「女だらけの戦艦大和」番外編・連合艦隊連合運動会5

プログラム十二番の「主計科樽担ぎ」、その樽に皆は唖然とした――

 

レース前に『陸奥』主計長がニタニタ笑いながら中身を見せた。その中身は「漬物」である、その漬物が樽の中にびっしり。おおよそ二十キログラムはありそうだ。

レースに出場の『陣痛』の主計科員は「なにあれ!あれを担げっての・・?まさか、どうやって担ぐのさ・・」と最後のほうは声も消えてしまった。

レース出場の主計科員たちが沈黙する中、ルール説明の上等兵曹が「この競技は漬物の入った二十キロの樽を担いでラッタルを上まで登るものです。途中で落としたり、五秒以上休んだら失格です。さあ皆さん普段のように頑張りましょう」といい、ほかの将兵は「うわあ!面白そう。がんばれー」と無責任に盛り上がる。

さあ、レースが始まったがすべてのレースで脱落者が多数出た。担ごうとして思いっきり後ろに落っことして甲板上に漬物をまき散らすものが多数。

ラッタルを途中まで登ったもののバランスを崩して樽とともに落下する者も多数。途中で休む時間が五秒を超えてしまう者も多数。

結局ラッタルを登り切ったのは、ほとんどが駆逐艦勢と潜水艦勢の主計科員たちであった。流石、ちょっとやそっとのことには動じない駆逐艦と潜水艦の乗員の「海軍魂」を見せつけた結果となった。

♪「プログラム一三番。総員によるフォークダンスです」

曲は「オクラホマ・ミキサー」。士官の中には「おう!『オクラホマ・撃沈・ミキサー』。踊ろうぜえ」と言ってはしゃぐ連中もいる。確かにオクラホマって戦艦いたっけね。

ともかく皆は二重の輪になって踊り始めた。見張兵曹は、梨賀艦長や山本いそ連合艦隊司令長官のたっての願いで、さっきの水着のままである。恥ずかしげなその様子が百戦錬磨の女海軍さんたちの心をくすぐって「もっと長く踊ろうぜ、あの子と踊りたいもん!」と「オクラホマ・ミキサー」を延々三〇分も踊る羽目になった。

 

そしてここで昼食・・・

今日も戦闘配食のおにぎりである。麻生分隊士は「なんだあ・・・今日もこれか。せっかくなんだから今日くらい主計が屋台だしゃいいのによ。気が聞かねえな、連合艦隊は!」とぶつぶつ言う。見張兵曹はその隣で水着のままで握り飯を持って「さっき、幕僚たちが話してるのを聞いちゃったんですが、運動会の後何かまた別のイベントがあるようなんですよね。それが何だか、よう聞きとれんかったんですが」と言った。

長妻兵曹と谷垣兵曹が「へえ、なんじゃろう?別のイベントね・・・でも変なイベントだったらいやじゃのう。えらいさんの考えることは今一つ分からんけえね」とひそひそ話す。

石場兵曹は「まあなんでもええわ。楽しけりゃね。・・・でこの後の一四番には誰が出るんじゃね」とプログラムの紙を見て握り飯をかじりながら言った。

谷垣兵曹が「次は俺と松岡分隊長、あと松本兵曹長も出るよ。この競技はあんまり出るもんが居らんらしい」と言って水筒のお茶をごくごくと飲む。

酒井上水がプログラムを見て「ああ、これは谷垣兵曹しか勝てるもんはおらんでしょうね。一四番に関しては『大和』がいただきですね」とうなずいた。

 

♪「プログラム一四番。自転車障害物競争です!」

自転車とくれば『大和』の谷垣兵曹の右に出るもんはない。が、松岡中尉はいつだったか航海科の連中を連れて『呉市内自転車行軍』訓練を強行したくらいだから右とはいかないまでも十一時の方向くらいには位置しているかもしれない。

『赤城』飛行甲板上に、模擬機銃座や高角砲などが並べられいかにもな雰囲気である。しかもその間隔は至極狭い。スタートとともに谷垣兵曹たちは銀輪を光らして走り出す。

最初の障害物、模擬砲塔が回旋しそれに松本兵曹長がぶつかって遅れを取る。松岡中尉はラケットを担いでいたためそれが模擬機銃の先端に引っかかり見事転倒。

結局谷垣兵曹が、故郷での『銀輪倶楽部』顧問の名に恥じない一等賞を飾ったのだった。

 

・・・そして。

♪「プログラム十五番。カッター八艘飛びです!」

今日のメイン、一番の目玉競技である。放送員の声を合図に『赤城』『加賀』は少しずつ離れて行く。

そして、その間にカッターが八隻しずしずと進んできて等間隔で止まった。飛行甲板で見守る皆、そこに出場者を乗せた二等輸送艦が進み出て、その『門扉』を開いた。その奥には出場者たちが今や遅しと荒い息を吐いているのだった。

出場者は階級もなにも関係なく一レース五人づつ八艘のカッターを飛ぶ。この競技の恐ろしい所は、早くスタートを切らないとカッターを飛ぶ時に自分の場所が狭くなって危険になると言うことと、装備をつけて飛ぶこと。その装備も「鉄兜」に「防弾チョッキ」「防毒マスク」になぜか「三八歩兵銃」をかついで行うと言うことだ。

二等輸送船の中で『大和』の麻生分隊士は(絶対負けるもんか!)と周囲を見回す。結構すばしっこそうな連中が集められているようだ。同じレースを走る中に、かつて麻生分隊士を森上参謀長と間違えて恋文を出し、オトメチャンに誤解をさせたあの『金剛』の沢口という兵曹もいる。沢口兵曹は麻生分隊士に気がつくと嬉しそうにほほ笑んだ。分隊士は目礼してそっぽを向いた。(また大ごとに巻き込まれるのはいやじゃけえね)

他には「駆逐艦」無花果の枡床兵曹や同じく谷航海長、ラボウル航空隊から渡部陽子少尉と齋藤祐樹子上飛曹、それから帝国海軍航空隊のエース搭乗員から坂井三子少尉、武藤金代少尉も今か今かと待っている。

そしていよいよレース開始!第一走者たちが二等輸送艦の門扉から走り出す。

第一レースから波乱含みで、出遅れて飛ぶ足場を確保できずカッターの端から足を滑らして海に落っこちる者やカッコよく飛んだと思いきや、重い装備にバランスを思い切り崩し頭から海に突っ込む者が出る。

それを、『赤城』『加賀』の甲板から見学する将兵たちは大笑いで観る。麻生分隊士は少し心臓の鼓動が高まるのを感じていた、その分隊士に同じレースを走る軽巡・『熊』の航海長・熊田久万(くま)大尉が「おい、貴様はあの大和の士官か?」と話しかけてきた。

分隊士が「はい」と答えると熊田久万大尉は「俺はこのレース、自身あるんだが貴様はどうだ」と聞いてきた。分隊士は少し困った顔で「まあ、ないと言えばないし…あると言えばあるし・・・」とあいまいないい方をした。

すると熊田久万大尉はニヤリとして「じゃあ自信はないんだな。じゃあな俺が貴様より先にゴールしたら貴様、あのかわいい兵曹を俺に一晩よこせ!」と言い放った。

「えええ!」

麻生分隊士は周囲が驚くような大声を発した。開いた口がふさがらないような感じの分隊士を見て熊田久万大尉は「あのかわいい兵曹、貴様の情婦だってことはな連合艦隊で知らんもんはないぞ。だがな、あんなかわいい子を貴様のような女が一人占めってのは気に入らん!俺もあの子がタイプだからな。というわけで、俺が貴様に一秒でも勝ったら、今夜あの子をおれんとこに連れてこい!」と有無を言わさぬ強引さで詰め寄った。

「・・・そ、そんな!だってオトメチャンはもう俺のもの・・・」と泣きそうな分隊士に熊田久万大尉はフフンと鼻で笑って「聞いてるよ、あの子はまだ乙女だってな。うーん、何なら開封(・・)してやろうかなあ~」と恐ろしいことを言った。

麻生分隊士の全身に冷や汗が吹きだした。

(・・・これは・・・負けられん!絶対。オトメチャンを守らんと!)

麻生分隊士は前を見つめた。レースの順番まであと三レースである――

 (次回に続きます)

       ・・・・・・・・・・・

オクラホマ。ネバダ級戦艦です。真珠湾攻撃では帝国海軍航空隊の魚雷攻撃でフルボッコにされて転覆しました。(写真WIKIより)

Uss oklahoma bb.jpg

カッタ―(短艇)。まあこんな感じでしょうか、イメージ的には・・・(写真はお借りしました)。





にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 6

見張り員">
見張り員  
ローガン渡久地さんへ

ローガン渡久地さん こんばんは!
コメントをありがとうございます♪

漬物だるの中身。私はしば漬けが好きだからしば漬けがいいなあと思いましたが、本物の「大和」の記録を見ると、ある日の献立中、漬物に関しては「大根の新漬け」「なすび」「キャベツ」とありますから、いわゆる塩漬けみたいなものが多かったのかなと思いました。
確かに、ぬか漬けは管理が大変ですからね・・。

「赤城」飛行甲板は、しばらく漬物の匂いが取れなかったそうです、ナンチャッテ。

いつもありがとうございます、またどうぞよろしくです♪

2011/10/22 (Sat) 20:45 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
ローガン渡久地  
こんばんは!!

見張り員さん、こんばんは!!

運動会の競技・・・様子が思い浮かぶ、というか樽から出たお漬物の匂いが充満してるんだろうな~
なんて本編と関係ない事をアレコレ想像してしまいました(>_<)

不真面目な読者ですみませんm(_ _)m

ランキング、1位ですね♪

2011/10/22 (Sat) 18:02 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
ジスさんへ

ジスさん おはようございます。

運動会は、いわゆる「運痴」の私も心躍る時でしたね!あの雰囲気今でも心躍ります(と言ってももう参加は・・・あとで動けなくなりますもんww!)。

ええ=!!
江田島に修学旅行に!
素晴らしいことですね、なかなかいける機会もないところですからね~。でも「カッター」訓練、できなくて良かったのかも!?あれをするとお尻の皮がひんむけて大変だそうですから(汗)・・・。

その代わりに「大縄跳び」というのもこれまたすごいですね・・・!でもいい思い出でしょう♪
こちらこそいつもありがとうございます!

2011/10/22 (Sat) 08:10 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
まろゆーろさんへ

まろゆーろさん おはようございます。

お返事遅くなってごめんなさい、一昨晩からひどい肩から背中・腕への痛みで整形外科に行ったら「頸椎症性神経根症」とのことで服薬とリハビリをする羽目に(泣)。
昨日は痛くて痛くて、仕事も不可能でした・・・

さて。
連合艦隊連合運動会も佳境に入ってまいりましたが一部でおかしなことが起きておりますww。
これが「おんなだらけの~」の醍醐味でしょうか???
さあ、まけられない分隊士!
しかし大丈夫なのか分隊士!
・・・緊迫の次回に続きます(爆)!

2011/10/22 (Sat) 08:06 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
ジス  

こんばんは。いつもありがとうございます。

運動会のシーン、何度読んでもまるで自分がその場にいるかのような。
この運動会独特のハイテンションな気分というものは本当に心地よいですね。

「カッター」懐かしいです。高校の時なんとあの「江田島」に修学旅行を兼ねて連れていかれたんです。そこで「カッター訓練」をする予定だったんだけど天候が悪く何故か「大縄跳び」をやらされたという変な思い出がwww

うん、続き気になりますね!!

2011/10/20 (Thu) 23:38 | EDIT | REPLY |   
まろゆーろ  

運動会どころではなくなってきましたね。
周りは賑わっているのに、片隅では手に汗握るような会話。
頑張れ、麻生分隊士!!
これからどうなっていくのでしょうか。

2011/10/20 (Thu) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)