2017-10

<番外編>『子供だらけの戦艦大和』 - 2015.04.09 Thu

ある日、「女だらけの大和」の乗組員の一人が一枝の桜をこいできたところからこの話は始まった――

「桜…桜だがこの一輪は何だ、青いぞ?」

『大和神社』に供えてある桜の枝を見て、通りかかった森上参謀長が言った。不思議に思った参謀長はそっとその花に触った。するとなぜか懐かしい、子供のころを思い起こさせる感触が起きて参謀長はなんだかくすぐったい気持になった。

そして参謀長は『大和神社』に拝礼するとその場を歩み去ったのだった。すると――青い色の桜が軽く揺れるとキラキラと何かがこぼれ出てそれは艦内中に広がって行った――

関連記事

● COMMENT ●

matsuyamaさんへ

matsuyamaさんこんにちは!
「子供だらけの」?ええっ!?ーーという感じですねw。
これは昨秋、月を見ていたら突然わいてきた構想でしたがなかなかまとまらずついこの間PCの中に眠っているのを見つけ、加筆訂正したものです。
テロや紛争の絶えない世界、子供の心で平和になればいうことなしなんですが…ね(-_-;)。

子供だらけの戦艦大和でしたか。
どこか場違いのところに足を踏み入れてしまったかと思いました。
こういう捉え方もなかなか平和的でいいもんですね。
赤ちゃん姿のオトメチャン、想像もつきませんでしたが、
この頃から可愛かったんでしょうね。
こんな雰囲気が世界に蔓延すると、戦争のない平和な世界が
出来上がるんでしょうけどね。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
うふふと笑いながら書いておりました。ミニサイズの麻生さんや艦長たち、絵にできたらいいんですがw。
熱血子供の松岡。きっとうっとうしがられるでしょうね(;´Д`)。赤ちゃんのオトメチャンは是非一度抱っこしたいものだと思いますね♡
緑の桜はあるらしいですね(見たことがない悲しさw)、だったらきっとどこかに青の桜もあっていいですね。桜花ロマン💛ですね。

おはようございます。
ちいちゃい海軍さん(笑)ラブリーすぎます!!
みんなすぐに大人になったワケではなく、赤ちゃんや子どもだった時代があるのですが、松岡さまは幼い頃から熱血だったのでしょうね。
薄いみどりの桜があるのでどこか人の知らない場所に海と空の色をした桜もあるかもしれないですね~浪漫だ(*´∀`)♪

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
春眠暁を覚えず、そんな時見る夢ってこんな風な夢なのかなと思いつつ、そして子供の頃に戻れたらなあ、との思いも込めました。戻れるなら父も母も若く元気で、私も幼かったあの頃に戻りたいものです。
私も同じ人生の道は歩きたくないですねw。
韓国で集団万引き!今ちょうどTVでやっていますが、思わずTVに「本当に?」と言ってしまうほどの衝撃です。どうしてそういう分別ないことをするんでしょうね。理解できません。日本人としての矜持をもって行ってほしかった。本当、恥知らずとはこのことです。
万引き生徒は退学でいいですよもう。そして出発前に「日本人として恥ずかしいことをするな」と厳命しなかった学校も当該生徒の家庭も社会的制裁を受けたらいいんです。
ああ、情けない。

桜の精、春の悪戯でしたか。
でもなんとなく微笑ましいというか可笑しげな世界が束の間ですが広がりましたね。
こんな悪戯もたまには面白いかもしれませんが、自分が子供に戻れるのであれば幾つくらいがいいかなぁなんて思いました。でももう同じような人生はごめんです(笑)
バカな高校生があろうことか韓国で集団万引きしたとか。
あの国からバカにされることをしでかして。恥知らずが。
全員退学、学校長も教頭も全員免職させることです。嘆かわしい。

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは!
たとえ子供になろうとも。いや、子供の時からまったく変わっていないのでしょうね彼女たち。
しかし理屈っぽくってやたら熱い子供はちょっと扱いにくいですね(;´Д`)、こういうのがもしクラスにいたら担任は苦労するかもしれませんねw。
艦長の水虫w、子供の時分はまだ影もないようですが大人になると。最近また再発しつつあるようだから気を付けてほしいものです。
そしてオトメチャンはもう言わずもがなのアイドルです!しかも『赤ちゃん』だし!!!

皆さん変わりませんね

松岡さんはすでに理屈っぽさと熱さ全開ですし、小泉さんはませてるというか、なんというか。艦長に水虫がないのは、ちょっと安心だったりして。それにしてもやっぱりオトメちゃんは永遠のアイドルですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/2002-74853680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

艦長不在 1 «  | BLOG TOP |  » 三つの約束――『大和』沈没の日に寄せて。

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード