終戦記念日

昨日は71年目の終戦記念日。
例年この日は東京を離れているため参拝叶わなかった靖国神社に参拝してきました。朝、「とと姉ちゃん」を見てから腰を上げ、いざ靖国。

15日の駅は、休みの人と仕事の人が混在していました。休みの私は仕事に行くと思しき人たちに心の中で手を合わせ(お仕事頑張ってください)と言いながらやがて電車は九段下へ。
半蔵門線が乗り入れている関係から普段もそれなりに乗降の多い駅ですが今回はいつもと違う!と直感。人の流れは大別して三つ、半蔵門線に行く人、靖国神社へ行く人そして、日本武道館へ行く人の流れの三つでした。
九段下駅の長いエレベーターを上がるともうそこにはいきなり警察の姿と大変な数の人たち。
いろんな団体の方たちがチラシを次々に差し出し、それを受け取りあるいは署名を求めていらっしゃいます。
そんな中をやっと大鳥居にたどり着き、坂を上ります。
DVC00024_20160816135656e35.jpg
途中、「靖国カレンダー」を購入し署名をして。
いよいよ手水舎へ入り手や口を清め拝殿を目指します。
しかし今までないくらい、初もうで並みの、いやそれ以上の人の列。
みんなで並んでその時を待ちます。

やっと順番が来て、お賽銭を入れ二礼二拍手一礼。様々な思いを込め、拝礼しました。

まだ午前中もいいところなので、見たかった「遊就館特別展・時を超えた祖国への想い 軍人とともに歩みし軍属たち」を拝見しました。軍人ではないけれど軍のために働いた多くの人たち、特に女性のご祭神が多いことに改めて気が付きました。
中でも従軍看護婦の女性たちの苦労は並ではなかったことでしょう。
彼女たちは召集がかかれば乳飲み子がいようが新婚であろうが関係なく戦地へ赴かねばなりませんでした。
会場に掲げられていた「別れの乳房」という絵(複製)には泣けました。赤十字の看護婦さんが出征に際し駅のホームでまだ乳飲み子のわが子を抱えて最後の母乳を与えているシーンです。
周囲には日の丸や赤十字の傍を持って妻や母を見送る人たち、その中でわが子を抱え愛しげに見つめ乳を含ませる母…そばに夫と上の子供がそれを見ています。

彼女はどれほど後ろ髪を引かれる想いで出て行ったんだろうか、そして無事帰ってくることができたのだろうか…


そして海軍軍属の若い女の子の空襲による戦死。原子爆弾による死…悲しいものばかりで胸が塞がりました。私の娘たちと同じような年ごろの女の子たちが、懸命に働きそして死んでいった事実を忘れてはなりません。

その中で私が心惹かれた「井上朗子」さんのエピソードにはもう言葉がありません。
彼女は原子爆弾により負傷しその後亡くなるのですがそのなくなる間際のことがたまらなく泣けてしまいます。これはそのうち創作してお伝えしたいと思います。

男も女も、老いも若きもあの総力戦を戦った。
戦争はいけないこと、それは当然ですがそれをしなくてはならなかった日本人の心にもう一度触れて、思うことたくさんあった終戦の日の参拝でした。

この日『白鳩の会』に入会しました!靖国神社には白鳩が飼育されていて終戦の日には「放鳩式」が行われます。その支援の会ですDVC00028.jpg

そしていつものように売店へ…今回はこんなものを求めました!
『大和・武蔵・信濃』のマグネットです^^。
DVC00027.jpg


そして靖国を後にしました。帰りはまたたくさんのチラシをいただいて…w。
そうそう、大鳥居の前で雑誌社のアンケートに答えました。『週刊○パ』の方でした。

来年終戦の日に行けたらもっと長い時間、居たいと思います。


日本を取り巻く状況はどんどん厳しくなってきています。このままでいいのか!?と思うこと多々あります。いろんな意見があるとは思いますが一難大事なのは国を守ること。国を守ることはとりもなおさず国民を守ること。
この幸せな生活を失わないためにも日本はきっちり、国を守るための装備を整えてほしい。
日本という国がこの先千年も二千年も続くために、そしてそれこそがあの大戦で亡くなった人たちの想いだということを忘れないでほしいです。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんにちは
自分が「英霊の立場だったら」を考えますと、やはり大泣きするような今の日本でしょうね。
日本人が古来から大切にしてきたものをあっさり捨て去り、刹那的にしか考えられない生きられない民族になり果てたような気がします。


TVも面白くないです。私も海外ドラマなど見ますが民放地上波はほとんど見ません。ギャーギャーうるさいだけで中身がない。怒鳴るように話すあれ、なんとかならんか??

中国人と同じような考え方に陥ってはなりません。日本には日本の祖先の祀り方、祭祀の仕方がありますからね。死んだら「もの」扱いはどうもわかりかねます(-_-;)。

ponchさんへ

ponchさんこんにちは
戦没者を慰霊し敬うことに敗戦国も戦勝国もないはずですが…どうしたこっちゃと首をかしげるばかりですね。これでは本当に英霊は浮かばれないです。
死者を悼み敬う習慣のない国の連中の言うことを真に受けて、本来の日本の「死者を敬う、悼む」心を捨てるならそんな馬鹿な話はないですよ。そんなことを言ってくる国となんか断交すればいい。そう思いますよ私。相容れない感情ですものね、話にならない!

例の団体ですね、なんだかわけのわからない団体でした。そして例によって「これは終わりではない、始まりだ」みたいなこと言ってるようですがもうとっくに終わってるよ君たち、と言いたいですねw。
国益を損なうような連中はどこかへお行き!ですね。

声なき声さんへ

声なき声さんこんにちは
次回東京にいらしたらぜひゆっくり参拝してくださいませ。遊就館も本当にじっくり見ようと思うと数時間必要かと思いますので。

そもそも自国のために戦い散華したひとを慰霊顕彰するのは至極当然なことです。どこの国でもしていることをなぜ日本がしたら非難されなくてはいけないのでしょうね、しかも国民の中でも非難する人が居るのが大変おかしな話です。戦没者の御霊はきっと泣いています。

声なき声様は決して≪無価値な人間≫ではありません。こうして先人に思いを致す方が無価値であるはずがありません。いつか、靖国にご参拝できる日を私も待っています^^。

No title

今の世の中を出征された方々がご覧になったら、
さぞ嘆き悲しまれるのかと思います。

最近はもっぱら時代劇専門チャンネルぐらいしか見てないです。
同じような番組しかないですから、民放なんてどこつけてもいっしょ。
電波の無駄遣いとしか思えません。

中国あたりでは、祖先は現世の運気を高めるための道具で、
昔から平気で墓荒らしをするぐらいの方々です。
そんなもんなんだと割り切って考えるぐらいがちょうど良いのか?

No title

靖国参拝お疲れさまでした。

戦争反対を唱えるだけなら子供でもできますが、戦争に負けたにせよ、先人が命がけで守った日本を守っていかなければ、英霊も浮かばれないと思います。
靖国参拝に反対してる中国と南北朝鮮には死者を悼む慣習がないと聞きますし、死者を悼む慣習がない罰当たりな連中のいいががりを日本が聞かなければならないいわれもないと思います。

いなばさんもおっしゃってますが、やっとどこぞのパヨク団体が解散しましたね。
日本に不利益をもたらすだけで何ひとつ日本の平和には貢献してないパヨクは滅ぶべきだと思います。

No title

靖国神社には一度しか参拝したことはありません。
10年以上も前、東京出張のときに立ち寄っただけのことでした。
遊就館を訪れることもできませんでした。
日本のために亡くなった人のために祈りを捧げ、平和を守っていこうと誓うことがなぜ非難されなければならないのでしょうか。
何らかの形で、再び、靖国神社の参拝を行う所存です。
私のような無価値な人間でも、日本国に生を享けて相応に幸せな生活を送らせてもらっていることへの感謝を申し述べるつもりです。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんにちは
まさに降ってわいたように感じた今年の終戦の日参拝でした。
それにしても昨今の日本の腐れ具合には大変に憂慮しています。人の心はあれすさみ、政治家は金集めに必死。そんな間を縫って中韓は領土を虎視眈々と狙い、竹島はあの通り。尖閣ももう時間の問題。情けない。
やはりにいさまもおっしゃる様に日本人があの戦争と戦没した多くの人を忘れ去った結果がこれでしょうね。ざまあない。
たとえ何年何十年が経ても忘れてはいけないことがあると思います。
まして日本人が初めて総力戦を戦ったあの戦争。国土を踏みにじられたあの戦争を忘れていいはずがない。

天皇陛下の静かなれどお力のこもったお言葉を日本人はかみしめるべきですね。

オスカーさんへ

オスカーさんこんにちは
まったく、まるで靖国参拝が悪いことのように報道するのってどうかと思いますね。いったいどこの国の報道機関なんだか。そういう報道してるから例の国あたりから足元見られて舐められるんですよ。
国難に殉じた人を慰霊顕彰するどこが悪いんだか、ホントいやな気になりますよね!!

昨晩はえらい雨でしたが今日は青空、しかしめっちゃクチャ暑い…北海道はこれからみたいですね、今年北海道雨多くないですか?なんだか変な陽気ですね。
熱中症にくれぐれもお気をつけてくださいませね!

いなばさんへ

いなばさんこんにちは
例の団体ですね。騒ぐだけ騒いで結局何もしなかったできなかったあのお笑い団体、さっさと解散してくれてさっぱりしましたよ。

TVは今年もろくな特集もくまずこの夏を終わらすつもりのようです。六日9日15日、ばか騒ぎ番組に終始し、何も考えていないおつむを露呈してくれました。見る価値無しです。

すっとこさんへ

すっとこさんこんにちは
軍属と呼ばれる人たちの中には正直「行きたくない」と思った人だっていたかもしれないですね、でも国家の危急にそんなこと言ってられないと私心を捨てて出て行かれたのですね。
乳飲み子に最後の母乳を与えた看護婦さん、無事に帰られたのかなあと私も気になりました。

靖国参拝、今年はおもうところたくさんありました。いつかすっとこねえさまと一緒に行けたらいいなと思っています^^。

No title

ゆくりなくも叶った終戦の日の靖國参拝。やはり与えられたのかもしれませんね。
日本がだんだんと歪んできています。心がおかしくなった人の多さ。そして不遜な中国の態度。内憂外患に過ぎます。
思うに今の日本人が先の戦争と、犠牲になった人たちへの思いが薄れていっているのも大きな原因ではないかと。たとえ71年が経たとは言え、その当時の苦しみや悲しみの万分の一でも忘れてはならないと思います。
全国戦没者慰霊式典での天皇陛下のお言葉。嚙みしめる必要が大であるはずです。

おはようございます。
毎年閣僚の靖国参拝が話題になりますが、もうそればかりはいいだろうと思ってしまいます。亡き人たちに心をよせるということを否定されているようでイヤな気持ちになります。
台風は関東から遠ざかりましたが、北海道の方々はこれからが大変ですね。まだまだぐずついた天気が続きそうですが、お身体に気をつけて下さいませ。

私が嫌いな、団体がやっと解散しました。活躍がお祭り(皆さんもご存知の)バカの。今年も各テレビ放送局の、評価。6・9・15日の番組チェックです。
あい変わらず、その時間帯にバカ番組の多さに、平和語る資格なし。

そうですよね、皆様この日本が続くようにの思いでそれぞれの任務に赴かれたのですね。乳飲児に最後の授乳・・・たまりません。無事にご帰還なさったのでしょうか。気になります。

見張り員さん、靖國に行って参拝して下さって有難うございました。
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード