Archive2014年10月 1/3

「女だらけの戦艦大和」・新しい仲間!?4<解決編>

 マツコとトメキチの騒ぐ声を聞きつけてやってきた松岡中尉は籠の中を覗き込むと「猫がいるじゃないか…熱くなってますね!」と叫んだ――   次の瞬間。 中尉は「ネコーーー!」と叫ぶと籠の中の子猫を片手でグワッとつかみだすとそのまま「ネコーーー!」とものすごい形相で走り去ってしまった。仔猫が松岡中尉の手に掴まれてギャーギャーと恐怖の叫びをあげている。 さあ驚いたのはマツコとトメキチ。「ちょっと大変、マ...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・新しい仲間!?3

 副長から三毛猫飼育の許可をもらった岩井少尉と松本兵曹長は喜び勇んで仔猫を抱いて医務科へ急ぐ――   医務室で居合わせた衛生兵嬢に畑軍医大尉の所在を尋ねた二人は「どうぞこちらへ」と診察室へいざなわれた。待つ間もなく畑軍医大尉が現れ「どうしたね、こんなに早く。私を御指名とはまた珍しいことだねえ?」と聴診器を首にかけながらやってきた。その後ろにハシビロコウのマツコと仔犬のトメキチがついて来ている。 ...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・新しい仲間!?2

 岩井少尉は拾った子猫を手拭いに包むと、松本兵曹長とともに下宿へと歩き出した――   下宿の玄関を開けて「岩井少尉ただ今帰りました」と声を上げると奥からここの女性主人が走り出てきた。そして岩井少尉を見て「お帰りなさい、岩井さん!」と言って頭を下げた。少尉は「お久しぶりです、おばさん」と言って懐かしげな顔になった。女主人――内川――は顔を上げて 「おや、今日はお連れさまがご一緒ですか?」 というと...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・新しい仲間!?1

 今日も「女だらけの大和」は、呉沖に停泊中である――   日野原軍医長が休暇を兼ねてトレーラー海軍診療所の看護婦・キリノと昨日東京に行ったばかりで、その留守中を『武蔵』の村上軍医長が補ってくれることとなった。 「『武蔵』のほうは大丈夫なんですか?」 と心配げに問う野村副長に村上軍医長は笑って「はい、『武蔵』の方は海軍診療所長の横井大佐が見てくれますから大丈夫です。横井大佐は優秀な方ですから私...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・大志を抱け6<解決編>

 キリノは内火艇の中で日野原軍医長からオーバーコートを渡された――   不意に日野原軍医長は「あ、いけない忘れていた」と声を上げて「風が冷たいでしょう、風邪をひくといけない。これを着なさい」と言って日野原軍医長はトランクの蓋をあけると中から一着のネービーブルーのオーバーコートをキリノに差し出した。軍医長は 「ちょっと古くて申し訳ないが、以前私が来ていたものを工作科の兵曹に直してもらったんだよ...

  •  12
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)