「女だらけの戦艦大和」・『武蔵』あれこれ1

「女だらけの大和」がトレーラーに帰ってくるちょっと前、「女だらけの武蔵」で起きたことなどをいくつかお話しましょう。まずは――

 

・・・八月も下旬、医務科の秋川兵曹は(ああ、もうそろそろ春山の出産のころではないかなあ)とふと思った。春山兵曹は、昨年末に横須賀の海軍の技術士官と結婚しそのあと妊娠が発覚し三月に艦を降りて行った。

確か九月に出産と夏ごろに手紙が来たからもうあと半月ほどで臨月に入るころだ、どうしてるだろうかと秋川兵曹が考えているとそのそばを通りかかった北野特務少尉が「ほい、秋川兵曹。春山兵曹はいつお産だったかね、元気だろうか」と話しかけて来た。秋川兵曹は、「はい、九月にお産だという話でしたね。元気だと思います、夏前に手紙が来ましたから」と言うと北野少尉はふーむ、とちょっと考え込んでから、

「そうだ、秋川兵曹よ!」

と大声出したので兵曹は少し驚いた。北野少尉は、

「なあ、お産と言えば犬がつきものだろ?お産が軽いからよく戌の日に着帯とか聞かないか?だからわが『武蔵』の誇るマスコットの写真を撮って送ってやろう、春山に!」

と言って胸を張った。秋川兵曹も「ああ!それはいいですね」と声をあげていた。

 

『武蔵』には、以前乗組員が拾ってきた雑種の犬<ナナ>がいる。このところあまり登場しなかったが、この<ナナ>は猪田艦長付の武蔵のマスコットである。来た当時はどうしようもない駄犬だったが、『大和』のトメキチにしごかれ生まれ変わったのだった。

そのナナを写真にして安産のお守りにしようと北野少尉は思いたち、「いっそのこと医務科の皆の集合写真にして、その真ん中にナナを座らせたらなおいいだろう?どうだね?」と、少尉は医務科の皆に提言。これには軍医長も大賛成。

村上軍医長は、「春山兵曹、今は三浦さんか。彼女は本当によくやってくれたものなあ。懐かしいよ。彼女の安産を祈って皆でナナと集合写真だ!」と言って「写真のうまい奴、探して?」ということで通信科の篠山きし少尉が呼ばれてきた。

篠山少尉は自慢のカメラ――ライカ――を持ってきて、副砲前に医務科の皆を集めた。ナナを借りに猪田艦長のもとへ村上軍医長が行くと

「そんなにおめでたいことに私を引きこまないのはどうしてかな?さ!私も入るからね!」

と言ってナナを抱いてやってきた。さらに加東副長も「混ぜて混ぜて~」と来る。

猪田艦長は「いいぞ、人数が多い方が祈りの数も多くなって大安産間違いなしだ!おおい、篠山少尉、上手に撮ってくれよ。これだけのいい女がそろってるんだからね」と言って皆を笑わせる。ナナが艦長に抱かれて嬉しそうに笑う。

「だがちょっと待って」

と猪田艦長が待ったをかけた。皆が猪田艦長を見ると艦長は

「どうせ撮るなら副砲前より主砲前で撮ろうじゃないか。『武蔵』の一番いいところだからね」

と言い皆も賛成、北野少尉が

「そうですとも、それに主砲あってのおめでたなんですからその方が安産祈願にぴったりですね」

と言い皆が一瞬顔を見合わせそのあと大爆笑した。加東副長が口をあんぐり開けたままなのに気がついてさらに爆笑が渦巻く。

皆は背の高い者はその場に立ち、低いものはその場に座ったりしてなんとか写真に収まるように集まる。猪田艦長と加東副長はナナとともに一番前に座る。

「いいですか、ここをじーっと見てくださいよ!・・・ああ、だめだ駄目だ。そんな表情じゃ!ちっとも芸術的じゃない!」

篠山少尉は手を振ってダメ出しをした。この少尉は芸術写真を撮るので有名な人で、海軍に入る前は新聞社に入ろうと思ったが、あまりに芸術的な写真に「君は写真家になりたまえ」と不合格にされたという逸話もある人。それがどうして海軍に入ったのかは軽く謎だが。

猪田艦長が笑いながら、

「篠山少尉。君の芸術センスは認めるがこれはそういう写真じゃないから皆の顔がはっきり写ればいいよ。さあ早いとこ願いますよ」

と言って篠山少尉は頭を掻いた。

そして篠山少尉はカメラをしっかり構えると「いいですかあ、行きますよっ!」と言い皆はしかつめらしい顔になる。

と、「ダメですよ、そんな怖い顔じゃ。もっと優しい顔でないとおっかない顔の赤ちゃんが生まれちゃいますよ!」篠山少尉から注意が飛んで、皆は思わず笑った。そこをすかさず、篠山少尉はシャッターを切って皆の笑顔が写真に収まった。

「ありがとうございました」

と北野少尉は篠山少尉に礼を言い、村上軍医長は「篠山少尉、なるべく早くお願いね。早く春山に送りたいからね」と言い篠山少尉は「わかりました!なるべく早く仕上げます」と言ってカメラを抱えて現像の為にその場を離れる。

その後ろ姿を見送った秋川兵曹、(春山兵曹、待ってろよ。素敵な安産祈願のお守りが届くからな)と空に向かって思った。その秋川兵曹に、猪田艦長の膝から降りたナナがまとわった。秋川兵曹はナナをひょいっと抱きあげて抱きしめると、

「ナナよ。春山兵曹のお産を軽くしてやってくれよな。頼んだよ」

とそのやわらかい耳にささやいた。ナナはちょっとくすぐったそうに頭を振ってから秋川兵曹のほほをなめた。

 

