Archive2016年03月 1/3

お腹の子供は… 3

山中新矢大佐は、潜水艦を乗り継いで愛しい妻のもとへと――   そんなころ『大和』では副長の後任についての話が持ち上がっていた。 梨賀艦長は、森上参謀長以下の各科長を艦長室に集め、「山中副長は双子を懐妊ということで内地に帰還させる。今まで双子を妊娠した士官がいなかったので海軍省もびっくりしているらしい、それで出産後数年は艦隊勤務には戻れない可能性があるため、人事が副長の後任を決めると言ってきた。い...

  •  10
  •  0

お腹の子供は… 2

杉田軍医少佐は、梨賀『大和』艦長そして山中『大和』副長を前に言ったーー   「山中中佐、中佐は双子をご懐妊ということがわかりました」 その瞬間、艦長と副長は同時に衝撃を受けていた。しかしうれしい衝撃。艦長は副長の手を取って 「よかったじゃないか、副長!おめでたいことが二倍だ。これはすぐにでも山中大佐にお知らせしないといけない」 と言って笑った。副長もほほ笑んだが何か今一つ現実ではないような顔つ...

  •  6
  •  0

お腹の子供は… 1

山中次子副長がトレーラーの海軍診療所に入院してから早、ひと月半が過ぎたーー   トレーラーの常夏の日差しを浴びながらある日、梨賀艦長は森上参謀長とともに上陸し、診療所に山中副長を見舞った。 横井所長に挨拶をしてから二人は副長の病室のドアをノックした。中から「どうぞ」と声がして艦長はドアをそっと開いた。 「やあ、副長。体調はいかがかな」 そういいながら艦長は室内に入りそのあとを参謀長が入る。思い...

  •  6
  •  0

再会サプライズ!

繁木航海長にとって思いがけない知らせが飛び込んで来ようとしていた――   女だらけの『大和』、そして数隻の巡洋艦、駆逐艦は数日間外洋に出て航行訓練・砲撃訓練等を行ってきた。久々の大掛かりな訓練に皆の張り切りようは高まって、艦のトップから最下甲板に至るまでやる気と本気がみなぎった。まさに実戦さながらの様相を呈したのだった。 山中副長不在中ではあるが代行の黒多砲術長も張り切って二つの仕事をこなした。...

  •  4
  •  0

かっこよさは憧れ

一人のかっこいい飛行兵が今日も太平洋の空を飛ぶーー   この年の春、上等飛行兵曹に昇進したばかりの金井トラは搭乗員仲間から「かっこいい」「いけてる」零戦乗りだともっぱらの評判である。 階級の下の、予科練を出たばかりのような搭乗員たちからも「金井兵曹、かっこいいなあ。私もああなりたいわ」と言われるほど。 海軍航空隊の搭乗員の中にはその容姿や物腰から「かっこいい」と騒がれるベテラン搭乗員が多い。か...

  •  10
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)