2017-10

総員集合!〈人物紹介〉 3 - 2016.02.09 Tue

人物紹介続きです。

 

大和をめぐる人々

紅林次郎 広島市内「小泉商店」社員。とある事案をめぐって「小泉商店」本社でオトメチャンこと桜本兵曹と出会いひとめぼれ、交際を社長の孝太郎、その娘の純子を通じて申し込んだ。桜本の悲惨かつ複雑な生まれ育ちにも理解を示し結婚を前提に交際を始める。

 

佐野基樹 高田佳子兵曹が女学生時代叔父に引き合わされ見合いをした相手。その当時佐野にも佳子にも結婚の意思がなく話は流れた。しかし最近グアムで再会し、佐野のほうから自分との結婚を考えてほしい、と求婚をした。環境がすっかり変わり自信に満ち溢れた高田に惚れ直した佐野である。

 

益川敏也 海軍工廠技術士官。山中大佐たちとともに「松岡式防御装置」の開発にあたる。まだ独身。町に出ては「嫁さん候補」を探し回るがなかなかいないのに焦る。目標は〈天女のような〉山中次子中佐のような女性である。

 

エガチャン いつからかトレーラー環礁周辺に住み着いている不思議な男性。やることに奇行が多く女海軍に嫌がられている。すぐ抱きついたり裸になったり。『大和』に不法侵入をして野村副長(当時)のふんどしを締めてさらに破いたことも。トレーラー大運動会では砂の中に埋まっていた。

 

イシ・マッチュ ヤシの実を売って生業としている男性。ヤシの実取りのおサルを飼っている、現在のサルは二代目・ジロ。長妻兵曹とヤシの実落としの速さを競っていつも負けているが実は仲良し。初代のサル・タロが死んだときは二人で泣いた仲。

 

武蔵

猪田敏代大佐 艦長。海軍兵学校卒。砲術の大家と呼ばれている。禅マニア。外地でも内地でも美しい月夜の晩には主砲塔の上などで座禅を組んでいる。いつも冷静沈着、周囲が何かに浮足立っても落ち着いてことの推移を見守れるひと。一人娘は猪田智美海軍中尉で、零戦搭乗員。

 

加東憲子中佐 副長。やはり乗組員嬢たちから「くそパッキン」呼ばわりされる。それだけ任務に忠実であり艦長を心から慕っている。お化粧があまり上手ではなく、給糧艦「多羅湖」で行われた怪しい〈副長会〉にお呼ばれした際ほどこした化粧を「多羅湖」艦長から「おてもやん」と言われざっくり傷ついた経験あり。 

 

村上芳子大佐 軍医長。海軍軍医学校卒。『大和』の日野原軍医長とは仲良し。大勢の乗組員嬢たちの健康のため日夜忙しい。日野原軍医長とともにトレーラーの娘・キリノを見出した。武蔵艦内でキリノに勉強を教えたこともあった。

 

林ミチ大佐 主計長。海軍経理学校卒。主計長というたいへん多忙な任務を必死にこなしているらしい。「間宮」入港の際は彼女自らランチを漕艇して駆けつけるらしい。時におかしな食材で握りずしを作り、何も知らない無実の部下に命懸けの試食をさせることもある。

 

仮屋実子中佐 航海長。海軍兵学校卒。操艦という重責を担っている。バナナが大好きほんとだよ。青いバナナを艦橋の羅針儀の上につるして熟れるのを楽しみにしていたが部下の水兵に一本もぎ取られて泣いたこともあった。

 

長谷川リツ中尉 掌主計長。海軍経理学校卒。主計長の下で日々軍務に励んでいる頑張り屋さん。しかし主計長の悪だくみ?で毒魚の刺身で作った握りずしを「毒は消えてるから」と食わされ、泣きながら恨み言を言ったが意外に寿司がうまくご機嫌に。しかし毒は消えない可能性もあったと軍医長から聞かされ「間宮羊羹に分明堂のカステラを詫びによこせ!」と怒り心頭。

 

武蔵をめぐる人々

三浦桃恵 旧姓春山。元医務科兵曹。もともとは幼馴染の男性と付き合いがあったが彼の心変わりに泣いた。が、横須賀海軍工廠技術士官の三浦中尉と出会い意気投合、結婚。すぐにおめでたとなり退艦。継代という女の子を設ける。現在第二子妊娠中。

 

三浦智一大尉 横須賀海軍工廠技術士官。有能な士官。失恋して傷心の春山兵曹と出会い、『彼女には俺しかいない』と思いアタック。そして電撃的に結婚。娘の継代をかわいがっている。第二子の出産を楽しみにしている。『武蔵』乗り組みだった妻が自慢。

 

ナナ 犬。武蔵のマスコット犬。「大和」のトメキチを羨んだ武蔵乗組員嬢がトレーラ水島の街で拾ってきた犬。しかし当初はどうしようもないバカ犬で兵隊嬢のご飯を飯缶からじかに食ってしまったり艦橋内で寝転んでいて猪田艦長を転ばせたりとどうしようもない犬だったがトメキチに特訓されまともな犬に。

 

エガチャン 武蔵にこっそり入り込んで「幽霊騒動」を起こした。しかし艦内で開けられた「シュールストレミング」缶の臭いに倒され昏倒しているところを艦長以下に発見され拘束、海軍警備隊に引き渡された。以来時々出現しては特に加東副長に大迷惑をかけている男。

 

その他の人々

山口たも少将 二航戦司令官。海軍兵学校卒。『飛龍』に座乗。『飛龍』の加来止代艦長とはいいタッグを組んでいる。以前は饅頭とあだ名されるほどの巨体であったが、わが子たちをその腹で吹っ飛ばすという惨事を起こし一念発起。ダイエット敢行しついに痩身に成功。最近はややリバウンドしてきたらしいが饅頭には戻っていない。

 

古村啓子大佐 水雷戦隊司令。海軍兵学校卒。『矢矧』に座乗。『矢矧』の原為代艦長とゴリラごっこをするのが楽しみ。上陸すると森の中を駆け回りゴリラのようにふるまってストレス解消するらしい。梨賀幸子、森上信江とは海兵同期の仲。

 

柳本柳子大佐 空母「蒼龍」艦長。海軍兵学校卒。時に無茶をしたがる性格。横須賀に帰還すると、横須賀から都内の自宅まで夜通し歩いて帰宅するというとんでもないことをして副長以下に余計な心配をさせる。深夜、警官に誰何されたことも。明け方自宅に到着し、母親から「いい加減にしなさい」と叱られるもやめる気配なし。

 

助平得露 元海軍省勤務。海軍兵学校卒。その地位を悪用し、『大和』の見張兵曹(当時)を軟禁しいけない遊びをした。しかも二度までも。二度目は助けに来た仲間たちによって助平氏は逮捕される。

 

助平得露須大佐 給糧艦・多羅湖艦長。海軍兵学校卒。妙な性癖があり〈副長〉という職務の子が大好き。ぞくぞくしちゃうのだと言って〈副長会〉なるものを開催し『大和』『武蔵』の副長をその毒牙にかけた。しょうもない人。助平得露の妹。

 

出庭花芽中佐 給糧艦・多羅湖副長。海軍兵学校卒。助平得露須を叔母に持つ。

 

村岡ハナ軍医大尉 トレーラー海軍診療所の軍医。海軍軍医学校卒。キリノを看護婦として迎えた診療所の中核医師。豪放磊落な性格で周囲を包む。山梨県出身で甲州弁丸出し。

 

風間千代中尉 トレーラー航空基地所属。海軍兵学校卒。たいへん有能な飛行将校。山梨県出身で、村岡軍医大尉と意気投合した。甲州弁が気になって仲間と話ができなかったがあのエガチャンのいたずらに怒り思わず甲州弁を出し、吹っ切れた。

 

蛇原ユイ飛行兵曹長

龍神佳代子一等飛行兵曹 }空母「白鵬」飛行隊所属。海兵団出身。九七艦攻のペア。愛と信頼と友情と

鬼河志保一等飛行兵曹   でつながる。恐れを知らないので鱶を撃退する。トレーラー大運動会に現れ 

             たエガチャンをも撃退するほどのまさにつわもの。

 

山中シズ 元海軍軍人。山中新矢の嫂。陸戦隊では野村次子(当時)の上司であった。一〇年ほど前に海軍を退職し一般民間人。義弟と次子の結婚を心底喜んでいる。

 

錦古里ケイ少尉候補生 海軍兵学校卒。少尉候補生として研さんを積んでいる。テニスが得意だが運の悪いことにテニスの女王を自認する『大和』の松岡修子中尉に目をつけられ、空母の飛行甲板で対決させられた。松岡中尉のきたないプレーに危ない目には合ったものの中尉とは仲良しになる。が、少々熱すぎる松岡中尉はお好みではないらしい。松岡中尉には「にこごりくん」と呼ばれている。

 

            ・・・・・・・・・・・・・

ざっとではありましたが今まで登場のおもなる人物をご紹介いたしました。彼ら彼女らがこれからも活躍することでしょう、そしてまた新しい登場人物も出てくると思います。

これからの「女だらけの戦艦大和・総員配置良し!」をよろしくお願いいたします!

関連記事

● COMMENT ●

ponch さんへ

ponchさんこんばんは!
加東憲子の名前は本物の武蔵の副長・加藤憲吉さんから拝借したものなんです^^。だからなおさら強そうな名前に見えますね。

靖国へ行く際に大江戸線を…というときっと同じ区内かもしれません。私はJRの駅から地下鉄東西線利用です^^。

何だか強そうな名前の面子がまたぞろ出てきていますね。
加藤憲子副長とか特に強そうだなと思いました。

記事とは関係ない話になってしまいますが、見張り員さんと自分は案外住んでるところが近いかもしれませんね。
自分は靖国参拝に行くときはいつも大江戸線で行ってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/1062-9be57fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一筋の光 «  | BLOG TOP |  » 総員集合!〈人物紹介〉 2

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード