おしらせです

いつも「女だらけの戦艦大和」のご訪問くださってありがとうございます。

盆休みも終わりましたのでいよいよお話の続きを書きたいとおもっっております。
が。
台風接近により体調が崩れ喘息の軽い発作が出始めまた、めまいの持病も出ておりますのでもう少しお待ちくださいませ。

再開第一話はトレーラーで起きた事件をお送りします。「武蔵」のだれかが活躍するかもしれません!
どうぞお楽しみに!

関連記事

コメントの投稿

Secre

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは!
ご心配をありがとうございます!
私の祖母の姉という人がやはり喘息持ちで長年苦しんで、結局喘息発作で亡くなりましたからやはり怖いです。軽いとはいえ今後重くなることを考えると、きちんと病院に行かないといけませんね。

「武蔵」編始めました。どうぞお付き合いくださいませ。
いつもありがとうございます。

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは!
ああ、にいさまには見抜かれていましたね^^。
いろいろとしんどい昨今でした。なんせ仕事終わりが今までよりも遅くなって、すべてが押せ押せで夜中に殺到してくるような感じです。
まあそれも慣れなのですが、暑かったせいもあって体調を崩しました。弱いところに来るもので、しかも台風も接近。泣き面に蜂とはこのことですね。

早めに眠って鋭気を養います!!
いつもご心配をありがとうございます、にいさまも御身大切になさってくださいね。加えて今日明日は台風への警戒もありますからどうぞお気をつけてくださいませ。

matsuyamaさんへ

matsuyamaさんこんばんは!
ご心配をありがとうございます!!
私の喘息などまだまだ軽い方ですがそれでも咳が出だすとつらいですね(;´Д`)。
本当にあの山梨のいい空気の中でしばらく過ごしたいと切に思います。北杜市の、そして標高の高い場所ですので昼間は日差しが強くそれなりに暑いんですが日陰はすっと涼しく、日が落ちればとても涼しいんですよ^^。

ストレスだらけの東京を離れたい。
今の願いはそれだけです。

matsuyamaさんもどうぞ御身大切お過ごしくださいませね。ありがとうございます。

喘息発作は命に関わることもございますので、くれぐれもご無理なさらぬよう。久しぶりの武蔵編に向けて英気を養ってください。

しんどそうですね。
最近は何とか気持ちを鼓舞してブログのアップをしていたのが分かっていました。よく頑張っておられるなと思っていました。
山梨のご旅行で少し体調も良くなったかなと安心していましたがやはり無理は禁物です。加えて大きな台風の接近もあるしで気圧の関係が体に影響していることと思います。
どうかしっかりと休養して、そののちから大和の新たな展開を繰り広げて下さい。お大事にして下さい。

お加減いかがですか。発作が起こると辛いでしょうね。
願わくば山梨の地で治療に専念したいところですね。

知人の所有とはいえ山荘での避暑、病み付きになりそうでしょう。
そちらの天候はどうだったか分かりませんが、前回の記事を拝見しておりますと何だかこちらの気候と似たような感じですね。
日中は黙っていても汗が吹き出す位なんですが、夜はひんやりと涼しく熟睡できます。もう熱帯夜は想像もつきませんね。
仕事もありますから度々行けるわけもないでしょうけど、そのような環境で静養なさった方がいいかもしれません。
武蔵の活躍とかアイデアもどんどん生まれるでしょうし、筆も軽やかに進むでしょう。
長期滞在となると家族も心配になるでしょうし、知人の方にも気を使ってしまうでしょうけどね。
治療に専念し持病の喘息早めに治してくださいね。

プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード