2017-10

めぐりあい 1 - 2015.11.11 Wed

女だらけの「戦艦大和」以下八隻の艦隊は、数日遅れでグアムに到着した――

 

艦隊は大宮湾沖に錨を入れた。

グアム周辺は快晴、天辰中尉によればこの周囲は高気圧に覆われ台風などの心配はないとのこと、「いつもの通りスコールがある程度でしょう。今後に支障なしと認めます」とのことで艦長以下ほっとする。

乗組員たちはすぐにそれぞれの配置の点検に忙しい。

運用科電機分隊の岩井中尉は部下数名を引き連れて各部の点検に忙しい、中尉は

「そこのケーブル、断線しとらんかよう見といてや。こないだ切れかかっとってなけえ直しといたんじゃが」

などと言いながら狭い電線通路などに入り込んで点検。

その手伝いをあの眼付きの厳しい岳野カメ水兵長も懸命に手伝っている。岩井中尉が狭い通路から半身を乗り出して

「岳野水兵長、ちいと代わってくれんかね?うちにはここはちいと狭あていけんわ。すまんのう、ちいとあのボルト締めてくれんかね」

と言って岳野水兵長は「はい!」と返事をして岩井中尉と交代。そしてしばらくガチャガチャと工具を鳴らしてボルトを締めていたがやがて這い出てきて

「できました…しっかり締めましたけえ大丈夫じゃ思いますが、見てつかあさい」

と言った。岩井中尉は頷いて岳野水兵長の仕事を見たが

「よう出来てるわ。あれなら大丈夫じゃ…さすが『日向』に居った人のやることはしっかりしとるね」

と言ってほめた。うれしそうにほほ笑む岳野水兵長を見てから岩井中尉はほかの下士官嬢たちに

「ご苦労じゃったね、ここはもうええけんあなたたちは士官室の冷房装置を点検してきてほしい…うちは岳野水長と今少しこのあたりを見まわるけえね」

と言って下士官嬢たちは「ほいじゃあ、行ってまいります」と士官室へ向かった。

その姿が廊下の先の角を曲がったとき、岩井中尉は「さてと」というと岳野水兵長に向き直った。

岳野水兵長は「岩井分隊士、次はどこを見まわるがです?」と言って岩井中尉を見た。岳野水兵長は水兵長としては年齢の高い方で、それゆえか同じ階級の兵隊嬢の中ではやや浮いたような存在である。

そして彼女のあの鋭い視線が余計拍車をかけているのは否めない。

岩井中尉は

「いや、あれは単なる口実じゃ。うちはあんたと話がしたいんじゃわ」

というと「ほいでも仕事をしとる風にみせんといかんけえ」というと歩き出し、機関科の部署へと向かった。

機関科の松本少尉が、岩井中尉の顔を見て微笑んだ。そして岳野水兵長を見て

「新顔ですな、呉から乗艦のですね。――貴様は運がええ、岩井中尉の下で働けるなんぞ幸せ者じゃ、頑張れや」

と言って励ました。岳野水兵長は「ハイ、頑張ります」と言って少尉に敬礼した。

「で、松本少尉」と岩井中尉は言ってそっと松本少尉に顔を寄せて

「どこかちいと場所を借りたいんじゃが。彼女とちいと話をしたい思うてね、どこか誰も来んような場所はないかのう?」

と囁いた。岩井中尉の綺麗な顔が至近に来て、松本少尉の胸はときめいた。しかしそのときめきを岳野水長に気取られないように松本少尉は

「ほいでは、うちの私室をどうぞ。同質の少尉は今当直に入ったところですけえ一時間は戻りません。そのくらいでええでしょうか?」

というと岩井中尉は頷いて

「すまんねえ。そげえに長いことは使わんけえ、ちいとお借りします。――岳野水兵長、いくで」

と言い、松本少尉は自分の部屋に案内した。

ドアを開けて少尉は

「どうぞ。汚くしとって申し訳ないですが」

と中に招じ入れてくれた。すまないね、と岩井中尉は言って部屋に入り、岳野水長が後から入りドアがそっと閉まった。

岳野水兵長は勧められた椅子に座りながら

「あの、分隊士。お話言うてなんでしょうか?」

とやや不安げな表情になった。その表情を見て思わず岩井中尉は吹き出しそうになった、だから

「なんじゃ、そんとに緊張して。岳野水長あなたえらい怖げな顔になっとってよ?そんとな顔になるような深刻な話とは違うけえ、安心せえ」

と言って笑った。

その笑みに水長も笑みを見せて

「ほうですか、いや分隊士が場所を映してうちと話がしたいとおっしゃるんでこりゃ何かお叱りを受けるんじゃろか、思うてびくびくしとりました」

と言い二人は声を立てて笑った。

笑いが収まると岩井中尉は

「ここにきてどうね?『日向』とはいろいろ違うて戸惑うことがないか思うてね」

などとあたりさわりのない話から始めた。意地悪されとらんかとか、飯は足りとるかとかそんな話をし、岳野水兵長は

「うちは今とても幸せです。憧れの『大和』に配属になって、みんなと仲ようして仕事ができるんが楽しいて。まあ、うちはみんなよりちいとばかり年が上ですけえ、みんなのほうが気ぃつこうて気の毒じゃ思うことがあるにはありますが」

と言った。岩井中尉は

「そんならえかった。まあ年のことはあなたが言うほど気にはしとらん思うで?人それぞれ海兵団に入った年齢が違うけえ、そんとなことは気にせんでええよ。――ほいでな…」

と核心に切り込んでいった――

 

そんなころ、ひと月ほど前にここグアムに来ていた巡洋艦・矢矧から、矢矧の座乗中の古村啓子大佐が内火艇を仕立ててやって来た。古村司令は梨賀艦長・森上参謀長とは海兵同期で、ここのところ一緒の行動をとれなかったので『大和がグアムに立ち寄るそうですよ』と矢矧・原艦長からの連絡に、今か今かと待っていたのだった。

『大和』の舷梯を駆け上がってきた古村司令は大きなカバンをどすんと床に置くと、待ち構えていた同期の梨賀・森上両大佐と握手を交わした。

梨賀艦長は

「相変わらずゴリラだなあ!まだ原さんとゴリラごっこしてるのかね?」

と言って古村司令は「んなわけないだろう~。最近はバナナに夢中だよ」と言って森上参謀長は大笑いした、「結局ゴリラじゃねえの、その名に恥じないね」。

そこに山中副長がしずしずとやってきて、海兵の先輩にあいさつした。

古村司令は「野村次子中佐」の結婚の話を聞いていたので

「ご結婚おめでとうございます!話に聞けば素晴らしい花嫁姿だったそうで、ぜひ拝見したかったですよ。それにご主人も素晴らしい技術士官だと伺いましたよ。その辺のお話もどうか聞かせてくださいな」

と言って副長は恥ずかし気に微笑んで、古村司令は

「いいねえ、新婚の人は初々しい。私も梨賀もこんな時があったんだねえ」

と感慨深げである。森上参謀長が

「私も早く体験したいもんだねえ」

と言って古村司令は「おっ、森上さんはまだ花の独身組だったか!それも羨ましいことだね」と言って四人はさらに笑った。

そして古村司令を真ん中に、皆は艦内へと消えて行ったのだった。

 

「誰かを探しとってか?なんかあなたの眼えが誰かを探しとるようにうちには見えるんじゃが…。差支えなかったら教えてほしい。手助けできるかもしらんけえね」

岩井中尉は、岳野水兵長にそういった。

岳野水兵長は

「ありゃ…分隊士には御見通しじゃったんですね。正直に言うとうちはちいと人を探しとります。その人と会うてみたいんです。会うてどんとな人間か、この目でしっかり見極めてみたいがです」

としっかり岩井中尉を見つめて言った。

なんとなく気迫がみなぎっていて中尉は(どんとな意味で会うてみたい言うんじゃろうか…なんぞ危ないことでも考えとってじゃなかろうか)と内心ハラハラしながら

「で?そりゃ誰ね?」

と尋ねた――

 

古村司令は、艦長室に入ると『大和』の三人に改めて再会の喜びを表した。

そして

「おお忘れるところだった…こないだ『間宮』が来てね、主計長がこれを買ってきてくれたんだ。ほら!」

とカバンから取り出したのが大きなパイナップル。梨賀艦長は喜んで、艦長従兵の桜本兵曹を呼んで「切ってきてほしい」と頼んだ。桜本兵曹がそれを持って部屋を出ると古村司令は

「そういえば梨賀、貴様内地で地震に巻き込まれたそうじゃないか。どうだったんだ?」

とまず聞いた。山中副長の結婚物語はそれよりずっと興味があったのだが楽しみは先に、という考えからまず同期の友の災難話を先に聞くことにした。

そのうち桜本兵曹が大皿にいっぱい盛ったパインを持ってやって来た。古村司令はそれを手ずから受け取り

「ありがとう、とてもきれいに切ってあるねえ。これはあなたが?…ほうさすがだ!では」

と言って数切れをオトメチャンに呉れた。思いがけない出来事にオトメチャンは頬を染めて喜び、古村司令もうれしそうにほほ笑んだ。

オトメチャンが礼を言って艦長室を辞した後、古村司令は「で、野村さんの結婚のお話を聞きたいなあ」と副長に水を向けた。

古村司令、梨賀艦長、森上参謀長に山中副長は、オトメチャンが切ってきてくれたパインをつまんだ。やや酸味の強いパインに古村司令は

「大きい割にはちょっと若いのかな?それともも少し寝かせたほうがよかったかな?少しすっぱかったね」

と言ったが山中副長は

「私はこのほうがいいですね、なんだか胸のあたりがすっきりします」

と言ってほほ笑んだ。古村司令はそうですか、酸っぱいのもいいかもねと言って副長の話を促した――

 

岳野水兵長は、岩井中尉の「あなたの探しとる人は誰ね?差支えなかったら教えてくれんかね」の言葉にハイとうなずくと軽く深呼吸して言った、その名前に岩井中尉は少なからず衝撃を受けたのだった。

「なんで…あなたは彼女を?」

見つめる中尉に、岳野水兵長はまっすぐな視線を当てている――

 

            ・・・・・・・・・・・・・

 

グアムについた『大和』以下の艦隊。

梨賀艦長にとっては懐かしい人との再会がありました。そして岩井中尉はあの岳野水兵長から誰の名前を聞いたのでしょう?次回をお楽しみに!

関連記事

● COMMENT ●

森須もりん さんへ

森須もりん さんこんばんは!
戦いの後の穏やかな時間が流れようとしています。
なんだかんだいいながら嬉しそうなみんなです。

岳野さん。一体だれをお探しなんだか気になりますがどうぞお楽しみにお待ちくださいませ^^。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
人と人との巡り合い…時を経れば減るほどそのめぐり合いが懐かしいと思うことが多くなりました。
そしてブログを通じてのめぐり合いも私の宝です。

さてさて、岳野さんの探す人は一体誰やら??お楽しみに!

柴犬ケイさんへ

柴犬ケイさんこんばんは!
コメント欄の件ではご迷惑をおかけしてしまいました、ごめんなさいね。

さあ竹の産は誰を探しているのでしょう、わくわくしますね^^。

東京は今朝まで雨でしたが午後からやっと晴れて洗濯物を干しました、乾くのはあすだと思いますがそれでも選択が干せるとほっとしますね。
何故わが愛犬が想像妊娠をしたのか、全く不明ですががんでなくてホッとしました。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
お返事遅くなってごめんなさい!
めぐり合い、なんていうともうそう渦巻きますねw、さあどんなことになりましょうか??
「ガールズアンドパンサー」
聞いたことはあるんですが見たことがないんです。でも身近にガルパンのファンの方がいらっしゃるので少し興味ありますよ^^。
外国人の名前、考えるの楽しいですが大変ですねw。

その内また妙な名前の外国の将兵嬢が出てくることでしょう、お楽しみに。

河内山宗俊 さんへ

河内山宗俊 さんこんばんは
お返事遅くなってごめんなさい。

そうですねえ~~今は内緒にしときましょうかw。
それにしても人を探すというのは大変なものがありますね。聞いただけでは間違いのもとですし^^;。

私も最近名前と人や物が一致しないことが多く困っております、加齢現象ですね…あ~あ。

こんばんは

それぞれに楽しいというか
穏やかな流れですね。

岳野さんのことが気がかりです。
さて、どうなるか・・

No title

めぐりあい。
時と人を経て巡り巡ってどんな出会いや懐かしみが出てくるのでしょうか。ブログを通してもさまざまな巡りあいが生まれているのも嬉しいですね。

なんだかぬーっと出てきそうな御仁なのか、それとも爽やかにハツラツとしている人がそうなのか。
岳野さんが探している人のことが楽しみです。

やっとコメントにたどりつきました。

見張り員さん   こんばんは♪

いつもありがとうございます♪
タイトルがめぐりあいは縁が合って会えますが
誰を探しているか楽しみです。
今日はコメントを押してもいけなくて4回目で
やっとたどりついてよかったです。
こちらは今夜から雨で日曜日の午前中まで予報で
雨です。
モミジちゃん元気で安心しました。
想像妊娠はたまに聞きますがモミジちゃんも驚かれた
でしょうね。
乳癌ではなくて良かったです。

こんにちは。タイトルが意味深であんなことやこんなことや……良からぬ夜のめぐりあいなども勝手に想像してしまいます(笑)
『ガールズ&パンツァー』(アニメ)ご覧になったことがありますか? 戦車道を極めんとする女子高生たちの物語ですが、来日したイタリア人商人が開校したアンツィオ高校のメンバーの名前がペパロニ・アンチョビ・カルパッチョです~また楽しい名前のギャル海軍さんたちに会いたいです!

主要キャラで登場していないのは石破さんぐらいしか、思い当たらないですねw後は名字変更組の誰かか?人から伝え聞いてる容姿と名前で探すとなるとなかなか難儀なものです。

おいらあたりは顔はわかるが名前が思い出せない。そんなことが日々増えつつあります。白髪も生えるわけですなwww


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haitiyoshi.blog73.fc2.com/tb.php/1032-656909eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

困った事態です «  | BLOG TOP |  » KEMUNPASSU退治される。

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事

最新コメント

フリーエリア

無料アクセス解析
無料アクセス解析
現在の閲覧者数:
Web小説 ブログランキングへ
小説家志望 ブログランキングへ ブログランキングならblogram
夢占い 夢ココロ占い (キーワードをスペース区切りで入力してください。)

カテゴリ

未分類 (21)
大和 (486)
武蔵 (66)
大和と武蔵 (41)
海軍航空隊 (28)
麻生分隊士 (3)
オトメチャン (39)
連合艦隊・帝国海軍 (155)
ふたり (69)
駆逐艦 (10)
ハワイ (8)
帝国陸海軍 (23)
私の日常 (112)
家族 (22)
潜水艦 (3)
海軍きゃんきゃん (24)
トメキチとマツコ (2)
ものがたり (8)
妄想 (5)
北辺艦隊 (1)
想い (14)
ショートストーリー (4)
アラカルト (0)
エトセトラ (5)
海軍工廠の人々 (5)
戦友 (10)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード