Archive2012年03月 1/4

「女だらけの戦艦大和」・マツコ呉散歩1

その話は、実は少し前から出ていたのだった―― 「女だらけの大和」が呉に入港する少し前に松岡分隊長が不意に言ったのだった。「ねえ麻生さん、私はあの鳥くんと呉の街を歩いてみたいと思うんだよ?きっと鳥くんも熱くなれるんじゃないかなあ」麻生少尉はちょっとびっくりして訓練報告書から顔をあげて分隊長を見た。そして「あの鳥と、ですか?ええとは思いますがじゃけどあの鳥は人目を引きすぎませんかのう」と首をひねった...

  •  8
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・私たちのコワイもの❤

「女だらけの帝国海軍」、その中でもぴかイチの存在感を誇る軍艦大和の女兵士たちはいったい何が怖いのだろうか―― ❤「何が怖い?だと!いやしくも帝国海軍軍人の私たちに怖いもんなんかあるか、なめるなよ貴様!」と唸ったのは誰あろう機関科の松本リキ兵曹長である。まあ確かに彼女には怖いものはなさそうである。代わりに彼女を怖がる機関科兵は大勢いるが。「兵曹長のあのでかい声と太い腕でぶんなぐられた日にゃ、...

  •  6
  •  0

日々雑感・こわいもの。

こわいもの、ありますか? と聞かれてなんと答えますか?? ちょっと困る質問でしょうか、それとも「あ、それならこれとそれと・・・」って出てきますでしょうか? 私のこわいもの・・・昔々の子供のころは「お化け」「ゆうれい」でしたね。ストレートに怖かった。記憶にあるのは、まだ幼稚園に行ってるような4つくらいのころの夏、母の実家に遊びに行ったときまだ独身だった叔父たちがTVで「吸血鬼・ドラキュラ」とか「フランケ...

  •  12
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・雄々しい女、女々しい男!?

御蔵型海防艦・「甑」の艦上から何かが南の空と海にひらひらと散って行った―― 海防艦の甲板で手にした紙ををこれ以上ないくらい細かく破った幸田クミ二等兵曹は、さっぱりした顔つきでそこを去ろうとした。そこへ同僚の浜崎二等兵曹が声をかけた。「幸田兵曹、何してたんだね?」その浜崎兵曹に、幸田兵曹は「終わった恋の後始末。・・・と言えたらよかったんだけどそんな甘いものじゃないよ」と言って笑った。浜崎兵曹は興味...

  •  12
  •  0

「女だらけの戦艦大和」・壮大な作戦4<解決編>

飛行機工場に強行着陸した海軍と陸軍の共同部隊は機関銃を発砲しながら工場を破壊―― 驚いて飛び出してきた工廠の警備員や夜勤要員に日本軍嬢たちは「反抗したら殺す!殺したくはないからおとなしくここにまとまれ!」と怒鳴り、泡を食った工廠のお嬢さんたちはおとなしく指定された場所に座り込む。その間にも海軍嬢、陸軍嬢は工廠内に入って時限爆弾を仕掛ける。海軍の山田ゆう少佐と陸軍の奥山大尉はたくさん並んだ完成品の...

  •  8
  •  1
About this site
女だらけの「帝国海軍」、大和や武蔵、飛龍や赤城そのほかの艦艇や飛行隊・潜水艦で生きる女の子たちの日常生活を描いています。どんな毎日があるのか、ちょっと覗いてみませんか?
About me
ごあいさつ・「女だらけの帝国海軍」へようこそ!ここでは戦艦・空母・巡洋艦駆逐艦などから航空隊・陸戦隊などの将兵はすべて女の子です。といっても萌え要素はほとんどありません。女の子ばかりの海軍ではありますがすることは男性並み。勇ましい女の子ばかりです。女の子ばかりの『軍艦大和』をお読みになって、かつての帝国海軍にも興味をもっていただければと思います。時折戦史関係の話も書きます。
尚、文章の無断転載は固くお断りいたします。
(平成二十七年四月「見張りんの大和の国は桜花爛漫」を改題しました。)