Archive2012年11月 1/4

「女だらけの戦艦大和」・南方のグラビアクイーン!?1

艦橋へ上るラッタルの途中でへばっていた『海きゃん』取材班は、「あれ、どうしました?」という副長の声に我に返った―― 一行がしゃがみ込んでいるラッタルの数段上の扉が開いてそこから野村副長が顔を出している。殘間中尉は「いやあ、みっともないところをお見せしたようで・・・」と言いつつ立ち上がろうとしたが膝ががくがくして上手く立てない。それを後ろの筑紫少尉がなんとか支えて立たせ殘間中尉は副長のいる扉までや...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・秘密の花園、『大和』❤5

――平野少尉は「さあ『海きゃん』の皆さん、25ミリ機銃をとくとご覧ください」と言って『海きゃん』取材班一行を機銃座に招いた―― 初めて間近で見る機銃座に、皆――殘間中尉から武田水兵長まで――が目をらんらんと輝かせて走り寄った。そして口々に「おお、これが帝国海軍がほこる25ミリ機関銃なんですね!」とか「これが連続で発射されたら敵機はひとたまりもないですね」などと喋りまくる。それを見ていた長妻兵曹と増添兵曹は...

  •  10
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・秘密の花園、『大和』❤5

――平野少尉は「さあ『海きゃん』の皆さん、25ミリ機銃をとくとご覧ください」と言って『海きゃん』取材班一行を機銃座に招いた―― 初めて間近で見る機銃座に、皆――殘間中尉から武田水兵長まで――が目をらんらんと輝かせて走り寄った。そして口々に「おお、これが帝国海軍がほこる25ミリ機関銃なんですね!」とか「これが連続で発射されたら敵機はひとたまりもないですね」などと喋りまくる。それを見ていた長妻兵曹と増添兵曹は...

  •  10
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・秘密の花園、『大和』❤4

河村兵曹は、面倒くさくなったのか後は駆け足で案内し始める―― 皆の顔にも早くも疲れが出始めていたのでもっけの幸いと言うべきか。ともかく河村兵曹は「『大和』に乗った奴が覚えていかなきゃ困る所だけ教える!その他は自分で勝手に覚えんさい」と言って烹炊所・兵員厠・酒保の場所だけ教えると再び陽ざしのきつい最上甲板、一番主砲の前に出た。皆の背中にあっという間にじっとりと汗がにじむ。河村兵曹は「うちは仕事があ...

  •  4
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・秘密の花園、『大和』❤3

『海きゃん』一行はまず、海水にぬれた体を洗うために士官浴室に案内された―― そこでぬれた軍服を脱ぐと副長従兵がそれらすべてを持って洗濯室に行き、きれいに洗濯してくれた。殘間中尉以下は風呂からあがってそれを知り大感激。「やっぱり大和は違うねえ」なんて世辞を言う。まあもっとも駆逐艦や巡洋艦ではこの連中はただの<お荷物>でしかなかったからこんな素敵な待遇をされたら舞い上がるのも致し方ないかもしれない。...

  •  4
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)