2017-10

「女だらけの戦艦大和」・マツコ呉散歩3 - 2012.04.04 Wed

マツコを中心に、皆は街を歩いてゆく――

 

マツコは始めて見る街の様子にもう舞いあがっている。ぴょんぴょんと飛び跳ねながら「ねえちょっとトメキチぃ、あれを見て。これを見て」とうるさい。トメキチは苦笑しながら「うんうん。おばさんいいから前見て歩かないと危ないよ」と注意をした。

しかしマツコはくちばしをカタカタさせながら「ほらあれなあに?あら美味しそうな匂いがするじゃないさあ」とそっちに走り寄る。温かい饅頭を売る店の人がびっくりしてマツコを見る。店先の海軍の兵たちもあっけにとられてマツコを見る。

麻生少尉が店の人に「すみません・・・」と謝ってマツコを追いたてる。兵たちは少尉の麻生太に敬礼して見送る。

松岡中尉が「おい、ハシビロ!あちこち走り回っちゃいけないぞ!」と軍帽の頭をつかむ。マツコは金色の目をぎろり、と中尉に向けて「やあねえアンタ。あたしの頭が歪んじゃうでしょう」とくちばしを大きく開いて頭を大きく左右に振る

そんな一行は市民から好奇心のまなざしで見られている。石川水兵長とか見張兵曹は「いやじゃなあ、みんなが興味しんしんでこっちを見とる。うちは恥ずかしいわ」と顔を伏せて歩く。畑大尉は「そんなに恥ずかしがるなよ。いいじゃないか別に私らを見てるわけじゃないからさ、みんなが見てるのはこのハシビロなんだから堂々としてなって」と笑う。

松岡中尉はラケットを振りながら「いや!そんなことはないぞ、みんなハシビロもだが()()見てるんだよ、そう、このラケットを持つ私をね。だから皆も()()恥ずかしくないようきちっとして歩いてくださいよね?」という。畑大尉は「・・・だそうだ」と言うと「松岡中尉は面白いねえ」と愉快そうに笑って歩く。

見張兵曹と石川水兵長は「・・・ほうですか」と小声で言ってうつむいて歩く。麻生少尉が怒ったように腕組みしながら、それでも小声で「誰も中尉何ぞ見とらんって。思い上りもええかげんにせんね」と毒づいた。

 

皆の耳に行き交う人たちのささやきが聞こえる。

「ありゃ、あれはなんじゃろう?変な鳥みとうなもんが歩いとるわ」

「海軍さんの服を着とるで。あがいな海軍さんは見たことがないわ」

「海軍さんも人手不足なんじゃろか?鳥の手も借りたいんじゃのう」 ・・・

中にはマツコのそばに来て触ろうとする人もいる。マツコは「何すんのよう!」とカッとくちばしを開いて威嚇した。子供が数人寄ってきてマツコの翼の羽を引っこ抜こうとした。こら、危ないけん止めえと麻生少尉が子供を叱りつけた途端。

「全くもう、てめえら何すんだよう!あたしを怒らすんじゃないわよう!」

マツコは本気で怒ってその大きな翼を思いっきり広げるとその子供を追い始めた。うわあ、と子供たちが叫んで逃げた。その子供たちをマツコは追いかけ始めた。「おばさん!」とトメキチが叫んだ。

「ああ、いけんで!ハシビロ、ハシビロー!」

見張兵曹と畑大尉、そして石川水兵長が叫ぶとそのあとを追いかけた。松岡中尉は「お!熱くなってるねえ」と非常に呑気なことを言いながらラケットを担ぎなおして皆の後姿を見ている。麻生少尉が泡を食って「分隊長、悠長なことゆうてたらいけんです、後を追いましょう」とその背中をドンドンどやした。

 

「おばさん!どこ行っちゃったの」

トメキチが叫ぶ。見張兵曹と石川水兵長も「ハシビロ、どこにおるんじゃ」と声を上げた。マツコは子供たちを追いかけていき、それをさらに追う見張兵曹と石川水兵長たちは二番目の角を曲がった時からマツコの姿を見失ってしまった。

畑大尉が「こりゃまいったなあ。・・・おう、そうだトメキチ。お前さんは匂いでわかるだろう?ハシビロの後を追っちゃくれんかね」とトメキチに頼みこむ。トメキチはうなずいて鼻を地面にこすりつけんばかりにして珍しく四つん這い――と言っても犬なら本来この姿が普通ではあるが――になってにおいをたどり始める。

フンフンとしばらくにおいをたどるトメキチが不意に顔を上げた。(匂いが途切れた・・・)トメキチは見張兵曹を見た。見張兵曹は「もしかして、ハシビロは飛んでしもうたんかねえ」とトメキチに言った。トメキチはうなずいて見せた。

そこに麻生少尉が松岡中尉と走ってきた。畑大尉が「どうやらハシビロは飛び去ってしまったみたいだね。ちょっと厄介だなあこれは」と困り顔で言う。

「というてそれほど遠くへ行くとも思えんですが。ハシビロはあれで意外と慎重ですけんね」麻生少尉が言うと「慎重、ねえ。確かにあれの行動範囲はいつもそう遠くへは行かないよな。よし、このあたりをしらみつぶしに当たろう。何なら巡邏や憲兵に頼めばいい」と畑大尉がいい、皆はそれぞれに分かれてマツコ探索に。トメキチは石川水兵長と一緒に行動。

見張兵曹は麻生少尉と走る。麻生少尉は「こげえなことになって・・・じゃけえうちは松岡中尉が一緒じゃと何かしらあるようでいやなんじゃわ」とぶつぶつ言っている。麻生少尉はハシビロより松岡中尉が嫌なようだ。

ありゃ、この通りはさっき来た通りじゃなあ、と麻生少尉は思った。

「それにしても」と見張兵曹は店をのぞいたり空を見上げながら言った、「どこへ行ってしもうたんでしょうねえ、ハシビロ」。

「あいつのことじゃけえ、ふいっと見たその辺に・・・」と麻生少尉が言って一軒の店のショーウインドウに視線をやった。

と。

「おおう、オトメチャン居った、居ったわ!」

と麻生少尉が大声を上げた。見張兵曹が驚いて少尉が指差すところを見やれば、洋品店のショーウインドウの中でさりげなく突っ立っているハシビロ・・・。あまりにも自然でこれでは気がつかないだろうと言うくらいに当たり前にショーウインドウの中に立っている。<動かない鳥>の名の通り微動だにしない。マネキン人形のようだ、まるで。

「この店の前はさっき通ったでしょうにねえ。まああがいにして黙って立っていられたらわからんですよね」

見張兵曹はそういうと店の中に入ってゆき、店主に事情を話して謝るとハシビロを連れ出してきた。「もう貴様はほんとに仕方がないなあ!あちこちすっ飛んで行ったらいけんで?」と麻生少尉がハシビロを叱った。ハシビロは「だってさあ、あの餓鬼どもがあたしの羽を抜こうとするから追いかけてったらあいつらどこかに行っちゃったのよ。だからあそこで待ちぶせしてたのよう、なんだか透明な板があるから見えやすくっていいじゃない?」と言い訳したが少尉が「言い訳はいらんで。・・・それよりみんなと合流せんと。ハシビロ、貴様みんなを探せ」と命令した。通りすがった女性がそれを見て「ありゃ、あの海軍さんは鳥と話をしよるわ」と独り言を言ってくすくすと笑う。

「わかったわよう、もううるさいわねえ」と言いながらもハシビロは舞いあがって皆を見つける。尤もそれより早く、石川水兵長や畑大尉、松岡中尉はハシビロを見つけた。皆は上を見上げていたから、である。石川水兵長と一緒だったトメキチは「おばさんどこ行ってたのよう?ダメじゃない!」と言ってしかしほっとしたようだ。

皆が集まり一件落着となった。が、「ハシビロがもうどこへも行かんように」と畑大尉の発案で、マツコは首輪をつけられて、それを松岡中尉が引っ張って歩くようになってしまった。トメキチがそっと「おばさん、犬みたい」と言って笑う。

マツコはそれを聞きつけて「この餓鬼犬が・・・」と唸った。町中を歩く一行、他艦の兵たちも彼女たちを見て笑いながら歩いてゆく。マツコは少し不機嫌で「見てんじゃないわよ。何がおかしいのよ、変な奴ら」とくちばしをガタガタ言わして威嚇するが皆はわからないので「見ろ見ろ、あのへんな鳥がよろこんどるわ」と言って指さして笑う。

マツコは相当悔しいらしく「うるさいわよッ、この馬鹿!あっち行け」とわめいてその場でぴょんぴょん飛び跳ねている、しかし皆には「珍奇な鳥が喜んで跳ねている」としか見えない。

と、ちょうどそこにどこからか<軍艦行進曲>が流れてくるとまるでマツコは曲に合わせて踊っているかのように見え、行き交う人々から「すごい。あの鳥はえらい踊りのうまい鳥じゃ!」と喝さいされたのだった。

大勢の人に取り囲まれて、ご満悦の松岡中尉はマツコが跳ねまわるのと一緒にラケットを振り回して拍子を取っている。見ているうちに畑大尉ほかの連中はものすごく恥ずかしくなってそろりそろりと離れて行ったのだった。それも知らぬげに松岡中尉は片手でラケットを振り回し、もう片方の手にはマツコの首輪につながったひもを持ってこれも振り回している。

その珍奇な姿に周囲には爆笑が渦巻いている。

 

やがて。

マツコは、曲に合わせるように跳ねる自分とそれと一緒にラケットを振って踊る松岡中尉に気がついた。マツコの動きが止まった。段々と羞恥がマツコを支配しだした。

「あ、あたしったらなんて恥ずかしいことをしてんのかしら・・。ちょ、ちょっと松岡!あんたも何バカなことやってんのよ?もうやめてよ!」

マツコはくちばしをガタガタ言わせて松岡中尉に駆け寄ると、頭で以てその背中を押して人ごみに埋もれるように姿を消した。あとに残るは皆の拍手と大笑い・・・。

 

「ふうっ、えらい目に遭うた」

麻生少尉がやっと戻ってきたマツコを繋ぐひもを持つと大きなため息をついた。見張兵曹も石川水兵長もどこか疲れた顔つきである。

「じゃあみんな。すっかり熱くなったところでそろそろ宿に行こうじゃないか」と松岡中尉が言った。今日はこのメンバーで宿に泊まるのである。

「宿。宿って何かしらねえ」

一人わくわくして足取りも軽いハッシー・デ・ラ・マツコである――

 

       ・・・・・・・・・・・・・・

 

大騒ぎになった街の中ですがこの夜は宿に宿泊。ハッシ―・デ・ラ・マツコ初めてのお泊りです。もう何も起きなきゃいいんですが・・・ね。

軍艦行進曲。軍艦マーチともいいますが正式名称は「~行進曲」です。



にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんおはようございます。

こんな変な連中が歩いていたら…ちょっと逃げたくなりますねw。
マツコの性格、このどっちつかずが彼女の性格かもしれません・・・???

でもすっかり「女だらけの大和」になじみましたね。松岡中尉とも案外いいコンビかもしれません。なんだかんだ言いながらみんなはマツコが大好きだったりします^^。

こんなみなの上に春の日差しが輝き、桜がほほ笑んでいます。

今日7日は戦艦大和の海上特攻の日です。巡洋艦・矢矧などが永遠に帰らない作戦に出た日です。大和の沈没は14時23分。
戦没将兵のみなさんの冥福を祈りたいと思います。

ジスさんへ

ジスさんおはようございます。

マツコ、何だか「女だらけの大和」の主のなりそうな勢いになっていていますw。
しかしハシビロの顔って本当に「コワイ」時があって・・・その辺が本物のマツコさんとシンクロします^^。

「ブラックボード」ご覧になりましたか。
たとえば日本があの戦争に勝っていたなら、戦死者の扱いとか教育とか今の私たちが思うよりずっと違っていたというのか、以前(戦前)のままで変わりなく行けたのでしょうが、敗戦という全くベクトルが違うことで翻弄された国民はどうしていいのか正直わからなかったんではないかと思いますね。

いずれにしてもいろいろと考えるよすがになるドラマでした!

賑やかな街歩きでしたね。
我がままなんだかピュアなんだか混ぜ混ぜのマツコさん。
みんなにも慣れたことには違いがないようですね。嬉しい制服姿も華々しいデビューになって、みんな本当に楽しそう。
春の穏やかなひとときを感じました。

こんばんは。いつもありがとうございます。

マツコ・・・・以前から拝見していましたがだんだんパワーアップしてますね。あの形相がなかなか怖いです。

横レスで申し訳ありませんが、私もブラックボード拝見していました。娘が櫻井くんが好きでっていう理由で見始めたものの非常に思い話でしたね。国の方向性により苦労をされた方々・・大変だったことかと思います。

ルパンさんへ

ルパンさんこんばんは!
今見ていまーす!お知らせいただきありがとうございます!!!

重い内容です・・・
戦前の教育と戦後の180度変わった教育、社会に翻弄される人々の姿・・・

戦後、学校の先生は「今まで教えてきたことはすべて間違いだった」と謝罪した人が多かったと聞いています。それを当然、と受け取る生徒もいれば「どうしてそんなことを言うのだ、世の中が変わったからと言って自分の信念まで曲げるのか?」ととても不満に思った人もいたとか。

正解のない問題かもしれませんね。
戦勝するか敗戦かですべてが変わるのですからーー

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
マツコの初体験、何だかすさまじいもんとなっております・・・(-_-;)

キョロちゃん、あのくちばし確かにハシビロのものとそっくりですが、キョロちゃん自体結構昔からあるから・・・どうなんでしょうね???
でも本当かも知れないですね、調べてみましょうか!

さあマツコ、どうなりますか。お楽しみに^^。

おはようございます

今テレビで紹介していたのですが、
今夜9時から連続3夜にわたり、TBS?で
見張り員さん向け?のドラマ「ブラックボード」があります。
当然私向けでもありますが、内容は知りません。
多分紹介でそんな感じがしたもので、外れたらすみません^^

でもこの知らせは今夜放映分に間に合うかな?
気になりますので、このコメントを読まれたら
とりあえず「読みました」の、このコメント返事をください。
多分、仕事中でしょうね。

こんにちは。マツコ、初体験の連続にイライラしたりドキドキしたり~でもどんなしぐさ(態度)もマツコらしいです!!
ところでマツコってキョロちゃんのモデルなんですか?なんかそんな記事を読んだ記憶があるのですが…言われてみればあのクチバシは…(爆)
次はどこで何をするのか?水戸黄門的な展開も期待しています(*^^*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/476-01528ba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・マツコ呉散歩4<解決編> «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・マツコ呉散歩2

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード