな手紙を残している。

これを書いている時、伊藤の脳裏にはいったいどのような思いや、映像が去来していたのだろうか。察するに余りあるせつない場面である。

そして長男の叡は父の死より後にはなるが沖縄周辺で特攻戦死している。父の後を追うように逝った子は、その最後に何を見つめ、何を叫んだのだろうか・・・。

そして妻のちとせもそれから間もなく人生の最期を迎えることになってしまう。終戦の翌年彼女はとある手術の「事故」がもとで死に至ってしまう。

戦死した息子、叡の告別式まで澄ませながらも、「沖縄の収容所に叡がいる」という噂を信じて手紙まで書き送った母は医療事故であえなく散った。

今ではきっと親子三人なかよく泉下で暮らしていることだろう。そう信じたい。

 

これらの話は、先日購入した本「四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最後」(中田整一 講談社刊)から引かせていただいた。

何気に目をやった書架にあった本で、新刊である。手に取りすぐ、買った。伊藤整一という人の名前は知っていても、その人が実際どんな人であったのか――軍人としても家庭人としても――知りたかったというのがある。

そしてこの本で、彼が東京杉並区に住まいがあったことも知ったし、彼が住まった後には今も彼の植えた桜が四月七日に満開を迎えるのだ、ということも。

 

一般将兵にとっても残酷だった「坊ノ岬沖海戦」であるが、その作戦を請けた方も大変な懊悩があったということを確信させた。

大和以下十隻に乗り組んだ将兵数千の命を東シナ海に死なせたその責任を、彼は「大和」長官室にこもって「大和」とともに海底深く沈むことで取ったのだろう。

あの作戦を立案し、伊藤に提示した海軍上層部の中の幾人が本当に責任を取ったのだろうか。取れたのだろうか。

伊藤を始め、あの海戦で戦死した将兵たちはどう思っているのだろうか。

 

なぜこのようなことを書いたかと言えばこの本のことをお知らせしたいという気持ちもですが、今日閣僚の靖国参拝が問題になりました。<そのせいで>韓国、中国との会談や訪日も中止になったと責められています。

「靖国」を政治問題化させる中・韓には腹が立つしもっと安部総理にははっきりした言葉で「何処が悪い」ということを言ってほしいのです。国の為に戦没した人々を国家国民が慰霊顕彰するのは至極当然で何処の国でもしていること。

それを「右傾化」とまで言う中国の言い分は聞き捨てなりませんし、単純に「右」というならそっちの方が正規軍ももつ右傾国家じゃないか!と言ってやりたいですね。まあ、同じ土俵に降りてまで論議するのもバカらしいですが。

話を戻しますと、そういった形で国内外で色眼鏡で見られる「靖国神社」とそこに祀られる人々が私は本当にかわいそうで気の毒でならない。本来なら国民こぞって慰霊をし、その働きを未来永劫の日本人に語り継ぐのが国家国民の役目なはずです。

政治家は「私人で参拝」などと言わないで堂々と「公人」として参拝してほしい。政治家の看板を掲げている間は、あなたたちに「私」はないと思ってほしい。「公の人」として堂々と参拝して初めて靖国や護国神社の英霊は心安らかになれるはず。それでも「私人として」というなら日曜日にでも私と一緒にラフなスタイルで行きましょう。「総理じゃない?」と言われても「私のいとこです、よく似てるって言われるんですよ」とかわしてやりますから。

ともあれ「公人として参拝」することが、何よりこの日本において「私」を持たない天皇陛下がご参拝を再開できる最短の道なのだと思うのです。

それこそが、国に殉じた英霊の最も望んでいらっしゃることだと思うからーー。

 

「四月七日の桜」の表表紙。DSCN0805.jpg


にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

すっとこさんへ

すっとこさんこんばんは!

