2017-09

2011年の終わりに - 2011.12.31 Sat

2011年もあと数時間で終わります。
いろいろなことがあった年でした。

そんな中で感じたことは日本人の素晴らしさもそうですがその半面の「意地汚さ」「自己中心主義」といういやな面もしっかり感じました。

特に「自己チュウ」に関してはこれはもう国民病の様相を呈しています。
自分の欲求や不満を晴らすためになら相手を殺すこともいとわない。

そんなことはない、というなら毎日のTVや新聞紙上を見たらいいんです。殺人事件の話が出ない日がありますか?たいがい2,3件は出ています。

そのほとんどすべてが自分の欲求が満たしたいがための「自己チュウ」による殺人事件。

遊ぶ金が欲しいから人を襲って殺して山中に捨てた、という鬼畜のような殺人もありましたね。遊ぶ金が欲しいから、という時点で立派な自己チュウ患者です。

こういう人間はいつから増えたのでしょう?
かつての日本人はこうだったのでしょうか?

私は違うと思います。、もちろんかつての日本人すべてが善人であったなんていうわけがないですが今の日本人よりはましだったんではないかと思います。

思うにかつての日本人には「犠牲的精神」という崇高な精神世界が存在していました。
それはわかりやすくいうなら特攻隊に代表されるものです。

彼らは「自分たちが身を呈することで国(国の後ろには家族・ふるさとがありました)を守れるなら・・・」との思いからその命を捧げました。でもそれは決して自分の命を「粗末」に扱ったわけではない。

よく戦時中ほど命を軽く扱った時代はない、とは言われますが私にとってはあの頃より現在の方がずっと命を軽んじてはいないかと思うのです。

それが先に述べた、連日メデイアに報道される
殺人事件にあらわれています。

こんな日本はもうたくさんです。
かつてのようにもっと一人ひとりが「命」と真摯に向き合い、人の命を大事にしそして自分の命も大事にする、そんな日本に戻したいのです。

そのためにはまず政治家が「犠牲的精神」を発揮して、今のこの非常時・国難の時に当たってほしいのです。
自分の保身に汲々としている政治家なんか小物すぎて魅力も何もありません。

真の日本人なら命がけの真心、崇高な精神世界を持ってあたってほしい。
さすれば国民も早晩目覚めるのではないかと思います。

今の日本には危機感を覚えることばかりです。
対外的にも国内的にも、ごく瑣末なことでも危機感を感じてしまいます。

英霊たちが愛して、その命をささげた「日本」をどうか大事に未来永劫守ってゆきましょう。
それが私の年末に当たっての思いです・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もたくさんの皆さんがこのブログに来てくださいました。
本当にありがとうございました!
たくさんのコメントもいただき、大変参考になったり笑わせていただいたり、頂いたコメントの数々は私の宝物です。

この大事なお付き合いを来年も、そのまた来年も・・・続けてゆきたい、そう願っています。

皆さんに「英霊のご加護」がありますように。

来年も「女だらけの帝国海軍」は進撃を続けます。どうぞまたその活躍を見てやってくださいね。

「みなさん、今年もありがとうございました。そして来年もどうぞよろしくお願いします。よいお年をお迎えください」(女だらけの帝国海軍一同より)
にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

ウダモさんへ

ウダモさん こんばんは!

明けましておめでとうございます。昨年はいろいろとありがとうございました。

心ある現代っ子は、国の行く末を憂えるのですぞ^^。
本当にこの国には不可解な国民が多くなりました。これではいかんと思うのですが・・・

そうですね、まずは「自分から」始めるしかないかもしれません。がその心はいつしか怒涛のように日本中の心ある人々を席巻して腐った日本をかつてのようなすがすがしい国にしてくれる・・・と思いたいです。

また今年もどうぞよろしくお願いいたします~~!!

明けましておめでとうございます!

いやはや、仰る通りでございますよ。国の行く末を心配するなんざ、もうないだろうと思っていた、かつての現代っ子だった私でさえも、危機感を覚えます。
だいたい、給食費を払っているのだから、いただきますは言わなくていいだの、国歌斉唱は歌詞が気に食わないから歌わないだの、自己主張ばかりが先だっていて、中身がからっぽなのが多くなりましたよね。

ゴミだって、自分が落としてないからと拾わない、見て見ぬふり…こんな国民だったでしょうかね、日本人て…。

でもまあ、どうにかするしかないでしょうね。
まずは親である私達が、ちゃんとせねば…。
よぅし!今年こそはまっとうな人間になるぞー!w
…て、なんだか更生中みたいですけど、そこんとこはスル―でb

今年も宜しくですm(__)m

ジスさんへ

ジスさん こんばんは!

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はお互い大変でしたが(お疲れ様でした!!)今年は穏やかに過ごしたいですね^^!
やはり正月くらいは実家でのんびりしたいですよね~。命の洗濯ですよね^^。

世の中早々落ち着いてのんびり…とはいかないでしょうけれどそうした渦にのまれることなく冷静に沈着に過ごしたいですね。
そして何より「健康」です。お互いよい一年になりますように。

どうぞよろしくお願いいたします。

荒野鷹虎さんへ

荒野鷹虎さん こんばんは

あけましておめでとうございます。お返事が遅くなりまして申し訳ございません。

日本の精神的荒廃・退廃には心から憂いまた憤りを感じますね。この大事な日本を何とかかつてのようなすばらしい国に戻したいものです。

特攻精神の崇高さとか七生報告の精神の堅持を持ってゆかねば早晩日本は滅んでしまいます。こんなブログではありますが少しでもその精神を広められたらと思って今年も頑張ってまいります。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

kohakou さんへ

kohakou さん こんばんは

あけましておめでとうございます。お返事が遅くなりまして申し訳ございません。

なんだかあという間に年が明けてしまいました。
私ももっと昨年よりいろいろなことを深く考えて落ち着いて行動できるようになりたいです。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お忙しい年始をお過ごしのようですね。
私も昨日まで実家に居まして、昨夜戻って参りました。

今年も色々と大変な出来事が多いかもしれませんが頑張って過ごしていきたいと思います。
お互い良い年になりますように。

見張員さんへ!!

謹賀新年!
今年も宜しくお願いいたします。!仰るとおり、日本人の精神の荒廃を憂うる物です。もう一度特攻精神の崇高さを認識して欲しいと願うものです。!
見張員さんのご健闘を特に願うものです。!

あけましておめでとうございます

なんだか、バタバタしている間に年越ししてしまい
2012にすっかり乗り遅れている感じのお正月です。

今年は自分でも、もっといろんな事を考えたり吸収できるよう自分から行動していきたいと思ってます。
どうか、今年もよろしくお願いします。

matsuyama さんへ

matsuyama さん あけましておめでとうございます。

私も日付が変わる少し前にお寺に行ってきました。うちでは年越しにお墓参りが常ですので。
そこで檀家の人たちが数名集まって住職の法話を聞きましたが「自己中心」の否定と「自己犠牲」の精神のようなことを説いておられました。寒さすらすがすがしさに変えてしまうあの説法の力の元はなんなのか?考えています。

日本で今一番謙虚で正しい姿を見せてくださるのは被災地の方たちでしょうね。あれほどひどい目に会って、政府は何にも行動してくれないのにデモを起こすわけでもなく暴動すら起きない。
そこにやはり互いを思う心や絆が存在している証左だと思います。
見習うべき姿ですね。

今年も「女だらけの~」で、日本のあるべき姿や先人たちの思いを伝えてゆくつもりです。
どうぞよろしくお願いいたします。

matsuyama さんにとって今年が素晴らしい一年でありますよう、御祈願いたします。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさん あけましておめでとうございます。

過分なお言葉、恐縮です!
しかし今の日本を思うにつけ焦燥感とか危機感しか覚えないというのは本当に悲しいことです。どこを見ても私の周囲は嫌になることや人が多く、「これが英霊たちの望んだ日本や日本人に姿ではないだろう!?」という怒りがわきます。

つたない「女だらけの~」であるべき日本の姿を書いて行けたらと思って今年もがんばりますね!

まろにい様にとって今年が最高の一年でありますよう御祈願いたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

No title

2012年の幕が開きました。
義母の供養を兼ね、先程除夜の鐘を撞いて、煩悩を払ってきました。凍えるような寒さでしたが、何故か気持ちは清々しく感じてます。
2011年にご逝去した霊人たちの家族は、本堂で住職の有難い法話を聞き、整然と並ぶ鐘楼で鐘を撞く。そこには自己中心の方は見られません。
秩序があります。真摯な姿が見られます。毎日のようにニュースを賑わす凶悪な姿形は見られません。
どうして人間は1人になると、自分の欲望を満たすため、人の命をぞんざいに扱うんでしょう。人の命は尊いものですよね。

命の尊さを「女だらけの帝国海軍」で訴えてください。
今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

見張り員さんの心のこもった言葉のひとつひとつに、まるで「英霊の言の葉」を思うようでした。それほどに血の通った温かさにいつも心が震えています。
今の日本の荒廃ぶりにこそ見張り員さんの真摯な姿と言葉の大切さを思います。
どうかこれからもこのままで、大和の心を書き続けて下さい。

今年一年ありがとうございました。
来年もお健やかにお過ごし下さいますように。

オスカーさんへ

オスカーさん こんばんは!

仕事も終わりホッとしています(今年は全然売れなかったよ~~泣)。

こちらこそ本当に楽しませていただきました。また山梨県に御縁がある方とお近づきになれて嬉しさも倍増です。

今後ともどうぞよろしくお願いたします!
来年も「女だらけの~」はぶっ飛んでゆくつもりですので(どこまで行くんだ?)、お付き合い願えたらと思います。

よいお年をお迎えくださいませ!

ありがとうございました!!

こんばんは。お仕事お疲れさまでした。お身体は大丈夫ですか?
大晦日、よしりんの「昭和天皇論」を読み返しています。日本は「和」を大事に歩んできました。これまでもこれからも「まもるべきもの」をまもり育ててまいりましょう~!
たくさんのステキなお話、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。良いお年を♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/429-75a361ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「女だらけの戦艦大和」・新年にあたって。 «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・大輪の花咲く日2<解決編>

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (110)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード