ショートストーリー 〈逃れたい、逃れられない〉

南方某海軍基地――今日も暑い日差しのもと、海軍嬢たちが訓練に励んでいる…

 

そんな一日も無事終わり、とある艦艇の中では自由時間に内地の家族に手紙を書く将兵嬢たちがいる。皆、内地の家族や恋人から来た手紙を見つめながら返信である。

手にした内地からの封筒には〈検閲済み〉の判が押されている。近藤幹乃一等水兵はその判を恨めしげに見ている。

(なんでこんなもんを押さねばならんのだろう?人の手紙を勝手に見くさって、本当に嫌だなあ)

くる手紙も、自分が出す手紙も検閲されてから送られる。手紙やはがきには〈検閲済み〉の判が押されて。近藤一水は、どうしても手紙を出したい相手がいた。幼馴染でゆくゆくは結婚の約束をした同郷の男性である。しかし以前、彼に手紙を書いて出したが班長に呼び出され

「貴様、一等水兵の分際で男に手紙出すなんざ十年早いわ!この馬鹿ッたれ」

と怒鳴られついでに頭を殴られた。

そんなことがあったので、書くに書けない。近藤一水は(ああ、いやだなあ。恋人もいない男日照りの年増班長のやっかみ!それにしてもどうにかして手紙を出したい)とイライラしていたのだった。

自分の隣で字引とにらめっこしながらはがきを書く田原セイ一等水兵に

「なあ、セイさん。あんたはそうして手紙を書くが…検閲されて困らないのかね?いやじゃないの?」

と聞いてみた。眉間にしわを寄せて字引を見ていた田原セイ一等水兵は

「はあ?」

と言って顔を上げ近藤一水を見た。そして「何言ってんのアンタ。そんな検閲なんかあったりまえじゃん。防諜よ防諜。壁に耳あり障子に目あり、っていうでしょうが?それだよそれ、些細なことから軍機が漏れだしたら、大ごとよ?帝国の存亡にかかわるんだからそのくらい我慢しろや。いやなら手紙なんぞ書かんでいいわい」と怒ったように言った。作業の腰を折られたのが気に入らなかったのかもしれない。田原一水はフンと鼻を鳴らすとふたたび字引に見入って何やら小声でつぶやいてはがきに書き付け始める。

ふーっとため息をついた近藤一水は自分の後ろ側で腹ばいになってはがきを書いている吉川一水に

「なあ、」

とさっき田原一水に言ったのと同じことをささやいた。すると吉川一水は

「確かにね。読まれるというのはあまり気持ちいいもんじゃないわね。でもまあ仕方ないだろ?我ら軍人だよ?軍人が秘密をペラペラしゃべるようなことできんだろうが」

と言って、近藤一水はがっかりした。

(ああこいつもダメか。ちょっとくらい賛同してくれるやつはいないのか)

そう思った時、吉川一水はそっと近藤に顔を寄せてきて

「なになに…コンチャンだれかいい人に手紙を書きたいと私は見たぞ?だけどそんな手紙を出そうものならあの男日照りの年増の班長にどやされる。だからどうしたらいいか考えてるんだろ?」

とささやいてにやにやしている。

図星です。

近藤一水はうなずいた。すると吉川一水は

「本当かね?ほんとにコンチャンいい人が居るんだあ~いいなあ~」

と言って近藤一水を抱きしめるような格好をした。そして「いいこと教えたる。でもここじゃまずい、ちょっと外に出よう」と居住区の外に出た。

居住区を出て、最初のラッタルの下で吉川一水は周囲をちらっと見てから

「いいか。誰にも言うんじゃないぞ、これは私の秘伝中の秘伝だからな。いいか、手紙を書いても班長に渡しちゃだめだ。そして自分で艦内郵便局に持ってってもダメだ。そんなことをするから検閲される。そういうときはだ」

と言っていったん言葉を切った。なんだ早く言え、とせっつく近藤一水に吉川一水は

「近いうち内地へ帰る艦の同期に託すんだよ。そんなことも知らねえの?コンチャンは。みんなここ一番の手紙の時はやってるよ、同期にさ、それとなく手渡して『これ、内地についたら出してくれるか?誰にも見られんように』っていうんだよ。もちろんただじゃだめだ、そうだなあ~羊羹の一本くらいあればいいかな。――相手だって正直命がけだからな、そんなん見つかったら大ごとだもの」

と教えてくれた。

さあ、近藤一水の喜ぶことったらなかった。ありがとうありがとうと吉川一水の首っ玉に抱きついて泣かんばかりに礼を言う。

通りかかった郷博美(さと ひろみ)副長がそれを見て「げっ。あなたたちもしかして?」と勘違いするほどの抱きつき方であった。

ともあれ、解決法を戦友によって伝授された近藤一水は生き生きとして手紙を書いた。幼馴染のあの人への切々たる思いを書いた。書きまくって便せん九枚に及んだ。

愛しいあなた。自分はまだ兵隊の身であるから結婚は早いが婚約だけでもしておきたい、次に内地に帰ったら婚約してほしい。そんな熱い思いを書きつけた。

そしてある日の上陸の時、一週間後に内地に帰るという艦の同期を探し出した近藤一水は「これを内地に帰ったら出してほしい、内緒だよ」と言って封筒とともに羊羹を一本差し出した。同期の友は笑って「そんなのいいのに、わかった、内地についたらすぐに出すよ」と言ってくれて近藤一水はほっとしてほほ笑んだ。

 

それからひと月ほどして、近藤一水は班長から呼び出された。

いったい何があったのだろうとすっ飛んでゆくと班長は一通の手紙を近藤の前に突き出した。ものすごく怒っている。

「これは何だ!」

と班長は怒鳴って、「男からの手紙だ、貴様いったいどういうつもりなんだ」と言って手紙を持った手で近藤一水の胸をどんと突いた。よろける一水に、班長は手紙をたたきつけ「読んでみろ、貴様飛んでもねえ奴だな」とうなった。

びっくりした一水が手紙を開くとそれは幼馴染の男性からのもので内容は、僕も君を愛しく思っている、だから早く婚約の身になりたい。あなたの言うように今度内地に帰ってきたらぜひ婚約しよう。でもこのこと艦のみんなには内緒にしてほしい、だって―男日照りの年増班長の逆鱗に触れてあなたがいじめられては困るもの…という感じのものだった。

ヒエエーッ!と近藤一水が叫んだ。近藤一水は、自分の手紙の検閲ばかりに気を取られ、検閲を逃れようと同期に手紙を託したのだが相手からの手紙もしっかり検閲されるというのをストンと忘れていたのだ。書きたい放題書いた中に〈男日照りの年増班長〉を何度も書いてしまい、それを彼氏はそっくりそのまま書いてよこしたのだ。今まで班長に対してこんな文言を使ったことはない、ということは検閲逃れをしたという証拠にもなってしまう。

(しまった~。とんでもないことをしてしまった。検閲を逃れたという開放感が仇になっちゃった)

と思ったが後の祭り。

怒り心頭の班長は、不気味な笑みを浮かべつつ

「誰が〈男日照りの年増班長〉なんだろうなあ~、近藤今日は貴様にじっくり聞いてみたいなあ~。さあ、こいっ!」

と怒鳴るなり、近藤一水を引きずってどこかに消えて行った。

それをこっそり覗き見ていた田原・吉川の両一水は顔を見合わせて

「うひゃあ!…確かにどうしても読まれたくない手紙を出すときそういう手を使うかもしれないけど、姑息な手段を使えば報いが来るってことだね。なるべくしないようにみんなに言おうね。くわばらくわばら」

と震えたのだった。

 

そして近藤一水は、検閲逃れの罰として「手紙ハガキを書いたら皆の前で読み上げろ、いいなっ!」と命じられてしまったのだった。それはある意味、検閲よりずっと…恥ずかしいことだった。

近藤一水、当分手紙もハガキも「書きたくない」と言っているという――  

 

             ・・・・・・・・・・・・

戦地からの手紙も、内地の家族などからの手紙も検閲という作業を経てお互いに届けられたという今では考えられない事実がありました。それを嫌って、誰かに手紙を託して出してもらうということも実際あったようです。

軍事郵便と書かれたはがきの表に、『検閲済み』の判が押してあるものを見た方は多いかもしれませんね。人に読まれると思ったら本音は書けませんね(-_-;)

 

軍事郵便はがき(WIKIより拝借いたしました)軍事郵便はがき

関連記事

コメントの投稿

Secre

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは!
検閲はしてはならない。戦後GHQは国民の手紙を検閲したそうですね、そんなことしなくたっていいのになあと思いましたが彼らは彼らなりに恐れるものがあったのかもしれないなあとも思ったり。
私は中学生の時友人からの手紙を親に読まれたことがあります。それを知った叔父が「やめろ、そんなことして。私文書検閲は罰金刑だぞ」と笑っていましたっけw。

「通信の秘密」を逆手に取った小遣い稼ぎ??
なんかやばそう…w。

森須もりんさんへ

森須もりんさんこんばんは!
こういうことがありますからね、気を抜いてはいけまっしぇん(;´Д`)。
戦時中の話ですが、汽車が鉄橋を通りかかったら上からハガキや封筒が落ちてきて、下にいた子供たちが上を見上げると戦地へ向かう兵隊さんたちが「お願いします!」と叫んでいて、子供たちはそれを拾うとこっそりポストに入れたとか…手紙を落として子供に託した兵隊さんたち、その後どうされたのでしょう…。

字引。今ではこんな言葉を使う人もいないでしょうね、でもちょっと古い感じの言葉が私は好きです。そして一応こういう時代物のお話ですからね^^、感激してくださってうれしいです!

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
そうそう!ハガキってそういう不安がありますよね。もしかして…と思うとうっかり変なこと書けないよう(-_-;)…って書かなきゃいいじゃないか!って突っ込まないで~~w。
和歌。最高の手段ではありますが相手が疎いと悲しいことになりますしね(;´Д`)。
今のように手軽に思いを伝えられる時代はいいな、とは思いますがしかし反面言葉が軽くなりがち。オスカーさんおっしゃるように一言一言を大事にしたいものですよね^^。

情報漏洩を避けるという名目で、他人の秘密をのぞける検閲。一応日本国憲法では「検閲はこれをしてはならない。」となってますが、一部の例外が存在しています。将来において通信の秘密が守られるという保障はないので、その辺にも気を配りたいですね。

高校時代に「通信の秘密」を逆手にとった小遣い稼ぎを社会科の教師から聞いたことがありますが、それを仲間内で実行したという話を聞いたことはありません。

こんにちは

せっかく上手くいったと思ったら、最後に、こんなオチがあって・・・
どうなるのでしょう。
気に毒に。

ほんとうに不便な時代でしたよね。
内地に帰る人に託すという手がありましたか。
それは妙案ですが、
相手がくれる返信に気をつけないといけないのでしたね。

文中の、字引という言葉に時代を感じました。
こういうところにも、気を配って書かれているのですね。
小さいことが、感激です。

こんにちは。
今でもハガキは誰に読まれるかわからないキョーフがあります(笑) あと消印が汚く押されていたりすると悲しいですね。
ストレートに想いを伝えられない時には和歌だ!と思いますが、相手がわかってくれないと(´・ω・`)?で混乱してしまうだけかも~! 自由にまた手軽に想いを伝えられる今ですが、それだけにもっと一言一言を大事にしたいですね。
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード