2017-09

日々雑感・泣きたい思い - 2013.04.10 Wed

本当はこういうところで個人的な話を書くのはあまり好きではないのですが、ほかに訴えるところもないのでここに書きます。

 

三月の頭あたりからいよいよ私にも「更年期障害」らしい症状が顕著になり始めました。突然体がカーッと熱くなって汗がじわっと出てきたり、精神的にたいへん不安定になったりまた他には頭痛やめまい、原因の不明な倦怠感に悩んでいます。

もちろん医師にかかって薬を処方していただいて服用していますがのんだからすぐに治るという性質のものではないのは明明白白。そんなに簡単に治れば誰も苦労しない。

医師からは「人それぞれ違いますが大体5~10年は見てください」と言われて、ああ先長いなあ~と暗然とする思いです。

 

で。

今日も朝からなんだか調子が悪かったのですが旦那が病院に行くと言うので何とか仕事に出ていました。自分の休憩時間になってやっとこさ、部屋に入れたところ頭痛がして来て起きられなくなったので、家にいた娘に「お父さんにこれこれこうだから出るのが遅くなると言っといて」と言伝して、少し休んでいました。

五時半をちょと過ぎていくらなんでももう出ないと・・・と思って仕事に出ましたら旦那に

「具合が悪いのはわかるが倒れるほど云々(以下意味不明)」

とブツブツ言われとても悲しくなりました。その言い方がとても傷つく言い方でした。
あの人は私がどんなに具合が悪くてもそれが本当のどのくらい辛いのかとか、聞いてくれたことなどないのです。自分の妹が酒の飲み過ぎでおかしくなった時(本当に大変でした、はたちになるようなおいっこを数カ月預かったりして)は、あちこち病院に行ったりそれこそ親身になって考えていたのに、自分が作った家族の時はこの仕打ちですか?

加えて言うならこの旦那という人は、自分の娘たちの進路にも無関心です。長女が私立高校に行きたいと言った時も「ええ!?私立?お金が・・・」と言い良い顔をしませんでした。ですから娘の学費は卒業まで私がすべて払いました。次女のときもそう。

そうしたら「どうしてそんな金がある?」と言いだし私が店の金に手をつけているのだというようなことを言って大変傷つきました。この金は私が若い時から働いた金をずっとためていたものです。いつか子供が出来た時、学費にしてやろうと思ってためたものです。娘たちはそれでも学費の安い学校を選んでくれたようなものです。

そして長女が高校を出て、専門学校に行く時もびた一文出しませんでした。これも私の蓄えから出しました。学費を出し渋る人から出してもらっても娘もうれしくないでしょう。

そんな男なので私が具合が悪いなんて言えば、厄介者としか思わないのでしょう。自分だって病気を持っているのだからもっとわかってくれてもいいと思うのに。

 

でもそれがきっと甘えなんですね。

自分の健康管理も出来ない奴はだめなんですよどうせ。人としてクズなんでしょう?良くわかりますよ。だから私はあの時死んでたら良かった、そうしたらこんな思いをしなくって済んだんですよね。あの人だって他に好きな人がいたんだからその人と一緒になればよかったんだ、そしたら今頃もっと幸せだったでしょうに。

私は疫病神なんだ、私が来たから舅殿が病気で亡くなって、店も売り上げが落ちたんだ。あの人のきょうだいがここに来なくなったのも私が来たからでしょう。

私がいなきゃよかったんだ。

生まれてこなきゃよかった。

そう思ってるんでしょうねきっと。

でも私、あの人よりずっと長生きするつもりだから。あの人の兄弟やその連れ合いより長生きしてやるから。その頃にはうんと健康になってあちこち、今まで行けなかったところに旅行してやるから。

 

少しすっきりした感じですが・・・やはりどこか心の中に隙間風が吹いています。寂しいと言うのかなんて言ったらいいのかわかりません。

今夜は泣きながら眠ります。

でも明日はきっと、きっと笑って見せます。


そして「女だらけの大和」は久々の海戦シーンが始まりますのでよろしくです!!


にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

kazu さんへ

kazu さんこんばんは!
kazu さんの奥様もお大変ですね(-_-;)、これの辛さは本当に本人でないとわからないというのが本当につらく悲しいんですよね。
目に見えるものではないので時に「仮病」とか思われているようで、私が寝込むことで店の売り上げが落ちたというようなことを言われると大変心に傷が付きます。

治療もあれこれしないとどれが合ってどれが合わないのかもわからないですよね。私もまだこの先どんな症状が出るのか?わかりませんが何とか付きあって生きたいと思っています。

本当に長い目で見ないといけませんね^^。

No title

私のうちもかなりの更年期です。もう7,8年になりますね。

もういける病院は殆ど行きつくしました。

今もときどき、症状が悪化する数日寝込みます。

当時は私もよくそのことがわからなかったので
相手にしていませんでしたが、

今は少しだけわかります。治療法はその人に合ったものでしょうが、家は今は女性ホルモン療法を少し始めてます。

ほてりなどは泣くなったようですが、まあ、いろいろ
副作用的なところもあるようで、やはり、人それぞれです。

自分にあったすこしでも和らぐ治療法が見つかるといいですね。長い目で向き合わないとダメですね。

ジスさんへ

ジスさんこんばんは!
ありがとうございます・・・言葉がきついのでどうも私には我慢ならないことが多いんですよね・・・。
ジスさんは、困った夫なんかじゃないですよ!いつもご家族を愛してご家族のことを考えていらっしゃるんですから奥さまもきっとその辺りはわかっていらっしゃいますよ。
ジスさんのように「もしかして妻に対して・・」と思ってらっしゃるような方はご自分で思うほど無神経なんかじゃないから平気ですよ^^。
ジスさんのように思いやりのあるご主人を持たれた奥様。幸せですよ~~♡

私も頑張って生きます。更年期が落ち着くウン年後・・・その日目指してw!!

No title

こんばんは。いつもありがとうございます。

お話を拝見して、本当にお辛いのでしょうね、と思わざるを得ませんでした。私も妻にとって稼ぎが少なくて困った夫なんじゃないかとか、無神経な言動を妻に対して無意識にしてしまってないかと改めて考えました。

素敵な娘さんたちと本当にいつまでもお元気でお過ごしください。応援させて頂きます。

ウダモさんへ

ウダモさんこんばんは!
まあそんなわけなんですよ・・・(-_-;)
もう私はあの男に対して愛情もなけりゃ何もない、ただの同居人になり下がりました。ですからなんと言われても全く腹が立たない、どころか「その通り、その通り」ってw。
そのうちいい潮時を見計らってぶちまけてやりますよ~。
ああいう男は老後、一人さみしく過ごすことになりましょうからその時が来たら笑ってやりますよ。娘たちも「老後?勝手にしたらいいじゃん」って言ってますからw。

お互い、これから先が楽しみですよね。
健康で長生きしてあちこち旅行してまわりましょう。
そして「快適生活」を送りましょうね~~♡

本当にありがとう、力がわいてきました!



鍵コメさんへ

鍵コメさんこんばんは!
ご自身のお辛い経験をお話しいただきましてありがとうございます、つらいのは自分だけではないと思い元気が出ました。
が、どうして嫁というものはこうも酷い仕打ちをされるのでしょうね、泣けてきます。鍵コメさんのされたこと…思わずわが事のように感じ、とても怒り心頭に発しました。


そうですね、自分の命をすり減らしてまで無駄な努力何ぞせんでええんですよね。自分の命は自分で守る、それが鉄則。
これからは今までより自分をもっと大事にしたいと思います。
娘たちにもこれから私は必要になる・・・はずだからその日まで元気でいないといけませんね!

ありがとうございます、とてもうれしいです。本当に!!

かっつんさんへ

かっつんさんこんばんは!
ありがとうございます、そのうち名古屋へもお邪魔したいと思っていますのでそのせつは・・どうぞよろしくです!

いつの日か勝利者になりたいです、その日まで頑張りますね。
どうもありがとう!!

ド・エリート男爵 さんへ

ド・エリート男爵さんこんばんは!
暖かきお言葉をありがとうございます・・・
なんて言うのか、思いやりがないんですね、家族に対して。
家族というより「使用人」ですから・・・。

でも負けません。
いつか「勝って」見せますよ~!!

チェスト!勇ましい示現流の掛け声とともに敵を薙ぎ切ってゆきましょう^^。


海戦シーン、どうなりますか、お楽しみに^^。

ムカーーっ!w

読んでいて腹がたちましたよ!
なんつー男だ!
そういう男は、ウダモ流に言わせてもらうと、懐もキンタマもちっせ~男だなっ!w…と、いう事になるんですが…w
さて、どうでしょう?
憎い夫でも、他人からボロくそ言われてみると、ちょっと腹がたちませんか?w
もし、何も感じないというのなら、そのままぶちまけてスッキリしてもいいと思いますよ^^
でも、もし少しでも嫌な気分になったなら、まだ見張り員さんには夫に対して『情け』が残っている証拠だと思います。
どちらの場合にしても、ぶちまけるのが一番!
この歳になったら、世の中の諸々は全てお互い様だと言います。
私もぶちまけております(笑)
しかも相手は他人ではなく、実の親っていうwww
どんだけゲスなんだ自分…とか思うけれど、スッキリできたらそれでい~やと思うようにしてます。
いつもいつも見張り員さんには励ましてもらってばかりで、まさか見張り員さんがそこまでのご苦労をしていたなんて思いもしませんでした。
やっぱり、苦労の多少はお互い様ですよね。
あ、あと、女の事は気にしなくていいと思いますよ!
しょせん、小銭に騒ぐ人間です。女で家庭を壊す程の勇気もありはしませんw
むしろ、その女性には、自分のかわりに性便器になってくれたと思うぐらいがいいと思いますw
夫の便器になってくれてありがとう。でも夫は家庭を捨てられないから、ごめんなさいね、これからも便器でいてあげてw。。ぐらいに思っとけはおk-www
男は種をまくのが本来の性なので、その辺は軽く見ておけは気もラクなんじゃないでしょうかね(笑)
しかしまあ、見張り員さんの根性には天晴れです★
エライ!!お金の面で子供に苦労させないのが本来なら男性の役割なのに、それをしてきた見張り員さんには、天からの表彰状が届く事と思います。
お互い様ですけど、これからが楽しみですね~♪
私も、ばーさんとじーさんがいなくなったら、清潔で快適な生活をしようと思いますww
そして、たまにはのんびりと旅行など♪うししw

老後は間違いなく、娘さん達に大事にされますよ★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

旅行できる

その立場になられたら、名古屋にもどうぞ(笑)
お好きな物、奢ります

きっと勝利者になれると思いますよ
陰ながら応援しております

No title

病気のことといい、学費のことといい・・
それにしても酷い仕打ちでありますな!
旦那に腹が立ってくるというか、
よくこんな事が言えるなぁ~と、残念な気分になりました!
いたわりの言葉ぐらいは欲しいですよね。

色々あると思いますが、負けずにがんばってください!
チェスト行けぇ~見張り員どん!

海戦シーンを楽しみにしておりますぞ!

まろゆーろさんへ

まろにいさんこんばんは!

嬉しくて・…PCの前でしばらく泣いていました。
頑張ります、にいさまのお母様のように達者なばあちゃんに躍進しましょう!!

もうここまできたらそうですね、おっしゃる通りに我を通します。私の存在意義を示します。
にいさまのように立派にご子息お二人をお育てになった方のお言葉はとても力になります。弱い心は捨てて、力強く生きてゆきましょう。
天を向いて、英霊方と肩を組むつもりで生きてゆきます。

そして・・・天敵どもには一言、
「かかってこいやあーーーー!!」
ww。

No title

よしっ!! その意気だ!!
負けることは許さんからね。大分の兄がしっかりと見守っているから安心して更年期とやらと向かい合って下さい。
心配せんでも良いです。我が母は20年近くも寝たり起きたりでしたが今では達者な婆さんに大躍進です。
思う存分に我を通せばいいんです。これまでの沈黙は美徳であった奥ゆかしさを捨てて立ち向かって下さい。目の前に天敵がいてそれをやっつける気持ちの良さに早く目覚めて下さい。きっと元気になるから。

立派に娘さん方を育てたのです。誰にも劣りはしません。見上げたものです。その心意気さえあれば天はきっと味方してくれますよ。そしてご英霊たちも。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/657-30b0ac22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

女だらけの戦艦大和・がっぺムカつく大海戦1 «  | BLOG TOP |  » 日々雑感・坊ノ岬沖海戦六十八周年に寄せて

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (110)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード