Archive2014年09月 1/2

「女だらけの戦艦大和」・ライバル出現6<解決編>

 野村副長は「あれを見て!」と声を上げていた――   最初、松岡中尉が次々繰り出すボールを遠慮がちにしかし、器用に打ち返していた錦古里少尉候補生であったが段々興が乗って来たと見え、本来のテニスの腕前を見せつけはじめていた。その様子を一同黙って立ちつくして見守る。 「松岡お姉さま。お姉さまのボールを打てるなんて錦古里候補生幸せです!最高の一日ですわ!」 そんなふうに叫びながら錦古里候補生は懸命...

  •  10
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・ライバル出現5

 松岡中尉は工作科の作業室で狂喜の雄たけびを上げていた――   そして松岡中尉は工作科の一等兵曹に抱きつき「ありがとう、ありがとう!あなたも熱くなっていていいですね!最高ですよ、私はもうこれ以上ないほど燃えて熱くなっていますよ、これというのもあなたのおかげ、あなたが尻の穴を締めて頑張ってくれたおかげです。ですから私は明日の決闘に何が何でも勝たねばなりません、事もあろうに私に宣戦布告して来た小憎...

  •  8
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・ライバル出現4

 某巡洋艦に座乗中の錦古里ケイ少尉候補生は、ほかの仲間たちと夢見る瞳でその日を待ちわびている――   自由時間や巡検後に皆で集まっては「大戦艦、しかも全海軍期待の大型艦『大和型』一番艦・大和の中尉の御姉さま。ああ、どんな方なのかしら、早くおめもじしたいわ」と語りあう。今度の親善試合にはこの巡洋艦の艦長の特別の思し召しで乗艦の少尉候補生たち皆、空母『凡鷹』へ行けることになった。巡洋艦の三原田艦...

  •  8
  •  0

日々雑感・ただ今めちゃくちゃ落ち込み中!

 こんばんは。いつの間にか秋の気配が濃くなり始めましたね。皆さんいかがお過ごしですか?この7月31日に帰幽した父の五十日祭・納骨祭を今月14日に無事終了しました。納骨と言っても墓地はないので納骨堂を購入しそこに父は鎮もっています。実家の最寄駅の至近にある納骨堂なのでいつでも開いている時はお参り出来ますので、便利ですね。さてその五十日祭が終わった時から私の中で何かが崩壊してしまったような感じになり、...

  •  14
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・ライバル出現3

 松岡中尉はその晩ずっと、第一砲塔の上で『海きゃん』掲載の<錦古里ケイ>少尉候補生に説教していた――   なにかあった時の為にそばについていたマツコとトメキチも、あまりのバカバカしさに匙を投げかけたが繁木航海長と山口通信長との堅い約束――しかも高級お菓子付き――を反故にすることは人道的にできないと思い、夜風を避けて砲塔内で彼女の一挙一動に神経をとがらせている。 そしてやっと翌朝になり起床ラッパが...

  •  6
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)