フラワーシャワー 2〈解決編〉

『大和』たちが〈飛行場砲撃作戦〉から無事帰還したのをハッシー・デ・ラ・マツコとトメキチそしてニャマトは察知したーー

 

この三人は『大和』が戦闘に参加中にはトレーラー艦隊司令部に預けられていたのだった。梨賀艦長の海兵同期が司令部にいた伝手もあり三匹は「戦闘が終わって帰るまでここでいい子にしていなさい」と、梨賀艦長そして桜本兵曹が付き添って艦隊司令部に来たのだった。この二人が『大和』に帰るとき、三人は二階の司令室の窓に引っ付いて艦長と桜本兵曹の姿が見えなくなるまで見送っていた。桜本兵曹は振り返りたかったが梨賀艦長に「振り返ってはいけません。顔を合わすとかえってあの子たちがかわいそうですからね」と言われていたので必死に前を向いて歩いたのだった。

最初の二日ほどは、司令部の世話係も心配するほどげんなりしていた三匹だったが三日もすると元気になり始め、司令部の建物の中をのしのしと歩くほどになった。

すぐに人気者になった三人、司令のあとを厠までついて回ったり職員の机の上のお菓子を食べてしまったりと笑いを繰り広げた。

中には冗談交じりで

「ねえ君たち、いっそ司令部のほうに引っ越してこないか?悪くないと思うよ」

と問いかける士官嬢さえいた。が、マツコたちは

「ありがとうございます。でも私たち『大和』のみんなに拾ってもらった恩義があるもので」

と丁寧に断った。するとその士官嬢は笑って

「冗談だよ冗談、君たちは『大和』にとってなくてはならないものだというのはよく知っているよ。でもこれを縁にして時々は遊びにおいで」

と言ってくれた。マツコはその大きなくちばしで士官嬢の頭を挟み込み、トメキチは彼女の膝にピョンピョン飛びつき、ニャマトは彼女の二種軍装の軍袴を爪を使って這い上がり喜びを表した。

士官嬢は大笑いしながら 

「よしよし…やめてくれえ、くすぐったい!――さあ、一緒においで、おいしいお菓子があるよ」

と三匹を抱きかかえるようにして自室で菓子を与えたのだった。

 

『大和』たちが出撃して行って一週間ほどが経った晩トメキチは寝床にあてがわれた大きな箱の中でタオルにくるまりながら

「トメさんたちどうしてるかしら。もう戦闘は始まったのかしら」

とつぶやいた。ニャマトもトメキチのそばで「ニャマート、ニャニャ」という。マツコはカーテンの下から差し込む月明かりをじっと見つめながら

「そろそろね、明日明後日には始まるんじゃないかしら。ああ、心配だわあ…」

と言って大きなくちばしをカタカタ言わせた。

そして三人はいささか不安なままで十日ほどを過ごしたのだった。

そんな三人を司令部の皆は何かと気にかけて遊びに連れて行ったり夜寂しそうなときは当直の兵隊嬢たちが抱いて寝かせてくれた。

マツコたちはそれを大変な恩義と感じ始めていた。

そして、

「大戦果、大戦果だあー。飛行場攻撃が大成功だあ」

とラジオを聞いていた少佐が興奮して司令部の中を駆け巡り、マツコトメキチニャマトたちも一緒になって走り回った。だれ一人欠けることなくーもちろん空母や巡洋艦たちもー帰還してくるのを悟って動物三人組は跳ね回って喜んだ。

 

そして今日。

『大和』から梨賀艦長と桜本兵曹が迎えに来ると、司令本人がマツコたちに言って、三人は喜んだ。が、一抹の寂しさを感じたのも本当である。

「何か、お返しをしたいわね。でもあたしたちにできることってたかが知れてるわねえ…」

マツコは翼の先で頭を撫でつけて考え込んだ。トメキチもニャマトの顔を見ながら考えていたが「そうだマツコサン」と話しかけた。なあに、とその顔を向けたマツコにトメキチは

「さっきね、」

と庭で見た光景を話した。トメキチはちょっと用足しに庭に出たときあるものを見た。その光景に感激したトメキチはそれをみんなにしてあげたらどうかしら、というのである。マツコは大賛成、ニャマトも喜んで賛成し、庭に出た。

 

その日の午後、梨賀艦長は桜本兵曹を伴ってトレーラー艦隊司令部にやってきた。迎え出た司令と同期の大佐―月岡―に心から礼を述べ、

「あの連中いたずらしませんでしたか?」

と聞いてみた。これは桜本兵曹の心配でもあったが、司令も月岡大佐も笑って

「いや全く。却っていろいろと笑わせてもらいました。またぜひ遊びに来てほしいですよ」

と言ったので二人は安どした。

そして、艦長たちの前にやってきたマツコたち。トメキチは桜本兵曹に

「トメさん、ちょっとだけ待っていてください。それからここのみんなを呼んでほしいの」

と言って、司令部の総員が玄関前に集まった。

トメキチとニャマトはマツコの背中に乗ると、マツコが

「司令部のみなさん、お世話になりました。本当にありがとうございました!また遊びによらせていただきたいと思います…では、今回のお礼に!」

というなり宙に舞い上がった。

わあ、と皆が声を上げるとマツコは皆の頭上で旋回した。そしてトメキチがニャマトと一緒にマツコの肩にかけてあった袋からそれを撒いた…

 

それは司令部の庭に咲いていた真っ赤な花の花びら。トメキチはこれがひらひらと散り落ちるのを見て

「これをみんなにお礼代わりに撒くのよ、きっと喜ぶわ」と言って三人で一所懸命拾い集めたのだ。
ひとしきり花びらを撒いた後、マツコは元の玄関前に降り立った。

司令部の皆がわっとマツコたちを取り囲み口々に「ありがとう」「また来てね」「素敵な贈り物ありがとう」「街で見かけたら声かけてね」などと言って別れを惜しんだ。

梨賀艦長と桜本兵曹も、三人のこの〈贈り物〉に感慨を深くしていた。動物とはいえ、恩義を忘れないその心、(私たちも見習わねば)と思うのであった。

花びらの雨は、司令部の皆に強い印象を残し、語り草になるのである。

 

そして『大和』に帰った三人は、ここでも乗組員たちに囲まれて「ただいま」「ええ子にしとってかね?」「会いたかったわあ」ともみくちゃにされたのだった。

 

その話を診療所の病室で聞いた山中副長は

「まあ、あの子たちがそんなことを。いい子たちですね、ハシビロたちも蝙蝠さんたちも。フラワーシャワーというんですね、いい思い出になります」

とほほ笑んで横井診療所長に語ったのだった――

 

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・

二つの〈フラワーシャワー〉でした。

マツコたちはしばらく寂しい様子でしたが司令部のみんなとも仲良くなれてよかった!そして素敵な恩返しも。

やっと落ち着いた今までの通りの生活が戻ってきます。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
マツコたちは動物ですが人から受けた恩義はきっちり返します。と言っても「何をどう返そうか?」と悩んだ挙句のフラワーシャワー。これが皆に喜んでもらえてよかったですね。
南方の花でのフラワーシャワーは一度経験したいです。

散華、あれも一種のフラワーシャワーですがでもちょっと趣が違いますねw。

中山副長にまつわる人々にもフラワーシャワー。今回はマツコさんたちの心憎いお礼でしたが、何故だかキリスト教の「福音」を連想しました。人々の頭上に神様の祝福みたいな。
恩義を忘れない動物たちの心遣い。人間もこうあってもらいたいものです。
しかしフラワーシャワー、さぞかしきれいだったでしょうね。
仏教では散華もありますが、ちょっと抹香くさいですね(笑)

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
コメントをありがとうございます!!とっても嬉しいです^^。

いやいや。このところなんだかいっぱいいっぱいで文相めちゃくちゃじゃないかなあと思っていた矢先ですのでお言葉大変うれしく思います、ありがとうこれからも頑張ります!

オスカーさんの中の<おやぢ〉を満足させるお話をかけるようにしたいと思っておりますよw。

お互いにきれいな花に囲まれる日々でありますように!インフルはにおたふくの流行し始めた昨今、どうぞ御身大切になさってくださいませ!

ponch さんへ

ponchさんこんばんは
曹なのです。申し遅れましたがマツコはハシビロコウなんです。トメキチは残念柴犬ではないんです。イメージ的には身にピンみたいな犬、ニャマトはオスの三毛です。

詳しいことは後日アップの記事にて!!

ご無沙汰しています。
読んでいなかった作品をイッキ読みして見張り員さまの物語構成や文章力がまたレベルアップしている~!と感動しているところです。
昔、マンガで「シャンペンシャワー」というのがあったのを思い出しました。こちらはサッカー男子(笑)の話だったと記憶していますが、日本酒にほんのり頬を染めた乙女たちがキャーキャー言っている姿を想像しニヤニヤしてしまうおやぢなワタクシです。いつかそんな場面も読んでみたいです(笑)
見張り員さまの毎日も色あざやかな花たちに囲まれたように豊かなものでありますように。お身体に気をつけて下さいませ。

ああなるほどねー。マツコさんが鳥でトメキチが犬でニャマトが猫なんですねー(*´∀`)
マツコさんは自分の頭のなかでは何十年も生きてるオウムなんですけど、実際には何の鳥なんでしょうかね。
トメキチが柴犬でニャマトが三毛猫というイメージなんですけど、この3匹というか3人も全員女だらけなんでしょうか。
少なくとも三毛猫はメス猫と相場が決まってますが。
すいませんね。勝手にニャマトちゃんを三毛猫扱いしてしまって(^-^;)

まり姫さんへ

まり姫さんこんばんは!
お加減いかがでしょうか?どうぞお大事になさってくださいませね。

ご訪問とコメントを感謝いたします♡

鍵コメさんへ

鍵コメさんこんばんは!
相撲もこれで来場所は面白くなりそうですね、期待したいです^^。

お風呂でプラモを・・・・目に浮かぶようです。子供の頃のそういう思い出はいつになっても色あせないですよね^^。

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは!
この三匹あっての『大和』になりつつあるような…(;'∀')気がしてきますね。
マツコサン、飛んで帰れるんですが今回ちょっと楽したきらいがあります…

人間は時に恩を仇で返す時がありますから、あまり信用しないほうがいいーのでしょうか?でもそれではあまりにうら寂しいなあと思いますね。

こんばんは~♪
コメントありがとうございました(^^ゞ
今日は病院行きで先ほど帰宅しました(*^^)
申し訳ありませんが応援だけで失礼させていただきますね(*^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっぱり大和にはこのトリオがいないとね。マツコさんならニャマト、トメキチをのせて大和に飛んで帰ることも出来そうですが、やはり航続距離に問題がありそうかな?動物でさえ受けた恩は忘れないのですが、さて我々人間は?
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード