Archive2013年04月 1/4

日々雑感・昭和の日に

今日は昭和の日でしたね。 昭和天皇のお誕生日でした、そういえばこの日は昔から『晴れの特異日』と言われていましたね。その通り今日もいい天気でした。 空に翻る日章旗を見て思うのは、「私も昭和の子供だったんだな」ということです。高度成長の少し前くらいに生を受けた私、日本の成長とともに大きくなり、そしてそろそろ人生も後半に入ろうとしています。 そんな私が思うのは、日本人が行儀悪くなったなあと思うこと。 先日近...

  •  8
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・私のあだ名2

あだ名についての皆の一言が、続く―― 「大和」航海科 石場兵曹私は皆から「イシバチャン、イシバチャン」と呼ばれとります。まあそれは愛称ということでええんですし、うちもその呼ばれ方を気に入っとりました。が。最近衝撃的なあだ名を聞いてしもうた。何かと言えば「暗黒の一重まぶた」いうんですよ・・・そりゃうちは完璧なまでの一重まぶたじゃ。いうてもこれは両親はそうじゃったけえ仕方あるまい?なのにみんなして陰...

  •  4
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・私のあだ名2

あだ名についての皆の一言が、続く―― 「大和」航海科 石場兵曹私は皆から「イシバチャン、イシバチャン」と呼ばれとります。まあそれは愛称ということでええんですし、うちもその呼ばれ方を気に入っとりました。が。最近衝撃的なあだ名を聞いてしもうた。何かと言えば「暗黒の一重まぶた」いうんですよ・・・そりゃうちは完璧なまでの一重まぶたじゃ。いうてもこれは両親はそうじゃったけえ仕方あるまい?なのにみんなして陰...

  •  4
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・私のあだ名1

人にはそれぞれ「あだ名」「愛称」というものが本人の知ると知らぬとにかかわらず存在する。それぞれの過去、あるいは現在のあだ名について本人あるいはその周辺の人に語って貰った―― 「大和」麻生太特務少尉うちのあだ名?ほうじゃねえ、うちはあだ名いうよりその、「愛称」の方かねえ。下宿のおばさんに昔っから「ふーチャン」呼ばれとってじゃ。なんでふーチャンか、ゆうたらうちの名前が太(ふとし)だからじゃわ。まあ女...

  •  6
  •  0

日々雑感・「四月七日の桜」から

・・・此度は光栄ある任務を与へられ 勇躍出撃 必成を期し殊死奮戦 皇恩の万分の一に報いん覚悟に御座候此期に臨み 顧みると吾等二人の過去は幸福に満てるものにして亦私は武人として重大なる覚悟を為さんとする時 親愛なる御前様に後事を託して何等の憂なきは 此上もなき仕合せと衷心より感謝致居候お前様は私の今の心境をよく御了解になるべく 私は最後迄喜んでいたと思はれなばお前様の余生の淋しさを幾分にてもやはらげ...

  •  12
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)