そしてその日撮った写真は篠山少尉の手早い作業で三日ののち素晴らしい写真となって出来上がってきた。村上軍医長は猪田艦長に寄せ書きに一筆書いてもらいそのあと加東副長、それから医務科の皆にひとことづつ書かせ、北野少尉が綺麗に包んだ。

「北野少尉、<春山>じゃないですからね。<三浦桃恵>ですよお間違いなく」と、秋川兵曹に注意されながら。

北野少尉はそれを横須賀の海軍工廠宛てに、三浦智一中尉と桃恵の連名で出すことにした。「喜んでくれるといいな」といいながら・・・

 

その封筒は、それから三週間ほどかかって横須賀に着いた。

横須賀海軍工廠でそれを受け取った三浦中尉は喜んでそれを臨月の妻の桃恵に手渡した。

「ほら、『武蔵』の皆さんから来たよ、早く開けて御覧」

春山兵曹――今は三浦桃恵だが――は、大きなおなかに手を当ててさすりながら「ありがとうございます、では開けてみましょうね」と言って開封した。

「ああ!」「おお、これは!」

二人が同時に声をあげた。懐かしい『武蔵』の主砲の前に懐かしい艦長・副長に医務科の皆、そしてかわいいナナの姿。

そして皆の心のこもった寄せ書きに涙がにじんだ。夫の三浦中尉はその妻を優しく抱きよせて、

「良かったですね、桃恵は『武蔵』で愛されていたんですね。素敵な安産のお守りですね」

と言い、その胸に顔をうずめてうなずいた桃恵であったが何か気づいたように顔をあげると少し顔を赤らめて「あなた・・もう敬語でお話はやめてくださいな」と言い、智一は「ああ、そうだったね!いつまでも他人行儀だなこれじゃあ。・・・よかったな、桃恵!」と言いなおし二人は笑い合った。

桃恵は写真をもう一度見つめた。

(懐かしい武蔵そしてみなさん。どうかどうか、いつまでもお元気で。いつかまた横須賀に帰って来た時は子供を連れて会いにゆきます。その日を楽しみにしております)

心の中で祈った。桃恵の脳裏に、『武蔵』での厳しく・楽しかった日常そして激しかった戦いが去来した。

 

その夜遅く、桃恵にいよいよ出産の兆候が出て来たのだった――

  (次回に続きます)

 

          ・・・・・・・・・・・・・・

 

お久しぶりの『武蔵』と旧姓春山兵曹・現三浦桃恵の登場です。

さあ!桃恵さんがいよいよ産気づいたのでしょうか、どうなりますかお楽しみに!!


「戦艦武蔵」(画像お借りしました)
武蔵


イヌ。安産の象徴ですね(これはうちのわんこです^^)

DSCN0331.jpg


にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!

ありがとうございます!!そうおっしゃっていただくととてもうれしいです!書いた甲斐があるというものです~~♪

犬って本当に可愛いですね。猫も可愛いですが私はイヌ派ですやっぱり!!

こんばんは。ほほえましい、とってもステキなお話!!これは見張り員さまだからこそ書けたエピソードですね~お鼻がツーン!!としてきました。
ワンちゃん、かわいい~張り子の戌とかたまりません!!

柴犬ケイさんへ

柴犬ケイさんこんにちは!
こちらこそありがとうございます。
モミジ暑さの中でも頑張っていますよ~~^^だいぶ夕方から夜は涼しくなったので散歩コースをショートカットから通常モードに戻しました^^。

戌の日の着帯…自分の初めての時を思い出します。

モミジの写真、どうぞお持ちください~~^^!

見張り員さん  こんにちは♪

いつもありがとうございます♪

久し振りのモミジちゃん元気そうで暑い夏も今週一杯で涼しく
なりモミジちゃんの散歩も気持ち良く行けますね。
お産に戌の日の腹帯があり犬は安産のお守りで知られて
いますね。
モミジちゃんの写真いただいてよろしいでしょうか?

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんおはようございます!
かつて…私が知っているだけでも日本人はもっと今より優しく、時には厳しくけじめのある民族ではなかったかと思います。
それがいつしか、他人に厳しく自分に甘い全く自己中心的などこかの国の悪いところを見習ったような民族になり果てた気がしてなりません。
この物語でかつても日本人の生きざまを伝えられたら・・・というのがささやかな私の願いです。

桃恵さんいよいよ出産のようです…安産になるといいです^^。

うちのわんこは私が哀しい顔でいると心配げに見つめてきます。心が通じているのかしら?と思うことしばしばです。
わんこっていいものですね~~^^。

ずん太ママさんへ

ずん太ママさんおはようございます!
本当にワンちゃんの笑顔っていいですよね~~ほっこりした気分になれます。

犬を安産の象徴にした先人、なかなかですよね!!

どうしてこうも優しくて懐かしいのでしょうか。今は優しさなど上の空の人たちが増えてしまって寂しい限りです。優しく出来るのは優しくしてもらったから……、桃恵さんの穏やかで優しかった気持ちが武蔵全体に行き渡っていたからナナを安産のお守り代わりにと思いつくのでしょうう。そして集合写真とは。きっと安産間違いなし。そして元気なお子を産んでくれることでしょう。
今こんな時代だからこそ、忘かけていた人々の美しさを留めて下さっている見張り員さんに感謝です。心をつながねば!!
わんこ、可愛いですね。お疲れ多いママを守ってあげて下さいよ。

とってもかわいい笑顔を見ることができて
癒やされます♪
まさに安産の象徴ですよね(^^)

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード