2017-09

「女だらけの戦艦大和」・悪臭缶始末記1 - 2012.08.04 Sat

臭い缶――その名もシュール・ストレミング――事件は終わったかに見えたが実はまだ後始末が残っていた――

 

あの後、ようよう気を取り戻した航海科の面々および、「女だらけの大和」艦内の将兵たちはまず、問題の缶の撤去をしなくてはならなかった。

これにはこの缶を持ちこんだ航海科・松岡中尉が率先して当たることになった。当然と言えば当然である。

「あなたがこげえなものを持ちこまなかったらえかったんじゃ」

麻生分隊士が怒り心頭に発して松岡分隊長に、「ええですか。これはどこの分隊の不祥事でもないです、これは、ええですか?あなたの不祥事ですからね。まずこの缶の撤去はあなたが率先して、熱くなってやってくださいよ!」と語気荒く詰め寄った。

航海科員や、他の分隊員はこの光景を見て

「大丈夫じゃろうか、いくら分隊士言うても相手は中尉の分隊長じゃ。あがいに言葉きつうに言うたら上官侮辱罪にあたらんじゃろうか」

と恐ろしくて仕方がない。見張兵曹など(分隊士が処罰される言うことになったらうちも松岡分隊長に『あほ』とでもいうて同じ罪をかぶる)と悲壮な決意を固めている。

が。

皆の心配をよそに松岡分隊長はご機嫌になって麻生分隊士の両肩をつかむなり、

「麻生さーん、いいねえあなた。やっとわかってくれましたね!私はこれを始末することに今、熱くなっているんですよ。そうですよ、この事件は私が引き起こしたんですよ。古い言葉でいえば下手人ですね。下手人ですからその始末はわが身を持ってやらなきゃいけませんね。それが分隊長たる私の責任の取り方だあ!」

とまさに熱くなって叫んだ。麻生分隊士は耳元で怒鳴るように叫ばれ、思わず耳を押さえて

「しかしですなあ分隊長。我々とても責任の一端は背負っておるであります。あの缶を開けたんは誰あろう我々航海科員ですからな。ですから缶の撤去および艦内の清掃は我々総員でやりましょう」

と言った。見張兵曹ほかから拍手が起きた。

すると松岡分隊長は満面の笑みをその顔に浮かべた。そして皆を自分の周りに集め、円陣を組ませた。

自分はその中心に立つと

「ではいいですか、今から缶の撤去と艦内大清掃を行います。熱くなれよ、今日から君も富士山だ、バンブー!」

と叫び、皆も「バンブー!」と今日は両手を天井に突き上げて叫んだ。が、まだまだあの匂いが充満しているのでせきこむもの多数。

皆は防毒面をかぶり、軍手をつけデッキブラシやらソーフ(雑巾)を手に缶と、それから吹き出した汁や中身の魚を集めると、チンケース(石油缶で作った簡易バケツ)に放りこんでゆく。床は汁が散乱し悲惨な状態である。そこに水をぶちまけデッキブラシでごしごしこすり、あるいはソーフでこする。舷窓は開け放ち通気を良くする。また、廊下にはたきだされたシュール・ストレミングの缶も回収され、その前の兵員居住区を掃除しに行く分隊員。

「すまんのう、いやな目えにあわして」

と言いながら掃除する航海科員にその居住区の兵員たちは「まあ、ええって。人が死んだわけでないんじゃけえ。でもまあ、えらいにおいじゃったね」と恐縮している。

上は第一艦橋から下は最下甲板まで航海科員たちは綺麗にして回る。機関科の松本兵曹長は、謝る見張兵曹に、

「おお、ご苦労じゃなあ。トメもえらいとばっちりを受けたなあ」

と心配してくれた。見張兵曹は酒井上水とともに「申し訳ありませんでした。うちらがあの缶を開けたんじゃけえ、これくらいどうもないであります」と言って床を拭く。

その時、椿 於二矢子(つばき おにやこ)兵曹がさっと床にしゃがみ込んだ。「?」と見た見張兵曹の目に、ソーフを持ってその場の床を拭く椿兵曹が目に入る。

思わず「椿兵曹、いけんです。これはうちらの責任ですけえ」と言うと椿兵曹はその顔をあげて、

「ええんよ。同じ艦に乗っとる同士じゃもん。航海科の責任は機関科の責任。ひいては『大和』総員の責任ですけえね」

と言い、松本兵曹長はいたく感動した。そして大声で班員を呼ぶと、「貴様らも掃除せえ。これが連帯責任言うもんじゃ」と言い、皆も「おお、そうじゃの」と言うと掃除にかかる。

椿兵曹の言葉と、松本兵曹長の決断はあっという間に艦内を走り、結局総員がソーフやデッキブラシを使い艦内を掃除することになった。

 

そんなころ、防空指揮所ではハッシー・デ・ラ・マツコが半泣きになっている。なぜなら今回の悪臭缶事件で一番の被害をこうむったのは誰あろうこのマツコ。そしてその半分以下ではあったがトメキチもである。

マツコは缶に穴が開く瞬間「サカナ、サカナ~。あたしにちょっとちょうだいな~」などといい気分で覗き込んでいたため吹き出した激烈なにおいの汁を顔面にかぶって昏倒。

トメキチもあっと思ったが避けきれずその背中に汁を浴びた。

二人はサイパンの日光の下、すさまじいにおいを発しながらどこにも行けず何の手も打てないままここに座り込んでいたのだ。

「トメキチ~、どうにかしてよお。アタシやだ、こんなくっさい臭いで一生過ごすのは。あんただっていやでしょお?そんな臭くってガビガビな毛皮でいるのはさあ~」

マツコはぼろぼろ涙をこぼす。悲しい・悔しい感情もあるが何よりシュールの臭いで涙腺がバカになってしまったようだ。

それはトメキチも同様、鼻水と涙を流して

「僕だってやだよう。僕の背中おばさんのウンチよりすごい臭いなんだもん。海で泳ぎたいよう」

と泣く。マツコが涙を流しながら「何いってんのようあんた。なんであんたあたしのウンチの匂い知ってんのよぅ」と抗議する。トメキチがくしゃみをひとつして「こないだここに来る少し前、おばさんたらその裏でこっそりしたでしょ?皆は知らないかもだけど僕にはすごい臭かったんだからねえ!」と言って鼻水をダランと垂らす。

マツコが羽で涙をぬぐいながら

「あんた鼻水流しながら言っても迫力ないわよぉ~。どうでもいいけどあんたもうずっと前からアタシを<おばさん>って言ってるわよ、あたしはマ・ツ・コ!」

と二度目の抗議。トメキチは

「ゴメンナサイ。だっておばさん・・・じゃないマツコサン否定しないんだもん」

という。

二匹の動物は、おのれの運命を呪いながらサイパンの陽の下強烈なにおいを発し続けていた――

  (次回に続きます)

 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あの悪臭王?シュールストレミング騒動の始末記です。

皆は艦内の清掃に夢中でこの哀れな動物を忘れてしまったのでしょうか・・・次回をお楽しみに!

 

ハシビロコウの動画を見つけました!あの『東日本大震災』の発生時のハッシ―くんです。貴重な映像ですよ!場所は上野動物園の様です。




にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

荒野鷹虎 さんへ

荒野鷹虎 さんこんばんは!
荒野さんもそう思われましたかやはり!
日本の国の一大事です、広島も長崎も。それをおざなりにして何が「平和を求める」だ!?と言いたい思いです。
確かに五輪も結構ですがそれが出来る平和を享受できるのは先人たちの尊い犠牲があってのことだという認識が欠如しています。
これでは軍人・民間人の戦没者は浮かばれません。
広島・長崎のあの日の姿は未来に引き継ぐべき重大事なのに、それを報道機関がそっぽでは・・・。

本気で平和や被爆者のことを考えているのか?
私も腹立たしい思いでいっぱいです。

見張り員 さんへ!!

やはり同じ感じを受けたようですねー。
どう見ても長崎平和記念日」の報道はNHK以外はなく五輪一点張りという不真面目な姿勢でした。このような偏向報道では、核不拡散も大量破壊兵器の絶滅運動に水を差すことになります。
民放だって報道機関です。一定の義務があるわけです。
風化を心配されている中、なおさらのこと、一面で報道するべきなのです。長崎、広島の人の、今なお被害に苦しむ人たちの心を魚是したことでしょう。情けない気持ちでいっぱいです。腹立たしい限りでもあります。爆)

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
ホント厄介なものの片づけだけは出来るならスルーしたいですよね。うちの店のバックヤードのごちゃごちゃにはいつも腹を立てています。普段からきちんとしときゃいいのに・・・ってここで怒っても仕方がないですが(^^ゞ

マツコ、やっと我に返ったのかトメキチの「おばさん」への抗議です^^。しかもマツコ、うんちを隠匿するとは!?

このハシビロの画像、何だかとても不気味ですよね。
周囲の鳥、カラスたちの大騒ぎがさらに不気味です。揺れにあらがえずこけてしまうハッシー、足をねん挫しなかったかしらと心配です。これを撮影した人はなかなか上手です。

しかし…東京でこの揺れを感じたそのあとにあのような大惨事が来るとは想像もできませんでした・・・

酔漢さんへ

酔漢さんこんばんは!

おお!さっそく後ほど拝見に参ります!!
ありがとうございます。

シュールのにおいは壮絶だそうです。まともに嗅ぐと気絶するそうです(ほんとか!?)。
空間の限られた艦内であれをされた日にゃ・・・ある意味戦闘より惨事になりますね(^^ゞ

柴犬ケイさんへ

柴犬ケイさんこんばんは!
人の嗅覚はおかしなもので変なにおい・臭いにおいはいつまでも残って困りものです。しかも変な時によみがえってきたりして・・・(-_-;)

東京は土曜・日曜と蒸し暑く今日月曜日は朝から午後まで雨だったせいかモッタリとして蒸し暑いです。いい風が吹けばいいのですがなかなか・・・。

いつもご心配をいただきありがとうございます。ばてないよう気をつけたいと思っています\(^o^)/
モミジもちょと暑さ疲れが見えますが元気ですよ~^^!

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!

汚いもの・臭い物の後片付けほど嫌なものはないですが…しかたがないですね(-_-;)
マツコ顔面にかぶってしまいましたがさあ、こちらの後始末を誰かしてくれるのでしょうか!!

ご期待を!!

No title

後片付け、避けて通りたいのはどんな後片付けも同じですが厄介なものは遠慮したいですね。
マツコさんも「オバサン」に初抗議でしたね。いつかはと思っていましたがウンチと一緒に……。

上野のハシビロコウの映像は静かすぎて逆に不気味さを感じました。まわりのカラスの鳴き声も。
細い足でやっと支えてとうとうバランスを崩してしまって可哀そうでした。
でもちょうどこれから東北では大惨事が始まろうとしていたなんて……。

軍艦行進曲

ミスター軍艦マーチ。と言われた「内藤清五」の指揮ぶりは伝説になっております。
二年前(日時失念)NHKアーカイブスでその貴重な映像が公開されました。
「くだまき」からリンクできます「トム様」のブログ「アッと!乱だム」に、その詳細が記されております。
ここにご紹介いたしますね。

「アッと!乱だム 軍艦行進曲 2009年8月15日」http://gr123.blog120.fc2.com/blog-entry-481.html

ご参考頂ければと思いました。

防空指揮所で半泣き・・・・・露天だもんなぁ。あそこまで行かないと。大和の完全密閉防毒区画をもしのぐあの匂い。噂には聞きますが、それほどとは・・・

No title

見張り員さん   こんばんは♪

いつもありがとうございます♪

嫌な臭いは鼻に付いていつまでも嗅覚が
抜けないですね。

東京は今日も蒸し暑かったでしょうか?
こちらは朝から風が毎日あり午前中は窓を開けて
暑さは湿度が低く午後から冷房を入れて夕方の
散歩も汗ばむことはないです。

見張り員さんも暑い日が続きますから無理をなさらずにお身体
気をつけてください。

毎日暑いですからモミジちゃん夏バテしないで頑張ってね。

こんばんは。何でも後片付け、後始末は大変ですよね~それが臭いに関するモノだと(´д`)マツコ~我慢するのよ(涙)
一人だけ被害者でないのが(程度の差はあれ)不幸中の幸いだと思っています(((^_^;)

いなばさんへ

いなばさんこんばんは!
多…瀬戸口さんの作品集!これは絶対買いたいですね、この後アマゾンを見てきます!

「ブラバン甲子園』昨年だったか話題になってたと思います。甲子園で演奏されるあれですよね~。私もノリが変にいところがあるから要注意・・w

私はここ一番の時は(そんなときがあるんだあ~)、「歴史的日本海軍行進曲集」「歴史的日本海軍軍歌集(歌唱入り)」を聴きます。

重油は臭うでしょうね・・・(-_-;) でもまだよかった、シュールだったらまさに「総員戦死」の様相になるところですから・・・ゾーッ。

こんばんは。
以前、コメントしましたあの曲は、Amazon.co.jpの音楽ストアにあります。「日本の吹奏楽 Ⅰ 瀬戸口藤吉 作品集」日本クラウン
です。 (2台のピアノのための「軍艦マーチによるパラフレーズ」も入っています。)
さて、今のところ聴いているのは、「ブラバン!甲子園」ノリのいい有名な応援曲が。
(熱くなる曲なので、注意。)←「元気あればなんでもできる人の曲も」
昔、重油がついて「油臭いからよるな~。」と言われことありますが、シュールだったら…以下略。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/534-206eb4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・悪臭缶始末記2<解決編> «  | BLOG TOP |  » 日々雑感・2ない1れたの私。

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (110)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード