「女だらけの戦艦大和」・バレンタインデー4<当日Ⅱ・解決編>

「女だらけの戦艦大和」にバレンタインデーが来た――

 

その日上陸日にあたっていた兵たちはもうそわそわして身支度を整える。そして最上甲板に整列して「待ちうけ一番」を貰って順番にランチに乗り込んでゆく。皆事前に買った小さな小箱を携えて。それぞれの愛しい人にあげるチョコレート、あの人どんな顔で受け取ってくれるだろうかしら?

十三分隊の小泉兵曹も「じゃ、行ってくるけえね~」とウキウキしながら上陸して行った。石場兵曹はその背中を見送りながら「小泉のやつ、<裏飯屋>の彼にあげるんじゃと。えらいでかい箱を買うとったぞ」と言って笑った。石川水兵長が「石場兵曹はどうなさるんです?ええ人がおるでしょう?」と言うと石場兵曹はエヘンと咳をして「私にはそげえな男はおらん。私は一人の男に入れ込むんは好かん」と言って胸を張った。本当を言えば石場兵曹は(やっぱり贈り物はオトメチャンにしたい。贈り物をするくらいなら麻生分隊士も許してくれるじゃろうから)と思っているのだ。(今夜当直の時間に)と今からその時間を楽しみにしている石場兵曹である。

 

最上甲板では松岡分隊長が上陸員をハシビロとトメキチとともに見送ってからやおら、ハシビロを見かえって「時に、鳥くん」と話しかけた。ハシビロのマツコはその金色の目を分隊長に向けた。分隊長はマツコの前に立って「君がここにきてからいろいろあったねえ。君とはやり合ったこともあったが・・・いまでは私と君はいい友人だと思っているよ?これからもいい友人でいてほしい。と、そこで私から君に素敵な贈り物があるんだよ」と言うと後ろに置いてあった大きな平ったい箱を持ってきた。トメキチがその箱にまとわりつく。それをなだめながら松岡分隊長は「ほら、鳥くん。これを君にあげよう」と箱のふたを開けた。

マツコの目が輝いた。

箱の中には分隊長の大事なラケットの形に忠実に作られた「チョコレートのラケット」があったのだ。分隊長はマツコが自分の目を盗んでこっそり大事なラケットをかじっているのを知っていた。そこで(こういうものを作ってやればもう飽きるんじゃないか)と思い、主計科の福島大尉に頼んで材料を貰い作ったのだった。

分隊長は箱の中身を見せながら「ほら鳥くん。私の大事なラケットだ、今日からこれは君のものだからね。夜にでも出してあげようね」と言い、ふたを閉めた。マツコはもう、かじりたくてたまらないらしい、「あらちょっと閉まっちゃうわけえ?ちょっとだけかじらせてよう」と分隊長に飛びついた。分隊長は「仕方がないねえ鳥くん。じゃあ、食べるがいい。熱くなれよ!鳥くん」と言うとふたを取ってマツコに差し出して歩き去った。トメキチが「いいなあ、マツコサン。僕はチョコレートは食べられないからうらやましいな」と言った。

マツコはホホホ、と笑うと「まあ―残念ね。じゃあこれはあたしが一人でいただくわねえ。なんて幸せなのかしら~」と言うとラケットにかじりついた。柄の部分をくわえて、その部分をなめている。くちばしのはじっこから大きな舌がぺろぺろと柄を舐めているのが見える。

マツコはもう無心にラケットを舐め続ける。トメキチはそれをうらやましそうに見つめている。

 

やがてなんとなく落ち着きのなかった一日も夜の帳が下りるとともに沈静化しつつあった。見張兵曹は当直を終え交代を済ませた後、足元の袋を手にして最上甲板に降りて行った。麻生少尉とここで待ち合わせの時間が近い。

主砲塔の前に立つと、如月の内地の風が冷たく兵曹のほほをなでていく。「寒い」と少し身を震わせた見張兵曹、空を見上げると星がキラキラと瞬くのがよく見える。ほう・・っと息をはくと彼女の息は白く空へと上がってゆく。それを見ている兵曹に風がどっと吹き付けた。

ううっ、と風にむせた時そんな彼女を背後から抱きしめたのは誰あろう麻生分隊士。見張兵曹は嬉しそうに「分隊士!」と言って分隊士に向き直った。分隊士もうれしげに微笑みながら、二人は見つめ合う格好になる。

「分隊士、あのこれを」とオトメチャンがまず、袋から出してあった大きな箱を分隊士に手渡す。「うちに?」と分隊士は言ってオトメチャンがうなずくと、それを手に取った。ずしりと重い。「開けてもええ?」「はい」

分隊士はそこに座り込むと、箱のふたを開けた。「おお!これは」分隊士は大きな声をあげていた。箱の中には、チョコレートでできた太い錨、その真ん中あたりにこれは桃色の紙を切って作った桜が添えられている。

「素晴らしい。これはオトメチャンが?」と麻生分隊士は尋ねるとオトメチャンは恥ずかしげに「はい、福島大尉にチョコレートをいただいて助けていただきながら作りました」と言った。分隊士は感激して、箱を横に置くと「オトメチャン・・・」と言ってオトメチャンを抱きしめた。冷たくなった服を通してオトメチャンの体温が分隊士の胸に伝わってきた。分隊士はオトメチャンの赤い唇に自分のそれをつけた後、「これから俺は当直じゃが、終わったら部屋に来てほしいんじゃ、ええね」と言いオトメチャンが返事をすると箱を大事に抱えて立ち上がった。オトメチャンも立ち上がった。

「じゃ、行ってくるけえ」そういう分隊士にオトメチャンは敬礼した。分隊士は嬉しそうにうなずくと艦橋に向かって行った。

その後ろ姿を見送るオトメチャン、(分隊士、喜んでくださった!)とうれしくなって体が熱くなってきた。分隊士の当直が終わるまでどうしようか、ここで待とうか居住区に帰ろうかと思うオトメチャンのもとにもう一人誰かが。

「オトメチャン」と呼びかける声は石場兵曹。「あ、石場兵曹ですか」とオトメチャンが言うと暗がりから石場兵曹が現れ、「分隊士にもう渡したんか?」と言った。オトメチャンが「はい、もう当直に行かれました」と言うと石場兵曹はオトメチャンの片手をとると、何かをさっと握らせた。

驚いたオトメチャンが見ればそれは小さな箱で、石場兵曹は笑いながら「それは俺からの気持ちじゃ。俺は男も好きじゃが、やっぱり」と言って最後は少し真面目な顔つきになった。見つめるオトメチャンから面映ゆげに視線をいったん外した後、石場兵曹は今度はしっかりオトメチャンを見つめると「やっぱり俺は、オトメチャンが好きじゃ」と言ってオトメチャンの唇を奪って、あっという間にその場を走り去っていた。呆然とするオトメチャンの手には石場兵曹からの贈り物が残る。

そこへ・・・

ドドドド・・・とものすごい音を立ててやってきたのは梨賀艦長・野村副長・森上参謀長であっという間にオトメチャンを取り囲む。オトメチャンは何事かとびっくりしたあまり動けなくなっている。そのオトメチャンに三人は手にした大きな箱を次々に手渡して、「これ!私たちからの贈り物。私たちオトメチャンを大好きだから!」と言うなりかわるがわるオトメチャンを抱きしめては口づけをした。そしてもう何も言えないで固まっているオトメチャンに「じゃあね!これからもよろしく~」と言うと来たときのようにドドド・・・とものすごい音を立てて去って行ったのだった。

我を失っているオトメチャンの上で星は輝き、『大和』のトップのトップではマツコがあの「チョコのラケット」をかじっている。その下の防空指揮所ではトメキチがオトメチャンにもらった大きな骨をかじっている。

 

そしてそのあと、分隊士の当直後。分隊士の部屋に行ったオトメチャンは当然のごとく分隊士の愛の嵐に翻弄された。分隊士は「・・・これが俺の<バレンタインデー>とやらの贈り物だよ・・」とオトメチャンを激しく扱いながら囁いたのだった。

 

――その頃、小泉兵曹も長妻兵曹も<裏飯屋>でお目当ての彼にチョコレートをあげて、これまためくるめく時を過ごしてたという。

「女だらけの帝国海軍」のバレンタインデーは、こうして暮れて行ったのであった――

          ・・・・・・・・・・・・・・

「女だらけの海軍」さんのバレンタインデー、やっと終わりましたね。皆それぞれいい思いをしたようでよかったねえ~。

さて皆さんのバレンタインはいかがでしたか?私は贈る人もなし、自分の好きなチョコレートを買ってきましてぼそぼそと食べたいと思っています!



国生さゆりちゃん『バレンタインデーキッス』 懐かしいね^^。

にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 14

見張り員">
見張り員  
matsuyama さんへ

matsuyama さん こんばんは!
このくらい人気者になってみたいものですがそうしたらそれなりに大変なこともあるかもしれませんね・・・
しかしこんなにチョコを貰ってしまうとお返しも大変じゃないかしらと思ってしまいますね(^_^;)。

matsuyama さん、人生これからですぞ、輝きはたくさんmatsuyama さんを待っていますよ!

2012/02/16 (Thu) 20:17 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
鍵コメさんへ

鍵コメさん こんばんは!
全然、そんなことないですよ!お気になさらないでくださいね、全くもって大丈夫ですよ❤

2012/02/16 (Thu) 20:14 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
ジスさんへ

ジスさん こんばんは!

バレンタインも終わったことだし・・・というわけですっぱり変えましたww。もっと春色のがあればよかったんですが、また見つけたいと思いますがこれも気に入っています。海の青と空の青、好きです!気分が爽快になりますね❤

御家族でのバレンタインデー、素敵ですね。やはり奥さまやお嬢様からいただくのが一番!ですね^^。

本当にいつまでも寒くって閉口です、さっきまで雪が降っていました。花粉も気にかかるし、どうも春先はいけませんね。くれぐれも御身大切にね!

2012/02/16 (Thu) 20:12 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
オスカーさんへ

オスカーさん こんばんは!

『チョコ色のマツコ』・・・(爆)!
あのでっかいくちばしにチョコがあちこちくっついている様を想像するといとおしいような怖いような何ともいい難い気分になります^^。

『マツコ』、なんだかんだ言いながら結構愛されております!これからも応援してやってくださいね、ありがとうございます!

2012/02/16 (Thu) 20:08 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
周平さんへ

周平さん こんばんは!

ありがとうございます、そう読んでいただけるとなんだか嬉しいです!
そうなんですよね~、この話で私はストレスを発散し生きる糧を得ているようなものでして・・・私の中の理想と現実はあまりにもかけ離れていますので(といってもみな同じでありましょうけど)、何とかこれで頑張っている次第です^^。
こうしてコメントをいただけると大変励みになります、ありがとうございます^^!

2012/02/16 (Thu) 20:06 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
matsuyama  

オトメチャン、人気者ですね。
本命の麻生分隊士は当然ですが、石場兵曹からも、梨賀艦長、野村副長、森上参謀長のそうそうたるメンバーからもチョコのラッシュ。いやいや凄いモテモテですね。
1年に1回位そんなモテモテを味わってみたいもんです。今年もチョコは手に入らなかった(悲)。
年々チョコとも遠のいてるし、この先もう輝けないのかな(笑)。

2012/02/16 (Thu) 19:51 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/16 (Thu) 18:19 | EDIT | REPLY |   
ジス  

こんにちは。いつもありがとうございます。

テンプレート変更されたんですね。
以前のヤツも結構好きでしたが、青い空に海、なかなか前向きになれる素敵な景色だと思います。

この年になるとバレンタインなんてどうよってかんじですが、形式上妻と娘からもらい一緒に食べるのは、毎年の行事とはいえ楽しいものです。

いつまでも肌寒いですね・・・一方で花粉の情報も・・困った季節です。

2012/02/16 (Thu) 11:26 | EDIT | REPLY |   
オスカー  

こんばんは。「夏色のナンシー」ならぬ「チョコ色のマツコ」になりそう~クチバシは絶対ダルメシアン模様みたいにチョコがあちこちついているはず(笑)良かったわ、私のマツコが麦チョコ投げつけられなくて(笑)ありがとうございます♪

2012/02/16 (Thu) 00:11 | EDIT | REPLY |   
周平  
何て言ったらいいのか、、

見張り員さんの心の叫び、、そう感じました、、間違ってたらごめんなさい。
理想と現実の狭間で頑張ってるような、、
なにもできませんが、気の利いた言葉かけること、きませんが、、とにかく応援してます。

2012/02/15 (Wed) 22:38 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
かなやのぶ太さんへ

かなやのぶ太さん こんばんは!

『大和』の乗組員、うまくバレンタイン当日に上陸ならいいんですがそうでないとちょっと悲しいかも!?
まとまりのない話でしたがおなかいっぱいになっていただけたようで・・・よかったです^^。

2012/02/15 (Wed) 20:32 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
まろゆーろさんへ

まろゆーろさん こんばんは!

「女だらけの~」のバレンタインもやっと終わりました。
大和撫子の心持は「こうあるべし」という私の信念みたいなものを反映していますのであまり腹黒い人間はいないんですね、話としては面白くないかもしれませんが気持ちよく読める話がいいと思っています^^。

国生さん、今日TVで見ましたが幸せそうでした、幸せが一番ですよね。何よりなにより!!

2012/02/15 (Wed) 20:30 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
かなやのぶ太(kanayano)  

あわわわ、大和の人気者は愛しい人のところに行くのにも一苦労ですね!
いいなあいいなあいいなあ~>▽<ノシ
えっとえっと、言葉が見つからない!
あれです、ごちそうさまでしたっ!
(見張り員さまもハピバ☆です~^^)

2012/02/14 (Tue) 23:52 | EDIT | REPLY |   
まろゆーろ  

女だらけの……、バレンタインデー華やかでしたね。
美しい世界だなぁ、心が清らかな人たちばかりだなぁなんて思いながら拝読しました。
彼女たちの嬉しさや戸惑いや正直さ、今の世の中にあるんでしょうか。

おぉ!! 今日ご結婚とやらで話題だった国生さゆりさんの……。この方も妖艶さを漂わせてきましたね。

2012/02/14 (Tue) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)