2017-10

「そこまでやるか!?」―女はつらいよ 2〈解決編〉 - 2016.08.01 Mon

小林上等整備兵曹が言うにはーー

 

「我々のものではだめなら代用品に頼ればいいんですよ」と小林兵曹は泰然と微笑みながら言い、皆は「代用品…代用品っていったい何を?」と首をひねった。その皆に得意げな顔で小林整備兵曹は外を指さすような格好をしてから

「この島には住民が牛や馬を放牧していますよねえ。それを使わない手はない。つまりですね、牛の小便に馬の糞を代用するんです。明日の朝いちばんにこの中から選抜した特別攻撃隊を農場に向かわせて小便と糞を採取してくるんです。糞はチンケースに入れるとして、小便はですねえ」

というと部屋の隅っこから何かを取り出した。皆が注目する中彼女は長い柄のついた柄杓を取り出してきた。

「これを牛の股の間に突っ込んで小便を取るんです」

すると皆「おおー、なんて素晴らしいアイデア」と沸き立った。

そして得意顔の小林兵曹を隊長に〈特別攻撃隊員〉五名は選抜され、夜明けを待つこととなった…

 

その朝早くー東の空が白々開けるその少し前―小林整備兵曹を隊長とする、特別攻撃隊六名は宿舎をそっと抜け出した。柄杓とチンケースを持ち、飛行帽に防暑服のいでたちで、途中適当な枝を折り取って飛行眼鏡のバンドの間に差し込んで〈偽装〉しながら。

やがて、行く手に牛や馬が寝そべっているのが見えた。動物たちのほかに人の姿はない。

「なあ、小林兵曹。誰かに見つかったら怒られんか?」

と〈攻撃隊員〉の一人・赤坂兵曹がそっと言うのへ小林兵曹は

「誰も来ない…牛馬の持ち主は日が高くならなきゃ来ないから平気だ。それに動物に危害を加えるわけじゃない、万が一見つかったら適当な理由をつければいい」

としれっとして言った。それを聞いてほかの〈攻撃隊員〉たちは「ほうさすがだね小林兵曹」と感心しきりである。

それらの声を押さえて小林兵曹は皆を二班に分け「私と赤坂兵曹、田川兵曹は牛の小便を取る。ほかの三人は馬の糞をとれ」と指示した。はい、と返事をした皆の飛行眼鏡に朝日が当たりまぶしく光り、小林兵曹はそれを見て

「日が昇るぞ…そろそろ馬や牛が起きて小便するから、いざ出撃だ」

というと、皆は中腰になって柄杓やチンケースを抱え、馬や牛たちのそばにそろそろと歩いてゆく。途中馬担当班の渡辺一飛曹が

「その辺に馬の糞が落ちてますよ、それじゃいけませんか?」

というと小林整備兵曹は顔の前で片手を左右に振り

「ダメダメ。なんでも鮮度が大事なんだ。ひりたてを拾え」

と命じた。わかりました、と渡辺一飛曹がいい同じ馬班の坂本一飛曹、今野一飛曹が一頭の馬に狙いをつけ柄杓片手に歩み寄る。

牛班の小林兵曹たちも一頭に狙いをつけ始めたーー

 

それから一時間半ほどのち。

宿舎にこっそり戻ってきた六人は大きなひしゃくになみなみ入った牛の小便、チンケースに山盛りの馬の糞をアレの搭乗員や整備兵嬢たちに分け与えた。

皆「よかった…。小林兵曹ありがとうございます」と大喜びで小便を小さな瓶に入れ、糞をマッチ箱に入れ込んでそれぞれの名前を書いて張り付けたのだった。

 

そしてその日の午前中にやってきたのはトレーラー水島の海軍診療所の村岡軍医大尉と『大和』から日野原軍医長。そして基地付きの軍医長も一緒に診察をする。

二人の軍医は搭乗員嬢や整備兵嬢など基地の総員を診察し、採取してあった尿と便を大きなケースに入れると司令に

「結果はのちほどお知らせします。そうですね、二週間もあれば判定できます」

と言って従妹島を後にした。

アレの最中の搭乗員嬢たちは「ああよかった、これで一安心」と胸をなでおろしたのだった。

 

水島から村岡軍医大尉と日野原軍医長が血相変えて従妹島にやってきた。しかも飛行機を仕立ててである。雨宮シメ中佐はいったい何が起きたかとめまいを起こしそうになりながら二人を迎えた。

二人の軍医は真っ青な顔になって司令の前にたつと「これを見てください」と言って何やら書類を出した。それには健康診断で行った検尿検便の検査結果が書かれていたが一部の下士官嬢たちの結果、

「ここです、見てください」

と村岡軍医大尉が指さした。日野原軍医長が困り果てた顔で

「彼女たちの尿と便からあり得ないものが出たんです…雑菌ばい菌、ありとあらゆるものが…。しかも便からは藁まで…いったい彼女ら何を食ってるんですか?」

と尋ねた。

「!?」

雨宮司令は調査結果を見て頭をぶん殴られたような衝撃を受けた。いったいこれは…どういうことだ。彼女たちにはしっかり飯を食わせているはずなのに、あれでも足りずそこらの藁を食ったりわけのわからないものを食っているとしたら、司令の私の管理責任能力が問われるではないか!

司令は頭の中がどうにかなりそうなのをこらえ、妙な結果の出た下士官嬢たちを呼び集めた。そして司令から促され日野原軍医長が先日行った検査で驚きの結果が出たことを伝えた。

すると下士官嬢たちの間に動揺が広がり、村岡大尉が「なにをしたでえ?隠さんで言え?叱ったりしないから言えし」と優しく促した。

下士官嬢たちの人垣をかき分け、小林整備兵曹が進み出て「実は」と馬と牛の糞と小便を集めたという真実を話した。

日野原軍医長は

「なんだ、月のものが始まっていて尿検査をするのが嫌だったのか…なんだならそういえばよかったのに。…しかし、そこまでやるかねぇ?」

と笑ったが小林兵曹は

「―司令はアノ時でもかまわんとおっしゃって…どうにも『いやです』と言い出せない雰囲気でした。どうかこれからこの検査があるときは日延べするか何かの手立てをお願いしたいであります」

と皆の心情を代弁した。

雨宮司令は黙って聞いていたがやがて顔を上げると

「皆私が悪かった。正直言って私はもう、それが終わっているから皆の思いを気にかけなかった。自分の物差しで測ってしまったこと謝ります。すまなかった、これからはそういう時は申し出てほしい、日延べなどの手を打つからね」

と言って皆に謝り、皆は却って恐縮したが結果的には「よかったわあ。司令もわかってくれたし」ということになった。

 

日野原軍医長と村岡軍医大尉は「いったいどうやって牛と馬のあれを取ったの?」と興味津々で小林兵曹に尋ねた。小林兵曹は持って行った柄杓とチンケースを二人の軍医士官の前に出してきて

「こうやりました」

と赤坂兵曹を牛に見立てその様子を再現して見せ、今野一飛曹が「馬の糞はこうやって分けました」と手つきを実演してみせた。

二人の軍医士官は

「ヒヤア~、まあしかしよくやったもんだね!ご苦労様だったねえ、でも今後は絶対やらないでよね。あ、そうだあなたたち再検査。しあさっての午前中集めに来ますからよろしく」

と感心し、そして通達したのだった――

 

           ・・・・・・・・・・・・

なんだかもう、全くしょうもないことを考え着いたものでございますね(;´Д`)。牛や馬のアレでは確かに雑菌も多いのではないかと思いますね。皆さまは決してまねをしないでくださいませね~(って誰がするか!)

 

次回はいよいよ『武蔵』仮谷航海長の結婚式のお話しです^^

とうとう八月、八月と言えばこの歌‼プリンセスプリンセス「世界でいちばん暑い夏」


関連記事

● COMMENT ●

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは
ちょっと臭いそうな夢になりそうですねw。
いくら慌てたからって、牛や馬のアレを使わなくたっていいじゃないかと思いますよね~w。人間慌てるとろくなことをしないといういい見本でしょうかw。
思い切り笑ってくださいませね、笑いは心にたまった澱をすっきりさせてくれます。
大変な暑さですね。どうぞ御身大切になさってくださいませ^^。

ponch さんへ

ponchさんこんばんは
旅先からのコメント投稿ありがとうございます^^。
>文字通りクソの役にも立たなかったわけですねー
思い切り笑ってしまいました、最高のお言葉です♡
そうですねえ。やはり女だらけでも若い兵隊嬢はこき使われてたいへんなのです(◎_◎;)…。
楽しい旅行を!

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは
以前は暗黙の了解ではないですが、こういうCMは時間帯を考えて…というのがありましたね。確かにこどもなどに「これなに?」とか聞かれても困ることがあるかも(◎_◎;)。
馬糞。破傷風….そういえばわたしの出身中学校の千葉市K中台中学はその昔陸軍高射砲学校跡で校庭に破傷風菌があるという話で、裸足で運動会の種目をする場合ちょっと嫌でした…(◎_◎;)。高校は私立の学校でしたがここの古い体育館(雨天体操場と呼んでいました)は「本土決戦用の戦車の格納庫」だったそうです。

No title

夢にまで出てきそうなシーン続きで。何度読み返しても笑ってしまっています。
優秀なはずの海軍さんが慌てふためいて策を講じ、そしてテンヤワンヤの大騒動。見張り員さん、素晴らしい‼️
おかげさまで疲れも吹っ飛んで気分快適な今宵を過ごさせていただいています。

No title

たしかに検尿検便を牛馬の糞尿で代用とは話にならないというか、文字通りクソの役にも立たなかったわけですねー。
牛馬といえばやはり女だらけの面子は普段から牛馬のように酷使されてるのでしょうか。
旅先からの簡単なコメントにて失礼しました。

No title

そうですな、確か昔は平日のある時間帯に生理用品の宣伝はされないような自主規制みたいなものが。あると聞いた覚えがあります。
言葉狩りのような変なルールが幅を利かせ始めた頃と時期を同じくしている感じがします。そう考えるとやはりおいらは、昭和人の典型なんだろうな。
マンガなどのネタですが、検便がどうしても取れず犬便を出して、ハチャメチャな展開となるお約束が。しかし、牛ふんはまだしも馬ふんとなると破傷風感染の危険が。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは
グヘエ…犬の血を入れ替えて…コワッ。そこへ行くと搭乗員たちのほうがまだかわいいかな(◎_◎;)。しかし私自身は牛のお小便とか馬のうんコを触るのは嫌ですねw。
そうそう!!私も気になっていました。生理用品のCM、もうちょっと何とかならんかなあ~と思いますね。へんに興味を持つ人が居ないとも限らないし、ああいうものってどっちかというと人目にさらさないものだという考えが私にはありますね。
次回いよいよ『武蔵』の二つの華燭の典の始まりです、お楽しみに^^。

こんにちは。
昔読んだホラー漫画では血液検査の時に犬の血を入れ換えて云々というのがあった気がします。乙女たちの発想はのどかというか、必死さに笑いが込み上げてくるというか……まぁ円満解決?になってよかったです(笑)
しかし最近、というか結構前からですが、生理用品のコマーシャルが日時問わずバンバン流れているような気がします。なんとなくイヤだなぁ…と思ってしまいます。
次のお話も楽しみにしていますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/2157-cbd040c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横須賀の花嫁・仮谷航海長 1<思い出> «  | BLOG TOP |  » 「そこまでやるか!?」―女はつらいよ 1

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード