Archive2015年01月 1/3

「女だらけの戦艦大和」・賢いぞ!オトメチャン

 「女だらけの戦艦大和」では、航海科の松岡分隊長が皆になにかを熱く語っている――   松岡中尉のそばに今いるのは石場兵曹・小泉兵曹・石川水兵長に酒井上水。それらの下士官兵に向かって松岡分隊長はえらそうに 「君たちは学校の成績はどうだったかね?甲乙丙のうち何だった?私が当ててみましょうか、まず小泉さん。あなた賢そうな顔ですが意外とだめで全体に乙の下あたりですね。それからイシバチャン、あなた以外...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・姫たちの鱶退治2<解決編>

 「あれ、鱶じゃねえか」との鬼河兵曹の叫びに座席から身を乗り出した蛇原飛曹長と龍神兵曹は――   「キャーッ、怖ーい」 ――とは言わないのであった。言わないどころか三姫は喜び勇んでその場で飛行服を脱いだ。その下は防暑服。そしてもう一度しっかり飛行帽をかぶると蛇原飛曹長は 「行くよ!覚悟はいいなっ」 と叫ぶなり機外に出た。ふたりの兵曹もそれに続き翼の上に立って鱶を睥睨する。   そもそも、以...

  •  8
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・姫たちの鱶退治1

 西太平洋のある海域で連合国軍と帝国海軍との小さな戦いがあった――   戦闘そのものは当然のように日本海軍の勝利で終わった。オーストラリアから出撃して来た連合国軍の戦艦・巡洋艦そして駆逐艦などの戦隊を、空母「鶴龍」「白鵬」からの艦攻・艦爆隊が叩き潰したのだ。この小さな物語はその「白鵬」艦攻飛行隊のとあるペアのお話である…   「白鵬」所属の天山艦攻隊は一機の損失も無く意気揚々と編隊を組ん...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・契りし人はあなただけ2<解決編>

 シズは「本当に、いいの?」と思わず声をあげてしまっていた――   次子中佐は、自分の腰まできれいに伸ばした黒髪を 「司令。いえ姉さま、切っていただきたいのです」 と言ったのだった。さすがに夫の山中大佐も、兄の一矢もびっくりして「なぜ?切らなくてもいいのに?」と言って彼女を見つめている。次子中佐は、一つにまとめて長く垂らした黒髪を胸の前に持ってくるとそっと撫でながら 「いえ、切ってください姉...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・契りし人はあなただけ1

 山中次子中佐は、あと一週間ほどになった結婚休暇を楽しんでいた――   その日、野村の両親と山中の兄夫婦が久しぶりに新婚夫婦を訪ねてきた。山中シズは「野村さんの御両親とすっかり仲良くなったのよ!それでね分隊長、三朝温泉から私達の家まで足を延ばしていただいちゃて」と言って嬉しそうに笑った。中佐の母親――カヨ――も「そうなのよ次子。私も山中さんのお姉さんと意気投合して、佐世保のおうちにお邪魔して来た...

  •  10
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)