2017-10

「女だらけの戦艦大和」・艦上のひな祭り2 - 2012.02.25 Sat

松岡分隊長は、麻生分隊士の手を引いてあの人の部屋に――

 

「副長―ーッ!」

と叫んで松岡分隊長は副長の私室のドアを体当たりで<け破った>。副長が、あまりのことに呆然というよりポカンとしてドアの方を見つめている。

「な・・なあに。二人して」とようやく口を開いた副長に松岡分隊長は麻生分隊士をつかんでいた手を離し、その手の親指をグイッと立てて「やりませんか、あれを」と言った。副長はまだ驚きがさめきらない瞳で分隊長を見つめると「へ?何をするの?あれって何?」とフワフワした声で言った。

松岡分隊長は「いやだなあ副長。あれと言ったらあれですよ。ほら<ひな祭り>ですよ」と言って反対の手に持ったラケットをかっこよく構えて見せた。

副長はやっとこさっとこ驚きから覚めて、

「ほう、<ひな祭り>ねえ。そうだねえうちらは一応女だし。女とくればひな祭りだね。・・・うん、いいんじゃないかな?艦長に言っていろいろ相談してみようかね」

と賛成してくれた。こういう話を梨賀艦長が断るわけがない。もろ手を挙げて賛成、大賛成。森上参謀長も「それはいいなあ。どんなひな祭りにするかじっくり考えようじゃないか」とすっかり乗り気である。

そんな四人を見て麻生分隊士は(なんでうちがここに連れてこられたんか、わけがわからん)と思って「じゃ、私は戻ります」と言って戻ろうとした。すると松岡分隊長が「麻生さん、ちょっと待って。私にちょっと考えがあってね、艦内すべての分隊で<ひな人形>を作ったらどうかと思ってるんだよ。しかもそれは生身の人間で作る<ひな人形>にしたいんだねえ。だからさ、うちの分隊では誰誰が適任か、ちょっと考えてきてくれないかなあ」と言った。

麻生分隊士は「な、生身のひな人形――!」と大声をあげていた。艦長がちょっとだけ驚いて分隊士の顔を見た。

と。

見る見るうちに分隊士の顔がニヤけ出してきたではないか。そしてその顔のまま、

「分隊長。うちの分隊からはもう決まっております」

と言った。声さえニヤけている感じがする。分隊長は「ほう、誰誰かな?」と聞いた。すると分隊士は間髪いれずに

「私と見張兵曹でありますっ!」

とものすごい大声で答えた。すると梨賀艦長・野村副長・森上参謀長の口がとがった。三人とも(そういう話なら私がオトメチャンと・・・)と思っているからに他ならないが。

それに気がつかない松岡分隊長は、「ふーん。立候補か。いいねえ麻生さーん、熱くなってるじゃないの、いいよ!・・・でもほかにも何名か出したいね。そうだねこの際だから、誰でも出たいものは出てよい、ということにしようか。ひな人形はたくさんあった方が華やかでいいじゃない?・・・いかがです、艦長」と艦長を見返る。

艦長は、

「それは素敵だね。ちょっと相手を変えるのもいいかもしれないし」

と言ったがこれもオトメチャンと組みたいからに他ならない。副長は、

「ではそうときまったら今夜にも各科長を呼んで話をしましょう。実行日は三月三日の雛の節句でいいですね」

と言って四人はうなずき合う。

そしてその晩、各科長が呼ばれそのあと科長から分隊長以下に話が伝えられたのだった・・・。

 

その話は翌日の昼までには艦内の全員に伝達された。

みんな大騒ぎで「誰と組もうか、どんなひな人形になろうか」と寄ると触るとその話で持ちきりである。

機関科では機関長の浜口大尉が、「おい聞いたか、ひな祭りの話。松本、俺と組まんか!?」と松本兵曹長に持ちかけ兵曹長は「ぜひやりましょう!ではどんなひな人形になりましょうか?段飾り?それとも親王飾りですか?」ともうやる気満々である。

とある分隊ではもう工作科に雛段を発注したという。それを耳にした麻生分隊士は「いけんで、先を越された!うちも雛段を発注じゃ。うちらは八段で行こう!」と言って自ら工作科に走って行った。

「分隊士、燃えとるねえ。分隊長に負けん位熱うなっとるわ」

「ほうじゃ。だってオトメチャンとお雛様になれるんじゃもん」

「あの二人がお内裏様とお雛様で決定じゃね。ほいじゃあうちらは三人官女や五人囃子とかじゃのう」

「なんやらわくわくするのう」

航海科では小泉兵曹・石場兵曹・谷垣兵曹が集まってそんな話をしながらも双眼鏡やテレトークを拭いて手入れを怠らない。

それを『大和』のトップのトップから、トメキチと一緒に見ているハッシー・デ・ラ・マツコは「ねええ?一体こいつら何をしようってのかしらねえ。トメキチ、あんたわかるぅ?」

とトメキチに尋ねている。トメキチは後ろ足で耳を掻いてから

「僕にも分んないの、マツコサン。でもねえ、聞いた話だと呉の街に行けば<お雛様>があるって話よ?マツコサン、呉の街に行ってみてきたらどうかなあ?」

と言った。マツコはその大きな体をゆすって笑いながら、

「あんたバカ言ってんじゃないわよ。あたしがあんな街に行ったら人間たちがあたしを捕まえようとしてくるに決まってんじゃないのよ。あたしはもう狭いとこに閉じ込められるの、いやだからね!」

と断った。トメキチは「ふーん、そう・・・」と残念そうである。そこに、石川水兵長が「トメキチ~」と声をかけてきた。トメキチは石川水兵長のもとに降りてゆく。

石川水兵長はトメキチを抱いて何やら囁いている。トメキチが、マツコを見上げて「おばさん、僕石川さんと明日呉の街に行くから、そのお雛様を見てきますよ」と言った。マツコはそれを見下ろして、

「おばさんじゃないったら。・・・あたしはマ・ツ・コ」

と訂正してやった。トメキチがしまったという顔で舌を出した――

 

       ・・・・・・・・・・・・・・

いよいよみんな本気になってきた「艦上ひな祭り」。

トメキチはひな祭りを理解してくるのでしょうか、そしてマツコはひな祭りにかかわるのでしょうか?緊迫の次回をお楽しみに!

 

親王飾り。これも素敵ですね!(画像拝借しました)親王飾り


にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

ルパンさんへ

ルパンさん おはようございます。
カレーは私は大好きですねえ!一日三食カレーで一週間でもかまいませんな、私。
レトルトカレーが手軽でいいですね~、私が好きなレトルトは『よこすか海軍カレー(調味商事謹製)』と、『海軍さんのカレー(わだつみ物流謹製)』ですね。
『よこすか海軍カレー』の仲間に「シーフード」もあるのですがこれがとてもおいしいんですよ。
ぜひ一度ご賞味いただきたいくらいです。

うちのレトルトも賞味期限は過ぎてはいますが、気にはしません。非常用に使えるかもしれませんね・・・。

オスカーさんへ

オスカーさん おはようございます。
ウホホ・・・何か起きそうないけない感じもしますねえ~~ww。

マツコは日本では外出はできませんね、かわいそうですが・・でもきっと、『大和』がトレーラーに帰るまでには、呉を歩きたいですね^^。

さあ、次回どうなりますか、ご期待を。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさん おはようございます。

一体これはどういう・・・って感じになってきました。幼稚園児の生身のお雛様は可愛いですが、こいつらは・・・(^^ゞ
静かに見守っていてくださいねww。

我が家のひな人形をおほめいただきありがとうございます!
3月3日まで今年は2週間ほど飾っています^^。

こんばんわ~

どんなことでいいという言葉に甘えて記事とは無関係のコメントですが、すみません。

今日夕食がカレーだったのです。カレーは国民の大好物って言いますよね、私も大好きです。
インドカリーのカシミール・カレーのようなスープ系が大好きです。
今日はレトルトですが、そんなカレーの中村屋のインドカリー『グリルド・ビーフ』を食べました。
このカレーは10年前までスーパーに普通に売っていたのですが、最近はどこにも全くなく、
本社に訪ねてみました。『このカレーはまだあるのですが、売ってるお店が限られています』と言うのです。
中村屋のカレーは何種類もありますが、美味しいのはこの1品目だけで諦めきれません。
今か2年前、売っているお店を聞きましたら、千葉の何とかというスーパーでした。
さっそく取り寄せたのですが、送料がバカらしいと30箱も買いまして、
それから2年後の賞味期限も過ぎたものを食べました。まだ6箱も残っていますが、全部食べきる覚悟です。
賞味期限とは美味しく食べれる期限で、消費期限とはそれ以上経つと腐るかもという定義と勝手に決めております。
レトルトならもう一つ、これも店頭にはなかなか無いのですが、MCCのカレーが美味しいですよ。
そのMMCの『香味野菜のカレー(ビーフ)』も食べましたが、こちらはちょっと甘目のスパイシーなカレーです。
インスタント・カレー(レトルト)で見張り員さんの何かお奨めがありますか。

こんにちは。人間将棋ならぬ生身のお雛様、右大臣になりよっぱらったふりしてお雛様にちょっかいとかいけませんな!!(笑)マツコはたしかに街にいったら捕獲されてしまうかも…常に艦上ではやはりかわいそう…グスン!!私のマツコに愛の手を~よろしくお願いいたしますm(__)m

艦上雛祭り……、生身……。
すごいことになりそう。そうだ。今時分になると幼稚園児が生身でやってますね。不公平さを無くすためお内裏様の多いこと。やたら上段が多い。
ヤマトの皆さんの艶やかさを期待していますよ。

大切なことを忘れておりました。
ご自宅の雛壇飾り、きれいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/456-40887afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・艦上のひな祭り3 «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・艦上のひな祭り1

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード