Archive2012年04月 1/4

「女だらけの戦艦大和』・この世こそ地獄!?2<解決編>

亀井一水は、入湯上陸した呉の街で<すごい>ものを見つけていた―― それを見つけた亀井一水は一瞬息をのんだ。「それ」は店先の平台に山積みになっている。店の窓ガラスには「いま評判です!」と書かれている。それを手に取ってみた亀井一水は驚きのあまりそれを取り落としそうになった。そして(こんなものがあるとは!こがいなものを誰も買うてはこんじゃろうな。よし、一つ私が買って行って・・・)と思いさっそくそれを買...

  •  8
  •  1

「女だらけの戦艦大和」・この世こそ地獄!? 1

「女だらけの戦艦大和」は新しい乗組員を迎えそして、そろそろトレーラーへ帰る時が近づいていた―― 昨日から工作艦が接舷して工廠の技師が入り測距儀を修理をしている。これには内務科電気分隊の岩井少尉他もお手伝いしている。最初、測距儀の壊れ方を見た技術大尉は「これってまさか、敵の機銃弾とかでやられたとかいうんじゃないでしょうね?」と大変驚いて梨賀艦長に言った。が、梨賀艦長からこれはとある士官がラケットで...

  •  8
  •  0

日々雑感・私の<海軍グッズ紹介!>1

どうしてもやめられないものがあるか、と聞かれれば・・・あると答えましょう。それはいわゆる「グッズ集め」です。そんなに集めてどうするんだ!?と言われたりしますが好きなものは集めたいのです。 この大和は鋼製です、『大和ミュージアムショップ』で買ったのですが、昨年の震災の時上から何か落ちたらしくマストの部分が少し曲がっていました。でもそれで余計に『大和』らしくなったかなあという気がしています。それからこ...

  •  14
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・新人登場3<解決編>

「女だらけの大和」に新任の下士官が来た―― しかしその風貌は至って変わっている。両方の眉毛からつながって鼻筋にかけて黒く筋を書いたように線が走り凄味がある。あとから来てその場に立った艦長がごくっ、と喉を鳴らして副長にこっそり「・・・ねえ副長。あの子に『それは化粧なの?』って聞いてみてくれない?」と囁く。副長がびっくりしたような顔で艦長を見て「いやですよ私は!そんな変なこと聞いてあと後まで根に持た...

  •  6
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・新人登場2

樽美酒ゆう少尉は、穏やかに微笑んでいたがやがて航海長に伴われて艦内を見学に降りて行った―― 皆が解散した後ほっとしたような表情で麻生少尉は松岡分隊長の元に行くと、「えかったですね、使えそうな人で。これでまた『大和』は強うなることができます。敵撃滅も早いんとちがいますか」と嬉しそうに言った。松岡中尉は少し怖い顔を作って「麻生さーん、あなたは特年兵くんというものがありながら新しい少尉に浮気ですか?」...

  •  6
  •  0
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)