山梨--!

ご無沙汰しておりました、お久しぶりです!

夏休みを無事終え、今日から日常が還ってきました。

休みは、山梨県北杜市の山中で過ごしました。とても涼しくっていい思いをしてまいりました。湿気が少なく昼間にクーラーをつけなくて済んだというのは大変な驚きです。

吹きすぎる風はさわやかで昼寝も十分できました。

また今回は、母の従兄の家にお邪魔させていただき楽しい時間を過ごしました。このおうちはその昔大名を泊める旅籠のようなことをしていた家で今でも当時をしのばせる家の構えです。柳沢吉保が甲斐を治めていた関係でこの家にも来たようで、柳沢の地名を賜ったらしいです。

素晴らしい庭に古い造りのお宅にしばし、往時を思いました。

このおうちには母が幼いころよく尋ねて行ったそうです、懐かしいと従兄さんと話をたくさんしていました。そしてここでなんと、母にとっては自分の両親の、私にとっては祖父母の結婚式の写真を見せてもらいました。初めて見るものでした。

なんでも数日前に探し物をしていたら出てきたとのことで、まさに私たちの訪れを待っていたかのようでした。

写真の中の若い祖父母は素敵でした。

祖父は、りりしい男性でした。そして祖母はとてもかわいい楚々とした大和撫子。昭和10年頃、祖母は21歳くらいだったようです。その祖母の顔は私の母の若いころとよく似ていました。

ですが私はあまり似ていないので、私が不美人なわけがよくわかりました。

ともあれとてもうれしい発見をしました。

 

そして「山荘」周辺では18日、19日と野猿が出てきました。

18日は一日雨で、私と母で山荘にいたのですが母が「あれ!なに?」と窓の外を指さすを見れば、家の塀のそばに何か座っています…「猿だ!!」

私と母で窓のそばに寄って行くとサルもびっくりしたようでその赤い顔をこっちに向けて歯をむき出してから逃げ出しました。

怖かった…

と思っていたら翌日の夕方、庭でごみを燃やしていましたら遠くで犬が吠えて何か人がどなるような声も響いてきたので「??」と思っていたら長女が「猿だ!」と叫んでみれば家の前の道を猿が走ってゆきます。

そして一軒の家の屋根に飛び乗ってどこかに行ってしまいました。その後どこかのおっちゃんが「猿が来なんだけ?」と来ました。なんでもこのあたりでもサル被害が多く、そのおっちゃんの畑のブドウやサツマイモが食われてしまったのだとか。しかも、集団で…。

駒城の家でもサル被害が多いと聞いていたばかりなので、深刻なのだなあと痛感したところです。

 

いろんなことがあった今回の山梨滞在でしたが楽しかった!念願の台ケ原の『金精軒』にも行けましたし。そのそばの「七賢」さんにも行ってお酒を買ってきました。

来年もまた行きたいなあと思います。亡き父も大好きだったあの場所、また皆で行って楽しみたいと思っております。

 

山梨から帰ってくると、数日間は何か心が虚ろになる私。できたらあの場所にひと月くらい居たいなあ。そして読書三昧をしたい、と切に思うのでした(笑)。

 DSCN0944.jpg

さあ、「女だらけの戦艦大和」も再開します。いよいよ『大和』抜錨間近です。ご期待くださいませ^^。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まろゆーろさんへ

まろゆーろさんこんばんは

平成27年、終戦から70年目の年は「武蔵」発見など大きなニュースに湧きましたね。そして私も、思ってもみなかった祖父母の結婚写真を見ることができ、今年は何か因縁というものを感じました。
私は正直その写真の祖母と祖父を見たとき、私が「女だらけの大和」の中での副長と航海長の結婚式のイメージに合っていたのに驚きました。
時空を超えて祖父母が私の脳内に何か…そうした波動を送り込んだのだろうか?と思うほどでした。

おかげさまで母も元気です^^、C型肝炎の新しい飲み薬が聞き始めているようです。今回はあれこれいろんな話に花が咲きましたw。

私の中を流れる祖父母やそのさらに前の先祖の血を大事にしたいと思います。母方だけでなく、父方も。
ありがとうございます。

まろ兄様もどうぞ御身大切になさってくださいませね。もう暑さにも飽きましたねw。

オスカーさんへ

オスカーさんこんばんは!
山梨最高~~~!でした^^。私が行ったあたりは標高がだいたい、800メートルほどの場所なので余計涼しかったです。湿度もあまりなくってまさに最高でした。

「漫画で読む~」を私も読もうと思います!
文章でつづる戦争体験も十分伝わりますが、漫画という形をとったというのがユニークですね。若い世代にも受け入れられるでしょう。
時折、夜寝床の中で有賀艦長のこととか、回天の搭乗員のこととか…考えています。自分だったら、とかいやあれは私にはできないだろうとかいろいろ思いは尽きません。
あの当時、みんな一つ事にまい進して生きていたんだなあと思うと今を生きる日本人ももっと懸命に、明るい未来を目指さなきゃいけないな、と思いますね。

まだまだ暑いですね、オスカーさんも御身大切になさってくださいね^^!

かっつんさんへ

かっつんさんこんばんは!
ご訪問&コメントをありがとうございます!
ほんとにおかげさまでゆっくりのんびりできました^^。

祖父母の結婚写真、しかも私の母も初めて見たという結婚写真。あの時母の従兄の家に行かなければきっと終生見ることがなかったかもしれないと思うとめぐりあわせの奇跡を感じますね。
本当に貴重な体験で、当時の空気が伝わってくるようでした!

河内山宗俊さんへ

河内山宗俊さんこんばんは!
おかげさまで楽しく過ごせましたー^^。

本当にあの写真が見られるなんて思ってもみなかった事なので母も私もちょっと興奮気味でした。母も、別の結婚写真は知っていたけどこれは初めて見たと言ってました。まだ若い祖父母の周囲に双方の親戚たち…自分の原点のさらにその先を見た思いです。
きっと…亡き祖父母の何らかのメッセージかもしれませんね^^。

また熱くなりましたので体調には気をつけたいと思います、河内山さんもどうぞ御身大切になさってくださいね。

そしてまた女だらけの大和をよろしくお願いいたします。

夢のような山荘での滞在。そして大従兄さんの由緒あるお宅での、これもまた夢のような数日間と、思いもかけなかったおじい様おばあ様の結婚写真との出会い。どうも大和に出てきている誰かしらに似ているようなお二人ではと思っています。不思議な再会も終戦70年という大きな節目ゆえの仕業かもしれませんね。
お母上もお元気のご様子に安堵しています。避暑地での母娘ならではの穏やかな風景が目に浮かんでいます。

血は争えないと言いますが、見張り員さんの体には歴史を背負った素晴らしい血が流れているのですね。どうか大切にして下さい。
暑い娑婆ですが、くれぐれも無理をせず大切にお過ごし下さい。

こんにちは。山梨を楽しまれて何よりです。
この前『漫画で読む戦争という時代』という記念ムックを買いました。可愛らしい絵柄が多くて悲惨さよりその当時の人たちの心境が伝わりやすかった気がしました。衛生面の話やのらくろに出てきたご飯の話とか。大和の有賀艦長の話もあり「兵隊がんばれ!!兵隊がんばれ!!」と叫ぶその場目を読んで、立ち読みせずに買いました……このがんばれ!にはみんなで一緒に日本に帰ろう、故郷に帰ろう、大切な家族、大切な人たちが待つあの場所に帰ろう、という気持ちが込められていたのだろうと思ったら涙が出そうで……。
またいろんな角度からたくさんの方々の生きざまを教えて下さい。お身体に気をつけて。

貴重なお休み

ゆっくり出来てよかったですね
親の結婚写真ならともかく、その親の結婚式の写真との遭遇
貴重な体験でした

よい休日をお過ごしでしたね。
写真の発見、ご先祖様の意志でしょうか、

お出かけの疲れが出る頃ですので、お気をつけください。

物語の進展、楽しみにしております。
プロフィール

見張り員

Author:見張り員
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)

最新記事
最新コメント
フリーエリア
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード