あの日から一週間。

三月十一日から一週間がたちました。
あの日と同時刻に思わず瞑目した私・・・あの瞬間の大きな揺れとその後の阿鼻叫喚、その中にのまれていった多くの方々のご冥福と、被災されていまなお不自由な生活を余儀なくされているたくさんの方たちのことを思います。

しかし。
我が家の前の青梅街道には今日も朝も早よからガソリンスタンドに並ぶ車列が一キロ以上?つながっています。そして「買い占めは止めて!」という各方面の呼びかけもなんのその、それでもたくさんのものを買いためる人の姿。
もっともこの頃では品物自体が追いつかなくなってきたのかなんなのか、『たくさん』の品物も見かけませんが。

先日仕事をしながらラジオを聞いていました。
被災地で御自分も被災し、何の救援も受けられない人からの投稿でした。しかしその方は御自分の窮状を声高に訴えるのではなく、その近所の介護施設の窮状を「何とかしてあげて!」と訴えてこられたのです。
その介護施設はもう、食料も何もなく、しかも『足』がない。
こちらを早く何とかしてあげて、というものでした。

その投稿の最後は、こう結んでありました。

「東京でカップラーメンを争っている場合ではないのです」

私はそれを聞いて顔から火が出るくらい恥ずかしかった。
私は別にカップラーメンを争って買っている人間ではないですが、その「争って買う」人たちと同じ東京で、大した苦労もなく過ごしています。

買いだめをやめて、ガソリンを被災地に回しましょうよ。
避難所にもゆけず、孤立してる被災者の方もたくさんいらっしゃいます。その方たちを一刻も早く安全な場所に、というのが先決です。


また、福島第一原発では、たくさんの自衛官・警察官・消防士の皆さんが危険を顧みないで放水作業をしてくださっています。地域の、そして日本の安全のために頑張ってくださっています。
どうか、御無事で任務を終了できますようお祈りいたします。

岩手・宮城・福島他の被災地の皆さん。
くれぐれも御身大切に。必ず助けは来ます。それを信じて。
一緒に頑張りましょう。
そしていつの日か見事復興して世界に「日本人ここにあり」を見せつけてやりましょう。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

荒野鷹虎 さんへ

こんばんは

80歳と16歳の方が救助されてヘリで運ばれるところをTVで見ました。感激・感動です、本当にあきらめてはいけないんだ、奇跡は起きる!と確信しました。まだ、がれきの下にいらっしゃる生存者の方が待っているかもしれないですね。一刻も早い発見を願いたいものです。
原発のあの現場、危険と隣り合わせの中での作業にも感謝せねばいけません、作業なさる方たちが今後もご無事でありますよう。

本当に買い占めとか、恥ずかしいですよね。こういう時こそ本来日本人がもっている優しい譲り合いや助け合いの精神を発揮すべきですね。
がんばりましょう、辛抱ならいつまでもするつもりです。

見張り員さんへ!!

今日も奇跡的に、瓦礫の中から3人の人が救出されました。
諦めちゃ駄目ですねー!生への執念が生んだ物語だと感動しました。
被爆しながらの献身的作業員の皆様にも、頭が下がります。
買占め、我欲」ははずかしいことです。
むしろ、譲り合いの精神が必要ですねー。お互い、頑張りましょう!

ジスさんへ

こんにちは。

この一週間の長かったこと!!
ものすごい店の忙しさに度肝を抜かれそれが三日間。その後家の前にガソリンスタンド給油待ちの列が一キロ半で気勢をそがれ・・・そして自分の入院準備に忙しく今日(20日)は墓参りと正直くたくたです。
が!
被災地を想えばこんなことは屁のようなものであります。

いまだにうちの周辺では『トイレットペーパー争奪戦』「米騒動」が軽く起きているようです。いい加減皆目を覚まして欲しいものだと痛切に思います。

日本人が日本人としての自覚と誇りをこういう時こそ発揮してほしいと思いますね。

そちらも時々揺れますか?大きな地震には気をつけてくださいね!!

まろゆーろさんへ

こんにちは。

おとといは大変寒かったです、東京も・・・。
それより辛い寒さが被災地を襲っていると思うと普段つけていた小さな電気ストーブをつける気には到底なれませんでした。
そう、自分が寒いとかいうのは我慢が効きますが老いた親や、子供がそういうつらい目にあうのは耐えられませんね。
一刻も早い救済を望むものであります。

No title

こんばんは。いつもありがとうございます。

一週間ですね。現地の人に比べたらこちらは時々来る余震に驚く程度ではありますが、非常にまだまだ恵まれた環境下と思います。

スーパーでも米やインスタントが多少不足している程度で。確かに現地では一刻を争っているという記事を毎日拝見します。日本人でよかった、そう思えるようみなが誇りを持ってこの危機を乗り越えられたらと、そう思います。

No title

こんばんは。
氷点下の寒空の下で堪えに堪えてる人たちが
いらっしゃることを思うとつらいですね。
それが我が身であれば仕方ないですが
老いた親や幼いわが子がそうであったらば
綺麗ごとではすまないですね。
早く、そしてより多くの救援をしてもらいたいです。
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード