「女だらけの戦艦大和」・スーパーアイドル誕生6<解決編>

『艦艇ーズ』の三人は、日夜必死の練習を重ね、いよいよ「海軍記念日」の527日を迎えた――

 

その日は朝から行事が立て込んでいた。呉在泊の艦艇が終結してそれぞれが軍艦旗と日章旗を掲げ、艦によってはたくさんの小旗を飾って素晴らしいものである。

「女だらけの大和」には軍楽隊が来て記念の演奏。演目はおなじみ『君が代』に始まって「軍艦行進曲」、「敷島艦行進曲」や「紀元二六〇〇年」、「太平洋行進曲」「ハワイ大海戦」などで大変に盛り上がった。

見張兵曹は麻生分隊士と並んで聴きながら嬉しそうにしている。そして、「分隊士。私は初めて軍楽隊の演奏を聞きましたが素敵ですねえ。行進曲って心も体もうきうきしますね」と分隊士に囁いた。

分隊士も嬉しげに兵曹を見て「オトメチャンは初めてだったんだね。いいだろう、本物の音楽は。心が浮き立つよな。こんな感じでこれからも進撃して行きたいもんだよね」と答える。

そのそばで松岡分隊長がラケットを振り振り踊っている。更にそのそばでトメキチが松岡分隊長を見ながら踊る。

兵たちも下士官も士官も、今日はみんな嬉しそうである。これにとどまらず、今日は食事も豪華になるのだから・・。

 

さて、軍楽隊が演奏を終わると梨賀艦長と副長、そして参謀長が軍楽長のもとに寄っていった。そして何やらひそひそと話をしているようだったが、やがて三人はにんまりとしながら戻ってきた。

やおら艦長が朝礼台の上に乗り、総員を整列させた。皆はしんと静まって艦長を見つめる。艦長は彼女たちを満足げに見渡すと「本日一九〇〇、総員この場に集合するように。詳細はその時発表する!解散!」とだけ言って皆はそれぞれの場所に散ってゆく。

今日は海軍の記念日なので課業もお休み、終日自由であるが上陸は出来ないのが残念。特に小泉兵曹とか長妻兵曹にとっては。

「ああ、十三丁目に行きたかったのになあ」

と二人はぼやいたが「でも、今夜何があるんじゃろ?総員集合、なんか今までそんなになかったのになあ」と首をひねった。長妻兵曹が「もしかしてまた近々大がかりな作戦があるとかいうんと違うか?」と少し声をひそめて言ったが小泉兵曹は「いや。そがいな感じとはちごうたが。でもまあ、あまりええ予感はせんな」と言って二人は居住区に戻って行ったのだった。

松岡分隊長は、福島大尉とテニスのボレーを始める。トメキチはボールを拾う係を買って出ているようだ。

そんなトメキチに「いい子にして、分隊長の言うことを聞いてね」と言い含めてから、麻生分隊士と見張兵曹は少尉の私室に降りて行った。

 

部屋に入ると分隊士はやおら見張兵曹を抱きしめた。

「この頃ずっとご無沙汰だったからもうたまらんよ・・・」と分隊士は言ってオトメチャンをベッドに突き倒した。あっ、と声を上げるオトメチャンに重なると分隊士はその紅い唇に自分のそれをそっとつけた。そして片手は忙しくオトメチャンの軍装のボタンをはずし始める。すっかり服の前を開くと、オトメチャンの乳当ての中に指を滑り込ませてその可愛い乳房を愛撫し始める分隊士。

分隊士はオトメチャンから唇を離した。もうオトメチャンは瞳を潤ませて分隊士を見つめている。そして「分隊士、こんな時間から・・・いけません」と恥ずかしげに小声で言う。分隊士は「我慢できないの。ちょっとだけ、な」と言うなりオトメチャンの乳当てを取ってしまった。

「だめ」とあらがおうとするオトメチャンを押さえつけて分隊士は、「可愛いなあ、オトメチャンは。いつになっても恥じらいを忘れないなんて。じゃあ、まずこうしようか」と言うなりオトメチャンを――

 

それぞれの時間が過ぎ、やがて「総員最上甲板!」の号令がかかった。一斉に最上甲板の朝礼台の前に集合した。

「・・・あれ!?さっきはこんなのなかったに?」

皆がきょとんとしたのも無理はない、暗い最上甲板の朝礼台が大きな『舞台』のように作りかえられている。そしてその後ろに、軍楽隊が控えている。楽器が月明かりにところどころ鈍く光っているのがわかる。

「どうしたんだ、何が始まるっていうんだ」

皆は騒ぎ出したが、麻生分隊士・秋山兵曹長と見張兵曹にはわかっている。(いよいよ艦長たちの歌と踊りが始まるんじゃ)と。

その時、舞台にフットライトがついた。これらのセッテイングは秋山兵曹長が数名の部下を使ってしたもので、「秋山兵曹長、これはいったい何なのでありますか!?」と聞かれながらも「内緒。今だけ内緒、そのうちわかる!」と必死になって答えなかったものだ。

「おお!」と皆がどよめいた次の瞬間。

軍艦行進曲とともに舞台に現れいでたのは梨賀艦長・野村副長・森上参謀長の三人。

「ギャッ、艦長たちだ!」

その姿は礼服に似せた三色の衣装、その上ひらひらのミニスカートをつけて舞台で行進曲に合わせて跳ねまわっている。その前には三本のスタンドマイクがある。

やがて三人はきちんと並ぶとサッと敬礼した。乗組員たちもあわてて敬礼。梨賀艦長が一本のマイクの前に立つと大声で、

「こんばんはー!」

と叫んだ。次いで副長が「ツッチーです!」、参謀長が「モッチーです!」、そして艦長が「ナッシーでーす、三人合わせて」と言い、顔を見合わせて

「『艦艇―ズ』でーす!」と声をそろえて叫んだ。口をあんぐり開けたままの乗組員をよそに、三人は「聞いてください、愛国行進曲!」と言い演奏が始まった。三人は歌い出したがその歌が意外に上手なので乗組員は喝采した。

次々にいろいろなジャンルの歌を歌い、やがて数分の休憩をはさんで衣装替えした『艦艇―ズ』が登場。今度は水兵服。これは皆に大うけした。これもまたミニスカートで跳ねまわる三人。

更に歌い踊る『艦艇―ズ』に皆はもう熱狂。歓声は波の上を流れ、風に乗って他の艦にも届いた。

「いったい何の声だろうか?どこの艦がさわいどるんだろうか?」と、とある巡洋艦の艦橋要員は少し不気味にさえ感じている。

ともあれ大興奮のうちに二時間ほどが経った。『艦艇ーズ』の三人は演目すべて終了し皆に手を振りながら舞台を降りた。しかしまだ乗組員の興奮は収まらない。

 

この後から『艦艇ーズ』は海軍のアイドルとなってもてはやされることになる。海軍省も公認ならぬ黙認。

更にこの歌声は海外にいる皇軍兵士のためのラジオ放送にも乗ってしまい、海軍は言うに及ばず陸軍さんからも絶大な人気を誇ることに。

しかも、その歌声はこの放送を傍受した連合国軍にも人気となってしまい、アメリカ軍やイギリス軍の兵士たちは「オー!キャンテイーズ、キャンテイーズ!日本人にもこんなエンターテイメントがいたなんて、素敵ぃ!」とラジオに同調を合わせる毎日であるとか。

 

・・・ところで、海軍記念日の後麻生少尉と秋山兵曹長、見張兵曹はこっそり集まって『衣装デザイン反省会』を持った。

その際一番の痛恨事が、

「なんであいつらに『ズロース』を穿かせなかったんだろうか。うっかりしていた。あのひらひらのスカートの下に『ふんどし』はまずかった・・・」

であった。なぜなら・・・舞台のすぐ下の軍楽隊員や『大和』乗組員の中には『艦艇―ズ』のスカートの中を直接見てしまい、しばらく食欲不振や原因不明の頭痛やめまいに陥る者が多数出たからであった。

「今度連中が舞台に立つまでにズローズを作っておきます」とは秋山工作科兵曹長の弁であった――


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

Secre

matsuyama さんへ

こんばんは!

「艦艇-ズ」ついにデビューですww。
さあこの先この三人はどんな活動をしますでしょうか、そして世界の反応やいかに!!こうご期待であります。
彼女らのサインは、毛筆です。
総理大臣並みですw。

ズロースといえば私たちが子供のころまだ健在でしたね。それから「カボチャパンツ」なんてネーミングのものがありませんでしたか?(時代を感じますねw)

確かにふんどしよりはずっといいですね、ミニスカの下にふんどしは想像しただけで・・・オエっ!・・・ときますね(爆)。

misia2009 さんへ

こんばんは
お久しぶりです♪
相変わらずの「女だらけの大和」ですw。
「艦艇ーズ」デビューしちゃいましたwww。しかも水兵服に萌える佐官ですからもう何をかいわんやであります。
笑ってくださってありがとうございます。
この先も笑って、時には泣けるお話を書いてゆきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

宇品太郎さんへ

こんばんは~

いつもありがとうございます。
テンプレートをちょくちょく変えるのは私の「病気」みたいなものですのでこれからもちょくちょく変わるかも知れないですよ~w。

宇品さん今日のそちらはどんな天気でしたか?
御身大切にお過ごしくださいね。

No title

いよいよ艦艇ーズ、デビューしたんですね。
海軍や陸軍のアイドルですか。しかも連合軍の注目までとって、大フィーバーですね。
しばらく艦艇ーズの人気は続きそうですね。
3人のサインの練習しとかなきゃ。色紙に書いてもらった3人のサインは末代の宝になるかもしれませんよ。

ズロース、懐かしいですね。褌よりいいですよ。今や下着もコスチュームの一部ですからね。
勝負パンツで売り出しましょう(笑)。

絶好調!

ですね~!^^ お久しぶりです。ご無沙汰いたしました。お元気そうで何よりです。のけぞって笑いました、カンティーズwww へこみがちな雅幸も腹かかえて笑わせて頂きました。
そっか~着てみたいのかセーラー服!士官も乙女www
「舵長倶楽部」にも相当笑いました。
楽しかったです。ご無理をなさいませんように、ご自愛くださいませ♪

No title

こんにちわ

テンプレート 変えられた 見たいですね!

何時も 宇品ブログに 訪問 コメント ありがとう ございます!

ポチ!

ジスさんへ

こんばんは

こちらこそいつもありがとうございます。
衣装は素晴らしくありましたが、いかんせんスカートの下がふんどしでは・・・(吐き気)。

でも敵のファンができたことでこの先何かいいことがあるかな~と思案中の私でありますww。

ホントに今日も暑くって今からこれで夏は大丈夫かなあとちっと心配です。明日から雨も降るらしいですし、、、。

ジスさんも御身大切になさってくださいね!

タイトル

こんばんは。いつもありがとうございます。

5話・6話、続けて楽しませていただきました。
素晴らしい衣裳、そして歌唱力、とてもインパクトのあるエンターテイナナーですね。自国はもとより敵国にまでファンを捕まえるとは・・・素晴らしいです。

今日はなんだか暑かったですね。冬から春を飛び越えていきなり夏、みたいな天気です。変な気候ですけど、お身体お大事にしてくださいね。
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード