2017-10

日々雑感・こわいもの。 - 2012.03.27 Tue

こわいもの、ありますか?
と聞かれてなんと答えますか??

ちょっと困る質問でしょうか、それとも「あ、それならこれとそれと・・・」って出てきますでしょうか?

私のこわいもの・・・昔々の子供のころは「お化け」「ゆうれい」でしたね。ストレートに怖かった。記憶にあるのは、まだ幼稚園に行ってるような4つくらいのころの夏、母の実家に遊びに行ったときまだ独身だった叔父たちがTVで「吸血鬼・ドラキュラ」とか「フランケンシュタイン」が勢ぞろいした映画を観ていてそれが本当に怖かったのを今も覚えています。

おっかなくって泣いた覚えがありましたね、今考えるとあほな話ですが子供のころはそれが本当にあるんだ、と信じて疑わなかったですからねえ。

その記憶がきっと、ずっと脳内のどこかにあったんでしょう。そのあと小学校1年だったか、そういう化け物に追っかけられる夢を観てうなされたことがありました。
あの夢も覚えてるから相当怖かったんでしょうねえ。

そして長ずるに従ってあまりそうした化け物の類は怖くはなくなりました。「ゆうれい」は怖いというか気持ちが悪いという感覚で、今では<心の中を見透かされるんではないか?>という感じがして「ゆうれい」は隅に置けないかも、と感じています。

それから「戦争」が怖い。
でもこればかりは個人の力では防ぎようがないから怖がってもどうしようもないところが情けないですね。
戦争は怖いが、しかしもしも日本が攻め込まれるようなことになったら?

指をくわえて黙って敵のなすがままというわけにはいきますまい?武器をとる覚悟もしなければならないかもしれませんね。
でもそんなときが来ませんようにと祈るしかないですが。

そしていま何が一番怖いか。
やはり地震ですね、先だって房総沖に活断層発見!のニュースを聞いて恐怖に震えました・・・それが万が一動いたらM・9クラスの巨大地震が来ると。
M・9と言えば昨年の東日本大震災と同等クラス。
もういやです・・・

何とか回避してほしいものだと思いますが…きっといつか来るんでしょうね。

その時どこでそれを受けるかが問題ですね。おなじ死ぬなら家族一緒がいい。


そしてそれと同じくらい怖いのは「生身の人間」です。最近の事件を観ていると本当に「人間て怖いなあ」と思うことしきりですからね。


私のこわいものは「地震」と「生身の人間」ということですね。
みなさんはいかがですか?

さて明日は「女だらけの大和」の連中の<怖いもの>にスポットを当ててみたいと思います。お楽しみに!

          ・・・・・・
フランケンシュタイン、じゃない!?

フランケンシュタイン?


にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

ジスさんへ

ジスさんこんばんは!
お返事遅くなってごめんなさい!

お化け屋敷、あれはあまり子供に見せないほうがいいような気がしますね。あれって大人の楽しむものではないかと思う昨今です。実は私もあまり好きではない・・・(^^ゞ
お化け屋敷のお化けの形相はものすごいですから子供には立派なトラウマになりますよね~泣。

なんと奥様との結婚前のデートでお化け屋敷って・・・でも苦手なんですもの、絶叫しちゃいますよ。私だって苦手なものがいるところに言ったら相手がだれでも「素」で叫びます^^。

しかし息子さんはすごい、あの富士急の「戦慄迷宮」におひとりでなんて!
師匠と呼ばせていただきたいです~~!

こんばんは。いつもありがとうございます。

私も子供の頃からお化け、幽霊はダメでしたね。子供の頃行った遊園地で無理やり両親に連れていかれたお化け屋敷がとても怖くて。
なんかトラウマになってんですかね。今になってもお化け屋敷には作り物だってわかってても入れませんよww
妻と結婚前にデートで無理やり入らされたお化け屋敷で私が絶叫しているのを見て妻が弾いてしまったという黒歴史もありますww

その点息子はスゴイですね。去年行った富士急ハイランドで、ギネス級の怖さと言われる「戦慄迷宮」に一人で入ってコンプリートしてきましたから。私のDNAを継がなくて本当に良かったです。

京一郎さんへ

京一郎さんおはようございます。
コメントをありがとうございます。

私も大人の都合で子供に「こわいもの、恐ろしいもの」を与えていると思うことしばしばありますね!
こうさせたくないとか触らせたくないとかいう時にあえて「怖い」というものをつけているような感じです。
なまはげ、これってなんだか見ていると子供が気の毒になりますよね。小さいときのなまはげの洗礼を受けた子供の心にどういう影響があるのかないのか、ちょっと調べてみたい気がしますね。

う~~ん、どうしてこういう風習が生まれたのかも調べてみたいですね・・・

柴犬ケイさんへ

柴犬ケイさんおはようございます。
なんと…お一人での阪神大震災の揺れの経験はこれ以上ない怖さ、恐怖だったでしょう・・・お察しします。わんちゃんたちもその怖さは圧巻だったでしょうね。
ご主人がいたら怖さももっと変わっていたでしょうがお仕事で海外ではどうしようもないし、ご主人も報道を見て気が気ではなかったと思います。
どんなに怖いことがあっても誰かがそばにいてくれるとずいぶん怖さって変わるのではないかと思ったりしています。
東日本大震災、うちのあたりは多分公表されたより大きい震度だったと思います、本当に怖かったです。モミジも生まれて初めてのあの揺れはもしかしたら人が感じるより怖かったかもしれないですね。

地震国日本にいる以上、避けては通れないですからいざ起きた時の対応を冷静にとりたいものだと思っています。

オスカーさんへ

オスカーさんおはようございます。
そう、怖さにも種類がありますよね!
私は人見知りが多いから店に来る客にも(あれはいやだなあ、嫌いだ)と思ってしまいますと絶対相手にも通じてるんでしょうね(^_^;)、あとから結構いい人じゃん、とか思って仲良くなったりしますがもしかしたら・・・!?

霊感というなら結構それっぽい話も私自身持っています。が、肝心の本人がそれを怖いと思っていないのです。話すと聞いてくれた人は「いやだ、やめて」と言いますが。そのうち書いてみたいと思います。

さて、「女だらけの~」のこわいものは!?ご期待ください。

悟空さんへ

悟空さんおはようございます。
いわゆるホラー系の映画は私は全く駄目です。観たくもないですが子供たちは好きで…タメイキ。
しかし「牛の足」の夢、それってすごいいやな夢でしたね(^_^;)、そういう夢ってなんか妙にリアルな感じを伴っていて怖いです。

でも圧巻は包丁事件、これだけは、これだけは普段から考えるのも嫌なことで自分が料理で包丁を引き出す時細心の注意を払っているんですが…うわあ!怖い、これは本当に怖い。

男の子は結構痛い思いや怖い思いをして大きくなるものなんでしょうか、うちの旦那にも結構あります。ただ、思い出すのも嫌なものです。

私見ですが……

こんにちわ。
大人は子どもに対して、いうことを聞かせるために、「恐ろしいもの」を与えているような気がします。

たとえば秋田県の「なまはげ」
土地土地の風習にはそれなりの意味があるとは思いますが、私は好きではありません。
小さい子どもが怖がってわんわん泣いている。それをさらに鬼が「悪い子はいねーがー」といって脅かす。
トラウマなります。
もっといえば、この地方の人々はどこか屈折してるのでは……?

あくまでも私見ですよ。

http://aitokodoku.blog.shinobi.jp/Entry/556/

こんばんは♪

見張り員さん  こんばんは♪

いつもありがとうございます♪

怖かったのは阪神大震災で明け方で2時に寝て
熟睡して背中を突き上げられて目が覚め揺れが
大きく一瞬何が起こっているのが判断できず
ベットから滑って立つこともできず座り込み
ベッドに摑まり飼っていたビーグルが私に爪を
立てしがみつき治まってテレビを入れても地震
のことは放送されていずにドアを開けて外を見
てもわからずに1人と犬2匹の生活で主人は駐在
で中国の厦門にいましたので不安で少しの揺れでも
体が強張りあの恐怖は2度と嫌です。
見張り員さんモミジちゃんの怖かったのは良く理解
できます。
前の犬も離れずに余震でも怖がり私が行くところについて
離れずに留守番ができなくなりました。
お互いどこで地震があるかわかりませんので、気をつけ
たいですね。

こんばんは。怖さって考えるといろんな種類というか感覚がありますね。私は霊感とかないのですが、人の念はとにかくストレートに相手に向かうみたいで、後から案外あの人、いい人だぁ!!と思っても前の念と相殺されず残ってしまうそうです。もちろん、イヤな念のタマを打ち返せるパワーのある人もいるみたい。呪いなんかかけて反対に自分に返る可能性もありますから本当に「人を呪わば穴二つ」…コワイ~(ToT)
だから次のお話には明るい要素をたくさんお願いします(((^_^;)

エクソシストを見て恐くなり、邦洋ともにその系統は一切見なくなりました。

それと中学の頃にトイレの天井から血の滴る牛の太ももがぶら下がっている夢を見て以来、
しばらくはトイレに行くのが怖くなって、トイレの天井は絶対に見れませんでした。

それと小学生の頃、学校から帰ってきてすぐに台所に行き、
いやしいことにこっそり食べようとハムを包丁で切った時のことです。
流し台の扉に包丁が何本か刺して保管されているのですが、
その1本を取ろうとした時、2本同じところにあると気付かず、
もう一本の先の尖った刺身包丁が引き抜かれて、
それが左足の甲に落ちて刺さり、
一回転して倒れたのをスローモーションのように見た時でした。
足の甲に穴が空きました。その生々しい感覚が今でも残っています。

男の子は2~3は恐ろしい経験をしているものです。
そんなして用心深い大人に成長していくのでしょうね。

matsuyama さんへ

matsuyama さんこんばんは!

ヒエエ・・・鉄道自殺は凄惨だと聞いていますから絶対見たくないですが…見ちゃったんですか・・・しばらくモノがのどを通らなかったことでしょう・・・

でもやはり地震は一番怖いですね、「地震雷火事おやじ」のたとえのように筆頭に来ますものね。今回の震災でその恐ろしさを身をもって痛感しました。
昨日も大きな地震でしたよね、もういい加減収束してほしいものです。
でもくれぐれもお気をつけてお過ごしくださいね。

怖いといえば、まだ小学生の頃、近くを走っていた列車に女性が飛び込み自殺をしました。興味本位で見た自殺者のちぎれた肉片が脳裏に焼きつき、その日の晩御飯のカレーが食べれなかったですね。
最近で怖いといえばやっぱり地震ですね。昨年あの大地震を経験していますから、ちょっと揺れると思わず立ち上がっちゃいます。
昨夜も岩手県沖で5弱の地震がありました。昨年3月の地震再現かと緊張しましたね。幸い被害はありませんでしたが、怖いです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/472-cf7eb096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・私たちのコワイもの❤ «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・雄々しい女、女々しい男!?

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード