「女だらけの戦艦大和」・月を愛でる会4|女だらけの戦艦大和・総員配置良し!

タイトル画像

「女だらけの戦艦大和」・月を愛でる会4

2010.09.21(22:32) 260

『女だらけの戦艦大和』と『女だらけの戦艦武蔵』の上には、中秋の名月が――

 

いよいよ「月を愛でる会」当日である。両艦とも兵員から士官に至るまでうきうきとした気分である。

今日は特に、艦長が入れ替わると言う変わった趣向がある。『大和』の乗組員としては(猪田艦長、禅マニアって聞いてるから一晩中座禅組まされたりお説教聞かされたらちょっとなあ)と言う不安もあるが、梨賀艦長のくだらない笑えない冗談よりは教養が身に付くだろうと思いなおしたりしている。

『武蔵』の乗組員は(たまにはお説教や座禅じゃなくってくだらない冗談が聞きたいもんだよ)と思っている。

ともあれ、それぞれの艦長が艦を入れ替わって「月を愛でる会」は始まった。

どちらの艦でも「今日は無礼講~!」と言って、『間宮』からの『おはぎ』だとか酒保から持ってきた酒だとかそのほかを最上甲板や砲塔の上などで開いて食っている。

「大和」の第一砲塔はきれいに飾られ、何やら衝立が立てられて幕がかかっている。

猪田艦長は、野村副長や森上参謀長に歓迎されて皆に交じって酒を飲んだり食ったりしている。

月も、かなり頭上高くなってきた。

会が始まって二時間ほどした時やおら野村副長が第一砲塔の上に立った。兵たちからやんやの喝さい。それを押さえて、副長はあいさつ。まず猪田艦長を紹介して万雷の拍手。

長い挨拶は嫌われるのでさっさと切り上げて、

「ではここで、第一の出し物!」

と叫んだ。主計科の兵たちが何人も上がってきて、その場にそれは大きな三宝のようなものを置いてゆく。酒が少し回って頬を紅くした長妻兵曹が、

「なんだなんだあ~?ここで誰か腹でも切るんかあ~?それにしてもでけえなあ、あの三宝」

と言ってへらへら笑っている。そばで辻本一水が「いやですねえ」と笑う。すると副長がいきなり、「では、機銃分隊の長妻兵曹!ここへ!」とでかい声で叫んで、長妻兵曹は目をむいた。

「何ぃ。俺に腹切れってえのか?おれ何にもしてねえぞお!」と言って立ち上がると第一砲塔に向かって歩き出し、副長に「腹なんか切らねえからなあ!」とわめきながら砲塔に登る。

その兵曹を笑って迎えて副長は、「さあさあ、長妻兵曹。ここに座って。腹切りじゃないから安心して?」と座らせる。

「なんだあ?気味わりい」と長妻兵曹が座った。その時幕の裏から大勢の主計兵がどっと出てくると、兵曹の前のでかい三宝の上にそれはそれはでっかい『みたらし団子』を次々に置いてゆくではないか!

「ひょ~~~!!」

と、長妻兵曹は奇声を上げた。砲塔の下で福島大尉が満足そうな顔でうなずいている。

長妻兵曹は「福島大尉、ありがとうございます!」と言うなりそのでかい――ソフトボール大の――みたらし団子をひっつかむなり食い始めた。

「うわあ・・・長妻兵曹、すっごい!」

皆のため息が艦上を支配した。猪田艦長も「ほう、これはすごい。しかしあれを『団子』と言っていいものでしょうかねえ」と森上参謀長に話している。森上参謀長は「いいんですよあれが長妻風なんですから」と言って手を叩いて大笑いしている。

長妻兵曹は次々に手を出して、食っている。

 

そして、三方に盛られた団子は長妻兵曹一人によって完食された。その個数は福島大尉が「いくらなんでもこんなには食えまいよ」と言って30個。30個と言ってもその大きさを見れば「一個でもう腹いっぱいでありますね」と烹炊員が言うくらいであった。

(食いつくした・・・)と福島大尉は嬉しくなって砲塔に駆けあがると、「長妻兵曹、やった、やったねえ!」と叫んでその肩を掴んでゆすった。

長妻兵曹はさすがに腹が満タンになったようで「大尉、お願いですからそう揺らさんで下さいよ、戻っちゃいます」と言って腹をさすった。

福島大尉はああ、そうねと言って手を離して、「でね、この一部始終を映画にとってあるからね。『勇ましい海軍軍人は食べるのも勇ましい・下士官編』とでもタイトルつけよっか~」と嬉しそうに言った。

「え!?・・・映画ですって?」

長妻兵曹は丸で酔いがさめたような顔をした、聞いてねえよそんなこと。

福島大尉が「だって。こんな面白いもの記録しておかなきゃもったいないもんね。・・ほらあそこに報道班員の皆さんがいるのよ」と指さす方を見れば。

兵員と同じ格好をしているので気がつかなかったが、確かに映写機をまわしている『大日本大大和愛国映画株式会社』の面々がいた――

長妻兵曹はちょっと、いやかなり気勢をそがれて「嘘でしょう・・・こんなもの、内地で公開すんじゃねえぞ。末代までの恥じゃねえの!」と力なく言ったのだった。

 

猪田艦長は森上参謀長とともに「すっごい!すっごい長妻兵曹!どういうおなかしてるのか、猪田知りたい!」と叫んで手を叩いて大笑いしている。

艦上の乗組員も大笑いして、長妻兵曹はなんだか恥ずかしいようなしかし、誇らしいような実に複雑な心で砲塔を降りて行ったのだった。

 

降りて行った長妻兵曹は、機関科の松本兵曹長だとか浜口大尉につかまって服を脱がされ、膨らんだ腹をなでまわされてエライ目に遭っている。

「おお!すごい、すごいぞ。みんな見ろこの腹!人間の腹じゃねえよな、ワハハ、ワハハ!」

浜口大尉は撫でまわしながら大笑いが止まらない。長妻兵曹は「・・・お願い・・・やめて?・・吐きそう・・」とすっかり弱っている。

その周りには人垣が十重二十重。

そしてまたしばらくは月を見ながら歓談したり食べたり飲んだり。

『武蔵』では梨賀艦長が加東副長に歓待されている。こちらも出し物があるが、日本舞踊や剣舞と言った上品なものばかりで梨賀艦長は(『武蔵』って芸達者がいていいなあ。『大和(うち)はその点で言うとちょっと下品かも)と自分の事は棚に上げて『武蔵』を羨む。

そばでトメキチとナナが一緒に座っていもの蒸かしたのを食べている。久々の再開でトメキチとナナもうれしそうである。

 

『大和』。

おはぎを食べていた見張兵曹のところに石場兵曹が来て小声で「オトメチャン。副長がお呼びだよ?第一砲塔に来てって」と言った。

「副長が?」

オトメチャンは急いでおはぎを口に入れるともぐもぐしながら石場兵曹の後をついてゆく――

          (次回に続きます)

関連記事


女だらけの戦艦大和・総員配置良し!


<<「女だらけの戦艦大和」・月を愛でる会5<解決編> | ホームへ | 「女だらけの戦艦大和」・月を愛でる会3>>
コメント
こんにちは

長妻兵曹は「化け物」ですww。
考えただけでも気分が悪くなっちゃいますね。

でも!わんこそば70数杯も大したものです、総量としたら結構な量ですよねぇ。喉元まで蕎麦が来ている感じ・・・なんかわかるような気がしますね。
ううっ!!ww。

長妻兵曹は「若さ」にプラス、「馬鹿さ」です!ww。
【2010/09/23 18:11】 | 見張り員 #- | [edit]
こんにちは

長妻兵曹すごすぎです、ギャル長妻、ギャル長と呼んでやりましょうかw。

しかし男友達との「野外での酒盛り」、物陰からでも拝見したいものです(ガクブル)。
なんでパンツを脱がされるのか?その謎を解きたいと思いますねwww!!
【2010/09/23 18:07】 | 見張り員 #- | [edit]
長妻兵曹すごい大食いですね。そんなに急激に食べたら
お腹壊しちゃいますよ。
自分も若い頃、わんこそば70数杯たいらげたことがありましたが、
喉元までそばが来ており、かがんだりしただけで、戻しそうになった
ことがありました。
ソフトボール大の、みたらし団子30個。聞いただけでゲップがしてしまいそう。
若いから出来るんですよね。
【2010/09/22 22:29】 | matsuyama #- | [edit]
見張りんさん、こんにちは。 さすが長妻兵曹、ギャル長妻! でも学生の時の男友達との野外での酒盛りはすごかったですねぇ~ 訳も分からずパンツを脱がされるんですから・・・ 竹林から満月をのぞむ状態です!
【2010/09/22 08:35】 | 松ちゃん #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/260-79491e3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)