2017-10

「女だらけの戦艦大和」・YMY2<謝罪と和解> - 2012.10.03 Wed

トレーラー諸島水島の料亭・大松では『大和』『武蔵』艦長たちのささやかな宴が始まろうとしている――

 

<遅れて来た人>の訪れを察知したトメキチ・マツコ・ナナの三匹はふすまの前に一列に並んでその人を待ち構えている。

と、

「遅くなってすまんすまん~」

という声とともにふすまが開いた。そして「ぎゃあ!」という叫びに梨賀、猪田ほかがそちらを見るとそこには廊下側に腰を落として仰天している古村啓子大佐がいた。その後ろにもう一人いてこれも腰を抜かしているようだ。その格好を見て、『武蔵』の加東副長が思わず知らず、噴き出していた。

「おお、古村~」

と森上参謀長が席を立って古村大佐を助けに行く。古村と聞いて梨賀艦長が一瞬ムッとしたような顔をしたのを野村副長は見逃さなかった。(ああ、ここで兵学校の時の恨みなんか晴らさないでくれよなあ、艦長)と内心ハラハラものである。

古村大佐は、「やあ、森上さんありがとう・・・」と言いかけて目の前にいる犬と鳥に改めて驚く。

そして、「あれっ・・」とマツコの顔をしげしげと眺める。マツコも「なによう、あんた。人の顔じろじろ見てんじゃないわよ」と言って、次の瞬間二人は同時に

「うわああ!」

と大声をあげていた。梨賀艦長・猪田艦長に野村副長・加東副長が「なんだあ!?」とその場から飛び上がって驚いた。

古村大佐はマツコを指差して、マツコは古村大佐を翼の先で指さして、

「あのときの、あんただっ!」

と怒鳴っていた。森上参謀長がほう、と腕を組んで

「なんだもう二人は知り合いだったのかね?いったいどこで知り合ったんだね、聞かせろよ」

とニヤニヤしている。古村大佐はマツコ達の横を恐る恐ると言った態で通り過ぎ、猪田艦長が示した席に着いた。そのあとをもう一人ついて来るのは、

「こちらは今度、『矢矧』の艦長を務める原為代(はら ためよ)少佐だ。よろしくね」

と古村大佐が紹介し、原少佐もその場に座ると

「原為代です。どうぞよろしくご指導を願います」

とあいさつした。野村副長は彼女が兵学校の時一期上だったので知っている。「お久しぶりです」と言って頭を下げる。

古村大佐は

「それより、あのでっかい鳥はもしかして梨賀のものか?」

と言って怒ってるのか恐れてるのかわからないような顔つきでそっと指差す。マツコは、

「ひとを指差すんじゃないわよ、お母さんに教わらなかったの!?

と怒ってくちばしをガタガタ言わせて古村大佐を威嚇する。猪田艦長と加東副長はそれを見て笑うだけ。梨賀艦長は、

「そうだよ、これはうちの大事なマスコット。トメキチとコンビなんだもんね」

と自慢げに言う。古村大佐は「実は、」と話し出した。「ここに来る前小笠原父島で私はこいつに攻撃を食らった」。

その詳細を聞いて大笑いの梨賀艦長たち。原少佐ですら笑っている。

古村大佐は、

「笑うな!本当のことだ、見ろ!こいつの敵意に満ちた目を・・・すきあらば私を襲おうとしてる目だぞ!・・・おい鳥!今日こそここで決着つけるか!ああん?」

とファイテイングポーズをとった。

マツコが頭を低くしてそれにこたえるような格好をする。トメキチが「マツコサン。やめて」と止めに入った。

そしてナナに「マツコサンを止めといて」と頼むと、梨賀艦長の前に飛んでゆくと

「マツコサンは艦長さんにお菓子をもらったのを恩に感じてたの。その時艦長が古村さんに昔いじめられたって話をしたのを聞いたからマツコサン恩返しのつもりで古村さんを攻撃に行ったの。艦長さんお願いだから古村さんと仲直りして?でないとまたマツコサン、古村さんを攻撃しちゃうから」

と一所懸命説明した。梨賀艦長は、自分の膝に乗って何やら一所懸命話しているトメキチを抱き上げその瞳をじっと見つめた。

しばらくして梨賀艦長は、「わかったよ、トメキチ」と静かに言ってトメキチの頭を撫でた。そして古村大佐に向かって、

「古村さん。私はあなたに昔の恨みをずっと持ってたんだ・・・兵学校の棒倒しの時あんたに思いっきり頭を踏まれてしかも私のチームは負けたこと。でもその思いがこのハシビロに伝染したようだね。それで忠義の心深いハシビロは私の代わりに古村さんへかたき討ちに行ったようだよ?もう、ノーサイドにしよう」

と言って古村大佐も「そうだな、いつまでも昔のことを引きずってるのはよくない。そんなことより心を一つに、敵撃滅に向かおう!」と快く受けて猪田艦長ほか拍手をした。

ナナのそばで、マツコはふーっと息を吐いてそのあと首をかしげながら

「まあ良かったんじゃない?仲がいいのが一番よ。でもさあ、あのトンチン艦長(梨賀艦長のこと。マツコは内心彼女を頓珍漢女と思っている)、トメキチの言葉がわかるのかしらねえ?」

と言って不思議がる。ナナが

「うーん。でも心と心でお話ししたということもあるかもしれないしね?で、あなたは古村さんに謝らなきゃですよ?すごい攻撃したんでしょう?」

と言ってマツコは少し狼狽して「そうね・・・腐った魚をあの人の顔に吹き付けたのよ・・悪いことしちゃったわね」というと、古村大佐のそばに寄っていった。

「お?どうしたね?」

と野村副長が言うとマツコは古村大佐の横に立ち、

「あの時は腐った魚を拭きつけてごめんなさい。もうしません」

と謝った。古村大佐はマツコの体をそっと撫でて「ああ。もういいよ、私ももう何とも思っていないからね。これからは仲良くしようね」と言い、猪田艦長は「仲直りしたところで、さあ乾杯だ!」と言って加東副長と野村副長がそれぞれ銚子を取り上げた。

盃に、静かに酒が満たされる。

乾杯の後、森上参謀長が「ところで『矢矧』の艦長が原少佐になるとすると・・・古村はどうなるんだね?」とたずねた。

古村大佐はちょっと得意げに

「水雷戦隊司令官だ!第200水雷戦隊を指揮するよ。でも今まで通り『矢矧』にいるけどね」

と言って盃を干す。皆は、ほう~と声をあげた。森上参謀長は原少佐に「じゃあ、駆逐艦『無花果』も配下か。あの艦長は要注意だから、気が抜けないよ」と言い、原少佐も「噂は聞いています。古村司令と気をつけてあたりたいと思います」と言って酒を受ける。

和やかに談笑が始まる。

 

そのそばでマツコ・トメキチ・ナナはさらにてんこ盛りの魚の切れ端や野菜の切れ端などを食べるのに忙しい。

 

兵学校同期やそれに近い同士の再会の宴はその夜遅くまで続いた――

   (次回に続きます)

 

             ・・・・・・・・・・・・

梨賀艦長と古村司令は兵学校の同期でした。森上参謀長も同期です!同期の桜だ!!

懐かしい面々との酒は進みますね。楽しい一夜を過ごしたことでしょう、皆さん。

実際の有賀幸作艦長と、古村啓蔵少将も兵学校同期でした。しかも同郷だ!ただ年齢は古村さんの方が一つ上ですね。坊ノ岬沖海戦で有賀艦長は戦死され、古村司令は生還されました。
原為一さん

原為一さんのお姿。(WIKIより)



にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

鍵コメさんへ

鍵コメさんおはようございます。

大変なことになりましたね!
私もショックですがここは頑張りましょう!絶対大丈夫ですから気を強く持って!
本当に変わってあげたいですよね、そのお気持ち痛いほどわかります。
モミジも応援していますよ、だから大丈夫!

楽しいことも待っているようですから術後は安静にしてくださいね。
ともあれ手術のご成功を祈っています!!
がんばれ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
「腹溜代」・・・www!
こんな人がいたら嫌でしょうね、何だか付き合いたくない女NO・1になること請け合いの!

どうもこの連中が寄ると大騒ぎが始まりますね、でもそれこそ忌憚なくモノの言い合える間柄、古くからの信頼でつながっていますから仲直りもスムーズにいきました。


同窓会・・・往時とはすっかり変わり果てたわが姿を見られて後で「あの人太ったわねえ」「老けたよね」とか言われたらたまりませんものね。それに可愛かった同級生が図太いオバハンになってるのをみるのが怖い~~(-_-;)
私も死ぬまで行きません(きっぱり!)。

タイトル

原為代さんというので腹に一物も二物も溜め込んでいる方かと思いましたが……。
なんだかとっても賑やかで良いですね。それこそ存念のあった腹の内もきれいさっぱりになった感じがします。
同窓会、もう行きたくないです。見るのも見られるのも嫌ですもん。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
実は・・・私もこのお写真をみた瞬間「ああ!吉田さんに似てる!」と思ってしまいました・・・(^_^;)。吉田さんのきりっとしたところが私は好きですぞ!

同窓会というと何やら官能的な響きを妄想する人も中に入るようですが実際はなかなかドラマのようなことはない・・・ようで。
私の高校は男女別学で女クラスですのでときめきはないです・・・というか私、一度も行ってないんですよw。

梨賀艦長と古村司令仲直りが出来、マツコも謝罪出来て何よりでした!

こんばんは。原さんのお顔をまぢまぢと拝見しながら、なんとなくレスリング女王の吉田さんに似ているような…と思ってしまいました(((^^;)
同期生、同窓会…メロドラマだと昔の恋人と再会してあんなことやこんなことになるのですが(笑)和気あいあいで~マツコもシアワセ♪で良かったです!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/568-f9b07216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・YMY3<すべてよし>・解決編 «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・YMY1<再会>

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード