2017-10

謹賀新年 「松岡式海軍すごろく」 - 2016.01.01 Fri

皆さまあけましておめでとうございます!昨年はたくさんの皆様のご訪問をいただきまして本当にありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さあ、新年第一弾は「新年特別企画・松岡式海軍すごろく」の巻でございます、どうぞお楽しみくださいませ!

 

 

 

松岡「さあお待たせいたしました!今日は特別企画としてこの私、松岡修子海軍中尉の考案の素晴らしい日本の伝統的対戦ゲーム・すごろくを航海科の麻生中尉と、その腰ぎんちゃくの特年兵君に対戦してもらいます!」 

麻生「また!!松岡分隊長あなたいつになったら〈特年兵君〉いうんをやめるんですか!オトメチャンは立派な海軍一等兵曹ですけえの!

松岡「麻生さーん。あなたには冗談は通じないんですねえ、いけませんよ?そういうのなんて言うか知ってますか、〈くそパッキン〉っていうんですからね」

桜本「分隊長、そげえなことはどうでもええです。うち早う双六をやりたいです」

松岡「おお、そう来なくっちゃいけないね。では、松岡式海軍すごろくを始めよう。まず特年兵君と麻生さん。駒をここにおいて」

麻生桜本「おお!海軍兵学校に挑戦じゃと」

 先攻の麻生分隊士、サイコロを振る。二が出る、駒を進めるとそこには

おめでとう合格だ!カイヘイコウガク イインテフ(海兵合格 委員長)の電報を受け取る!〉とある。継いで賽を振ったオトメチャンも同じ場所。

 麻生分隊士振ると二が出る、

兵学校に慣れすぎ酒保で時間外に買い食いし罰を受ける。一回休み

となって

麻生「なんじゃこれは!なんでうちが買い食いせんならんのじゃ」

と怒るがオトメチャンになだめられ落ち着く。継いで桜本、賽を振ると三が出て

成績優秀で皆から羨望のまなざしで見つめられる。二つ進む

麻生「ありゃ…ええのうオトメチャン」

 麻生分隊士一回休みのあと賽を振る、一出て

また酒保で買い食いし、今度は胃腸を壊し留年。一回休む〉(影の声・まさか私のことか!?昔のことは忘れろッ!・古村啓子大佐)

麻生「またかい!なんでうちばっかこげえなことになるんね!分隊長うちをはめようとしとらんですか??

松岡「そ~ンなわけないよねえ。つべこべ言わないで、はい特年兵君サイコロ振ったんさい?」

 桜本賽を振る、四が出て進むと

おめでとう卒業だ。卒業席次一番で恩賜の短剣を賜る。三つ進む

さらに三つ進み、麻生分隊士は焦る…。

 

双六はやがて中間に差し掛かるー。

麻生「いい加減オトメチャンに追いつかんと!えい!」

 麻生賽を振る、六が出て狂喜する麻生。六つ進むとそこには

某巡洋艦に配属される

麻生「ええねえ。これでうちも順調に上がり目指してゆけるわい」

 桜本兵曹賽を振る、五が出て進めばそこには

ここで一回賽を振れ、四が出たら対戦相手は七つ戻る

 とあり麻生分隊士は「オトメチャン、四だけは出さんで~~!」と必死のお願い。しかしそこもむなし 

 く桜本は四を出してしまい麻生七つ戻る、そこには

へまこいて左遷される、一回休み〉。

麻生「くそう…。いったい何なんじゃこのすごろく!うちを嵌める気満々じゃな」

 桜本兵曹その間にも順調に駒を進め少佐に進級、

桜本「ひやあ、うち双六の中でもうれしいわあ!少佐になってしもうた」

麻生「…そう、えかったね…」

 桜本兵曹さらに順調に駒が進み

桜本「ひゃあ!見てつかあさい分隊士、〈大きな戦艦の砲術長になる。大きな海戦で大戦果!三つ進む〉ですと!」

麻生「そうね…ほりゃあえかったね…」

 そんな麻生分隊士、賽を振って駒を三つ進める。そこには

コレス(同期)に遅れたもののやっと大尉になれたぞ。四つ進む

麻生「やった!やったで、見てみいオトメチャン。うちにもようやっとツキが回ってきよったわ、ハハハ!」

 と言って四つ目には

肋膜を患い海軍病院に入院。二回休む

麻生「チックショウ!いったいどうなっとるんじゃこのすごろくは!もうええ加減にせんね」

松岡「麻生さーん、あなた楽しむってこと知らないでしょう?いけませんねえ、お遊びなんだから笑い飛ばしてちょうだいよ、これ修子のお願い」

麻生「ウウウ…まったくもう!」

 そうこうするうちにオトメチャンはどんどん進み、海戦で大戦果を挙げ〈少将になる〉ところまで来た。二つ休んだ後麻生中尉は必死に星に願いをかけつつ賽を振る。

麻生「エイッ!!

 なんと六を出して駒を進めればそこは〈頑張ったかいがあった、いよいよ君も佐官の道へ〉とある。喜び勇む麻生中尉。

松岡「おお、麻生さ~ン。あきらめなかったからほら、あなたもいよいよ少佐ですよ。さあ気張っていこうじゃないか、きょうから君は富士山だ」

 やかましい松岡中尉をしり目にゲームは進む。ここへきてオトメチャンのペースが落ちてきて麻生中尉が追い上げてきた。

麻生「見てみいオトメチャン!うちはもうオトメチャンのそばまで来とってよ。悪いが追い抜かして先に上がらせてもらうけえねえ~」

 ウキウキした声で麻生中尉は言ってサイコロを両手の中でカラカラ音を立てて振った。そして賽を振る…。

麻生「ホイヤー!来たぞ五!!…一、にいさん…のしのご、と!ん?ここは何ね?」

 麻生中尉が止まったところには〈サイコロを振り、二が出たら一気に中将のマスへ飛べ〉とある。麻生中尉は緊張をあらわにしてサイコロを振る…ころり、サイコロはなんと!二を出して止まった。

麻生「ひゃっほう~!見てみいオトメチャン、うちは中将になったで?オトメチャンお先に、すまんのう~」

 そういって体をうれしげにゆする麻生中尉。

桜本「分隊士はここ一番の時に力を発揮されますけえねえ。うちより先に上がれますね」

 そういってほほ笑むオトメチャン、そのオトメチャンに「ウヒヒ~」と笑いかけた麻生分隊士、

麻生「さて次は何をどう出せば上がりかね?」

 と〈中将〉のマスを見ると〈サイコロを振り、一が出たら大将・上がりであなたの一人勝ち。ただし、三が出たら対戦相手が一気に大将・上がりとなりあなたは振り出しに戻り最初からやり直し〉とある。

麻生「な、なんねこりゃあ~~~!こげえな話があってええんですか?松岡分隊長、このすごろくちいと変じゃないですかねえ!」

 そういって怒り出す麻生に対し、

松岡「麻生さーん、本当にあなたってものを楽しめない人ですねえ。いいですかもっと熱くなって楽しみなさい!特年兵君を見なさい、彼女はたとえ一回休みとか二回休みのマスにハマっても笑って楽しんでるじゃないですか?あなたもっと自分の部下を見習いなさい!熱くなれよ!

 と言うだけ。麻生分隊士、切羽詰まったような顔をしてサイコロを握ったあとエイッとばかりに投げた。

麻生「一よ来い―ッ!」

 転がったサイコロがー止まった。

麻生 桜本 松岡「うわああ~~~!」

 あろうことか麻生分隊士は〈三〉を出してしまったのだった。がっくりと床に手をついてうなだれる麻生分隊士をしり目に

桜本「やった!うちは大将、ほいで上がりじゃわ!分隊士どうもありがとう~!」

 と駒を上がりにおいて松岡中尉とともに大騒ぎして喜ぶ。自分の駒を振り出しに戻しつつ、恨めしそうな瞳で

麻生「そんとに喜ばんでもええのに…オトメチャン最近性格悪うなったんと違うかのう…」

 とつぶやくのであった。

 

このすごろくは、松岡中尉の手によって各分隊の数プラスα印刷され、「女だらけの大和」艦内で大好評を

博したのだった。

そして…またこれを「海軍きやんきやん」編集部に持ち込もうと、松岡中尉は画策中である――。

 

おかしなすごろくでした。それにしても麻生分隊士はかわいそうに…。オトメチャンも結構ちゃっかりし

ておるようですぞ…w。

 

こんな感じで始まりました「女だらけの戦艦大和・総員配置良し!」を今年もどうぞよろしくお願いいた

します!

関連記事

● COMMENT ●

俊樹さんへ

俊樹さんあけましておめでとうございます^^。
俊樹さんの文章の美しさ、見習いたいと思います。流れるような美しさには脱帽です。
今年もこちらこそよろしくお願いいたします。
俊樹さんにとって今年が素晴らしき一年でありますよう祈念いたします。

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます。
昨年は当ブログに足を運んで頂きありがとうございました。
本年も昨年同様お付き合いのほど宜しくお願い致します。
今年一年が幸多き年でありますように。

オスカーさんへ

オスカーさん明けましておめでとうございます!
本当に例年になく暖かい正月に違和感を感じております。冬らしいあの身の引き締まるような寒さが恋しくなりますね。松岡さん、あまりハッスルしないでえ~~って思いますねw。

実家ではおかげさまでのんびりしております。母の心臓の具合も心配ですが、暖かい日には落ち着いています。週末寒くなったらどうなるかが心配です。
オスカーさんもどうぞお体にはお気をつけてくださいね。お互い元気でこの一年を過ごしましょう。

今年もよろしくお願いいたします^^!

酔漢さんへ

酔漢さん明けましておめでとうございます
今日の千葉はとっても暖かでした。週末にはまた寒くなるようですね(-_-;)。

艦内神社ですね!軽巡の名取は「名取川」からでしたか!そういえば久野潤さんの著書に艦内神社の本がありますがお読みになりましたか?私は手始めに奈良の『大和神社』から参拝したいと思いますが…行けそうにないです(泣)。

酔漢さんもどうぞ御身大切になさってくださいませね、今年もよろしくお願いいたします!

るどるふくんさんへ

るどるふくんさん明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

すごろく…私もつらつら考えました。
次回、双六の思い出を書こうと思います^^。

明けましておめでとうございます。
あまりにあたたかいお正月になんだかモヤモヤ感が……冬は冬らしくキリッ!とした寒さが欲しいです~松岡さまがどこかでハッスル(笑)しているのかしら?
ご実家でのんびりと母上さまとお過ごし下さいませね。また東京にもどらねばならぬ時を思うとせつないですが、たくさんお話をなさって下さい。
お身体に気をつけて、またたくさんのステキな物語に出逢えることを楽しみにしています。どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

今年も宜しくお願いいたします

春の陽気は一瞬なのですね。今週末より寒さが戻ってまいります。
ご自愛下さいね。
さて、軽巡「名取」は、名取川より名づけられてます。
艦内の神社は「名取市 熊野神社」より移され祀られました。
宮城県は「青葉」が「青葉神社」です。
そんな事を考えながら初詣してました。

今週末より寒くなりますね。
お身体、お気をつけてお過ごし下さいね。

 おめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 そういえば、双六って最後に遊んだのいつだったろう。

n(ー_ー?)ン-ン?

ponch さんへ

ponch さん明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

あまりにも現実的なゲームも怖いものですよね(・・;)、まさにしゃれにならないレベル!

いよいよ?8日以降に新年最初の更新予定です。どうぞよろしくお願いいたします!

matsuyama さんへ

matsuyama さん明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

すごろくは楽しいお正月の思い出の一つです、子供のころ友達が集まって遊びましたっけ^^。
この正月の私は実家にて過ごしております、7日まで休みなのでゆっくりできそうです。
それにしても例年になく暖かで実感が今一つ湧きませんね(-_-;)、でもお天気が良いのが一番ですね、何よりです。

今年もいろんな冒険をさせてゆこうと思っています、どうぞよろしくお願いいたします。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさん明けましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました、ありがとうございました、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

おかげさまで千葉にてゆっくりさせていただいております^^。
今日は母の大きな買い物<ベッド>を選びに行ってきました。

が、兄様のお母様めまいが!?その後いかがでしょうか、案じております。どうぞお大事になさってくださいませ。このところの天候の不安定さが原因でしょうか…いずれにしても安静になさってくださいませね。一日も早いご快癒をお祈りいたしております。

今年は私も健康に留意し、『大和』をさらに飛躍させてゆきたいと思っています。
新年は8日以降に書きはじめようと思っています、どうぞご期待くださいませ。

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは
オトメチャンとはいえ勝てばうれしいw、よかったちゃんとした人の子だったと思いますね。
それにしても…え?河内山さんサイコロ運がないと?
麻生さんの運のなさはひどいものですね、どうかシンクロしませんように。

今年もよろしくお願いします!

明けましておめでとうございますo(^o^)o
今年もよろしくお願いしますm(__)m

何だか人生ゲームみたいなすごろくですね。いやこの場合は戦争ゲームといった方がいいかもしれませんね。
実生活と密着してるすごろくも洒落にならないような気もしますが(^-^;)

今年が女だらけの諸氏にとってよい年になりますように\(^o^)/

あけましておめでとうございます。
大和の乗組員もすごろくで楽しい正月をお過ごしのようで、
平和な1年をお迎えのようですね。
実生活の見張り員はいかが正月をお過ごしですか。
日々寒さが増してきますが、お身体にはくれぐれもご自愛ください。
こちらも寒さは相変わらずですが、天気に恵まれた幕明けでした。

大和の皆さんの今年1年、見張り員さんの巧妙な筆致で
益々のご活躍を期待しております。

見張り員さん、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお付き合い下さい。

今頃はご実家で存分にくつろいでいらっしゃることでしょうか。
お母上孝行を心ゆくまでなさってください。
我が家の母は年末からめまいでダウン。実家で伏せっています。
見張り員さんもくれぐれも御身を大切に。そして今年も元気に大和物語を書き続けてください。

新年の大作。ゆっくりと拝見させていただきます。

オトメちゃんも人の子、やっぱりお遊びでも勝つのはうれしいでしょうね。麻生さんのサイコロ運のなさはまるでおいらを見てるようです。ある意味一番悔しいまけかたですなぁWWW


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/1049-6c767b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日々雑感・すごろくの思い出。 «  | BLOG TOP |  » 今年もお世話になりました

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード