「女だらけの戦艦大和」・大相撲トレーラー場所3

松本兵曹長は、機関科の準士官居住区で書きものをしていたが、やっと顔をあげるとその大きなまん丸い顔の頬をうんと横に広げると一人笑った――

 

「やった。出来たぞ。こげえに素晴らしい四股名をうちは聞いたことがない。これなら皆納得しよう。ゆうか納得せん奴がおったらうちが承知せんがね」

そして彼女は出来たばかりのしこ名を浜口大尉に見せようと居住区を出た。浜口大尉は前甲板で相撲のけいこを部員につけている。その大尉のもとに駆けて行った松本兵曹長は「浜口大尉、機関長!ちいとええでしょうか」と浜口大尉を読んだ。

「おう、どうした松本兵曹長」

浜口大尉はその大きな胸を揺らしつつ松本兵曹長のそばに来た。浜口大尉の身体には、汗が玉になって光っている。その汗の玉をまぶしげにちょっと見た後松本兵曹長は

「大尉。ようやっとできました・・・四股名、みんなの四股名です」

というと、一枚の紙を大尉の前に出した。浜口大尉は「おお、もう出来たのか?早いなあ。では拝見と行こう」というと皆がけいこ中の土俵の前に置かれたそれはそれはでかい座布団の上にドスン、と音を立てて座った。

他の部員たちが「なんですか」「何かええもんですかのう?」といいながら浜口大尉を取り囲んだ。大尉は皆をズイッと見回してから、

「松本兵曹長が考えてくれたみんなの四股名だ。今から読みあげよう」

といい、松本兵曹長は「ざっと考えただけですけえ、変更の余地があるかと。希望がだぶった場合は抽選にしましょうか」と言った。浜口大尉はちょっと考えていたが

「それもいいが公平を期するために四股名を書いた紙を引く、くじ方式がいいんじゃないか?そうしたらうらみっこなしでいいだろう」

といい皆は賛成した。舞野うみ兵曹が

「早う四股名を読みあげて下さい、うちはどがいな四股名があるんか知りたいです」

と言って他の部員も「読んでつかあさい」「願います」と騒いだが「それはあとの楽しみにせんか?くじを引く前に聞いてしもうたら詰まらんじゃろ?」との松本兵曹長の言葉にそれもそうか、とうなずいたーー

 

その頃工作科では連日の徹夜がやっと明けた。水木水兵長他が眼の下を真っ黒にしながら化粧回しを製作したのだった。浜口機関長の注文は大変難しく、デザイン画の段階から悩みまくった工作科の面々であったがようやく完成の日を迎えたのだった。工作科の別の班では大きな天幕を作っている。大勢の『大和』『武蔵』相撲部員や観戦の幹部たちを直射日光から守ろうという思いからだ。

ともあれ、水木水兵長他は「やった・・・やっとできた。これなら相撲部員も満足してくれるでしょうな」というなりその場に昏倒してしまった。そして、やがて大いびきをかき始めたのだった。

 

さらにその頃『武蔵』では武蔵の相撲部員たちが稽古中である。

主将の寺尾中尉は「親善試合だからなあ、どの程度本気でかかったらいいのかわからないけど、でも気を抜いたら相手に失礼だからね。10のうち8までの力を出そうじゃないか」と言って皆も「そうですね。それがいいでしょう」とうなずいたのだった。

彼女たちは四股名を考えるでもなければ化粧回しの手配をするでもなく、淡々と取組のその日を心楽しく待っているのであった。

 

『大和』前甲板では、工作科の水木水兵長と数名が相撲部の皆に化粧回しを披露している。工作科の兵たちがそれを持って立って「こげえな感じになりましたが、ええでしょうか」と浜口大尉に尋ねる。浜口大尉は居並んだ工作科の兵の持つ化粧回しを見て、

「これはすごい!・・・さすが『大和』の工作科だ。素晴らしい、ありがとう!」

と大感激をした。

その化粧回しとは、『大和』の艦首から艦尾までを十三等分してあるものでそれをつけた十三人が並べば『大和』の姿が現れるというもの。そして横綱の浜口大尉の化粧回しは『大和』を正面から見た姿である。今回取り組みに臨む、いわゆる幕内力士の十三名は「こげえな化粧回しをつけることが出来るんは、末代までの名誉じゃ。有難いことじゃ。これは本物の力士みとうでええのう!」と大喜びである。

水木水兵長はその様子を満足げに見て「喜んでいただけで嬉しいです、やったかいがあったいうものであります・・・皆さんどうぞ当日は優勝をしてつかあさい」と言った。その工作科兵員たちの前に浜口大尉以下の相撲部員たちは整列すると、大尉は大きな声で「工作科員に対して、敬礼っ!」といい一同は工作科員に敬礼して感謝の意を表した。工作科員たちは感涙に頬を濡らしてその敬礼に応えたのだった。

 

「で」と松本兵曹長が興奮冷めやらぬうちに。

「四股名を皆くじ引いてくれんかね?残った四股名は『武蔵』の力士にあげてもええと思うし、のう?」

皆が「うち、早う四股名が欲しいわ。どがいな四股名になるか、楽しみじゃわ」とそわそわし始める。浜口大尉が「松本、じゃあ貴様早くくじを作れ。で、俺も引いていいんだろう?」というと松本兵曹長は

「機関長には特別に考えてありますけえ、あとで紙に書いてお渡しいたします。お楽しみに」

というとフフフと笑った。

それから二十分程のち、松本兵曹長が大きな箱を抱えてやってきた。

「おーいみんな。くじが出来たけえ順番に引けえ。どがいな四股名があたってもうらみっこなしじゃ。うちが一所懸命考えたんじゃけえ、ありがたく受け取れよ!」

そう叫びながら皆の間を回り、くじを引かせた。

引いた紙は二つに折り畳まれて、そっと開くとそこには兵曹長の文字で四股名が書かれていた。

四股名は、以下の通り。

太目龍(ふとめりゅう)

田吾作(たごさく)

大豊作(だいほうさく)

機銃弾(きじゅうだん)

鬼瓦(おにがわら)

倉庫暗(そうこくらい)

省江根(しょうえね)

事押収(ことおうしゅう)

鬼金棒(おにかなぼう)

駆逐龍(くちくりゅう)

乃度風(のどかぜ)

出武錦(でぶにしき)

の以上である。松本兵曹長もくじを引き、「出武錦」の四股名が当たり浜口大尉に「ぴったりじゃないか、自分の為に作ったか?ワハハ、ワハハ!」と笑われる羽目に。そして肝心の浜口大尉の四股名は、松本兵曹長は恭しく捧げ持った紙によれば・・・

芽多保山(めたぼやま)

である。大尉はその紙を手にして少し首をかしげ「め、た、ぼ、やまか?変な名前だな」と顔をしかめたが松本兵曹長が「変じゃありません。芽ぇがたくさん出てしかも保たれる、というええ名前でこれ程めでたい名もないですが?ええでしょう?」というと、舞野うみ兵曹も「そうですよ、素晴らしい。機関長によう似合うとりますよ」とほほ笑む。

浜口大尉はそうか、と言ったがふっと気がついたように舞野兵曹を見ると、

「貴様はくじを引いてないな?どうしてだね」

と尋ねた。舞野うみ兵曹は「勝手じゃ思うたんですが、兵曹長にお願いしてうちは名前をそのまま四股名にさせてもらったがです。うちの四股名は舞野海(まいのうみ)です」といい、皆は

「ほう、舞野兵曹はええねえ!名前がそのまんま四股名になって!」

と感心している。

そんな部員を遠巻きにしているのが「幕下」力士の谷垣兵曹や野田兵曹、線香かおる兵曹や細麺つる上水などで

「ええねえ、上位力士は。うちらも早う上に上がってきれいな化粧回し、つけたいのう」

と指をくわえている。

 

そんな相撲部員たちを艦橋から見下ろしつつ、梨賀艦長・野村副長に森上参謀長は

「皆熱くなっているね。きっとわが『大和』が優勝するよね~!」

と手を取り合って笑っている。さらにその上の防空指揮所では松岡分隊長が「相撲部の皆さん、熱くなってますねえ~。いいですか、麻生さん。あなたもあのようにいつも熱くならなきゃいけませんよ?て、あなたは体育は何をやってるの?」と言っている。

麻生分隊士は「私は何時でも熱くなってますよ。私の体育の専攻は柔道です。これでも黒帯ですがね」と少し自慢げに言った。すると松岡分隊長はその眼を大きく見開いて

「・・・意外!」

と言ったのがその場の皆にはとてもおかしく、爆笑が渦巻いた。

 

さあ、『大和』と『武蔵』の相撲対決の日まで、あと四日――!

  (次回に続きます)

 

            ・・・・・・・・・・・・・・

 

松本兵曹長の四股名のセンスはいかがでしょうか。

さあ、いよいよ次回相撲対決の幕が切って落とされます。御期待下さい!


関連記事

Comments 6

見張り員">
見張り員  
ウダモさんへ

ウダモさんこんにちは!
毎日暑いですね、いろいろとお大変なことが多いと思いますがお暇ができたらぜひここで遊んでいらしてくださいね^^。
熱中症になんかならんぞ!と言ってる私が一番ヤバイ最近の我が家です。
ウダモさんも十分お気を付けてくださいね~!!

2013/07/28 (Sun) 14:57 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
ウダモ  
うわぁぁぁ!

ちょっと来ないうちに話が進んでるー!!!w
こりゃ読むのに時間がかかりそうです←
少しずつ読んでいきま~す♪

2013/07/25 (Thu) 23:50 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
このしこ名は、実家で大相撲を見ながら考えました。結構面白くってノッチャイマシタ^^。
芽多保山のしこ名、ではまろにいさまに進呈いたしましょう!
お使いくださいませ~^^。
化粧まわし、これも関取土俵入りを見て考えつきました。
本当にそんな化粧まわしができたらいいなあ、と思いますね。あまりにも壮大すぎますかww?
体調も今は何とか調整できています。
いつもご心配をありがとうございます、にいさまもお大事になさってくださいね^^。

2013/07/24 (Wed) 22:15 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
すっとこさんへ

すっとこさんこんばんは!
しこ名、喜んでいただけてうれしいです~~♡
結構楽しい作業でしたよ^^。
暑さは酷いですね、今日なんかあり得ないほど蒸し暑かったです(-_-;)すっとこさんも御身大切にお過ごしくださいませ!

2013/07/24 (Wed) 22:02 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
まろゆーろ  
NoTitle

これはいい!!
素晴らしい四股名ばかりではありませんか。さすがに見張り員さん。しかし芽多保山……、これ私に頂けませんでしょうか。あまりの上出来さに暑さも忘れて唸りっぱなしです。
そして奇をてらった粋な化粧まわし。これもまた見張り員さんのアイデア炸裂の賜物ですね。いやはや参った、参ったであります。
体調は如何ですか。ゆっくりと元に戻していって下さいね。

2013/07/24 (Wed) 09:00 | EDIT | REPLY |   
すっとこ  
あはは!

四股名には大笑いしました!
見張り員さん・・・いや、松本兵曹長の四股名のセンスは
素晴らしいです!!
まだまだ暑さが続いてます。
ご体調いかがですか?
どうかぼちぼちやって下さいませね!!

2013/07/24 (Wed) 06:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)