Archive2014年07月 1/2

「女だらけの戦艦大和」・医務科の猛訓練1

 「女だらけの戦艦大和」は呉沖にその身を浮かべている――   然しただぼんやりと浮かんでいる訳ではない。各部署に置いては、独自の訓練を欠かすことなく行なっている。機銃分隊は対空射撃訓練を毎日欠かさない。長妻兵曹だとか増添兵曹などの中堅が中核になって訓練に励む、訓練後は分隊士の平野少尉などと「照準はあっていても艦が急激に進路変更したらどうすべきか?」だとか「ありゃあまずいでしょう、もっと分隊士...

  •  11
  •  0

緊急連絡がありました。

 一時間ほど前実家から電話。母からで、『手術をしてくださって先生から連絡があって、尿が出なくなった、意識がかなり朦朧として来てこの分ではもう長くはない。今夜や明日どうこうと言う感じでもないが近いらしい』とのこと。糖尿がとてもひどく出て、そのせいでの腎不全らしいです。いよいよその時が近づいてきました。今週は予定がびっしりあるのですが不幸だけには予定が立てられませんね。どうなるか父親次第で私も動く...

  •  17
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・光れパワーストーン!3<解決編>

田中・斉藤両飛曹は思わず叫んでいた――   渡部少尉の乗ったままの零戦の機体がものすごい光を発したのだ。そのすさまじさたるやマグネシウムを大量に焚いたようなもので二人の兵曹は思わず顔を伏せてしまったほどである。   渡部少尉は、懐かしいワイダ・スウハ氏に心の底からの感謝を伝えんと、彼の面影を心に描きだしていた。 …ワイダ・スウハさん。私はインド旅行中深山に迷い込んで食べ物も水も底をついて道な...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・光れパワーストーン!3<解決編>

田中・斉藤両飛曹は思わず叫んでいた――   渡部少尉の乗ったままの零戦の機体がものすごい光を発したのだ。そのすさまじさたるやマグネシウムを大量に焚いたようなもので二人の兵曹は思わず顔を伏せてしまったほどである。   渡部少尉は、懐かしいワイダ・スウハ氏に心の底からの感謝を伝えんと、彼の面影を心に描きだしていた。 …ワイダ・スウハさん。私はインド旅行中深山に迷い込んで食べ物も水も底をついて道な...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・光れパワーストーン!2

エンジンが妙な音を立てたそれから何分もたたないうちに、ボン!と大きな音を立ててエンジンは煙を吹きだした―― 「渡部少尉―!」と田中将子上飛曹は愛機の風防をばっと開けると大声で叫んでいた。斉藤一飛曹も同じく風防を開けると少尉の機に向かって片手をうんと伸ばした。少尉をこの手につかまらせて自分の機に引き込まんとしているのだろうか。だが。エンジンからの真っ黒な煙に包まれた渡部少尉の機はそのまま失速して落ち...

  •  6
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)