アメリカにアーリントン墓地があるように日本には靖国神社がある…どこの国でも自国のために戦って亡くなった将兵を慰霊・顕彰するのは至極当然ですよね。
なのになぜ日本の靖国だけ非難されるのか??いわゆる「A級戦犯」合祀が問題だというなら彼らの名誉はもう回復していますから日本には戦犯はいないのです。
それ以前に、戦勝国が敗戦国をさばくという異常な東京裁判で戦犯となり処刑された7名は気の毒です。

いい遺書ですよね、伊藤さんの手紙には妻や娘たちを思うこころがあふれています。どんな気持ちで書かれたのかを思う時、私の時間は止まりあの日に飛んでゆきます。
『大和』で、「朝霜」で『矢矧』で・・・そしてビルマで大陸でシベリアで・・多くの遺書が書かれたことでしょう。
戦友同士で「靖国で会おうな」と言って散り、家族には「私に会いたくなったら九段にいらっ車い」と書き残して散った英霊を思い参拝こそすれ、排斥するような行為は日本人ならできないはずです。
私はずっと、生ある限り参拝します。

『大和民族の誇り』。
語り継いでゆきましょう。そして子々孫々へとこの誇りをつなげましょう!

ウダモさんへ

ウダモさんこんばんは!
ありがとうございます。
本当に靖国参拝について他の国にあれこれ言われたくないですね!内政干渉ですよ全く、もっと政府も毅然としてほしいです。

それにしても・・・日本人はなめられていますね。もうなめられたとか言うレベルじゃない。
これ本当に手を打たないと日本は早晩無くなりますね。
英霊の思いを踏みにじる日本人であってはなりません。
断固とした態度で日本人は生きましょう!

本当にありがとうございます、「美しき日本」のため頑張りましょう。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
本当に美しく、凛としたご家族の雰囲気が十分に伝わるお写真だと思いつつ私も見入っていました。
あの日あのときあの書店に行かなければこの本との出会いはもしかしたらなかったかもしれない、と思うとこれも何か見えない力の引き合わせかも知れませんね。

虎視眈々と領土拡張や利益を狙う中・韓の連中に日本を踏みしだかせてはなりません。この国は護国の英霊となった多くの将兵たちが未来永劫守る国です。
それを忘れないで、政治家も国民も彼らの夢見た平和な日本を未来へつなげてゆかねばなりませんね。

東シナ海を不法にのし歩く連中。その足の下には多くの英霊が眠っています。
いずれ、天罰が下りますよ。
その時連中、どんな顔するか、じっくり見てやりましょう。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
良い家族写真ですよね、古き良き日本の家庭の香りがします。
全くもってこの本との出会いは偶然でした、オスカーさんのおっしゃる通り「本に呼ばれた」と思います。本の通販ではなかなかお目にかかれない本でした。この本との出会いに感謝です。

そしてどうしてもこの感動と思いをお伝えしたく書きこんだ次第です。
読んでいただけてとてもうれしいです…これもきっとご英霊のおかげです!
ありがとうございます。

酔漢さんへ

酔漢さんこんばんは。
ご遺族の立場からのお言葉重く受け止めました。
靖国神社がこれだけ中・韓との間で軋轢になるのは我慢なりません。そしてそれは今までの政府の弱腰が招いたことだとも思います。
なぜ、自国の英霊たちを心から検証できないのか不思議でなりません。A級戦犯がいるからとは言いますが、彼らの名誉はすでに回復されているはずですし、そもそもいわゆるA級戦犯と呼ばれた7名が合祀された時中国も韓国も何ら声を上げなかったのですから今になってあれこれ言うのは言いがかりです。
そしてそれを恐れて靖国をないがしろにし、国民の意識から遠ざけようとした罪は大です。
あまりに戦後の自虐史観に染められて、何かあれば「右」「右傾化」というレッテルを張って遠ざけ、きちんとした日本の歴史を教えない。
そして今の日本のこのざまです。
あの戦争のことなど知らない、知ろうとしない。教えない教えようとしない。
こんなことで未来の日本を夢見て戦陣に散った英霊たちが浮かばれるわけがないのです。
彼らの夢見た『未来の日本』はまさに「今」なのだということを念頭に置いて我々生きてゆくべきなのですよね。
正しい日本の歴史を後世に伝えねばなりません。

力強いコメントをありがとうございました、こんな私の思いを汲んでくださりありがとうございます。これからもことあるたびこういう記事を書きたいと思います。今後もどうぞご指導願います!!

英霊

見張り員さん

わたしも靖国神社に日本人が参拝することを
なぜ外国の人にとやかく言われなければならないのか
全くわかりません。

お国の為に愛する妻へ「夫は幸せのうちに逝ったのだ」と
思ってもらえるよう心を砕いた手紙をしたためる時
本当はどのような思いが胸のうちを去来したのか、
嫁いだ娘にかける優しい言葉、いまわのきわまで
欠いた手紙が残っていたことも奇跡です。
ご遺族へきちんと手渡した戦友の思い。
あのとき日の本にはどれだけの”伊藤整一氏”がおられたこと
でしょう。
皆さんが「靖国で会おう」と散っていかれ、残された国民が
靖国に参ることのいったいどこがいけないのでしょうか。

見張り員さん、この大和民族の誇りをいついつまでも
語り継いでくださいませね!

 

拡散しますw

靖国参拝をとやかく言われたくないので、拡散しますねw
これを読んだら、色々とバカらしくなりますよ。
見張り員さんの熱意に心を打たれたので、私も本気出して応援させて頂きますね★
以下、日本がどう思われているか、についての文です。
腹たちますマジで。
日本の英霊様たちに申し訳ない。
↓↓

在日エリートが語った日本侵略の裏話!
http://plaza.rakuten.co.jp/marinhpp/diary/200605230001/
(これは速攻で削除されたようだが、http://ameblo.jp/nyaonnyaon/entry-10038503472.html参照)

あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。 別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよ 日本という国における楽して稼げる職業(パチンコ)は在日・帰化人が握ってるし(笑) 金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレない。
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆) 俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよ
バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から金入ってくるしねw今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。 いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。 つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。 今はもうその最終段階に入ってるわけ。平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないが例えば韓流ブーム。あれは在日が作ったって知ってる? あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。 自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人
韓流ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。 つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人 
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよ!
-------------------------------------------------------------------
今日はおまえらに、日本社会の仕組みというものを、とくと教えてやるよ。 実はおれたち若手在日エリートが集まって、日本社会には知られていない団体というか、 結社みたいなものを作っている。 おまえらには想像つかんだろうが、おれたちの集まりは凄いぞ。金持ちばかりだ。 毎月一回、若手在日が集まってる。六本木のあるクラブだ。 おれたちが集まるとき、クラブの周りには高級車だらけになる。 メンバーは、おれみたいな会社の役員が中心だ。 パチンコチェーン、金融業、不動産、飲食業、などの若手経営者が多い。 ほかにも芸能プロの社長とか、暴力団の幹部とか組長の息子とか、 宗教団体の幹部とかそんな連中ばっかりだ。 いいか、クソども。おれに嫉妬するんじゃねえ。
おれとおまえらどもでは、住む世界が違うんだ。 たとえばだ。おまえらが、ボロアパートで****やってる対象のグラビアアイドルとか、 女優とか、大半はおれたち在日エリートのお古なんだ。 もう笑っちゃうぜ。日本人の女っていうのは、しょせんおれたちみたいに 金持ちの、権力のあるやつが好きなんだ。 いいか、おれたちが食った女優やモデルの卵や何かが、今テレビに出てるんだよ。 とにかく、おまえら下層ジャップが泣こうが喚こうがこの世の中金をもっているやつが勝ちなんだよ。 これはどうしようもない。支配のシステムは崩せない。新聞もテレビもおれたちの味方だ。 おまえらは知らないだけで、おれたち在日の有力者は金を武器に想像以上に日本社会に食い込んでいる。
これは崩せない。誰にも崩せない。 おまえら失業者か、失業間じかの、ボロアパートでおれたちのお古女を妄想して ****やってる連中には分からない

NoTitle

何て美しい家族写真なのでしょうか。
見張り員さんだからこそこの本との出会いが叶えられたような、見張り員さんの優しさや力強い慰霊鎮魂の思いがこの本を引き寄せたような思いがします。

小汚い中国人や韓国人から足元をすくわれない為にも、そしてこんなにも美しい家族が犠牲になってまでも国を護って下さったという現実を曲げない為にも、日本の政府と日本の人たちはしっかりとしてもらいたいと願ってやみません。
他国の精神にまでも口を挟むようなことをされ続けていたら泉下に眠るご英霊たちがどのような罰を下すか。あの国の人間たちに味あわせてやりたいです。

こんにちは。表紙の家族写真に胸がいっぱいになりました。見張り員さまはきっとこの本に呼ばれたのですね。本を選ぶのではなく本に選ばれた見張り員さま、そしてその想いを自分の言葉で大切に伝えてくれた見張り員さまに感謝と感動です。

見張り員さんの思いを受けて

敢えて、公開させて頂きます。ここにコメントを下さいます皆様へ。
見張り員さんの言葉の重さは、この記事に集約されているのと思います。
結論を申し上げます「靖国」が存在し、当時「靖国であおう」と最後の言葉を交わした多くの英霊達は、今の日本の現状を知らぬまま、その魂を「靖国」へ預けたままです。私はそう受け止めております。ですから、四月七日に大和と共に、運命を共にした祖父の魂も半分は(後の半分は故郷へ)ここに於いているのだと。幼少の頃からこう聞かせれて育ちました。「じいちゃんは、靖国で神様になっている」これは、ばあちゃんの言葉でした。見張り員さんへは、鍵コメとしてお話しはいたしておりましたが、私は、慰霊祭の席、当時の最年少で、靖国本殿へ赴き、玉串をささげてまいりました。古村委員長、原役員、清水役員、そして私でした。「ようやくおじいさんに御挨拶できたね。僕よかったね。りっぱだったよ」古村さんが私に語りかえてくれたこの言葉は忘れません。そして清水さんからは、頭を撫でて頂きました。このとき、「あのとき、から時間が止まったままなんだ」こう思いました。
祖父の魂、あのとき、多くの戦地で散った多くの英霊達は、やはりここで眠ったまま、魂を預けたままなのです。これを、どうこう言えるものなのでしょうか。誰がこれを否定出来るのでしょうか。
祖父は最後、父、叔父を東京の呼び寄せ、最後の会食をいたします。
靖国神社、明治神宮を参拝し、宮城へ頭を垂れ、それが別れでした。
これは当時、当たり前の事で、戦地へ向かう人達にとっては、けじめ、そして心の準備だったに違いないのです。
この史実をどうして否定するのだろう。
歴史は人の心をその素とするならば、史実を客観的に伝えることが、どうしていけないのだろう。
今、右傾化が取りざたされております。「右傾化」という言葉自体が独り歩きしておらないか。どうしてこうなるのだろう。(これを語り出すと、また止まらなくなりますので、ここでは避けます)
長くなりました。
靖国を教科書へ記載した場合。その教科書は採用されるでしょうか。一部私立を覗きます。戦時中の史実をどうして隠さなければならないのでしょうか。
もっと声を大きくして正しく後世に伝える事はできないのだろうか。
見張り員さんの想いが、正しく。そして、見張り員さんが伝えようとしている事を、その心の底を、是非汲み取って行きたい。こう思います。
見張り員さんへ。
長々申し訳ございません。また公開コメントとしたこと、ご容赦下さい。
掩護にもなりませんが、ここで「くだまき」とさせて頂きました。

鍵コメさんへ

鍵コメさんおはようございます。
ちからのこもったコメントをうれしく拝読いたしました。
あの時代の男たちの生き方、激しいものがありました。そんな中でも家族を懸命に守り愛したその姿には心打たれますね。

なんと、祭日には日の丸を。
うちもやってますよ~チョーでっかいやつを!!見た人は(人によってですが)眉をひそめる人もいるようですがそれはきっと本物の日本人じゃないので相手にはしませんよw、靖国参拝もいつかぜひおいで下さい。ご一緒したいと思います^^!


本当にいつの日かお話したいと思いました!
どうか御身大切にお過ごしくださいね、あなたの健康がいつも気がかりです。いろいろお大変なことが多いと思いますが負けないでくださいね。応援しています!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/663-8f94e253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・私のあだ名1 «  | BLOG TOP |  » 女だらけの戦艦大和・進撃の巨象

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード