2017-10

70年目の夏 1 <広島> - 2015.08.06 Thu

八月六日。

広島に原爆が投下されてから七〇年目。

今これを書いている時間はそろそろ七時半になるから、観測機「ストレートフラッシュ」が広島市上空に侵入したころだろうか。

「ストレートフラッシュ」は広島が快晴なことを、「広島市上空快晴。攻撃可能」と、原爆搭載機・エノラゲイに打電し、広島市の運命は決まりました。

八時一五分、エノラゲイの弾倉は開き、悪魔の兵器はその身を広島市に沈めるように落下し、そして炸裂。

未曽有の惨事を引き起こしました。言語に絶する惨事、いやもう言葉では表現できないことを。

 

勤労動員の学徒たち。

建物疎開に動員された女学生たち。

戦時下であっても家事に忙しいお母さんたち。

学校に通う子供たち。

日本を護るために懸命な兵隊さんたち。

 

そんな多くの無辜の人たちの上で、悪魔の兵器はその牙をむき出し、何万人もの人たちの命が消えました。六日のうちに亡くなった人はいったいいく人になるのでしょう。大やけどを負い苦しみながら亡くなって行った人たちの想いを忘れてはいけません。

 

アメリカは「原爆はあの戦争を終わらすために必要だった」という言葉を繰り返し、真摯に反省するどころかいまだに核兵器は無くならないこの現状。

「真珠湾の報い」だとさえいう論調があるとさえ聞き及ぶに、なぜ?の想いがなお強くなります。真珠湾攻撃の報いにしてはあまりに大きすぎる代償。いやそれ以上の虐殺。

許されていいはずがない。

どうか、原爆投下をしたアメリカにはこの事実をしっかり見つめてほしいのです。

 

あの原爆投下は「実験」だったという見方もあります。

投下目標の都市には大きな空襲もなく、それは原爆の効果を確かめるためだったと聞いています。ゆえに広島市は県内のほかの都市(例えば呉市など)に比してほとんど空襲がなかったというのは頷けます。

街をそのまま残しておいて原爆を投下し、その被害状況を見る。ああやはり実験材料にされたのだ、しかも一度ならず二度までも。

 

中には京都も候補に入っていたと後年聞きました。

私がはっきり覚えている、小学校二年生の時の担任の言葉――

「アメリカはとても良い国です。京都を空襲しませんでしたよ、京都には日本の大事な文化財がたくさんあるから避けてくれたのです、だからアメリカは良い国です」

確かにそういう意見があって爆撃をしなかった、という話はあったそうですが反面原子爆弾投下の候補地になっていたというのをあの教師はその後知ったのでしょうか?

それでもアメリカをよい国だ、というのでしょうか…

そんなことを聞いたなら、被爆して苦悶のうちに亡くなって行った広島と長崎の多くの人たちは浮かばれないと思うのですが…。

 

 

原子爆弾投下の日は、イデオロギー抜きで静かに祈りたいのです。

でも私のこんな思いもある意味偏ったイデオロギーなのかもしれませんね。

どう思われてもいい、私は私の想いで祈ります。

 

 

あの日、私の母親の従兄も被爆しました。彼は広島の学校にいたと聞いています。

それは凄惨な現場だったそうで、母の従兄は背が低かったせいで朝礼の列の一番前に居ました。そこに後ろから閃光と爆風。気が付いたとき、後ろにいた人たちは黒こげになって死んでいました。自分の正面にいた教官も真っ黒に焦げて立ったまま亡くなって居たそうです。

従兄は片耳と体の一部に大きなやけどを負い、広島市から少し離れた場所で看護を受けていたそうで、その後山梨から両親の必死の捜索で見つかり、故郷の土を踏むことが出来ました。

がその後何年も耳を失ったその痛みと原爆症に苦しみました。

そして母の父親、私の祖父も原爆投下後一か月ほど後、広島に行きました。祖父は検察官だったのですが広島の検事さんたちが亡くなったりケガを受けて仕事ができないというので選抜されて広島に入りました。

ひと月ほどいっていたのでしょうか、帰京後その惨状を語っていたと言います。路面電車が真っ黒に焼けたその中にこれも真っ黒に焼けた人たちが、吊革につかまった格好のまま立って亡くなって居た…

今の路面電車ののどかな走りからは想像できない光景です。

 

そういう経験をした人がいるせいか、原爆は他人ごとではないのです。

 

 

今日は静かに祈りましょう。

今日は静かに祈りましょう。


                                                               
エノラゲイ(左)とストレートフラッシュ。(wikiよりお借りしました)
エノラゲイ ストレートフラッシュ
関連記事

● COMMENT ●

アジシオ次郎さんへ

アジシオ次郎さんこんばんは
詳細なコメントを頂戴し、勉強になります!
アメリカの、「私等は悪くないよ、あんたたちが悪いからこうなったんでしょ」的な態度がとても腹立たしいです。アメリカはどんなことをしても結局「善」で、それ以外は「悪」なのか?
そうじゃないでしょ!と言いたいです。
どうしたらそこまで正義面ができるんだか、私は不思議です。
「行き過ぎた正義」にいつか、(いやもうすでにかも?)鉄槌が下される日が来るのでしょうか…
私も原爆慰霊式のあの野次はどうかと思います。式典はあくまで原爆犠牲者のものであり、個人のイデオロギーの押し付けの場ではないのですからね…(-_-;)。

No title

こんにちは。
原爆投下を「戦争終結を早める為だった」と言って憚らないアメリカ、何時の時代もアメリカは戦争等を正当化する風潮ですが、アメリカの正義の為にどれだけの国が被害に遭ったかってつくづく思います。
ベトナム・イラク・パナマ・グレナダ、これらはアメリカによる軍事介入の犠牲者なのは確かだが、そのアメリカは一度も反省しない。だから反米感情につながるのも無理はない(パナマは別だが)。
原爆投下は大量虐殺に当たるのに、それが大量虐殺だと言う認識が皆無なのはおかしいですし、いわゆる「勝てば官軍」の名の下に美化されてるんだから、不条理も甚だしいです。
アメリカの行き過ぎた正義が反米感情につながってるのは歴史が証明してます。
イランのアヤトラ・ルトラ・ホメイニはアメリカを「大悪魔」と罵倒したり(その後テヘランのアメリカ大使館襲撃及び占拠事件も起こった、理由はアメリカが当時の王政を支援したことにある、ホメイニを中心にイラン革命が起こり、王政からイスラム原理主義国家へと変貌、親米国家から反米国家にもなった)、ベネズエラのウゴ・チャベスはブッシュ(子)を「悪魔」と罵倒したり(中南米諸国は度々アメリカによる干渉を受けてきた歴史もあり、その不満と恨みが積もり積もったことが反米左派政権が相次いだ、ベネズエラをはじめボリビア・ニカラグア・エクアドルにおいて)、イラクではブッシュ(子)が「犬野郎!」と靴を投げつけられた事件がそうです(イラク戦争でイラクを泥沼化させ、米軍によるイラク人捕虜虐待事件もあったこともかねてからイラクにおける反米感情の根深さを物語る、考えてみればイラクは独裁者サダム・フセインとアメリカによる抑圧の二重の犠牲を受けてたってことです、イラクではフセインは悪だがアメリカはもっと悪だと言う意識が強い)。
アメリカには所詮「喧嘩両成敗」なんて考えなどないから、自分たちがいくら悪いことをしても自分たちは正義だから悪く言われる筋合いはない! って身勝手な考えが蔓延ってますが、いわゆる「反知性主義」による副産物だと思いますよ。
それと広島での式典で安倍総理にヤジが飛んだけど、平和式典にてああ言う行為は好ましいものじゃありません。空気の読めない言動もいいところです。

オスカーさんへ

おすかーさんこんばんは
今朝はとても風がいい気持ちでしたね^^。ほっとします。ご心配をありがとうございます、今日は出かける用事があったりしてづ痛に苦しんでおりますw。でも一晩寝たら治ります!
ご主人さまのおっしゃるように長崎は本当に小さすぎです。
これでいいのか?と思いますね。
なんででしょうね、聞いてみたいとさえ思うときがあります。
長崎についての私の想いは明日以降アップする予定でいます。
8月、戦争にまつわるいろんな話が出てきますね。過去のこととしてではなく未来への道しるべとして真面目に考えたいです。
オスカーさんもくれぐれも御身大切になさってくださいませね、お互いムリなく夏を過ごしましょう^^!

いなばさんへ

いなばさんこんばんは!
ほんとに長崎の扱い、小さいですよね。同じ原子爆弾の被害を受けあれほどの人たちが亡くなり傷ついているというのに。
今朝、TBS系のサンデーモーニングを見ていましたが式典の田上市長の話の途中でいきなりCM。頭に来たのでNHKに変えてやりましたよ。失礼ですよね、いくらスポンサーとはいえ、CMくらい待てばいいじゃないかと。
結局その程度のマスコミ。
真摯にあの原爆と向き合うなんてしやしない。
下らないバラエティーなんか、こういう日に流さなきゃいいとさえ思います。

ウダモさんへ

ウダモさんこんばんは。
お返事遅くなってごめんなさい。
日本も慎重にアメリカという国との付き合い方を見きわめなければいけませんね。そしてこの後の大統領選挙の行方もしっかり見て対応をしないといけませんね・・
ロシアが日本への原爆投下に不信感をあらわにし始めましたが、本気で言ってるのか?これもしばらく静観が必要かな?と思いますが、言ってくれるということ自体はアメリカに反省を促すいいきっかけになるかもしれません。
そして―ーなぜ祈りの時に野次やデモをするんでしょうね??命に対する敬虔さがなさすぎますよ、黙とうして犠牲者の冥福を祈るべき時にあほか!?
そういう輩に平和だの、なんだのと言える資格はありませんね!

花渡川 淳 さんへ

花渡川 淳 さんこんばんは!
お返事遅くなり申し訳ありません。
そうなんですよね連中が「実験ではない」というとしたらじゃあなぜ二種類の原爆を投下した?と言いたいんです。あれは確実に人体実験をされたのだと思っております。白人社会にとっては我々日本人などまさに「イエローモンキー」であり殺したとてちゅうちょするようなものではなかったのですね。
子供への機銃掃射は絶対に許せませんね!そんなことをして愉快なのか?たぶん狩りをしてるようなつもりなんでしょうが地獄に落ちたらいい。
広島には8年ほど前行ったきりで、また行きたいと思います!

おはようございます。
昨晩は涼しい風が吹いていました。体調はいかがですか?
ダンナが広島に比べて長崎に関しては情報が少ない(メディアの取り上げ方が少ない)ように感じると言っていました。
様々なことを思う8月、見張り員さまの毎日がおだやかでありますように。ムリしないで休める時にゆっくり休んで下さいね。

明日は、長崎の日。 残念ながら、ここ数年広島・長崎平和の式典のTV中継をしなくなった、TV局がどれだけあるでしょう。答えは、新聞のTV欄を見れば分かります。6・9日 本当に平和を望むなら、BS放送も全部その時間帯に中継すればいいと思います。「報道の自由」と言いますが、「報道をしない自由・勝手」と、私は思います。不利になると、スポンサーが、あるいは視聴者が‥と見苦しい、放送局。 こんな、つまらないのを放送するなと言う、クレイマー視聴者。などなどで、この先が少し不安です。
「レイテ戦記」の締めくくりに、「二匹の象の争いに、多くのアリが巻き込まれて、潰された」そう書いてあったのを思い出しました。

もういっちょ!w

あの式典の最中、しかも黙祷の時間になってもデモやってた大馬鹿者がいた事に腹が立ちます!
黙祷も出来ないのか!この非国民!…と心の中で叫んでいましたよ。
思い出すだけでも頭にきますね!

おはようございます♪

最近になってやっと再確認出来たのですが、アメリカという国は2国で成り立っていると言っても過言ではない、という事です。
F.D.ルーズベルト大統領以来、20年もの間に様々な『日本虐待』がありましたが、それは全て民主党政権下時代であり、共和党政権下時代には、真逆と言っていいほどの日本擁護がなされてきました。
原爆も、日本分割も、当時の民主党政権に対し、全力で異議を申し立ててきたのは共和党でした。
この時、日本政府がするべき事は、野党であった共和党と充分な情報交換をするべきだったのだと思います。
この歴史を振り返ると、今も昔も、情報というのが大事だと思いますよ。とても残念でなりませんね。
共和党は今も昔も、『日本は防共の要であり、日本をないがしろにしてはいけない』というのが根底にあり、日本への原爆投下は大きな間違いだったというのが、彼らの意見です。
対する民主党は、共産主義を根幹にしている為、中国を大事にしてます。日本などは一番邪魔な国なのです。
アメリカは、まさに共和党アメリカと民主党アメリカの二つの勢力のせめぎ合いによって存在している国ですよね。
どちらが政権を取るかによって、全く別の国になってしまうので、日本人はアメリカの状態を見極めながら付き合うしかないですよね…。
現在のアメリカは民主党政権下ですが、実際に力を持っているのは共和党です。
これはアメリカの歴史史上めずらしい事です。
つまりは、政権は民主党ではあっても、アメリカ国民は共和党を支持しているという事になります。
つまりは日本擁護が是とされているのですb
アメリカのみならず、イギリスやロシアまでが、原爆への不信感を抱くようになったのも、現アメリカの勢力図と重なりますよね。
ちと長くなりましたw
スミマセン!!
あ、そうそう!
海上自衛隊の護衛艦しまゆき?の女性艦長が美人だと噂になってますが、もうご存知ですよねw
さっき動画で見てきましたが、確かに美人だったので、誰かに言いたくてw
ではでは〜^ ^

こんばんは

ウラン型とプルトニウム型を落としたのですから、あれは絶対に実験ですね。
京都も空襲があったようですよ。全国200か所からの市や町を無差別爆撃しています。許せないのは、グラマンは子供たちまでも機銃掃射しているのです。
私も毎年8・6は広島に行きますが、今年は仕事の都合で行けませんでした。

すっとこさんへ

すっとこさんこんばんは!
ロシアがどういう意図でそれを言ったかは別としても、私は確かにその通りだと思います、常々思っていたことでした。
原子爆弾は「悪」です。無辜の民をあんなひどいやり方で殺りくする兵器をためらいなく使用した罪は断罪されてしかるべきです。
そして今も、きっと未来もそれで苦しむ人がいるとしたら尚更ですね。
原爆ドームにぜひ、お孫様を連れて行ってあげてください。そして平和公園周辺にはたくさんのいしぶみがありますから、それを巡るのも感慨深いです。
あの周辺にはかつて「中島地区」という広島市内でも有数の街がありましたが原子爆弾投下で一瞬にして消えてしまいました。
全く以てどうしようもない暑さです。
何とか乗り切らないといけません(;^ω^)、頑張ります!コメントをありがとうございました、うれしいです!!すっとこ姉さまも御身大切になさってくださいね!

河内山宗俊さん、まろゆーろさんへ

河内山宗俊さん まろゆーろさんこんばんは
本日体調不良のためこうしてお二人一緒のコメント返しになりましたことお詫びいたします。
今日もいろいろな報道を見ました。
感じ取る一番の想いはやはり戦争はしてはいけないの一言に尽きます。戦争はすべてを破壊し人を死なせ、未来を亡くします。そんなものがあっていいはずがない。
まして核兵器ときたら、地球そのものをこの世からなくしてしまいかねません。
あの戦争では、地球が何万年もかけて半減させてきた放射能を一気に元に戻してしまいました。その罪は大きいし、それによって多くの人を不幸に陥れた罪は未来永劫消えることはないと思います。
私のようなこんなブログだと、「戦争が好きなんだろう」とか「戦争になればいいとか徴兵制になればいいと思ってるんだろう」と思われがちでしょうが私は戦争なんか大嫌いです。あの戦争で命を失った人たちが本当に気の毒でなりません。
河内山さんのお祖父さまのおにいさまも、予科練にいらしてご病気で亡くなった…やはり戦争の犠牲者のおひとりだと私も思います。
もう二度と戦争など起きないよう、心から祈ります。
今日は本当に暑く、体調が変になりました。河内山さん、まろゆーろさんも御身大切になさってくださいね。

ロシアが 「原爆投下は戦争犯罪なので 国際裁判にかけるべき」と言い出してるそうです。
今からでも遅くない。戦闘員でもない一般市民を考えられないやり方で無差別大量殺戮したのは、まさに大犯罪だということを 思い知らせてやりたい。
いつか原爆ドームへ孫達を連れて行かねば、と思っています。
猛暑の折りから御自愛くださいね!

戦争に正義などないのです。
人を人と思わぬ殺戮。命を命と思わぬ蛮行。
日本の国民のほとんどを狂わせた軍部の浅はかさに腹が立ちます。
結局、犠牲になったのは罪もない人々でした。
二度と再び日本は戦争をしてはなりません。そして戦争に巻き込まれないような知恵を今こそ振り絞ってもらいたいと願っています。
広島も長崎も沖縄も大きな犠牲の上にありますが、その痛ましかった教訓を活かしてもらいたいものです。
沖縄も辺野古移転にただ反対するばかりでは中国から目をつけられるのではと案じています。知恵を、叡智を集結させてもらいたいです。
本当だか分かりませんが東京の暑さも今日がピークであるとか。
くれぐれも体調管理に励んで下さい。

原爆投下予定地は

京都の他には、新潟、東京も候補地だったといいます。京都は文化的中心地、新潟は現在でもそうですが日本で石油の取れる土地、東京は言わずもがなですね。他の候補地は天候不順のため免れたのと、政治的判断があったと言われています。
広島長崎は、呉、佐世保に近く軍需産業で栄えていたため最重要攻撃地点とされていたようです。ポツダム宣言を早期受諾していれば、この悲劇は防げたのかもしれませんが、真珠湾攻撃時のアメリカ等のやり口を考え合わせると、仮にそうだったとしても防げたのかどうかはわかりません。
亡き祖父の兄も横須賀の地で予科練所属中に肺病にてなくなりました。祖父は当時16歳でしたので2つぐらいの年の差だとして、18歳。我が家からは出征した人物はおりませんでしたが、かの戦争の犠牲者の一人であります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/2041-e6f2cdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あの日も同じように暑かったのだ

5年ほど前に広島を訪れたことがある。あの日もかなり暑い日でクマゼミが朝から大音量。日差しも関東などとは比べものにならないほど強く、それこそ突き刺さるような感じだったと記憶している。平和式典にも参加したのだがテントの内と外ではかなりの気温差を感じたものだ。今年はかの不幸な出来事から70年、被爆者の平均年齢は80歳を超えたと朝のニュースは言っていた。それに伴いテントの面積もほぼ全席に渡っ...

70年目の夏 2 <長崎浦上> «  | BLOG TOP |  » それぞれの愛

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード