2017-09

ニャマトよどこに 2 〈不審物〉 - 2016.09.12 Mon

長妻兵曹は第一砲塔を見上げて絶叫したーー

 

彼女は半分腰を抜かして両手両足を使って甲板上を這って、手近の艦内電話に何とかたどり着くとその受話器を取り

「誰か、誰でもええ…だ・だ・だ…第一砲塔にとんでもないもんがおる、早う、早う誰か来てくれええ」

とまた絶叫した。その電話をたまたま受け取った繁木航海長は大変驚き、折からの眠気も吹っ飛ばしてこれも手近の何本かの伝声管のふたを取ると

「第一砲塔にて緊急事態発生、手すきの乗組員は第一砲塔へ集合!」

と怒鳴った。さあ総員びっくり仰天、梨賀艦長・森上参謀長以下当直以外の将兵が第一砲塔に集合する大騒ぎと相成った。

大勢が見上げる第一主砲砲塔上、その大勢の中の一人桜本オトメチャンは

「あれ!艦長の敷布じゃないね!何であがいな場所に…しかもなんやらふくらんどってなね」

と指さして言った。その横に棗佐和子主計特務大尉がいて

「ほうね…誰か入っとるような気ぃがしてならんねえ。あの膨らみ方は。誰ぞあれをかぶってしゃがんどってかも」

と腕組しながら言い、さらにその隣の麻生中尉も

「ほうですねえ。しかし誰があがいなことを?いたずらにしても悪質ですし…それに第一ニャマトはどこへ行ったんじゃろうか」

と言って考え込む。皆がざわざわとしているそこに梨賀艦長・佐藤副長そして森上参謀長などがやってきて「あれです」と繁木航海長が示した砲塔の上を見上げた。

「なんじゃありゃ」

と参謀長がつぶやくのが聞こえ、佐藤副長が

「あれを最初に見つけたのはだれ?…長妻兵曹か、兵曹、あれを見つける前に何かほかに見なかった?」

と長妻兵曹を手招いて尋ねた。がしかし、長妻兵曹はかぶりを振り

「いえ、うちがアレを見つける前にはなあも他には見ませんでしたが」

と答え副長は「そうか…」と言って砲塔のおかしなものを見つめた。すると前のほうに立っていた水兵嬢たちが何やら騒ぎ出した。オトメチャンたちが聞き耳を立てると

「ニャマトが、ニャマトの声がする」

と口々に言っているのだった。オトメチャン、棗大尉そして後ろから将兵嬢たちをかき分けてやってきた麻生分隊士に松岡中尉、岩井中尉に松本少尉が砲塔の真下に立った。

「しっ、静かにして」

と松岡中尉が唇に右手の人差し指を当てると鋭く言ってその場の皆が黙った。耳を澄ますと、砲塔の上の敷布の中から

「ギャマド!ギャマド」

と、ニャマトの声が漏れてきた。オトメチャンがはっと顔を上げて「ニャマトの声じゃ。ニャマトはあの中に居るんじゃ」と小さく言った。岩井中尉もうなずいた。松本少尉が「どうしたらええんじゃ、ニャマトを救わんといけん…上に登ってみるか?」と言ったがオトメチャンがそれを押しとどめた、「いけません、まだいけません。声がする言うことはニャマトは無事じゃ言うことじゃと思います。問題はだれがニャマトを捕まえとるんか、言うことです。今ちいと待ちましょう、きっと機会がやってきます」。

その場の一同深くうなずいたーー

 

事態が動いたのはそれから五分ののちだった。敷布がむくむく動き、「ギャマドギャマドギャマド―」とニャマトの絶叫が響いた。

「オトメチャン、ニャマトが危ない」

岩井中尉が悲鳴のような声を上げ、大勢の将兵嬢たちも「ニャマトが、ニャマトが死んでしまう」と騒ぎだした。梨賀艦長が

「ニャマトを救わないと…私が行こう」

と決意を固めた、その時。

「うちが行きます。あの敷布は艦長のものです、艦長従兵としてうちの管理が悪いけえこげえなことになりました。責任はうちにあります、じゃけえうちが行きます!」

とオトメチャンが叫び砲塔の上に続く小さなラッタルの手すりをつかんだ。艦長が慌ててその手を押さえ

「待ちなさい、桜本兵曹のせいではない」

といい松岡中尉も飛び出してきて

「その通り、いや、本当の責任はこの私にある。私は熱くなって熟睡なんかしていたからニャマトをさらわれたのにも気が付かなかったんだ。だからここは私が!」

とラケットを下に置いた。

するとオトメチャンは、床に置かれた松岡中尉のラケットをそっと拾い上げ中尉に手渡した。皆が注視する中オトメチャンは微笑んで

「ここはうちが行きます。うちを…うちを…」

とそこまで言うと下を向いてしまった。皆の視線を浴びてうつむいているオトメチャンに、棗大尉が近づくと

「皆さん、彼女を『漢』にしてやってください。桜本兵曹は、本当に責任を感じとってです。大事な艦長の敷布と下帯を盗まれ、今ここでその敷布を目撃しています。そしてニャマトがその中に…。下帯がどうなったかわかりませんが、ほいでもあの敷布を退けたらでてきやせんかと思うとります。そうだとしたら桜本兵曹の管理下にあったものが二つも誰かに良くないことで使われてしもうた。桜本兵曹にしたらこれほどの打撃はない思います。じゃけえここは桜本兵曹にニャマトを救いに行かせてほしいんです。援護はうちがしますけえ、兵曹の無事に関する責任はうちがとります」

ときっぱり言った。その横で桜本兵曹が深くうなずいた。

梨賀艦長は皆を見回した後軽くうなずいて

「わかった、よくわかりました棗大尉。では桜本兵曹、気を付けてニャマトを救ってほしい」

といい麻生分隊士や岩井中尉、松本少尉が「気ぃつけてな」と声をかける。

オトメチャンがしっかりうなずいてもう一度ラッタルの手すりに手をかけた。皆が「気を付けて桜本兵曹」とか「オトメチャンしっかりな」と声をかけた。

オトメチャンは一段一段、ラッタルを上りそして砲塔の上に上がった。彼女の目の前に、艦長の敷布をかぶった〈何か〉がいてその中から「ギャマド!」と声が聞こえている。

「誰だ貴様は、ここを『大和』と知っての狼藉か。ニャマトを返せ。艦長の持ち物を返さんか!」

そう、桜本兵曹が怒鳴り敷布に手をかけようとしたその時!!!――

  (次回に続きます)

 

               ・・・・・・・・・・・・

妙なものが砲塔上に…!

そしてそれは艦長の敷布であることが判明しました、しかもそれをだれかがかぶっているような感じだと。さらにその中からニャマトの鳴き声が聞こえてきました…オトメチャンどうなる!そして敷布の中身は??

さらに緊迫の次回をお待ちください!

関連記事

● COMMENT ●

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは
緊迫の中にも一条の安らぎと言いますか、そんなものが垣間見えます^^。
意外と迷子になるんですね!サクラちゃんも脱走の前科ありですかw、しかし気が気ではなかったことでしょう。万が一のことがあったりしたらと思うとぞっとしますね。
ニャマトどうなるでしょう、お楽しみに!

関東の不穏な天気。全国的におかしな天気の上にまた台風が…(◎_◎;)。もう結構ですね、猛烈台風が台湾方面を窺っているようです、そのあとに来た15号でしたっけ?が、本州に来るとか…もう本当に遠慮申し上げたい台風御一行様ですね(-_-;)。どうぞお気をつけてくださいませ!

おっちゃんさんへ

おっちゃんさんこんばんは
ニャマトは普段は「ニャマト」と鳴きますが怒ったり恐怖を感じると「ギャマド」になります。

誰かがニャマトを捕まえてるのはもう明白のようです。いったい誰が何のつもりで?不安渦巻く次回をお楽しみに!

ニャマトの簡単な紹介です^^。


>ニャマト 仔猫。岩井中尉と松本少尉が呉の街で拾ってきた仔猫。樹に縛り付けられ弱っていたのを救われた。希少な三毛猫のオスということで喜ばれ、飼われることに。マツコ、トメキチと一緒に行動している。鳴き声は「ニャマト!」。怒ったりすると「ギャマド」になる。松岡中尉はよく「ギャマド!」と叫ばれる。

No title

心配しながらも心がほどける展開になりつつありますね。
やはり皆さんのキャラクターのよさでしょうか。みんながそれぞれを心配する。いまでは希少なことかもしれません。
犬や猫って、結構道に迷うようですね。自分の居場所が分からなくなって迷子になりやすいとか。そういえば我が家のサクラさんも一度脱走して、とんでもなく遠い場所で悠然と遊んでおりました。肝を冷やしました。
ニャマトの冒険の結末を楽しみにしています。

関東の雨はいかがでしょうか。秋雨前線が活発化しているようですね。それに地震も。
天地が暴れる……、今年は本当にきつい一年になりそうです。くれぐれもお大事にお過ごしください。

こんばんは

ニャマトは「ギャマド」って鳴くんですか?面白い鳴き声ですね。

ニャマトといっしょに誰かがいるのですね。
しかも何でそんなとこにいるのか、
気になりますねえ・・・。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは
>腐心人物
に大笑いしてしまいましたwww!きっと出てくるでしょう、腐心者w。

犬猫の殺処分。あれは本当になくしてほしいと思います。同じ命なのにどうして簡単に死に追いやられ灰にされなくてはならないのでしょう。あまりに理不尽です。命の重さを感じ考えてほしいですね。

まさに梅雨の様相ですよね!いったいどうなってるんだか、来週また台風とか言ってますがどうか来ないでほしいですね。
いつもご心配をありがとうございます、オスカーさんもどうぞ御身大切になさってくださいませね^^。

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは
何が出てくるのでしょう…ワクワク、いやドキドキ…もうちょっとだけお待ちください。もし、あの「彼」だとしたらどう出てくるのか。怖いですね~(;´Д`)。

『漢』らしい、というのは女の中でも賛辞だと思います。よく「漢らしい、漢になれ~」とほめたりほめてもらったりしたことがありましたが何かかっこいい気がしておりました。
『女になれ』だと何か…ねwww.

こんばんは。
不審物ではなく「腐心人物」(笑)が出てきそうな予感がしますが……どうでしょう? お話を読みながら迷子になったペットを探す探偵とかいたよなぁ~と思い出しました。
崖っぷちとかにいて救出された犬はみんな飼いたがるのに、保健所にいる犬や猫にはなぜ目を向けないの?と思うことがあります。
秋の長雨というよりだいぶ遅れて梅雨が来たみたいです……どうぞムリなさらずに!

No title

さて何が飛び出す?

ニャマトの声からは相当緊迫感が伝わるのですが、
何せ敵の正体がわかりません。
毎度おなじみの彼だとすれば、予想もつかない攻撃が?

しかし「漢」にてのは、女性同士で使うものなのでしょうか?
でもこの場合いい言い換えがみつからんですな。
「女」にでは何か別の方面ですもんねw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/1129-8826160d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ニャマトよどこに 3 〈撃沈〉解決編 «  | BLOG TOP |  » ニャマトよどこに 1 〈行方不明〉

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (110)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード