「女だらけの戦艦大和」・まつたろう3

「もしもし兵隊さん、お腰のものは何ですか?」

そう、まつたろうの後ろから問いかける声が一つありました。まつたろうがふりかえるとそこには小さな犬が一匹いました。

まつたろうが

「これかい?これは松ぼっくり型の手投げ弾だよ」

と得意げにいましたが小さな犬は首を横に振って

「ちがうの、それじゃなくってこっちの袋に入っているのはなあに」

と聞きましたのでちょっとだけまつたろうはがっかりしましたが気を取り直してもう一つの袋を犬の眼の前に出すと、

「これはね、大きな握り飯だよ。これを食うと元気と勇気がモリモリ湧いて熱くなれるんだよ。そうだ犬くんもこれを食って熱くなろうじゃないか、そして私と一緒に大きな船に乗って大和村の島を侵略者から救いに行こうじゃないか」

と言いました。犬はうなずいて

「ひとつ下さい、お供します」

と言いました。そこでまつたろうは握り飯を犬にやりました。犬はおいしそうに握り飯を食べてまつたろうについてゆきました。そして犬は、私の名前はトメキチです、と言いました。

そしてまたしばらく歩くと二人の後ろから

「もしもし兵隊さん、お腰のものは何ですか?」

とたずねる声がしました。二人がふりかえると・・・・しかしそこには何もいません。おかしいなあとまつたろうが思っているとまた同じ声が聞こえました。

声の方をよく見ると、大きな木のそばに灰色がかった大きな鳥がじっと立っていました。まつたろうは

「今話しかけたのは君かな?鳥くん」

とたずねました。すると鳥はゆっくり足を動かしてまつたろうたちの方へ歩いてきました。そしていきなり、

「そうよ!だからさっきから話しかけてんじゃないのよ。無視すんじゃないわよ。どうでもいいけどさ、あんたのその腰の袋の中のもの、なあに」

と言い、まつたろうが腰から下げている握り飯の袋を大きなくちばしでつつきました。まつたろうはその袋を鳥の前に出すと、さっき犬に言ったのと同じことを言いました。

すると鳥は、

「ひとつちょうだいよ、一緒に行ってやるからさ。あたしはハシビロコウのハッシ―・デ・ラ・マツコよ」

と言いました。マツコは握り飯を上手に食べてトメキチは感心しました。さらに歩くことどのくらいだったでしょうか。また後ろから

「もしもし兵隊さん、お腰のものは何ですか?」

という声が聞こえました。三人がふりかえるとそこにはオランウータンが立って歯を剥き出しにして笑っています。

そこでまつたろうは今日三回目の同じセリフを言いました。するとオランウータンは、

「ひとつ下さい、お供しまーす。それから私はオランウータンの福田と言います!」

と言い握り飯をもらって食べました。

そして四人は港への道をぞろぞろと歩いてゆきました。道々まつたろうは、ラケットを振り上げては

「熱くなれよ、犬くん、鳥くん、猿くん。諦めんなよ、あきらめちゃダメだ。いいですか、あきらめたら何でもそこまでなんですからね。敵がどんな奴でもこっちが熱くなってかかれば絶対やっつけられるからね!諦めんなよ―!」

と叫びます。トメキチ・マツコ・福田の三人はこのまつたろうなる兵隊さんが実は人の名前なんかちっとも聞いていなかったことに気がつきましたが、まつたろうが全く頓着していないのであきらめました。

あきらめるなよ、と言われながらもうあきらめている三人です。

 

さあ、やっと港に着きました。

梨賀艦長が言ったようにそこには大きな船が係留されていました。一行がその船をよく見るとこれまた大きな大砲や機銃がたくさん積んであります。

マツコが興奮してさしわたし二メートルはあるような羽を広げて飛び跳ねながら

「ちょっと見てよう、あの船!でっかい大砲があるじゃないの、あれをぶっ放せるなら早く乗りたいわよ、ちょっとまつたろう、早く乗ろうじゃないの!」

とわめきます。福田ウータンも、トメキチも大騒ぎです。それを見てまつたろうは

「よーし、皆熱くなってきたなあ。じゃあ、船に乗ろう。でもいいかい、勝手に大砲を触ったりしたら私は怒りますからね。いいかな?」

と言って皆に勝手な行動はしないと約束させました。

 

・・・さあ、出航です。

大きな船は、まつたろうとトメキチ、マツコ、福田ウータンを乗せて<大和の村>の持ち物の島へ進んでゆきます――

 

           ・・・・・・・・・・・・・・

さあ佳境に入ってまいりました!まつたろう一行どうなるでしょうか、ご期待下さい。

おにぎりです、よろしくね(画像お借りしました)
握り飯


にほんブログ村 小説ブログ 百合小説へ
にほんブログ村
関連記事

Comments 10

見張り員">
見張り員  
ずん太ママさんへ

すん太ママさんこんばんは!
お久しぶりです、お元気のようでなによりです^^、ずんちゃんもお変わりないですか?娘たちが「どうしてるのだろう」と心配しています。
こういうおにぎり、懐かしいですよね~。私も今は亡き祖母によく握ってもらいましたっけ。手で握るおにぎりは、ラップで包むのとは全く違った愛情の味がしますね!
「五十六」どら焼き~!いいなあ~^^。
そういえば今日18日は『海軍甲事件』、山本五十六大将が戦死なさった日ですね。
お姉さまご存じでしたね、きっと!

2012/04/18 (Wed) 22:25 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
ずん太ママ  
こんばんは!

お久しぶりです!
おにぎりを見たら感動と懐かしさで
いっぱいになりました(^^)
わたしの祖母のにぎるおにぎりの大きさは
まさにこれです!
元気と勇気がわいてきますね(*^_^*)
それから今日、私の姉から
「五十六」と書かれたどら焼きをもらいました♪

2012/04/18 (Wed) 22:17 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
沖田根艦長 さんへ

沖田根艦長 さんこんばんは!
コメントをありがとうございます~~!!
いつもありがとうございます、こんな話や少し硬めの話で織り上げたサイトです^^。
いつでもどんなことでもお気軽にコメント入れてくださいませ。
またよろしくお願いします♪

2012/04/18 (Wed) 21:35 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
沖田根艦長  
沖田根中佐の航海日誌・別館です~

見張り員さん、我がブログにコメントありがとうございました!以前からちょくちょく覗かせてもらっていました。興味深いストーリ!どのように展開いたしますか、期待しています♪

2012/04/18 (Wed) 21:05 | EDIT | REPLY |   
見張り員">
見張り員  
matsuyama さんへ

matsuyama さんこんばんは!
悪を成敗いたします・・・!
なんだかあつらえたように、犬・サル(ただしオランウータン)・雉(ではなくハシビロコウ)というトリオができていました!!
福田が問題ですが・・・お楽しみに。
おにぎり、これほどいい食べ物と言いますか携帯食を私は知りません。サンドイッチもある意味携帯食かもしれませんが腹もちのよさは握り飯がぴか一!ですね^^。
海よりの応援もありそうかも・・・!?

2012/04/18 (Wed) 20:30 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
こういう話は書き手も(いや、書き手のほうが)楽しんでおります。
いや~本当にこういう時、いろんなキャラクターを出しておいてよかった!と痛感します^^。きっとこの先もいろんな変なキャラクターが出ることでしょう、よろしくお付き合いくださいませ。
本当に不順な天気ですね、今日あたりは軍都肌寒くなりました。まろにいさまも御身大切になさってくださいね。

2012/04/18 (Wed) 20:24 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
見張り員">
見張り員  
オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
マツコ、ガンガン働きますよ!というかまつたろうにこき使われそうな予感があります・・・!
トメキチ・福田ウータンはどんな働きをしますでしょうか?というてもまともに働くのはトメキチくらいかもしれませんね(-_-;)
ともあれご期待を!
いつもありがとうございます。

2012/04/18 (Wed) 20:21 | EDIT | 見張り員さん">REPLY |   
matsuyama  
NoTitle

いよいよ鬼の成敗ですね。犬、鳥、猿のフルメンバー揃い踏み。犬、鳥はお馴染みですが、オランウータンの福田初登場ですね。新人の大活躍の場が見られるかな。
お伴の証のおにぎり。きび団子よりいいですね。
鮭の切り身のおにぎり、海の中から一行を応援してるかもしれませんね。

2012/04/18 (Wed) 15:31 | EDIT | REPLY |   
まろゆーろ  
NoTitle

成敗にいよいよですね。
日頃、ヤマトで活躍しているみんながそれぞれになって、役者揃いが面白いです。
これまでの登場人物、「まつたろう」に限らず適材適所の役どころが出来るくらい、たくさんの物語が生れるのではないでしょうか。見張員さんの努力のたまものですね。
天気が不順です。お体を大切になさってお過ごし下さい。

2012/04/18 (Wed) 14:38 | EDIT | REPLY |   
オスカー  

こんにちは。私のマツコ、ガンガン働かせて下さい(笑)福田さま「あなた(たち)とは違うんです!!」でぼこぼこに敵をやっつけて欲しいです。トメキチには「ここほれ、ワンワン」で温泉を~って一体なんの話になってしまいますね(笑) パイナップル弾ならぬ松ぼっくり弾の威力が発揮されるシーンを楽しみに待っています。

2012/04/18 (Wed) 10:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)