2017-10

「女だらけの戦艦大和」・新人登場3<解決編> - 2012.04.23 Mon

「女だらけの大和」に新任の下士官が来た――

 

しかしその風貌は至って変わっている。両方の眉毛からつながって鼻筋にかけて黒く筋を書いたように線が走り凄味がある。

あとから来てその場に立った艦長がごくっ、と喉を鳴らして副長にこっそり「・・・ねえ副長。あの子に『それは化粧なの?』って聞いてみてくれない?」と囁く。副長がびっくりしたような顔で艦長を見て「いやですよ私は!そんな変なこと聞いてあと後まで根に持たれたら困るでしょう?自分が聞きゃあいいじゃん!」と怒ったように言って横を向いてしまった。艦長が困っていると、浜口機関長が椿兵曹のそばに歩み寄ると、

「貴様のこの顔は・・・化粧か?それとも生まれつきか」

と聞いた。すると、椿兵曹の顔に浮かんでいた不気味なうすら笑いが一層はっきりとしてきた。皆が――隠れて見ている航海科の三人も――ぞっとするような笑いを浮かべると、椿兵曹は

「これはですね、生まれつきなんですよ。おかげで私は今まで『西洋の悪魔の子供』だなんてあんまりありがたくないことも言われてきました。でもご安心を、私は悪魔の子供ではありませんから」

と言って浜口機関長と松本兵曹長に「以後よろしくねがいます」と敬礼したのだった。なんとなく毒気を抜かれたような感じの機関長と兵曹長であったが気を取り直すと「では艦内を見せてやる」ということになった・・・

 

「ほう、えらい顔立ちの人が来ましたねえ」

露天機銃座のプルワークの陰で、見張兵曹が腰をその場に落としてため息をついた。小泉兵曹も石場兵曹も、「ほうじゃのう、あがいな顔をした人は今まで見たことがないわ」と言った。石場兵曹が「見るからに怖げな人じゃな。でも仕事はできるんじゃろうか?顔だけのこけおどしなら浜口機関長の逆鱗に触れるで?」と言って皆は「うーん、ようわからんね」と考え込んだ。

 

そして、午後。

午後からは皆「体育」の時間で柔道・剣道・体操・相撲のいずれかをすることになっている。「海軍柔道」の名がある通り「女だらけの大和」でも柔道をする乗組員は多い。

浜口機関長と松本兵曹長はそのでかい体を生かして柔道を選択。今日は新入りの椿兵曹に松本兵曹長が「もう、ようしっとろうが午後は体育をするが・・・椿兵曹はどれがええかのう」と聞いた。椿兵曹は「もうちいと見学させてください」と言って皆の様子を見ている。

 

松岡中尉は、これまた新入りの樽美酒少尉を案内している。

「ほら見てください、皆熱くなってるでしょう?柔道、剣道、体操そして相撲。あなたもどれかやりましょう、時々艦隊試合があって優勝したらこの上ない名誉だ!まあ、ゆっくり見て決めてくれよ!」

松岡中尉の熱のこもった案内に樽美酒少尉は微笑んで「はい」と返事をした。

剣道をしている場所では、見張兵曹や石場兵曹、酒井上水たちが竹刀を振っている。それを見ながら相撲をしているところに行くと何やら大騒ぎをしているようだ。

松岡中尉は「おお!なんだか熱くなってるなあ?どうしたっていうんだ」と言ってそばに寄ってみれば航海科の谷垣兵曹と、高角砲の野田兵曹が何やら言い争いの最中で周りにそれぞれの取り巻きがいて野次を飛ばしている。

野田兵曹が「ずるいぞ谷垣さん。土俵に上がっていざという時に<待った>をかけるなんておかしいだろう?いい加減にしてくださいよ!」と怒鳴ると谷垣兵曹はこめかみに青筋立てて、「誰が<待った>なんかしたっていうんだよ、してないでしょうが!言いがかりだ。無礼千万だ!」と怒鳴る。周りの取り巻きの兵たちから口汚いヤジが飛んで、それを見ていた松岡中尉は苦虫をかみつぶしたような顔になって「・・・ここはまあ、いいでしょう。さあ行きますよ」と樽美酒少尉の手を引っ張ってさっさと歩きだす。樽美酒少尉はもっと見たかったようだが・・・。

そんな喧騒から離れたところで松岡中尉は「そういえば樽美酒少尉。君は野球をすると言っていたが、投げる方かね?」と聞いた。樽美酒少尉は微笑みを絶やさず「はい。ピッチャーです、まあそんな上手ではありませんが好きなんです。野球が」という。松岡中尉は満面の笑みを浮かべて

「好きこそものの上手なれ、だよ樽美酒さーん。私はテニスをするんだが・・・スポーツの種類は違うがどうだい、ちょっと私と手合わせ願えないかね」

と言い、樽美酒少尉はボールとグローブを持って来て松岡中尉はラケットを持って二人は少し離れて向かい合った。樽美酒少尉はちょっと戸惑ったような顔で「あの・・・これでどうするのでありますか」と問う。その少尉に松岡中尉は「そのボールを私に思いっきり投げてください。私のこのラケットの威力をあなたに見せたいと思っていますからね、いいですか、何が起きてもびっくりしちゃいけませんよ!」と言いラケットを構えて中腰に。

樽美酒少尉は少しためらいつつもグローブをはめて、投球のフォーム。

「来い――!」

と松岡中尉の大声に、樽美酒少尉はボールを投げる。素晴らしいフォーム、しかし松岡中尉はそんなことには目もくれずボールだけを見つめる。

「たあ――っ!」

松岡中尉はラケットを思いっきり振った。とたんにボールはものすごい勢いですっ飛んでゆきなんと、艦橋の横に張り出した測距儀に当たって・・・測距儀が壊れた。

その近くにいたマツコとトメキチはものすごい音で測距儀の一部が粉砕されたのにたいへん驚いて、マツコなど「いやー!ちょっとあたしじゃないわよ、あたしじゃないわよ!助けて~!」とわめきだすし、トメキチも後足で立ち上がってその場をぴょんぴょん飛び回っている。

下では樽美酒少尉が驚きのあまりぽかんと口を開けたまま呆然として見ている。ほかの兵たちも何事かと音がした方を見ている。測距儀の片側が半分折れてぶら下がったような状態になって麻生分隊士が「ギャー!誰じゃあ、あがいなことしたんは!出航前じゃと言うに、余計なことをしよって!」とわめき散らす声が流れてくる。

松岡中尉はラケットを小脇に収めると「樽美酒少尉。今のこと内緒だよ」としれっとして言ったが・・・第一艦橋の窓から梨賀艦長が今まで出したことがない大声で

「松岡中尉――!こっち来い!始末書だあぁぁ!!」

と叫んで・・・樽美酒少尉は後ろを向くと大笑いしたのだった。そして甲板をずんずんと踏んで歩く足音とともに麻生分隊士がやってきて、

「分隊長、あなたええ加減にしてください!一体どがいなおつもりなんですかっ!あれを見てください、『大和』自慢の測距儀が・・・」

とわめくと次の瞬間「うちはもう・・・情けない」と言って泣き出してしまった。樽美酒少尉はどう声をかけたものかわからないでその場に立ち尽くしている。

 

そんな騒ぎの中、椿兵曹は機関科松本兵曹長に「なあ、椿兵曹はどれがええか?」と聞かれてちょっと考えてから「ほいではうちは体操にしときます」と言った。松本兵曹長は「そうか!体操が好きか。ええぞ、じゃあ皆に紹介するけえ、行こう」と言い、二人は体操の集まりに入って行ったのだった――

  

       ・・・・・・・・・・・・

午後の紅茶ならぬ午後の日課の一つに「体育」があったようですね。海軍は柔道が好きだったようで柔道が盛んに行われていました。かの山本五十六大将が、『大和』を旗艦にしている際寝違いを柔道部員に治してもらったという話が残っています。

新入り二人、騒々しい「女だらけの大和」になじめるのでしょうか。そして松岡中尉がぶっ壊した測距儀の修理は?出航に間に合うんでしょうか??ともあれ、新人をよろしくお願いいたします。この先何がありますやら・・・?

 

測距儀。横に伸びた棒状のものがそれです、その上の網のようなものが電探。測距儀は日本工学株式会社製(現・Nikon)。画像はお借りしました。
測距儀



にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

● COMMENT ●

美紗さんへ

美紗さんこんばんは!
測距儀、高いんだぞ!・・・という艦長ほか高級将校の嘆きが聞こえるようですww。
青い青い空に、壊れた測距儀。いやあまいったなあ~~タメイキ。
麻生分隊士もまたそろそろオトメチャンと❤・・・にしてあげないといけませんね。口がひん曲がる前に何とかしましょう!

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
やはり百戦錬磨の松岡には、若い樽美酒さんは手出しができないようです!暑苦しい松岡中尉、この際どうかかわってゆくのでしょうか???
鬼奴姐さん、素顔はとってもきれいなんですよね~。びっくりしました、普段あのメイクしか見ていないととても新鮮で素敵だと思います。
大分も東京も、熱いいや、暑い一日でしたね(^_^;)、昨日は寒くて今日は暑い。もういい加減にしてほしいくらいです。先ほどは雷まで鳴りました。…聞いてないよ~って感じでしょうかww。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
松岡は期待を裏切らない…という声が聞こえてくるようです・・・ww。
その通りやってしまいました。ガーン!
「MAMORU」私もちょっと前まで定期購読していました(金が続かず最近止めました泣)。国会の道化師・田中防衛大臣のインタビュー何ぞ要りやせんがな!ですがw、あれは結構面白い雑誌ですよね。
占いでは私は「潜水艦タイプ」です。
さあ、次回はどうしようかなあ~と考えています。話のストックはそれなりにあるから、どれから出そうか?迷っています^^。
いつもお心遣いをありがとうございます!

こんばんわー

測距儀が壊れた(爆笑)
樽美酒、松岡両嬢とともに、はるかに高い第一艦橋を振り仰いでしまいました。ああ、空が青い。
麻生分隊士いいとこなしですね最近。また幸せな時間をもたせてあげて下さい♪

NoTitle

てっきり若い樽美酒さんの方が優勢かと思っていましたが、松岡さんのあのパワーに屈したのですね。いやはやあの通りのキャラに笑ってしまいました。
本物の椿さん、すっぴんもキレイですね。
今日は大分も暑いくらいです。これからいよいよ悶絶の夏でしょうか。お互いに元気に過ごしましょうね。

こんばんは。松岡さま、やっちゃいましたね~期待を裏切らない(笑)
「MAMORU」という自衛隊関連情報の雑誌を立ち読みしているのですが(田中大臣のインタビューはいらない!!)海自と陸自ではラジオ体操も違うとか~そうなんだ!!と興味深く読んできました。あと変な占いがあって、私は「大砲タイプ」になりました~見張り員さまも書店で見つけたらやってみて下さいね。
次のお話、また期待しています!!←でもムリは禁物です!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/1565-c59e2727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日々雑感・私の<海軍グッズ紹介!>1 «  | BLOG TOP |  » 「女だらけの戦艦大和」・新人登場2

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード